さくらねこ さん プロフィール

  •  
さくらねこさん: 新型貧困主婦の借金返済生活
ハンドル名さくらねこ さん
ブログタイトル新型貧困主婦の借金返済生活
ブログURLhttp://livefromtheconsole.com
サイト紹介文借金返済中の30代のパート主婦です。限界までお金がなくなり、貧乏風がびゅーびゅー吹いています。
自由文もともと貧乏家計なのですけど、限界までお金がなくなってきました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供281回 / 358日(平均5.5回/週) - 参加 2015/10/12 07:19

さくらねこ さんのブログ記事

  • 安い虚しさを埋める400円の煙
  • 月末がパートのお給料日の私にとり、いつもですと極限まで食費を切り詰めて過ごす、お給料日までの数日なのですが。特に、夫が逮捕されてからは諸費用もかなりかかり、勤務先を解雇されてからというものは尚更のこと私のお給料だけでは厳しい状況の中。今月は叔母からお金を借りたこともあり、若干の余裕があるせいか、逆に・・・貧乏主婦の安い虚しさを感じました。本当にそう思いました。日頃から月末は大金欠でしたので、いま手 [続きを読む]
  • 妻として最後の一仕事を残すのみとなりました
  • 昨日はパートの公休を利用して、夫の面会に拘置所へ行って来ました。ちょうどタイミングよく、弁護士の先生からも被害者との示談が成立したと連絡がありましたので、弁護士より先に面会で夫に伝えました。被害者との示談成立は量刑に影響するとのことで、夫もホッとした様子でした。これで私も妻として、最後の一仕事を残すのみとなりました。被害者への謝罪文や裁判所(裁判官)、検察への嘆願書等の書き物は、弁護士の先生に提出 [続きを読む]
  • 夫とスレ違うことがいつも不安でした
  • 昨日は急遽、午後からパートを早退したので、勤怠についてはマネージャーから以前に注意を受けていますので、これ以上パート先での人間関係がギスギスしないようにと思うのですが・・・パートと夫の事件のこと、どちらも優先させたい気持ちもあり難しいところでもあります。そんな優先ごとを考えながら、今朝パートに向かう際にポストを見ますと、夫からの手紙が届いていました。夫の件で急ぐことは何ひとつないと改めて思わされま [続きを読む]
  • はじめて見る夫の男泣きと悔し涙
  • 今日のパートの昼休みに携帯を見ますと、弁護士事務所から留守電が入っていました。「ご主人の様子がおかしかったので、近いうちに面会に行ってください」とメッセージが入っていました。そんな連絡を受けたのは始めてで、弁護士事務所に折り返しても担当の先生に繋がらず、心配になった私は午後から早退させていただき、取るものも取り敢えずに夫の面会へと拘置所に向かいました。夫の男泣き、悔し涙をはじめて見ました。急いで電 [続きを読む]
  • やはり冬の滞納暖房費2ヶ月分は大きな痛手
  • 先日、余分にお金を貸してくれた叔母からの10万円が遅延していた支払いを済ませていくうちに、みるみるうちに無くなっていきます。大盛りと思って食べ始めたドンブリの底がアッという間に見えてきた、しかも底が盛り上がっていたかのような気分です。後の返済のことを考えると先が思いやられます。やはり冬の滞納暖房費2ヶ月分は大きな出費、痛手でした。電気代は2回目の支払い督促が来てましたので払わざる得ない状況でした。 [続きを読む]
  • 誰だって貧しい心まで見せたくない
  • 先日、NHKスペシャル「見えない“貧困”〜未来を奪われる子どもたち〜」を見ました。番組内容は6人にひとりの子供の貧困に焦点があてられて、進学奨学金の問題もあり、貧困少女のダブルワークバイトには私も頑張らねばと思わされました。その登場人物の現実生活を「見えない貧困」の構造として放送している趣旨の番組と見ていました。ですが同じ貧困層として、登場人物を取り巻く環境の・・・見えない貧困ではなく、見せたくな [続きを読む]
  • 最悪の禁断とも言える感情にブレーキをかけています
  • 貧困女子の頃からの私の性格的に弱い部分なのですが、人間関係において共依存してしまうところがあります。私の貧困生活の元々の原因は、人間関係の精神的ストレスによる持病悪化で無職無収入になっての長期療養が始まりだったと思い、人付き合いの教訓としているのですが。またしても共依存らしき感情を抱いています。それも最悪の禁断とも言える共依存です。意識している人は、まさに絶対ダメな、夫の共犯(元上司)の奥さまなの [続きを読む]
  • 拘置所病舎で夫との驚きの面会
  • 今日のパートの公休も、拘置所にいる夫のところに面会に行ってきました。逮捕当時は、ただただうろたえて、何をどうすれば良いか分からず、事件をおこした夫への怒りや憤りもあり、毎回複雑な心境で警察留置所へ面会に行っていました。ですが今は、夫が逮捕されて勾留、拘置されている状況にも慣れ(というより諦め)また夫への私の気持ちも、私自身の離婚の決意も固まり穏やかなものに変わっていることを感じながら、何事も慣れな [続きを読む]
  • 支払いを正常に戻すだけで消えゆく10万円
  • 今回、叔母にお願いしていた借金30万円とは別に10万円もいただいた(お借りした)わけで、ギリギリまで困窮している家計にも大助かりです。ですが、もともと万年赤字の貧困家庭が、毎月の固定費の支払いを先延ばし延滞させてやり繰りしていただけですので、正常に戻そうとするだけで、あっという間に10万円が失くなってゆきます。貧困家計の支払いを正常に戻すだけで消えゆく10万円。ざっと計算してみただけで、電気ガスの [続きを読む]
  • 貧乏性ゆえに謝罪費用に予算をつけてるわけではないですが
  • 一昨日、叔母から30万円お借りして、後は弁護士が夫の事件の被害者の方との示談交渉を待つだけになりました。最終的な支払い金額が確定すれば弁護士事務所にその金額を振り込むことになります。謝罪費用の上限に30万円の予算をつけてるわけではないですが。借金して作った30万円ですので、夫が社会復帰後に(離婚したとしても)返済するとは言っているものの、今回の件で「先のことなど何が起こっても不思議じゃない」と痛感 [続きを読む]
  • 封筒に入った借金と離婚届
  • 今日パートの帰り道、私のたった一人の身寄りの叔母のところに立ち寄り、お金30万円を貸していただきました。藁にもすがるとは、こういう事かと本当にありがたい気持ちでした。30万円の借金プラス、封筒に10万円が入っていました。叔母が「40万円あるから」と、私の目の前で封筒に入れて渡してくれました。その際に・・・「どんなにお金がなくても、住むところだけあれば何とかやっていけるから、これから歳をとれば分かる [続きを読む]
  • 過去の借金も洗いざらい話す覚悟でお金の相談に行きました
  • 夫の事件の被害弁済金と示談金を工面するために、叔母にすがりに相談にいきました。事前に電話で「相談したいことがある」と、連絡しますと、暗にお金の相談と感じたようで、叔母の自宅に来るように言われました。洗いざらい話す覚悟でお金の相談に行きました。夫の事件のことは叔母と私だけが知っていますので、今さら洗いざらい話す必要はありません。まずお金の相談(お金を借りる)にあたり、連帯保証人の件で揉めてトラブルに [続きを読む]
  • 疲れきった私に夫からの謝罪の手紙
  • 昨日、拘置所への夫の面会から帰宅してポストを見ますと、夫からの手紙が届いていました。おそらく面会より2〜3日前に書いたものだと思います。さっそく家の中に入り読んでみますと、そこにはビッシリと謝罪の言葉が綴られていました。夫からの謝罪の手紙。そこには事件を起こしたことは勿論、私への謝罪の気持ちが書かれていました。少し前の私であれば、もっとこっちの身になって反省しろ等、気持ちを逆撫でされていたかもしれ [続きを読む]
  • 最後の面会のつもりで
  • 今日はパートの公休日を利用して拘置所へ夫の面会に行って来ました。生活費にも事欠く中での面会は交通費等がバカにならないのですが、私の中の離婚の決意を胸に秘めたまま・・・最後の面会のつもりで行ってきました。いつものように総合病院の待合所かと見間違うほどの設備の中で、面会の手続きを済ませ小一時間ほど待っていました。限られた面会時間ですので、話の用件(順番)はこの時に整理するようにしています。そんなように [続きを読む]
  • ゆったり進む借金返済を抱えた貧困生活の中で
  • 明日はパートの公休で夫に面会に行けると思いながら、離婚の決意を胸に秘めてパート出勤でした。いくらか陽気な気温でしたが、そのせいもあってか時の流れがゆっくり重く感じました。時計の針がゆったり進んでるようでした。長期化してしまった貧困生活では焦るばかりで、時に思ったように時間が進まないときや時間が足りないと思うことはありました。夫が事件をおこしてからというものは、夜中こそ時間の進み具合が長いと感じまし [続きを読む]
  • ゆっくり自然と離婚の決意を受け入れた夜
  • 昨夜ありったけの生活費と借金の皮算用をし、ため息交じりで寝ようとした時、ふと夫との離婚のことが過ぎりました。今までは離婚も致し方ないとは思いつつも、抵抗心がどこかしらにあったのですが、夕べはその抵抗感がなく自然体な気持ちで全身の力が心地よく抜けていく感覚でした。憑き物が取れていくような、何かが溶けていくような気持ちに包まれました。ゆっくり自然と離婚の決意を受け入れる私がいました。それは、夫に対する [続きを読む]
  • 何故か優しい気持ちで離婚を考えています
  • お金、連帯保証人の件で話が揉めてしまい、疲れ果ててしまいました。まるで私が何か悪いことをしたのかと錯覚するほどですが、昨晩冷静に考えますと、私が責められることは何もしていないと思ったのですが、朝起きるとその考えも曖昧になっていました。ここ数日はパート勤務中も終始そんな感じで、気づかない所で同僚に迷惑かけていないかと、自分に対して疑心暗鬼にもなっています。そして、何故か優しい気持ちで離婚を考えていま [続きを読む]
  • 立場逆転で余計に収拾がつかなくなったトラブル
  • やはり、お金というものはトラブルの元凶のひとつということを、今回の借金の連帯保証人の件で、あらためて嫌というほど味わいました。事の発端は、逮捕拘置中の夫の被害弁済と示談金という、まとまったお金を工面するために借金をしなければならず、その連帯保証人に共犯(夫の元上司)の奥さまにお願いしたところ、連帯保証人になる代わりに「私の分も余計に借りて欲しい」という交換条件を、私が渋った?ためです。収拾がつかな [続きを読む]
  • 驚きの連続の拘置所の面会でした
  • 警察留置所から拘置所に移された夫の面会に行ってきました。最寄り駅から拘置所へ行き交う人も、おそらく関係者なのだろうという人の流れの中、普通に高い塀の横を歩いて行きますので、嫌でも刑務所というものを感じさせられます。驚きの連続の拘置所の面会でした。警察への面会で勝手知ったるものと思い込んでいた私には、ちょっとしたカルチャーショックでした。こんなところに税金が使われてるのだと、まざまざと見せ付けられる [続きを読む]
  • ひもじさとは違う飢餓感に恐怖でした
  • パートのお給料日でした。お金がな食べることさえままらなかった最後の1日半でした。今月は家計が私ひとりのパート代だけでしたので、何とか持ちこたえたという実感をあらためて感じるほど、究極的にお金がありませんでした。ひもじさとは違う飢餓感とはこういうものか、と思いました。夫の事件のことが頭にありますので、食べるものがあればさほど食欲もないので、1日ぐらい食べなくても大丈夫なような気がしますが、いざ食べる [続きを読む]
  • とうとう食べるのが精一杯となりました
  • 主に金策で色々と行動をしなくてはならない週末でしたが、月末のお給料日前でお金がなく、とうとう食べるのが精一杯の状況に追い込まれてしまいました。昨日今日はは何も行動(連絡)できずでした。ひたすら明日のお給料日を待ってます。もともとギリギリの生活費の中から、夫の面会の交通費に差し入れを捻出しているわけですから、どこかでシワ寄せが来ます。利息のかからない支払いや、先伸ばしできるものは後回しにしているのが [続きを読む]
  • 時計の針が先に進む怖さを感じています
  • 何だかんだと連帯保証人が決まらず、月末のお給料日まで残り3日で生活も今が一番苦しい時です。それでも確実に時間だけは過ぎてゆき、逮捕勾留中の夫も警察留置所から拘置所に移されたことで余計に実感しています。時計の針が先に進む怖さを感じています。夫は、塀の中まで直前です。弁護士の先生からも警察留置所→拘置所→刑務所と段階を経ていくということは伺っていましたが、私としては刑務所(塀の中)が近づくに連れて、罪 [続きを読む]
  • なんと!面会にて居るはずの夫がいませんでした
  • パートの公休を利用して、融資(借金)の連帯保証人の打ち合わせをするべく、夫が勾留されている警察留置所に面会に向かいました。なんと、居るはずの夫がいませんでした。突然に拘置所へ移されていました。これまでも、逮捕されると本人(夫)が、どこにいるのかということは、警察から連絡が来ることがなく、今回の拘置所への移動(移管)も知らせてはくれませんでした。こういうことは何事も、事前連絡なく突然と言えば突然です [続きを読む]
  • 即答できないでいる私に業を煮やされたようでした
  • ここ数日は、夫の事件の件で必要なお金の新たな借り入れの連帯保証人のことで振り回されていました。やはりトラブルの元凶というものは、お金なんだなと、つくずく思いました。どこまでもトラブルの元凶はお金。夫の事件の共犯(元上司)の奥さまのところに、連帯保証人をお願いする旨の手紙が夫から到着し、私のところに連絡が来ました。「連帯保証人になるのは構わないけど、その分お金を少し貸して欲しい」とのことでした。お互 [続きを読む]
  • 悲しい色眼鏡と、がんじがらめの人間不信
  • 夫がまさかこんな事になるなんていう思いが拭えずにいる毎日の中で、夫の事件のお金(被害弁済、示談金)の工面も借金で賄わなければならないとなりますと・・・悲しい事に、人を連帯保証人か泥棒としか見れなくなってきています。正確には見分けてるという色眼鏡で、がんじがらめの人間不信です。借金の連帯保証人という色眼鏡。あとは連帯保証人がハンコをついてくれれば融資を受けれるという状況は、私の本心がお金を借りたくな [続きを読む]