ぴぃすけ さん プロフィール

  •  
ぴぃすけさん: 海獣記
ハンドル名ぴぃすけ さん
ブログタイトル海獣記
ブログURLhttp://seal.dolphin.jp/
サイト紹介文海獣と野鳥と旅と本に埋もれる日々を、リノベーションした団地の小さな書斎から発信します。
自由文・海獣の話
・野鳥
・海底の這いずりモノ
・旅
・読んだ本
を団地の片隅から発信しています。

最近は我が家の団地のリノベーションや落ち着く部屋を目指しているインテリアについても綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供46回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2015/10/10 02:11

ぴぃすけ さんのブログ記事

  • ほ乳類の根っこ・アザラシの子とヒトの子
  • 種の違いはあれ、ほ乳類の根本的な構造を司る遺伝情報は共通であると、その筋の研究者から聞いたことがあります。例えば心臓が”二心房二心室の構造をとる”というのは、ほ乳類に共通した根本的なものでこの部分の構造に関する遺伝情報はヒトもネコもアザラシもあまり変わらずDNAに刻み込まれている、、、、ということです。見た目や行動など違うように見えてもそんなもんなのですね。両手を顔の前に上げて、足をこすり合わせて背 [続きを読む]
  • 生後一ヶ月の子どもの成長
  • 子どもが産まれて約一ヶ月経ちました。出産時に長期休暇を取り、私の両親・妻の両親に孫を披露し、溜まっていた仕事、年度末の会議を中途半端にばたばたとこなしているうちに出産からあっという間に一ヶ月。何だか落ち着かない日々です。出産時の体重が3210g、身長は50.0cmだったのが、一ヶ月検診で、体重は4195g、身長は54.5cmになったそうです。体重は約1kg増。体重は一月に30%増したことになりますからたいしたモノです。妻か [続きを読む]
  • ささやかに祝杯
  • 昨日の記事のとおり子供が産まれました。子供と妻はまだ何日か入院予定ですが、今日から私は自宅で寝泊まりです。帰ってくる準備もぼちぼち始めなければなりません。一昨日の夕方に慌てて産院に駆け込みました。家を飛び出るとき、心は慌てているのですが、一方で”次にここに帰ってくる頃には3人家族になっているのかな・・・”と妙に冷静にぼんやり思っているのを覚えています。家に入ると台所の洗い物などが2日前のままおいてあ [続きを読む]
  • 産まれた!
  • タイトル通り、本日未明に無事に子供が産まれました。子供も妻も健康でほっとしております。単身赴任先から帰ってきて、タイミングよく出産に立ち会えて、子供を産もうと全力で頑張る妻の姿を見ることが出来て、また子供の産声を聞くことができて本当に良かったです。正直なところ、出産前の私は、出産立会いには消極的でして、産院までは搬送が心配だから付いていくけど、立ち会うのは大丈夫かなー、、、というくらいでした。出血 [続きを読む]
  • 産まれないので、、、
  • 出産予定日を過ぎても我が子が産まれないので、本日も出産を促すために、妻と散歩に出ます。かかりつけの医院からは、出産を促すために身重でも一日3時間くらいの散歩や柔軟体操(?)などを推奨されています。出産間際の妊婦さんがこんなにハードだとは思わなかった。単身赴任先で車生活に慣れ切っている私のほうが先にへばりそう・・・。本日1月18日の行き先は東京の下町〜銀座方面。妻のプランによると谷中や根津神社あたりの下 [続きを読む]
  • 産まれ、、、ない
  • 一昨日は子供の出産予定日だったのですが、本日1月17日も産まれる気配はなく、自宅待機をして、昼からは妻と産婦人科行きです。ここ数日の横浜の天気は快晴。我が家からは冬の冴え渡った空の下、真っ白に冠雪した富士山の頭が丹沢の峰々の向こうに見えています。 こんな日に産まれてきたら気持ちいいだろうと思うのですが、我が子は少々のんびり屋のようで。。。出産を促すには歩くのが良いとのことで、私も妻の散歩に付き添う日々 [続きを読む]
  • 産まれる!
  • このブログも開設から10年以上経過しました。作っている私も当初は学生でしたが、就職、結婚、家を買ったりなど、大なり小なり転機がありました。そして、ここにきてまた一つ大きな転機です。それは、、、子供がもうすぐ産まれるのです!本日1月15日が予定日、なのですが、まだ産まれる兆候もなく、妻はいつもどおり寝てしまいました。あと数日中には、きっとこの世に子供が出てきて、生活が一変するんだろうな、と思います。今のう [続きを読む]
  • 出雲大社界隈から下関まで〜鳥取・島根旅行④〜
  • 2017年になりました。単身赴任先から帰省し、穏やかな正月を迎えております。このブログも12年目です。のんびり無理せず記録していこうかなと思います。今年もよろしくお願いいたします。と、新年なのに恐縮ですが昨年春の山陰旅行の続き・・・。================================鳥取砂丘と日本のハワイを越えてさらに西を目指します。国道9号は一般国道ですが、途中から高速道路のような高架の [続きを読む]
  • 早春の鳥取砂丘と日本のハワイ〜鳥取・島根旅行③〜
  • 未踏の山陰旅行の2日目。一人酒盛りをした鳥取温泉をチェックアウトし、朝の鳥取砂丘へ。昨夜の訪問とは違う、観光シーズンには早すぎて観光客もいない寂しい雰囲気の砂丘西側(子供の国側)の無料駐車場に車を止め、海まで歩くことに。 足元の砂の上にはちょろちょろと草の新芽が出ております。春です。鳥取砂丘は砂丘の維持のため植物を抜いている作業を行っています。世界的には砂漠化や土地劣化で植生の衰退に喘いでいる中、 [続きを読む]
  • 夜の鳥取市街〜鳥取・島根旅行②〜
  • 未踏だった山陰をめぐる今回の旅行。兵庫県から西進して、鳥取砂丘で日暮れを迎えたので、今夜は鳥取市内で宿泊です。鳥取といえば砂丘(とそこで栽培されるらっきょうや梨)のイメージが強いですが、鳥取は泊まるにはいい街なのです。なぜなら県庁所在地にもかかわらず駅前に温泉が湧いているから。この温泉は、最近の掘削技術の進歩によって深々と井戸を掘って温泉というか地下水を無理くり出す温泉ではありません。100年以上の [続きを読む]
  • 未踏地の山陰へ〜鳥取・島根旅行①〜
  • 昔から旅行が好きであちこち行ってきました。振り返ってみると、日本の47都道府県のうち、まだ行ったことのない県も少なくなってきており、数県を残すのみです。2016年4月現在、鳥取・島根・大分・鹿児島の4県が未踏です。やはり東国で育ってきただけあって、西国に未踏の県が残っています。せっかく西国に所領替えされるので、この際、これらの未踏地にも行ってこようと想い、まずは山陰二県に出かけることにしました。(と言って [続きを読む]
  • カメラ交替!
  • 詳細プロフィールページにこのサイト作成で使用している(使用してきた)カメラの一覧があります。ここにあるとおり、しばらくメイン機材というのか、陸上の撮影で一番で勝負を掛けるカメラはCanonの一眼レフカメラの”EOS 40D“でした。これは2007年の発売のカメラ(私が購入したのは2008年)。9年前に発売されたカメラで、さすがに今発売されているカメラに比べると、スペック上はロートルも良いところです。動画も撮れないし、 [続きを読む]
  • 【単身赴任生活】カビから調理道具を守れ!我が家のキッチンの様子
  • 先回は落ち着いてきた単身赴任暮らしのうち、書斎(PC)スペースを紹介しました。今回は我が家のキッチンの様子。この家は仮住まいの借家なのでキッチンも当然既製品。90年代後半に建てられた家なので、まぁその頃の標準的なキッチンがついています。世帯用の家なのでキッチンは広いですし、使い勝手は決して悪くないのですが、、、一番困ったのが、カビが大発生すること!!!我が家は谷間にあり、山やら畑に囲まれているのでなん [続きを読む]
  • 【単身赴任生活】書斎・出張中
  • 単身赴任生活も5ヶ月が経過し、生活スタイルもだいぶ固まってきました。単身赴任中の我が家の様子も少し紹介しようかなと思います。このブログでアクセス数の多い記事は私が力を入れているアザラシや生きものの記事ではなく、団地のリノベーションを紹介している私の極小書斎の記事なのです。確かにわが団地は全力投球でしたが、”海獣記”的には微妙な気もしますが、何が世間に受けるかはよく分からないものです。さて、単身赴任 [続きを読む]
  • 満身創痍のPowerShot G12とウォータープルーフケースWP-DC34
  • 夏もピークを迎え、最寄の海まで最短5分で行ける我が家は海に出る日々が続いています。人生で最も海に近い家です。石垣の頃より近い。さて、我が家の海撮影では石垣島に住んでいた頃に海の中の写真をきれいに撮りたくて購入したCanonのPowershot G12を使っています。まだまだ新しいカメラの感覚で使っていますが、購入したのは2010年。気付けば購入してから6年もの歳月が経過していました。後継機種も何代も出ているのですが、慣れ [続きを読む]
  • 冷蔵庫無い暮らし、その後・・・
  • なんとなく電気冷蔵庫を置かない単身赴任生活が始めて4ヶ月。新鮮な魚や野菜も冷蔵庫なしで調達・保存できるような環境にして体制を整えたことを紹介しました。このように冷蔵庫なしの単身赴任生活が滑り出しました、、、 が、今の我が家の台所にはこんなものが・・・。我が家の冷蔵庫を置かない生活はあえなく7月上旬に終焉を向かえていたのです。単身赴任開始からわずか3ヶ月で冷蔵庫導入になりました。終焉を迎えた理由は [続きを読む]
  • 【蜩鳴く:七十二候】野菜の苗・その後の様子と収穫
  • 香港・マカオの旅行記が6月から2ヶ月に渡って続いていましたが、それも一段落したので、しばらくは地に足を付けた生活日記を作っていこうかなと思います。さて8月11日の山の日も過ぎましたが、夏は相変わらず。暑い日々が続いています。家の周りの虫も植物も大騒ぎしています。4月30日に野菜の苗を植えたわが菜園のその後の様子を紹介したいと思います。4月30日は小さい苗を植えた菜園は3ヵ月半で、↓になりました。 なんだかもう [続きを読む]
  • 香港飲茶とお粥を食べて帰国〜香港旅行6〜
  • 香港の夜が明けて香港滞在の最終日。2泊3日だとあっという間です。滞在中には香港の中心部を一巡りしたくらいだから、もう少し滞在したい気もありますが、最終日。ホテルを出てまずは朝飯に行く。行き先は食事担当の妻が決定権を持ちます。そして朝飯屋は既に下調べ済みであり、二軒ほどハシゴするとのこと。。。胃袋はさすがです。香港島のお店なので昨夜に引き続きスターフェリーに乗船するため朝の船着場へ。今日も天気は微妙 [続きを読む]
  • 夜景と夜のスターフェリー〜香港旅行5〜
  • 朝に香港を発ち、一日マカオで遊んで戻ってきた香港。一日いなかっただけなのにマカオから戻ると随分都会に感じるものです。戻ってきた香港はすっかり夜。今日泊まるのは昨夜の怪しい安宿と違ってまともなホテルです。私も30代に入り、多少贅沢をしたい。心にも体にも贅肉が付き出す年頃。とはいえ、この日に泊まったのはHarbour Bay Hotel。名前はたいそうなホテルですが夫婦二人で8000円の部屋なので、まぁ中身は推して知るべし [続きを読む]
  • マカオから香港に戻る〜マカオ旅行4〜
  • 我々は聖ポール天主堂跡の観光地っぽい喧騒を逃れ、なるべく人の少ない下町方面とおぼしき方向へ。地元のおっさんやおばちゃんがふらふら歩いているのを見て安心します。 街角に廟があります。 マカオの習慣と日本の習慣はもちろん異なりますが、地域の信仰の対象となっている廟には何かほっとさせられます。(この廟は康公廟と言います。)街角には漢方薬屋さんなども。漢方の材料がむき出しで売っている。冷やかしで覗いてみると [続きを読む]