菊千代 さん プロフィール

  •  
菊千代さん: 風と星の水遊び
ハンドル名菊千代 さん
ブログタイトル風と星の水遊び
ブログURLhttp://gushax2.at.webry.info/
サイト紹介文短編小説集。
自由文風と星と水と、遊び(その他)をテーマにした短編小説。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供5回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2015/10/12 16:56

菊千代 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 最強の男
  • 俺は、この世界で誰よりも強くありたい。誰にも負ける訳にはいかない。 [続きを読む]
  • 最強の男
  • 俺は、この世界で誰よりも強くありたい。誰にも負ける訳にはいかない。自らの強さを証明する為だけに生きている。そう言っても、過言ではない。向かい風の中にこそ、自分の居場所を感じた。だから、父も斬った。兄達も斬った。そして、立ち向かって来る者、気に入らない者、全て斬った。裏切り者も斬った。当然に敵も斬った。これからも敵は斬り続ける。また、今後は仲間であった者も斬る事になるであろう。少しでも、歯応えがあり [続きを読む]
  • 世界の底から世界を見上げて
  • 私は今、世界の底にいる。これ以上、下には何も無い。本当の底である。周囲には誰もいない。当然である。私のような者が何人もいたら、世界は弾け飛んでしまうだろう。それにしても静かである。世界の中にいた時の喧騒が私の中に懐かしさを燈す。しかし、此処にあるのは孤独だけ。そして、孤独に支配された世界の底で、私は世界を見上げている。何とも面白い。世界の中にいた時には気付けない、そんなものが幾つもある。誤解無きよ [続きを読む]
  • 降りしきる雨が屋根を叩いている。こんな日は、どうしても思い出してしまう。「貴方のその優しさが、私を傷付けるの」優しさが、時には凶器になり得ると、君は教えてくれたよね。「くそったれ!」君が去った後、僕は一人吠えた。そして、僕は気付いた。僕が君を愛せていなかった事に。僕は必死に彼女を愛そうとした。しかし、それは愛せていなかった事の裏返し。人を愛するには必死にならなくともいいのだ。みんな自然に誰かを好きにな [続きを読む]
  • 孤独の天才
  • なんでだろう。私は一人ぼっち。なんでだろう。いつもいつも空回り。私は本当に一人ぼっちなんだな〜っと。自業自得。因果応報。いい事も悪い事も、全部自分に返ってくるんだよね。そして私はいつも一人ぼっち。そう。私は孤独の天才。天才の孤独だったら珍しくもないけど。世界中で私だけ。それが孤独の天才。だから一人ぼっち。そして一人ぼっち。ずっと一人ぼっち。それが孤独の天才。今日も一人ぼっち。明日も一人ぼっち。ずっ [続きを読む]
  • 初心
  • 蜩の声が響く中、僕は向かっている。今、僕の頭の中で当時の事が蘇ってきます。当時の僕も今と同じ様に向かっていました。蜩の奏でる物悲しさも当時のままです。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …