Sweetsugar または Yuki さん プロフィール

  •  
Sweetsugar または Yukiさん: Bittersweet Maybe
ハンドル名Sweetsugar または Yuki さん
ブログタイトルBittersweet Maybe
ブログURLhttp://ss2s.muragon.com/
サイト紹介文ただの日記を予定しています。素敵に画像とかも貼れない地味な日記になると思われます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供238回 / 365日(平均4.6回/週) - 参加 2015/10/12 16:24

Sweetsugar または Yuki さんのブログ記事

  • 今日も何もない
  • 思うことはある。 でもそれは、観念的で、具体的なエピソードに欠け、自分以外の人にとって面白いかどうか分からない。 そういうことを書いても、そんなの公開することもないのじゃないかと思える。 でもそもそもこのブログは日記で、公開することもないようなことを書いていただけのものでもある。 ふぅ。 つまり何かを書こうというほどの気になっていないみたいだ。 [続きを読む]
  • 泣いてしまう日
  • 今日は実家に行って来た。 悲しい出来事っていうのは、現実感がなかったりする。 それが日を追っていくと、少しずつ現実だと分かってきたりする。 今日は泣いてしまう日。 [続きを読む]
  • とりあえずの日記ととりあえずの抱負
  • やはり昨年度後半のような、長かったり、考えて書いたりするものは無理だと分かった。 今年度のはじめも、不満がいろいろあったのでぶちまけていた。 でも無理だ。 きっとまた不満だらけになったら、ほかのやらなければならないこと、やりたいことを後回しにして書きなぐるのだろうけど。 不満がなくなったわけではないが、ほかの世界で楽しかったりすると、あれこれ書かなくても解消されるようになる。 で、時間はないので、 [続きを読む]
  • サボっていた
  • しばらくサボってしまっていた。 できるだけ毎日書こうと思っていたのに。 書くことがない日でも、「書くことがない」と書こうと思っていたのに。 やっぱり仕事がフルで始まるとサボりがちになる。 こんな書き飛ばしているようなブログでも、書くとなったら時間がそれなりにはかかるからだ。 でもやめたくないので、・・・・・・もう少し続けたい。 [続きを読む]
  • 頭の中のおしゃべり
  • 頭の中に話したいことがたくさん浮かんでくる。 あんなふうに言ってたあの人に、こう言ってあげたいな。とか。 あの人たちに説明するとき、こういう体験談を交えて語りたいな。とか。 頭の中でその人たち(聴衆)を相手に、講演会が始まる。 ぼんやりとパソコンの前に座って、頭の中で講演してる。 でも実際には話さないだろう。 わたしの体験談なんて聞きたいかどうか分からない。自分の頭の中の講演会では、ところどころ笑 [続きを読む]
  • 今日の日記
  • 本当は「今日という日」にしようと思ったタイトルだけれど、何か素晴らしい哲学的な内容に聞こえかねないので、やめた。 今日は(職場で)朝から、とてもとてもとてもとても頭に来ることがあった。 アメリカドラマでいえば「ピストオフ!」することだ。 キレて、どこかで15分くらい頭を冷やしたかった。 でもそんなことはできなかった。仕事は容赦なく始まってしまうからだ。 こんなに頭にきたのは久しぶり。 じわじわと怒 [続きを読む]
  • 日記
  • 今日は都知事選があった。 以前の職場の女性上司が、ずーっと以前の都知事選で熱く語っていたのを思い出す。 千葉県民だったのに、どの人であるべきで、どうして今の都知事はダメかを毎日ずーっと力説し続けていた。 以前、目黒区という都心部に住んでいたため、都心とはいえない土地に現在住んでいる人よりもよほど都民だ、と思っていたフシがある。 あの人はまた熱くなっているのかな。 携帯で撮ったランチの写真を見ていて [続きを読む]
  • 日記
  • 始めてみたいことが1つ2つある。 でも、余裕がない。時間とか、気持ちのゆとりとか。 とはいえ、なんとかやってみたい。 仕事は――よく分からない。 昔からいた同じ立場の契約社員的スタッフに対する以上の期待を、わたしにはしていると上の上の上くらいの人から言われた。 どういうことですか? 安い給料のまま、高度な仕事までこなせることを期待しているってこと? 仕事はでは、いろいろな利用者さんに接するわけだが [続きを読む]
  • 「ブラックリスト」Season3
  • 「この番組は見なくていいか」と思っていたが、一挙に再放送していたときに、ちょっと見てみるかと録画。 かなり面白く見てしまった。 「プラクティス」の最終シーズンと、「ボストンリーガル」に出ていた人が、裏世界の大物レイモンド・レディントン役だった。 なるほど、「ボストンリーガル」のあの人だ、と思った。(「プラクティス」のほうは最初にやっていた人の印象が強いので、あーそうか、くらい。) レディントンはカ [続きを読む]
  • 先週と週末
  • 先週、最後の金曜日に、仕事ではカトレアさんに悩まされた。 衝突や小競り合いを繰り返してきたが、ここのところうまくいっている。 このまま平坦に流していきたい、と思っていた。 が、まったく面倒なことに、この人には中間地点の落としどころでうまくやっていくなど、できなかった。 わたしはやっていけるが、カトレアさんはゼロか100かだったのだ。 金曜日の厄介ごとは、このそもそものスタンスにまで考えを及ばせてし [続きを読む]
  • 夏ハイボール
  • 先週、最後の金曜日に、仕事ではカトレアさんに悩まされた。 衝突や小競り合いを繰り返してきたが、ここのところうまくいっている。 このまま平坦に流していきたい、と思っていた。 が、まったく面倒なことに、この人には中間地点の落としどころでうまくやっていくなど、できなかった。 わたしはやっていけるが、カトレアさんはゼロか100かだったのだ。 金曜日の厄介ごとは、このそもそものスタンスにまで考えを及ばせてし [続きを読む]
  • 下働き作業はノーサンキューしたいことについて(シリーズ:仕事)
  • ここのところ、職場で面白くないこともあった。 実家とか夫との間の齟齬とか、「NOTよいこと」はあれやこれやあるが、それらと並行して職場でも面白くないことが続いていた。 それをぶちまけたい気持ちでいて、連載するのかという勢いで語り尽くしたかったのだが、落ち着いてみるとそこまで熱くならなくてもと思う。 去年、ある委員会(仮)の仕事をさせてもらって、知らない世界を知った。 まだ人脈が増えるというところま [続きを読む]
  • もうひとつの使い方
  • 乳がん、および生理用ナプキンについて具体的に書くので、それはちょっとどうかな、という方はご遠慮ください。 手術をしていなくて、胸の部分が変形している状態の人もいる。 バスタイムカバーを購入するとき、ご意見を見て、いろいろなことがあると知った。 たとえば、まるで陥没のような状態だったり、腫れあがったようになって左右の大きさが全然違ったりとか。きっとほかにもいろいろな症状があることと思う。 患部がどん [続きを読む]
  • 夕刻のコンビニ前で
  • 職場から帰り、最寄り駅に着いたら、駅前のコンビニ付近で、争っている2人の男性がいた。 アメリカドラマのセリフなら、struggleとか言うところかな? 相手を押さえつけようとしたり、抵抗したり、肉体的な争いをしていた。もちろんそんな状況だから口も動いてて、罵倒や威嚇などしている。 「見ちゃいけない」と、まず思う。 でも見て見ぬふりもいけないな、と思い返す。 どういう状況か分からなければ、警察を呼ぶ [続きを読む]
  • とりあえずの記事
  • チョー、あと3分で、いつもの更新時刻19時。 ・・・・・・「超」(チョー?)って、今時の人は使うのかな? 24歳(下手したら23歳)「これがナウいと思ったんじゃないですか?」 わたし(40代、もう後半、今ビール飲んでるから暴露)「ナウいって、今の若い人も使うんですか!?」 24歳(下手したら23歳)「いや、冗談で言ったんですけど、きっとこれがナウいと思ってるんですよ(笑)」 わたしは、「(笑)」ど [続きを読む]
  • 今日の日記
  • 電車の中。 (とはいえこれもやはり、定時の19時に予約するつもり。) そういえば祖母の墓参りをしばらくしていない。 出かけるついでに駅ナカのカッコいい花屋で仏花を買う。 しかし今月使えるお金はもうなく、夫に借りて出てきたくらいなので小さい数本の花。 それでもわたしの財布としては、かなりヤバい出費。 ごめんね、こんな小さくて。 祖母が熱中症のような感じで体調を崩したのが、そういえば3年くらい前の今頃 [続きを読む]
  • 朝の電車内にて
  • ただいま朝の通勤電車内。 (でも公開はいつものとおり19時にしようかと思ってる。) 今日の分の記事ストックがなくなってしまった。 今夜は遅くなる予定なのに。 週末はIのところに行くので、もしかしたら月曜まで更新がストップするかも。 昨日から新しい薬。 3週連続投与で、1週休み、また3週連続投与で、1週休みのサイクル。 とりあえず、3週間はIのところに週末は行こうかと思ってる。 [続きを読む]
  • 夏休み
  • Iが夏休みに旅行に行こうかな、と言う。 8月の終わり頃。 「行けないよね?」と聞かれる。 Iの夏休みは、夏の間の任意の日を申請してとる。 わたしの夏休みは、施設が休みのときに取ることになっている。 ――施設自体が休みのときに、4日分の特別休暇が取れて、足りない分は有給休暇を使うことになっている。施設自体が休みなので、「有休は他のときに使いたいので、出勤します」ということは暗黙のルールでできない。 [続きを読む]
  • 「諦めない」
  • 「わたしは諦めない」 そう心で言ってみる。 具体的なことじゃないときもある。 次の試験、もうすぐでとても合格しそうもないけど、諦めないで勉強してみる、なんていうのは具体的。 この鉢植え、もうダメかな。でもまだ諦めないで水をあげてみる、なんていうのも具体的。 そうじゃなくて、 ああ、自分の人生こんなもんか、とすさんだ気持ちになったとき、まだ諦めないと思う。 こんなのは、全体的、抽象的、漠然とした「諦 [続きを読む]
  • 心がまえ(シリーズ:仕事)
  • 職場のことをつらつら考えながら、朝のホームで電車を待っていた。 ぼんやりあれやこれやを想起しているときって、連想ゲームみたいなもの。 筋道たててここに再現することはできない。 ふらふら連想が展開していき、「カトレアさんはあのときも、ワタクシはあんなときはこのようにしているんです、と力説してたな」と浮かんだ。 別にわたしにとってはどうでもいい話。 カトレアさんもやり方をわたしに教えてくれようというの [続きを読む]
  • マツダに試乗に行く
  • エコカーを買うつもりのIにつきあって試乗に行く。 実はI自身は既に試乗していて、トヨタかマツダにするつもりでいる。 マツダに試乗に行った。 マツダのお兄さんは、自社の車に誇りを持っているようだった。 なんでも説明できた。弱点を認めながらも、それ以外の点でマツダが勝っていると力説していた。 マツダらしい気がした。なんとなく。 試乗のためにIとの待ち合わせ場所に行く途中、高速を通った。 「うわー、あの [続きを読む]
  • 悪いこと
  • Iのことを書くのはいつも迷うところだった。 もし最悪のことがあったら、書いていた記憶や、記事も記録として残るし、つらいのではないかと思うからだ。 でも、そんなことを心配するのはよくない。 だってまだまだ頑張って何年も生きてくれるはずなのだから。 ――そんな言霊信仰みたいな気持ちもあって、書いていた。 最近は、書けなくなってきた。 一歩、また一歩とガッカリする方向に進む。 そんなものなんだろう、病気 [続きを読む]