キイロ さん プロフィール

  •  
キイロさん: 肩こりdays
ハンドル名キイロ さん
ブログタイトル肩こりdays
ブログURLhttp://katakoridays.blogspot.jp/
サイト紹介文編み物が好きで、肩こり治まることがなく。 好きな宝塚のこと、お出かけのこともたまに書くかも。
自由文2016年6月ヴォーグ棒編み講師コース終了しました!
今は、ヴォーグかぎ編み通信講座を受けています。
そしてはじめてのマイミシンと格闘の日々。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供242回 / 365日(平均4.6回/週) - 参加 2015/10/12 08:37

キイロ さんのブログ記事

  • レースを買う(下北 もめんやまきので大興奮)
  • 遠のく毛糸インスタで見て気になってたパピーのフリーのカーディガン、実物を見に下北沢にお出かけ。飾られてるサンプルの中にはなくて、店員さんに声を掛けたら、その方が着ていてね。かわいいー。欲しいー。でも、でもでも、11玉も使うとかで。んー。単純計算で、16,000円。ちょっとやり過ぎ、お金掛かり過ぎ、でしょ。フリーってね、たぶんね、ひと夏持てばいいんじゃないかな、という素材です。あ、わたしの感想です、これは。 [続きを読む]
  • お手製の服がもれなく暑い
  • 編んだものならわかるけど縫ったものまで、暑い。あ、暑いというより、汗をかく、が正しい。わたしは、声を大きくして言うことじゃないですが、永久脱毛しているので汗をかきやすい方かと思うんだけど、それにしても、縫ったものを着ていると汗をかく。生地選びが悪いのかなあ。とはいっても、化繊は使ってないし。全身汗、というより脇が汗だから、袖口を広めにとればいいのかなあ。20日木曜日から、OKADAYAの20%オフセールで、 [続きを読む]
  • 水玉のペンシルスカートを作る
  • はいているところが想像できないけど届いてみて、思っていたより厚めのしっかりした生地だから、考えていたフレアースカートには合わないかなあ、と本をパラパラ。用尺は足りそうだし、コレを作ってみようと決めたのは、KANA'S STANDARD2のペンシルスカート。 女教師!っていうイメージのやや長めのタイトスカートは、似合うひとにはとってもかっこいいと思う。けど、わたしには似合わないんですよねえ。足の形なのか、全体の [続きを読む]
  • 生地の森で、水玉とストライプを
  • 作る楽しみなにを作ろうかと考えるも楽しいけど、材料を選ぶのも楽しくて、それが手元にくるとまた嬉しい。Made in 浜松、っていうのが惹かれますよね、生地の森さん。全体的にややお高い印象なのでわたしにはまだもったいないと思いつつも、楽天での評価が高くて、奮発しちゃった。鮮やかな緑地に白の水玉はスカートにしようかと。ストライプはフレンチスリーブのワンピに。これでこれを作るんだ、と選んだ生地だから、やっぱりネ [続きを読む]
  • マルティナさんのopal 気仙沼カラーのシマウマ靴下 CO
  • 手編みの靴下に味をしめた冬のコートが必要だった昨日、編めた靴下をはいて会社へ。縫ったウサギ柄のスカートと色合いがピッタリ。会社での足元ってなんであんなに冷えるんだろうか。くるぶしあたりがいつも冷えて痛い。これって体によくないよなあ、と思うから、見た目はアレだけど、レッグウォーマーをつけたりしてるんだけどね。いやあ、手編みの靴下の暖かさよ!ややガサガサしているかな、と思っていたザウバーボールだけど、 [続きを読む]
  • 完成!チェックでフリルのプルオーバー(「大人の日常服」から)
  • さっそく着ちゃう日曜日は、靴下に引き続いてプルも完成したのだ。2時間もあればできると思うくらい、あと少しだったんだけど、袖の処理が難しくって何度もやり直して、けっきょく、午後、ずっとミシン。ハリのある縫いやすいいい生地具合が仇となり、ほどくと穴があいちゃう、っていうね。だからといって、柔らかいと縫うのは難しいし。生地選びって課題だな。でも、慣れかな、と思ったりもするから、たくさん作って、上手になり [続きを読む]
  • 春っぽい色合いの靴下が編めた!
  • かわいい、嬉しいほとんど編めてたけど編みなおしたりして、ミシンをやったりもして、時間が掛かっちゃったけど、かわいい靴下が編めた。マルティナさんの編み方で、履き口は2目ゴム編み、本体はメリヤス、つま先は分散減目、とってもシンプルなスタイルですが、糸がすばらしく!なかなかいいように見えるのではないでしょうか。そして、24〜24.5cmのわたしの足に超ぴったりだから、なお、嬉しい。糸は、クレイジーザウバーボール [続きを読む]
  • 欲しい毛糸、パピーのフリー
  • 下北のパピーに行っちゃおうかなわりと久々に、毛糸買っちゃおうかなって欲が。インスタで見た、パピーのフリーを使ったカーディガンがかわい過ぎて!パピーは去年出た糸、かな。気になってはいたんだけど、買わなかったんだよね。超極太糸でざっくり編むシンプルなセーターとか、いいとは思うけど、たくさん毛糸あるのに、わざわざ買わなくてもなー、って。でも、この写真みたら、これはいいでしょう!色も、形も、かなり好み。そ [続きを読む]
  • ほんの少しの時間でも、編むことで
  • 明日もがんばれそう4月に入って急に暑い。歩き通勤、30分ほど歩いて会社着く前にコートを脱いで、ストールもはずす。社内では、薄いブラウス1枚で過ごせる、快適な気温。会社は4月が年度始まりで、けっこう忙しく、それでも残業はないんだから忙しいとは言わないかもだけど、定時内で頭フル回転、クタクタ。さっさと寝るに限ると思うけど、それだけじゃあね。作りかけてるチェックのプルにかかりたいんだけど、まだまだ慣れないミ [続きを読む]
  • 「大人の日常服」よりフレンチスリーブプルをアレンジして
  • フリルの縫い跡…友だちにプレゼントしてもらったのがきっかけでブローチをつける、という好みができまして。肩こり&やや金属アレルギーもあってふだんはネックレスをしないから、ブローチってちょうどいい。大きくても5cm前後だけど、あるのとないのとで、胸元の感じがずいぶん違います。ブローチは服に穴があくのがね、と言われて、ああ、そっか。でも、洗うと繊維により?穴がうまってるようで、穴、って感じでもなく、わたし [続きを読む]
  • 型紙の収納
  • これでしばらく様子見わたしが持っている型紙付きの洋裁本は、3冊。たったの3冊だけど、しばらくはこれで十分なくらい、愛用していく本だと思う。編み物に熱を上げてるときは、次から次に買っていたんだけど、洋裁は奥が深すぎて&自分のできることが少なすぎて、本を買っても仕方ない、っていうか。この3冊、シンプルなデザインで、生地を変えれば可能性は無限大。編み物だって、糸やサイズ感を少し変えれば全然違うものになるん [続きを読む]
  • fab-fabricの布を買った
  • 海越えて洋裁をはじめてみたくて、ネットでいろいろ検索している時に、いつもヒットしてきたサイト。福岡の生地やさん、fab-fabric sewing studio。センスのいいHPもだし、『製作のヒントとアイデア』がビギナーにとっても親切で気に入っちゃって、隅々まで読んでます。毎日っていうくらいの頻度でアップされる新着生地も、見てるだけでワクワクするし。ソーイングスクールもやっているらしいけど、さすがに福岡は遠い。お店に行っ [続きを読む]
  • 1ヵ月ぶりに編む、靴下のもう片っぽ
  • 集中は1時間ちょっとが限度ミシン熱な最近で、久しぶりの編み物。わたしにとっては編み物が本命、って思ってるから、ミシンばっかりやってて後ろめたい気持ちはあるんだけど。通信講座も忘れたフリしようとしているし。でも、今は、編み物は、慣れて少し飽きてきてるところでもあって、もうしばらくはミシンに熱中してそう。で、縫い終えて、新しい布をネットで申し込んで到着待ち。型紙を作っておく、という手もあるんだけど、は [続きを読む]
  • 完成!初リバティでシンプルワンピ
  • どすこい感できてましたー。型紙作成から4日、時間にすると20時間くらいかな、佐藤かなさんの「KANA’S STANDARD」からシンプルワンピ。といっても、この柄、柄!全然シンプルではないんだけども、デザインとしてはシンプル。ゆったりどころか、どすこいサイズで、これをペロンと1枚で着るのはちょっとなー…。なので、週末にでも手芸屋さんにウエストリボンになるようなものを物色しに行こうと思ってます。このワンピと同じ型で、 [続きを読む]
  • 手作りワンピにオリジナルタグを縫いつけた
  • 小さなことって難しい洋裁って、お菓子作り、って感じ。ちゃんとやらないとうまくいかないんですよね。その点、編み物は料理、自分なりの加減でなんとかなる、と思ってます。大雑把で、だいたいの雰囲気でやってしまうわたしは、洋裁の上達の見込みは薄いけど、まあ、楽しく、嬉しくやってるからいっか。裁断も、まっすぐ縫うのもまだまだちゃんとできてないけど、いっちょ前にタグをダダダとミシンで縫いつけた。自分で編んだもの [続きを読む]
  • モヤモヤ布博
  • きっともう、最初で最後ご存知の方も多いと思われる、手紙舎ってカフェ?雑貨屋?が主催のフェスというのか、市というのかが、年に何度か開催されてます。多摩川河川敷が会場のもみじ市とか、蚤の市とか。布博、というのもあって、これは最近京都でも開催したらしいんだけど、今回、初めて行ってきました。布博、だけど、keitoやアヴリルも出店してるし、羊毛フェルトとか刺繍もあったり、要は手芸好き集まれーみたいな。こうゆう [続きを読む]
  • トップダウンで編んだon the beach、ほどく
  • ちゃんと着るものにしたい春めいてきて、寒いけど、さすがにモコモコのコートはちょっとアレかな、と思って少しずつ衣替え。押し入れ、いやでも目に付く、毛糸の山。とりあえず、それは見ないことにして。毎回気になるのは、箱。編みかけ、でおいているものはないんだけど、これどうするかなあ、っていうものを入れている箱があります。編み終えたけど、糸始末してなかったり、バッグの裏地をつけてないのとか。こうゆう風において [続きを読む]
  • 完成!「KANA'S STANDARD」C-dスカート
  • 幾何学模様、じゃなくてウサギできましたー!たっぷりフレアのスカート。いやあ、かわいい。嬉しい。そこまで薄くないコットンに裏地のおかげか、けっこうボリュームがでました。短くなるかなあ、と心配した丈だけど、膝下くらいで、大人っぽい長さ、OLにぴったり。いろいろ、いろいろ、反省というか、これ、洋裁をやっているひとに見せられないいろいろなんだけど、でも、見えるところはそれなりにちゃんと見えると思うからヨシ。 [続きを読む]
  • <ミシン>2作目はウサギ柄でスカートを
  • 注意力、散漫1作目のワンピは、裾のジグザグミシンを、裾から3cmあがったところを縫う、という、ほつれ止めの意味ないしっていう失敗して、3cm短い丈になった。今回は、ウサギがあっちこっち向いてる柄なんだけど、一定の決まりがあるから、自分なりに上下を決めたのに、裁断間違えた。「わ」を上にして切るから、表面と裏面で上下逆さまになるのに。切ってから気づく、っていうね。初心者は、柄の上下がない水玉とか小花柄、小さ [続きを読む]
  • やっぱり編み物って肩こりなんだと
  • 時期的には編む、なんだろうけど初めて着るものが縫えて、すごく嬉しくて、さっそく、次に取り掛かってる。次は、大評判の佐藤かな著「KANA'S STANDRD」から、C-d幾何学模様のスカートを、愛らしすぎるウサギ柄で。KANA’S STANDARD [ 佐藤かな ]たっぷりと3m必要とは、(使いきりではないけど)、どんだけフレアなんだろう。白っぽい生地だから、裏地もつけます。もう3月も中旬になるというのに、雪が降るかも、という寒さ。3ヶ [続きを読む]
  • <ミシン>今は質より量という時期だということにして
  • 先ずは完成させたい編み物は、第一歩として完成させること、が大事って、何回か行ったワークショップだったり本でもネットでも、聞いたことがある。少々の間違えには目をつぶり、進めていこう、っていうね。投げやりな発想ではなくてね。やり直していくうちに、もう、いやになっちゃうからってことで、確かに、と思う。完成できて嬉しくてまた編もう、って思えるもんね。洋裁も、その考えでOK?というのも、はじめてのワンピース、 [続きを読む]
  • <ミシン>三歩進んで二歩下がる
  • ここでもほどいてばかり編み物は間違えてもほどくことができる、っていうのがいいところ。だけど、洋裁だって、切ってしまったらそれは痛恨のミスだけど、縫ったところはほどける。ってことで、編み物に引き続き、洋裁でもほどいてばかり。まあ、いっか。急ぐ頼まれごとではなく、自分のために、ちゃんとしたものを作りたいし。だから、リッパー、大活躍してます。今のわたしの洋裁ライフで一番の相棒。で、なんでそんな間違い?と [続きを読む]