さつき さん プロフィール

  •  
さつきさん: 低価格でドールを楽しむ
ハンドル名さつき さん
ブログタイトル低価格でドールを楽しむ
ブログURLhttp://willezumleben.blog.fc2.com/
サイト紹介文アニメフィギュアのヘッドを活用してキャラクタードールを主に紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供299回 / 365日(平均5.7回/週) - 参加 2015/10/10 19:10

さつき さんのブログ記事

  • 重力から解放された写真を写真を撮ろう。
  • マンネリ化を避ける工夫です。今回の主題は「一体のドールを撮影し続けるには、飽きないように工夫し続けよう」です。ドールは動かないですし、表情も一定です。そんな対象物を撮影し続けるのは非常に難しいです。なぜなら、どうしても同じような構図が続いてしまい、最終的には飽きてしまいます。そんな物撮りを続けるには、やはり飽きない工夫が重要なのではないでしょうか。角度やポージング、ライティングや画像加工を駆使する [続きを読む]
  • 長物撮影は、レイアウトが難しい。
  • うーん、色々撮影したのですが、ピンと来るものがありませんでした。今回の主題は「長いものを、どうやって長方形に収めるか」です。ロングライフルを構えさせてみました。キャラ的に重火器は非常に合うのですが、問題はレイアウトです。どの角度から見せるのが良いか、なかなか決まらず、あれやこれやと工夫してみるもしっくり来ません。やっぱり中々難しいですね。全体を見せようとするのが正解なのか、はたまた一部だけを見せる [続きを読む]
  • 「かわいい写真を撮りたい」というだけだと、良い写真は撮れない。
  • 何か目的を持って写真は挑みたいものです。今回の主題は「取りたい写真を思い浮かべて、撮影に挑もう」です。ドールというのは、基本的にかわいいものです。そのため「かわいい写真が撮れるのは当然」のことであり、何も目的を持たずに挑むと、やはり似た構図ばかりになってしまいます。それは私のようにイラストを描く時に、毎回直立不動の絵しか描けないようなものです。やっぱりドール写真を撮るなら、「こういった絵を撮りたい [続きを読む]
  • 絶望感を目指した結果。
  • 東方といえば、弾幕。弾幕といえば絶望感。今回の主題は「エフェクト、増し増しで」です。毎度のことですが、かなりエフェクトを追加しています。絶望感を出したかったので、普段は使用しない「ノイズ」を背景に加えながら、暗めに調整しています。ゲームにおける絶望感って、最近少なくなった気がします。ドラクエⅢのフバーハの使えないパーティでバラモスを辛うじて倒して、ようやくエンディングかと思った時に、新たなボスが出 [続きを読む]
  • 一回の撮影で何枚撮りますか?
  • 私は大体10枚〜20枚というところです。今回の主題は「少しの角度違いだけでガラリと変わる写真映え」です。1回の撮影で複数枚撮影するには理由があります。まず写真データが上手く乗ってないことがあるためです。ノイズが入った場合は、やはり使いものになりません。Wifiカードを使っているためなのか、稀に機械上の不具合が出るため、同じ角度でも2〜3枚程度は撮影します。ピンボケ防止というのも兼ねています。最後に背景布か [続きを読む]
  • たまには新しいヘッドで楽しみましょう。
  • 改造は久しぶりかな。今回の主題は「原点はヘッドのすげ替え」です。今でこそ普通になっていますが、最初に思いついたときは、「これはなかなかイケる」と感じたものでした。あまり他の人はやらないはずだから、これはこれで私のオリジナリティになると考えていました。とはいえ、すげ替え自体は決して珍しいものではありません。それでもドールとフィギュアの融合というのは自分には合っていたのだと思います。リアルヘッドやドー [続きを読む]
  • 背景とドールを馴染ませる調整をしてます。
  • ドール撮影はドールだけを撮影するにあらず。今回の主題は「背景とドールの割合を考えてみましょう」です。久しぶりの朝更新なので、手短に。初期の頃はドールばかりを撮影していました。ドールブログなので当然なのですが、そこには飽きが来てしまいます。そこで背景布を導入したわけですが、使い始めの場合はうまく使い切れていませんでした。背景布の前にドールを立たせているだけの絵になってしまっていました。最近は背景布と [続きを読む]
  • 低価格でドールを楽しむ理由
  • ちょっと書く時間が出来たので、駄文を少し。今回の主題は「低価格でドールを楽しむ理由とは?」です。私もかれこれ32歳となりました。丁度ドールを始めたのはこの頃だった気がします。そしてブログデビュー自体は二か月後となります。30歳から始めて早二年。早いのか遅いのか正直分かりませんが、現在まで続けてこれたことに関しては、我ながら信じられない部分ではあります。どうして信じられないかというと私自身がドール趣味 [続きを読む]
  • 更新時にエラーが起きた時の打撃の結果。
  • 色々書いていたことが一瞬で消える悲しみ。今回の主題は「今日はこれで二回目の記事」です。とりあえず消えてしまったものは元に戻らないので、手短に。新作エリーちゃん服を使いたくて撮影したのですが、背景布と衣装が合わないということで、自分の中では失敗作です。また違う背景布を使った時にしっかりと挑戦したいと思います。というわけで、今回はここまで。うーん、本当はもう少し書いていたのですよ。 [続きを読む]
  • 世界で一番のお姫様っぽく撮影しようと挑戦した結果。
  • 地球儀はやっぱり扱いが難しいです。今回の主題は「小物のレイアウトで写真の良し悪しは7割決まる」です。そういえばミクさんがいたのを思い出して、一回やってみたかった、地球儀に座るポーズに挑戦してみました。ただサイズ感が少しイメージと違うかな。大きい小物を使う時は、そのレイアウト一つで写真の良し悪しが決まってしまいます。もっと効果的な使い方あるような気もしますね。この背景布は何回か使っていますが、ファン [続きを読む]
  • 写真は遠・中・近で。
  • 新しい衣装にかかった費用は800円です。今回の主題は「どのズームがお好き?」です。本日は名古屋の大須へ新しい衣装を探しに出かけていました。名古屋アゾンにてノアさんや次の新しい子を見てきましたが、まあお迎えまでは勇気が足りない私がいます。何が良いかって、1/3の衣装の出来の良さですね。デフォルトは少し微妙に見えますが、販売されている衣装は大きいがゆえに出来が良く見えるのです。1/6サイズは種類こそ豊富 [続きを読む]
  • ドールの支持棒の扱いは丁寧に!
  • 二人の構図を逆に替えてみました。今回の主題は「色々動かしていたら、支持棒が壊れました」です。1/6の利点の一つに、ドールの支持金具が安価に手に入ることがあります。色々な種類がありますが、オビツ製のものを愛用しています。オビツ製は安価でなおかつ色々な支持方法を取ることが出来ます。しかしプラスチック製であるがゆえに、調子を乗って動かしていると破損してしまいます。私の場合は今まで2本逝ってしまいましたね [続きを読む]
  • 二人撮影は奥深い
  • 自由度の高い反面、非常に難しいのが二人撮影です。今回の主題は「いかにしてシーンを切り取るか」です。最初はお題「ひっぱる」通りに、一人を引っ張って歩いている感じにしようかなと思っていました。しかし、それはそれでありふれた感じなので、構図を変えてみました。最初は二人横並びにしていたのですが、奥行き感を出すために前後へ配置。どちらを前にするかで悩みながら、結局こんな感じになってしまいました。二人撮影は1 [続きを読む]
  • 結構便利な「ひじ置き」の紹介
  • 昔ながらのPCディスクを撮影ブースにしています。今回の主題は「引出しタイプのキーボード置きって減りましたよね」です。この撮影ブースは昔ながらのPCディスクを使っています。上にはプリンター置台があり、下にはディスクトップPCを設置する空間があります。そして特徴的なのが引出しタイプのキーボード置き場です。今のPCディスクはノートPCが基準になっているため、引出しタイプのキーボード置きは少なくなっています。しかし [続きを読む]
  • 素足で歩くということ
  • 素足で地面を歩いたのは、いつ以来だろうか。今回の主題は「落ち葉を踏みしめる音は良いですよね」です。季節感が場違いですが、こういう背景布だと、素足で踏みしめたくなる気がします。実際には虫やら石やらで、決して良いとは言えないのでしょうが、本当に落ち葉が積もったところは柔らかいものです。アスファルトばかりを歩いている現代で、踏みしめる度に違う感触があるというのは貴重だと思います。とはいえ、私の場合だと車 [続きを読む]
  • 生き生きした写真を求めて・・・。
  • ドールを撮影するということは、背景に拘るということ。今回の主題は「一枚の絵として、撮影してみよう」です。時期は全く違いますが、秋の背景に変えてみました。この背景、最初の頃はあまり使っていなかったのですが、「背景布は濃く編集する」という感じでやってみると、存外に空間の広がりを再現することが出来ます。こういう時は笑顔が素敵なハナちゃんの出番ですね。なんだかんだで、一番気に入っているドールなような気もし [続きを読む]
  • 背景布は濃くしよう。
  • そろそろ背景布も替え時かな。今回の主題は「濃くするとリアル感が出るのが背景布」です。アゾンっ子が気になるので、なぜか出番が多くなっている気がします。うーん、相関関係があるのかな。真っ黒な感じの衣装ですが、比較的気に入っています。ドール服ってつい豪華な感じにしたいところですが、こういったシンプルな感じも良いですね。黒で統一しているからこそ、白のタイツが違和感なく使えています。それにしても、最近はドー [続きを読む]
  • 欲しいモノがあったら、別の方法を考えよう。
  • 昔からそうでした。今回の主題は「欲しいモノがあったら、手に入れるのではなく、自分で作っていた」です。決して裕福な家庭では無かった小さい頃の私は、欲しいものをすぐに手に入る環境ではありませんでした。学校の中で、ドラクエのバトルエンピツが流行ったころ、その鉛筆が高かったため、普通の六角エンピツに自分で文字を書いて作っていました。なんとかお金を掛けないように工夫をしていました。オタクに目覚めた頃は、アニ [続きを読む]
  • アゾンのノワ様に対抗してみましたよ。
  • アゾンの写真は、特別可愛く映るようにしている気がします。今回の主題は「可愛いと思うものを目指せ」です。アゾンのドールアイのキャラクターである「ノワ」が気になるこの頃です。オフィシャルサイトではかなり可愛く撮影されていると思います。やっぱり1/3への憧れと同時に1/6サイズの劣等感があるのは否定できないところです。だけど、そこで負けてはいけません。1/6だって、工夫次第で1/3のように撮影出来ないも [続きを読む]
  • 上手く構図が決まらない場合は、エフェクトで乗り切れ!
  • お題に対して撮影したものの、微妙になってしまいました。今回の主題は「急いで撮影しても、やっぱり良い結果は出ない」です。「ひざをつく」がお題だったのですが、背景布をそのまま使ってしまいました。やっぱり宮殿内で膝をつくのは格好がつかないので、ここはボカシを入れてみました。背景を消すためにエフェクトを盛っています。大胆に髪の毛部分にもエフェクトを掛けてみると、意外に面白い色が出ました。全体にかけると強す [続きを読む]
  • 背景布にも光を。
  • 私が所有している背景布で最も細かい絵柄であるがゆえに、圧縮すると潰れてしまうのは仕方ないところです。今回の主題は「背景はドール以上の主役がある」です。Twitterとかで「いいね」を付けたくなる写真は例外なく基本的には背景にも凝っています。背景に凝るというのは「日常空間」を出さないことです。あとはスケール感が合っている写真です。わざとスケール感の違いを出す手法もあるので、こちらに関しては一概に言えません [続きを読む]