さくらねこ さん プロフィール

  •  
さくらねこさん: 新型貧困主婦の借金返済生活
ハンドル名さくらねこ さん
ブログタイトル新型貧困主婦の借金返済生活
ブログURLhttp://livefromtheconsole.com
サイト紹介文借金返済中の30代のパート主婦です。限界までお金がなくなり、貧乏風がびゅーびゅー吹いています。
自由文もともと貧乏家計なのですけど、限界までお金がなくなってきました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供251回 / 316日(平均5.6回/週) - 参加 2015/10/12 07:19

さくらねこ さんのブログ記事

  • バツの悪い表情の夫との面会
  • パートの公休日でしたので、警察に留置されている夫の面会に行って来ました。昨日お会いした夫の元上司(共犯)の奥さまに勇気付けられた気分がまだ残っていることもあって、以前よりは前向きな気持ちで向かいました。手紙にて差し入れを頼まれていたインナーウェア(下)を購入して向かいましたので、丁度お昼時間に掛かってしまいました。留置課の面会受付に行くと、案の定「食事が終わってからになります」と面会待ち合わせ場所 [続きを読む]
  • 情状の余地がない夫の元上司の奥さまと
  • パートをあがったその足で、夫の事件の被害弁済金と示談金の分担の相談ということで、夫の共犯にあたる、元上司の奥さまとお会いしてきました。私には未だに逮捕された夫の妻という自覚が足りないのか、その奥さまとコーヒーチェーンで同席しているのさえ不思議に感じました。私も夫が逮捕勾留され収入が激減し生活苦に一層の拍車がかかっているのですが、元上司の奥さまも疲れた(やつれた)様子でした。うちは情状の余地がないか [続きを読む]
  • 針のむしろの連続パート勤務中にまでかかってくる電話
  • 先日来から、夫の事件の共犯で元上司の奥さまからの電話は、毎日が緊張の連続になっていおり貧乏生活の疲れに拍車がかかります。ですので、元上司の奥さまにはお会いしたくないのですが、お金の関係(示談金の分配の件)もあり、それによって新たな借金の金策も再考しなくてはなりませんので、キッパリ断れない部分もあり・・・パート勤務中にまで電話がかかってくるようになってしまいました。示談金の分担という名目なのですが、 [続きを読む]
  • 一年のうちで貧乏生活の最初の疲れが出ています
  • 年末年始が過ぎて成人式の連休も過ぎ、その前にクリスマスというイベントがありましたが、新型貧困生活の私としては一年のうちで最初に疲れが出てくる時期です。ようやく乗り切ったと油断すれば、私の場合、今度は寒さで体調を崩しがちにもなります。一年のうちで貧乏生活の最初の疲れが出る時期です。暖房代を極限まで節約しているせいか、風邪気味のまま越していく冬です。そんな暮らしの中で、体調を崩さないように緊張もしてい [続きを読む]
  • 不信感と拒否感と警戒心だらけの電話
  • 昨晩、見知らぬ電話番号から家電に着信がありました。私は、また夫の交友関係かと思い嫌な思いで、そのまま留守電に切り替わった電話の声を聞いていました。女性の声でしたので少し驚きました。電話は、夫の共犯(職場の上司)の奥さまからでした。不信感と拒否感と警戒心だらけの電話。留守電は、奥さまがお詫びする内容で切れました。お詫びされるのか、本来ならこちらが詫びるのか、事件の詳細を知らないので戸惑いました。それ [続きを読む]
  • 少しは妻孝行してください
  • 夫の面会に行ってきました。いつもは私が1時間ほど待たされ夫が待つことはないのですが、今日は私が夫を待ちました。なんと昼間から入浴していました。面会室の透明のアクリル板の向こうに現れた夫は、風呂上りな雰囲気で伸びた髪の毛(五分刈り)も半渇きでした。少しは妻孝行してください。夫は「サッパリした」と言っていました。「サッパリしてるな」、妻の苦労も知らずにと思いましたが、限られた時間で不平不満、言葉尻をと [続きを読む]
  • 束の間だけ消え入ろうと思います
  • 私の地域は昨日と今日、雨が降る中でパート勤務でした。冷たい雨に濡れながら帰宅して石油ストーブをつけて、嫌いではないマッチのリンの燃える臭いと石油ストーブの最初の芯の燃える臭いを嗅ぎながら、冷え込んだ体温めました。ストーブの前で手もみしながら・・・どこか遠くへ消え入りたいと思いました。夫が逮捕されて苦しさが張り詰める中、連日の冷たい雨に濡れたせいか食欲もなく、今夜は冷蔵庫の中にある納豆と卵(卵焼き) [続きを読む]
  • これを借りたら全てが終わるという肌感覚
  • 1月6日付けで夫の保釈申請が却下されたと弁護士から連絡を受けました。もし保釈が決定されると、弁護士が代理で「保釈金支援制度」の手続きをして自動的に私が借金することになりますので複雑な気持ちでした。また再度、保釈申請しますとの事でした。つまり、いつなんどき自動的に増えるか判らない借金です。もともと借金返済も抱えてギリギリの貧困生活をしていましたので、毎月の生活が精一杯です。そこへ来て夫の逮捕で、弁護 [続きを読む]
  • 危うく路頭に迷うところでした
  • 今日のパートのお昼休憩がマネージャーと一緒でした。その時に、お正月の特別勤務(4日6勤務)を労ってくださいました。同時に、私の12月の勤怠が問題とされていたようで、解雇されるところだったようでした。危うく路頭に迷うところでした。夫が逮捕されてというもの、11月12月は特に急欠が5回ほどあり、職場同僚に迷惑を掛けていることは感じていました。そんな空気もあって、お正月はすすんでシフトの交代を申し出まし [続きを読む]
  • 酷い仕打ちをされて気づく同じ私の態度
  • 夫の事件で被害弁済として示談金を用意しなくてはならず、まとまった額ですので、新たな借り入れを申し込んでいました。今日のパート中に、その金融会社から連絡がありました。「3万円なら融資できるが、20万円なら不動産を担保にしなければ無理です」とのことでした。3万円しか借りれないということより、不動産担保で20万円の融資って・・・一度、お金で失敗して借金を債務整理している私ですので致し方ないのかもしれない [続きを読む]
  • 読むに堪えない夫からの手紙と現金の行方
  • 今日はパートの公休日でもあり、任意整理をした借金の分割払いの日でした。こんな日こそ、夫の事件の被害弁済金の工面に行動をしなくてはいけないのですが、疲労から気力が湧きませんでした。原因がもうひとつ、夫からの手紙を読んでガッカリしたからです。読むに堪えない夫からの手紙。逮捕され留置所にいる夫には、何か楽しみがあるとすれば、昨日、残念な思いをさせられた面会(単純に知り合いと会える)と、手紙を書く(時間を [続きを読む]
  • 新年早々、残念な留置所面会
  • パートのお正月特別シフト(4日6勤)の最後の夜勤を終えて、その足で疲れた身体を引きずるように夫が逮捕勾留されている警察署に面会に行ってきました。色々なお金の工面を、新たな借金で賄うしかないないので心細さもあり、公休日の明日でもよかったのですが、打ち合わせは早いほうがいいですし、私自身ユックリしたくて行ってきました。新年早々残念な留置所面会でした。行きの電車の中で眠ってしまうほど疲れていました。いつ [続きを読む]
  • 涙も枯れる3つの年初め
  • 年末からお正月は身も心も貧困な生活苦もあって、世間の賑やかさを遠ざけたく4日で6勤務の特別シフトでパートに入っていました。体力的に何とか持ちこたえることができ、ようやく今日、通しの夜勤明けで新年の実感をかみ締めています。お読みくださる皆さま、新年おめでとうございます。涙も枯れる年初めとなりました。ひとつ目は言うまでもなくパートがきつかった事です。持病もあり体力には自信がなかったのですが、夫が逮捕さ [続きを読む]
  • 年末年始に気づかないうちに気づいたもの
  • 夕べ、久しぶりに考えすぎて深夜2時でもまだ眠れずにいました。年末年始で「今日は大晦日か」、と思うと更に色々な感傷に浸ってしまい、ぼんやりしながら気づかないうちに悔し涙があふれそうになっていました。貧困主婦が気づかないうちに気づいたもの。それからダウンを着込んで外に出てみました。肌を露出している顔だけ冷たく、星こそ見えませんでしたが天気は悪くなさそうで、少し歩きながらキョロキョロと周囲を見渡すと、い [続きを読む]
  • 年末年始の賑やかさから離れて寝ずに働くだけです
  • どうにかこうにか今年も終わりかけて、私としては最後は息も絶え絶えで、無理やり追い払うかの年末となっています。明日いただけるパートのお給料だけで、何とかしのいで生活も心までも貧困な暮らしを辛抱しなければなりません。ですので脇目を振らずに、今日、元旦にかけての夜勤をシフトに入れてもらいました。貧困主婦の私は年末年始は寝ずに働くだけです。パートのお正月のシフトを公休としていた私ですが、夫が逮捕勾留されて [続きを読む]
  • 夫の交友関係を明らかにして断ち切りたい
  • 夫が逮捕勾留されている事を知っているのは、妻である私と叔母、それと事件が起きた(起こした)夫の勤務先の方々のみです。その夫の勤務先の同僚だった人から、夫の面会に行きたいので勾留先の警察署を教えて欲しい旨の連絡が来ました。たったそれだけのことさえ、私は不安に感じてしまいます。逮捕された夫の交友関係を明らかにして断ち切りたいのです。夫は、逮捕された警察署と留置所が異なるので、同僚のその方が問い合わせて [続きを読む]
  • 留置所面会と返済の約束
  • 年内最後のパートの公休日を利用して、逮捕勾留されている夫の面会で警察留置所へ行ってきました。私からの用件はひとつ「新たな借金をして示談金を工面するので、釈放後にちゃんと返済してもらいたい」ということです。勾留されている夫に、面会で「返済の約束」まで話せるか、私自身が遠慮がちな気持ちでいましたが、ここまで来たら言いたくない事こそ言って、ハッキリさせておかなければ私の身が保たないと思い向かいました。留 [続きを読む]
  • 絶望感いっぱいの黒塗りの手紙
  • 夫からの手紙が留置所から毎日のように届き、どうやら夫は毎日一通書いているようです。内容は、最初の1〜2通こそ胸にくるものがありましたが、ここ最近はまるで自動車教習所の合宿先から毎日の様子を報告してくるような内容になっています。世間がクリスマスにも関わらず、新たな借金の工面をしてる「こっちの身にもなってよ」と溜息まじりに読んでいます。そんな夫からの手紙でいつも気になるのが、黒塗りされてる箇所です。最 [続きを読む]
  • クリスマスに2度の非通知着信履歴
  • 日曜日もクリスマスも関係のない接客業のコンビニパート。夫の面会が平日しかできないので、平日休みのシフトにしていただいてるので、もちろん今日も出勤でした。休憩時間に携帯を見ますと、2つ非通知履歴が並んでました。クリスマスに2度の非通知着信履歴。夫の事件以後は、見知らぬ番号から電話がかかってくることが増えたとはいえ、さすがに非通知着信は不安にさせられ嫌な気分になりました。その後に見知らぬ番号の着信履歴 [続きを読む]
  • 必ず今夜なら言えそうなことを探しています
  • クリスマスイブもパート勤務でした。店舗の雰囲気はもちろん、お客様もクリスマスということで、よそ行きの様子でした。夫が逮捕されて以来、泊まりに来てくれていた叔母も自宅に戻り、子供のいない私は寂しさと切なさが募りまくる・・・ひとりきりのクリスマスイブです。嫌でも耳に入ってくるクリスマスソングです。私の世代ではいのですけど、定番中の定番の山下達郎の「クリスマスイブ」前から知ってましたけど、今年は特に歌詞 [続きを読む]
  • 嘘の上塗りと忘れ去られる夫の存在
  • 夫の逮捕から1ヶ月が経ち、その間パートのシフトに穴をあけて迷惑をかけながらも、極力休まず時給を稼いでいます。パート先の店長はじめ同僚も誰一人として、夫が逮捕されているなんて知りません。想像もしていないことと思います。逮捕されるということは・・・世間から存在が忘れ去られることなんだと思いました。パート先には「夫が骨折で入院している」と嘘の報告をしていて、パートを急休する度に夫を引き合いに出しています [続きを読む]
  • 人生で一番情けない警察留置所の面会室でクリスマス
  • 警察の留置所に勾留されている夫との面会は土日祝日ができず、年末も28日までです。私自身の生活もありますので無理にパートを休めず、公休に合わせて今日、2度目の面会に行ってきました。留置所の面会室で一足早いクリスマス・・・人生で一番情けないクリスマスとなってしまいました。世間がクリスマスや師走の雰囲気でバタバタと忙しいように、面会もバタバタ大変混んでいました。私は最初「クリスマスだから」とは思っていな [続きを読む]
  • 恥も外聞もなく妻からの謝罪文
  • 弁護士が先日来から、夫の事件の被害者の方と示談(自動車の弁償)の話し合いをしてくれています。貧困家庭の我が家どうあっても、このお金の捻出は何処かから借金をしないと用意できません。身勝手とはいえ恥も外聞もなく、人の(被害者の方の)情けにすがりたい気持ちです。どの道、借金しなくてはなりませんが・・・弁護士から連絡があり、先方の被害者の方がそれ程ご立腹ではないとのことでした。と言いますのも、乗用車が盗ま [続きを読む]
  • 私だけ置き去りにされているような留置所からの手紙
  • 留置所に勾留されている夫の面会から帰ってきて、昨夜は疲労から久しぶりにグッスリ眠れました。その翌朝、パート出勤前にポストを見ると、夫からの手紙が届いていました。そのままパート先に持っていき、休憩時間に誰にも気づかれないように読みました。留置所の夫からの手紙。手紙の内容は、昨日の面会前に書かれたもので、私への謝罪、気遣いが感じられるものの、必要なもの(差し入れ)が羅列されていました。どれもこれも、お [続きを読む]
  • 絶望に近い失望感の涙の面会
  • ようやく今日、逮捕されて以来1ヶ月ぶりに接見禁止が解けた夫に面会ができました。親身になってくださる読者さんのメッセージ通り「面会者が泣くと、中の人は何もできないから辛いだけ」と伺っていたので、そのつもりでいたのですが・・・やはり涙の面会になってしまいました。警察署の中にある留置所の面会室は、よくテレビドラマに出てくる透明のアクリル板で仕切られていました。朝一番10時からの面会を早めに受付をして、面 [続きを読む]