100 さん プロフィール

  •  
100さん: あまいえ
ハンドル名100 さん
ブログタイトルあまいえ
ブログURLhttp://amaie.blog.fc2.com/
サイト紹介文おいしかった和菓子・甘味の記録をしています。和菓子とお茶、下町さんぽが好きです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供241回 / 349日(平均4.8回/週) - 参加 2015/10/09 04:16

100 さんのブログ記事

  • どら焼き とらや工房 御殿場
  • 室町時代創業、老舗とらやが静岡市御殿場市に開いたお店です。どら焼きや人形焼、大福などが販売されています。小倉あんと白あんを一つづつ購入。とらや工房の焼印が入ったどら焼き。触れた瞬間に驚かされるとてもキメの細かい生地。跳ね返すような弾力があり、噛むほどに素朴の深い香りが広がる上質な生地。じっくりと小豆の旨味が引き出された濃蜜な粒あん!とらやとしての自信とプライドを感じさせてくれる妥協のないどら焼きで [続きを読む]
  • 八仙花 豊島屋 鎌倉
  • 1894(明治27)年創業、神奈川県民鎌倉市の和菓子屋さん。鎌倉のお土産でいただきました。鳩サブレー、小鳩豆楽以外で豊島屋の和菓子を食べるのは初めてです。箱を開いて現れた羊羹に感嘆!雨露に濡れた紫陽花を想わせる上品で爽やかな美しさです。「ハ仙花」は今年発売された紫陽花の時期限定の羊羹。白羊羹の上に緑の琥珀寒、こなし製の紫陽花がが重ねられた夏らしい飾り羊羹。すっきりなめらかな舌触りの白羊羹、しっかりとした寒 [続きを読む]
  • どら焼き 埼玉屋 錦糸町
  • 墨田区錦糸にある和菓子屋さん。錦糸町公園前の交差点に面したお店です。やや小ぶりで厚さのあるどら焼き。細かい縦の気泡が入った生地に粒あんが挟まれています。強めの焼き色が香ばしいふんわり歯切れのよい生地!小豆のほっくり感を楽しめる密度の濃い粒あんです。下町らしいほっとする味わいの和菓子屋さんでした。 [続きを読む]
  • 人形焼 山田家 錦糸町
  • 1951(昭和26)年創業。墨田区江東橋の和菓子屋さん。お店は錦糸町駅南口の交差点からすぐ近くのところにあります。4種類ある形の人形焼を一つずつ購入。狸、三笠、太鼓の形があん入りで紅葉の形のものがあんなしの人形焼きです。この地に江戸時代から残る本所七不思議と呼ばれる怪談の一つ、「おいてけぼり」という錦糸町を舞台にした奇談を描いたパッケージ。物語の主役とされる狸、その形を表した人形焼は山田家の看板商品です。 [続きを読む]
  • うらら菓 武蔵野茶房 田無
  • 西東京市田無町にある喫茶店。友人の家にお邪魔した際に他の焼き菓子と合わせていただきました。和三盆と抹茶を使用したスティック形のクッキー。さっくりホロホロとした食感の厚みのある生地。優しい甘さで滋味豊かな和三盆のクッキー、よりホロホロとした旨味のある抹茶のクッキー。ネーミングのように繊細さのある口当たりのお菓子でした。 [続きを読む]
  • 松風 正願寺丸宝 菊池
  • 1897(明治30)年創業。熊本県菊池市の老舗和菓子屋さん。百貨店で購入しました。日本一薄い和菓子、というキャッチコピーのとても薄い小麦粉せんべいです。原材料は小麦粉、甜菜糖、卵、芥子。一つの包装にたくさん入った短冊型の小さな松風。厚さ1.2?、表面には芥子が散らされています。ぱりりとした軽い口当たり。食べると広がる甘く香ばしい香り!小さな一枚の中に素材の滋味しっかりと生きています!素朴な見た目でありありな [続きを読む]
  • 黒糖ドーナツ棒フジバンビ 熊本
  • 1948昭和23年創業。熊本県熊本市の製菓会社。百貨店で購入しました。小包装の12個入りの棒型のドーナツ。黒糖が生地によく染みています。少しサクッとした食感で深いコクのある黒糖の香りがじゅわ〜っと広がります!小振りですが濃厚なので満足感があります。苦めの緑茶やコーヒーに合いそうで、人と一緒に食べたくなるようなほっとする味わいの御菓子でした。フジバンビ生活に変化があったので更新が久しぶりになってしまいました [続きを読む]
  • 菖蒲饅 とらや 新橋
  • 室町時代後期創業のとらや。新橋演舞場の東をどりを観に行った方からいただきました。つくね芋を使用した生地でこしあんを包んだ薯蕷饅頭。山芋の香り豊かなむっちりとしたまんじゅう生地!こしあんはとても密度が高く旨味の深い味わいです。過去のとらやの記事和菓子のこばこ 栗汁粉 柚形 あんみつ みかん求肥 あんみつ 空の旅とらや [続きを読む]
  • おはぎ・豆かん おかめ 有楽町
  • 1947(昭和22)年創業、千代田区有楽町にある甘味処。交通会館と麹町にも店舗があります。普段は交通会館の店舗に行くことが多いのですが好奇心で同じ有楽町のイトシアの店舗に伺いました。さっぱりとしたテンポの良い接客。内装にもこだわりが感じられます。お気に入りのおはぎ・豆かんのセット。豆かんは塩味がある赤えんどう豆たっぷりで、風味よくさっぱりといただけます。おかめのおはぎはうるち米ではなくもち米、粒のままふっ [続きを読む]
  • 空の旅 とらや 成田
  • 室町時代後期創業のとらや。成田空港第1ターミナルビル4階のお土産屋さんで購入しました。羊羹の「空の旅」は羽田空港と成田空港だけで販売している空港限定の羊羹です。飛行機の窓から見える夕焼け空の美しさをイメージし、昭和26年に考案された羊羹。白小豆を散らした鮮やかな紅色の煉羊羹。夕焼け空に浮かぶ雲を表現しています。キメ細かくい舌ざわり、砂糖と寒天と豆類だけでできているとは思えない濃厚さです!希少な白小豆は [続きを読む]
  • たい焼き 柳屋 人形町
  • 1916(大正5)年創業。中央区日本橋人形町、甘酒横丁にあるお店。行列になることの多い人気店ですが18時の閉店直前だったので並ばずに購入することができました。職人さんがお店特注の焼き型で1尾1尾丁寧にひっくり返して焼いています!買いに来たのは3回目なのですが、その場ですぐに食べてしまうので写真を撮ったのは初めてです。薄い生地に朝お店で炊かれるというふっくらとした粒あんがたっぷり包まれています。尻尾までたっぷり [続きを読む]
  • 虎家喜 玉英堂 人形町
  • 1576(天正4)年に京都にて創業。中央区日本橋人形町の老舗和菓子店。甘酒横丁の入り口にあるお店。高級感のある佇まいにすこし緊張しつつ名物の虎家喜(とらやき)を購入。旦那さんがにこやかに接客してくれました。包み紙を剥がすと皮に虎模様が浮かびあがります。厚みがあり柔らかな生地に粒を残したツヤのあるあんこがはさまれています。驚くほどふわっふわな甘みを抑えた皮生地。大きめの大納言小豆が粒ごとたっぷり入ったのあん [続きを読む]
  • 赤飯まんじゅう 飯田城 飯田
  • 長野県飯田市にあるお店。催事で購入しました。飯田にあるお店はお城の姿をしているそうです。ほのかに赤く色づけされた小麦粉製のまんじゅう生地に、お赤飯が包まれています。店員さんのアドバイスに従い少し温めて食べました。ふんわり柔らかな生地と、もちもち小豆の風味豊かなお赤飯!噛む程に素材の甘味が広がります。初めは驚かされた炭水化物×炭水化物の組み合わせの赤飯まんじゅう。食べれば長野に住む人が羨ましくなる美 [続きを読む]
  • 大きんつば 和泉庄 飯田
  • 1820文政3年創業。長野県飯田市のお店。催事で購入しました。丸く厚みのある形のどっしりとしたきんつば。寒天で固めていない純粋な粒あんが小麦粉の生地にぎっしり包まれています。薄めで弾力のある生地。豆のほっくり感がある水分少なめの粒あん、コクのある甘味の小豆の香りが濃厚な味わいです。素朴でほっとする、お茶によく合うきんつばでした。和泉庄 [続きを読む]
  • あんぱん ナカヤ 砂町
  • 1933昭和8年創業。江東区東砂にあるパン屋さん。催事で購入。美味しそうだったのでバケットも買いました。たっぷりとこしあんが包まれた厚みのあるあんぱん。ふんわりとしたバター香る生地。しっとり滑らかなこしあん、和菓子屋さんのあんこのような品のある味わいです!一緒に買ったバケットも思いがけずとても美味しかったです。日本らしいパンからハード系のパンまでこだわりを感じるパン屋さんでした。 [続きを読む]
  • 紀文せんべい 紀文堂 麻布十番
  • 前の記事に引き続き麻布十番の紀文堂のお菓子です。小麦粉と卵と砂糖の生地の一枚一枚手焼きで焼かれる紀文せんべい。今回はお得な割れせんべいを購入しました。きぶん の文字が可愛らしい花形の瓦せんべいです。ボリボリとした心地よい硬い食感、素材の旨味が引き出された優しい甘さのおせんべい!煎茶と一緒にいただいてほっと安らぐ気分になりました。 [続きを読む]
  • 人形焼き 紀文堂 麻布十番
  • 1910明治43年に暖簾分けで創業。港区麻布十番にあるお店。何度かいただいたことがあり、どうしても食べたくなり買いに行きました。高級住宅街に囲まれていながら、下町の風情漂う麻布十番にお店を構えています。にっこりと愛嬌のある表情の人形焼き、七福神ですが形は6種類。強めの焼き色で木工細工のようなツヤがあります。薄くキメの細かい生地にこしあんがたっぷり包まれています。手焼きの技が伝わってくるとても香ばしい生地 [続きを読む]
  • くろ玉 澤田屋 甲府
  • 1911(明治44)年創業。山梨県甲府市の老舗和菓子店。中央道の双葉SAで購入しました。桔梗屋信玄餅に次いで人気の山梨土産だそうです。祖父へのお土産として4個入りを購入。昭和4年に誕生したという くろ玉。えんどう豆をうぐいすあんのあんこ玉に、黒糖を使った羊羹をかけたお菓子です。艶やかで濃厚な黒糖の羊羹に包まれた、鮮やかな粒入りのうぐいすあん。黒糖の深いコクとうぐいすあんと青い香りが絶妙にマッチした味わい!しっ [続きを読む]
  • 茶まんじゅう 昇龍亭西むら 向島
  • 前の記事の豆大福と一緒に購入しました。茶葉を散らして薄く焼き色をつけられた表面。ツヤのあるこしあんが包まれています。ほどよくしっとりした黒糖のコク深い生地、滑らかな舌触りのこしあんは甘さ控え目でありながら小豆の香りが豊か!定番の和菓子だからこそ職人さんの仕事への誠実さが伝わってくるおまんじゅうでした。 [続きを読む]
  • 豆大福 昇龍亭西むら 向島
  • 1854(安政元)年創業。浅草の雷門通りと向島の地蔵通りの2店舗ある西むら。向島百花園を観た後に立ち寄りました。花街である向島は老舗和菓子屋さんがたくさんあって私にとっては夢のような場所です。ふんわり粉をまとったもちの中に、粒の形を残したあんこが包まれています。とっても柔らかくもちもちの生地!たくさん入った赤えんどう豆は薄皮でほくほく。粒あんも炊いた小豆のふっくらとした食感。甘さ控えられていて丁寧さを感 [続きを読む]
  • あづま最中 栄堂 向島
  • 墨田区東向島のお店。地蔵坂商店街にある渋い外観の和菓子屋さん。おすそ分け用のかのこと一緒に購入しました。どっしり重みがあり、薄い皮に粒あんがぎゅうぎゅうに挟まれています。しっとり柔らかな最中生地。小豆の香りがとても濃厚などっしりとした粒あん。飾り気はないけれど、愛情をたっぷり感じる最中でした。 [続きを読む]
  • 柏餅 美濃屋 中津川
  • 1899(明治32)年創業。岐阜県中津川市のお店。中央道の恵那峡SAで購入しました。上新粉製のよもぎの餅生地でこしあんを包んでいます。ほのかによもぎ香る厚めで柔らかな生地。さらりと滑らかなこしあん。香りが爽やかですっきりとした口当たりの柏もちでした。美濃屋 [続きを読む]
  • あんみつ とらや 日比谷
  • 室町時代後期創業のとらや。千代田区内幸町、帝国ホテルにある虎屋菓寮にお邪魔しました。こしあん、白あん、求肥、白玉、水羊羹、黒糖寒天、粟寒天、季節のトッピングとして杏と青梅のシロップ漬けが乗せられた色とりどりのあんみつ。とても密度が高く濃厚なこしあん!白あんも手亡豆の香りが豊かで風格があります!トッピング一つ一つが妥協のない上質な味わい、老舗和菓子店の技を結集したような一皿です。 一緒に注文した味噌 [続きを読む]
  • 童心笹だんご 丸屋本店 新潟
  • 1878(明治11)年創業。新潟県新潟県市のお店。催事で購入しました。笹団子は旧暦の端午の節句(5月5日)に無病息災を祈って食されてきたそうです。こしあんの笹団子を袋に入れてもらっている間、粒あんとこしあんどちらが人気か店員さんに尋ねると 粒あんが人気ですがこしあんを選ぶ方は上品な人が多いですね と上手に答えてもらいました。笹団子ではあまり見ない独自の包み方です。よもぎと山牛蒡の葉をつきこんだ濃い緑の新潟産こ [続きを読む]
  • 笹だんご やまとのうさん 村上
  • 1987(昭和62)年創業。新潟県村上市のお店。新潟の名物笹団子。以前は端午の節句にお供えしていたそうです。催事で購入。5個一組で売られていたので2個は姉にお裾分けしました。蒸し立てより翌日か翌々日のほうがもちが締まって美味しいと店員さんに教えてもらい、翌々日まで我慢して食べました。とても濃いよもぎの緑色。笹の葉の跡が表面についています。もち米とうるち米をブレンドした団子生地。お店のある岩船地方では笹団子は [続きを読む]