pekepeke さん プロフィール

  •  
pekepekeさん: 東大院試@電気系いんふぉ
ハンドル名pekepeke さん
ブログタイトル東大院試@電気系いんふぉ
ブログURLhttp://eeisinfo.seesaa.net/
サイト紹介文H28東京大学大学院工学系研究科電気系工学専攻に外部から合格したひとによる情報提供ブログ
自由文実際に勉強したこと、参考書、自作解答などについて書いてます。電気電子工学コース、融合情報学コース両対応。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 346日(平均0.2回/週) - 参加 2015/10/11 20:38

pekepeke さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 倍率について
  • 受験勉強の際ネットで得られる情報はほぼ目を通したと思っていますが、特にこちらのcoumarin343さんのブログには大変お世話になりました。感謝申し上げます。東大院試〜電気系への道過去問の解答やデータなどが美しいですし、情報は鮮度が大事ですので。ほかにお世話になったブログをサイドバーのリンクにおいておきます。こちらのブログでも書かれていますが、外部外人は別枠のようなので合格者は 内部5人に4人  外部日本人3人 [続きを読む]
  • 電気系院試の配点と面接について
  • ・配点について電気系は英語677数学300専門400面接200です。英語は100~200程度に圧縮でしょうか。専門が一番配点が大きいですし一番大事なのはわざわざいうまでもありませんが、内部に対し外部が不利な科目でもあると思います。院試問題は基本的にその大学の授業の範囲であるので、定期テストの復習などの効率のよい対策がとれますし、そもそもテストで解いている部分が出る可能性もあるからです。また専門科目は過去問を見ればわ [続きを読む]
  • 合格通知と成績開示について
  • 合格通知は合格発表の二日後に自宅に届きました。中身は合格通知書、指導教官について、奨学金の案内です。例年はこれに加えテストの点数が送られてきていたようですが、今年からは大学の事務室で開示請求をしなくてはならないようです。期間は10月からのようです。参照リンクこのような感じになるのでしょうかね。せっかくなのでどのくらいとれているか確認したいですね。___________________________________追記開示してきまし [続きを読む]
  • 参考書と勉強法(専門、情報)
  • 友人に書いていただいたものをそのまんま貼り付けます。なんかめちゃくちゃ書いてくれましたw情報のみでなく一般的なことも最後の感想に書かれています。_____________私は電気系の中でも融合情報学の方を受験したので,専門科目は大問3,4,A,Bを選択しました.選択の根拠は主に自大の選択科目とのかぶり,学部での授業で扱っているかなどです.基本的には何を選択してもいいと思いますが,情報系の受験生に選択を進 [続きを読む]
  • 参考書と勉強法(専門、電気)
  • ・電磁気学これは自大の教科書と過去問で対策したあと過去問を10年分解いただけです。過程が変わる前の過去問もいい演習になりますし十分な量があると思います。ただ今年はいままで全然出てなかった電磁波が来て爆死してしまいましたが( ;∀;)また大学入試に近い感じですのでまさかの高校の時使ってた参考書をみつつやってましたエッセンスまじ良書です・回路東大の教科書はこちらですテブナンの前になぜか鳳が付きます。この教科 [続きを読む]
  • 電気系自作解答(電気電子工学コース)
  • 傾向が変わってからの4年分(2012,2013,2014,2015)の専門科目の自作解答です。間違いや解けなかった部分もありますので、こんなもんでも受かるのかくらいに考えてください。科目は電磁気学、回路、電子物性、電子デバイスです。リンク物性と電磁気がそれぞれ1年分抜けています。間違いに気づいたのですが直すのがめんどかったのでアップしていません。これら2つはほかの先人の自作解答にありましたのでそちらを参照してください。 [続きを読む]
  • 参考書と勉強法(英語、数学)
  • ・英語英語はほとんど対策していません模試3回分と文法ちょろっとやってぶっつけで本番挑みました使った参考書はこちら有名なやつですがあまり時間がなかったので章末の実践問題を時間を測って解き、間違えた問題についてのコードを確認するというようにしました。時間に余裕があれば全部やっておくべきだとは思いますが、時間がない場合この使い方がおすすめです。こちらを2回分、こちらを1回分やって本番に臨みました。500は欲し [続きを読む]
  • 自己紹介
  • はじめましてH28の東京大学大学院工学系研究科電気系工学専攻に外部から合格したひとによる情報提供ブログです。私はたまたま一緒に勉強する仲間がいたので、答えを共有できたり互いに刺激を受けあったりすることでうまく時間を使えたと思います。私とブログに出てくる友人はともに第一志望の研究室に合格できました。また先人のブログによる情報にとても助けられましたので、先人に続きブログでの情報公開をしようと思った次第で [続きを読む]
  • 過去の記事 …