徳丸無明 さん プロフィール

  •  
徳丸無明さん: 徳丸無明のブログ
ハンドル名徳丸無明 さん
ブログタイトル徳丸無明のブログ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/gokudo0339
サイト紹介文雑文、マンガ、イラスト、その他
自由文社会問題・政治・経済・宗教・性愛・文化・等々について、考えたことを書き綴っています。あと、マンガも有り
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供129回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2015/10/12 22:26

徳丸無明 さんのブログ記事

  • キングオブコント2017 優勝予想
  • なんかTBSってキングオブコントの宣伝ほとんどしないんで、今年の開催が近づいているのを気付かずにいて、うっかり優勝予想の記事出しそびれるところでした。第一〜第三候補。①かまいたち・・・そろそろ東京進出を窺ってるのかな。実力充分。芸風も確立されてる。ビッグタイトル取って全国区へ。そんなドリームコースも夢じゃないでしょう。②パーパー・・・「ネタパレ」で見たことあるけど、ネタちゃんとしてるし、無名の若手 [続きを読む]
  • マンガ・四コマ・『教エテクダサイ』
  • なんかTBSってキングオブコントの宣伝ほとんどしないんで、今年の開催が近づいているのを気付かずにいて、うっかり優勝予想の記事出しそびれるところでした。第一〜第三候補。①かまいたち・・・そろそろ東京進出を窺ってるのかな。実力充分。芸風も確立されてる。ビッグタイトル取って全国区へ。そんなドリームコースも夢じゃないでしょう。②パーパー・・・「ネタパレ」で見たことあるけど、ネタちゃんとしてるし、無名の若手 [続きを読む]
  • マンガ・4ページ・『タイムマシンくん』
  • なんかTBSってキングオブコントの宣伝ほとんどしないんで、今年の開催が近づいているのを気付かずにいて、うっかり優勝予想の記事出しそびれるところでした。第一〜第三候補。①かまいたち・・・そろそろ東京進出を窺ってるのかな。実力充分。芸風も確立されてる。ビッグタイトル取って全国区へ。そんなドリームコースも夢じゃないでしょう。②パーパー・・・「ネタパレ」で見たことあるけど、ネタちゃんとしてるし、無名の若手 [続きを読む]
  • マンガ・四コマ・『トケルくん』
  • なんかTBSってキングオブコントの宣伝ほとんどしないんで、今年の開催が近づいているのを気付かずにいて、うっかり優勝予想の記事出しそびれるところでした。第一〜第三候補。①かまいたち・・・そろそろ東京進出を窺ってるのかな。実力充分。芸風も確立されてる。ビッグタイトル取って全国区へ。そんなドリームコースも夢じゃないでしょう。②パーパー・・・「ネタパレ」で見たことあるけど、ネタちゃんとしてるし、無名の若手 [続きを読む]
  • マンガ・四コマ・『鞭打ち!! SM塾』
  • なんかTBSってキングオブコントの宣伝ほとんどしないんで、今年の開催が近づいているのを気付かずにいて、うっかり優勝予想の記事出しそびれるところでした。第一〜第三候補。①かまいたち・・・そろそろ東京進出を窺ってるのかな。実力充分。芸風も確立されてる。ビッグタイトル取って全国区へ。そんなドリームコースも夢じゃないでしょう。②パーパー・・・「ネタパレ」で見たことあるけど、ネタちゃんとしてるし、無名の若手 [続きを読む]
  • マンガ・四コマ・『ホールドアップくん』
  • なんかTBSってキングオブコントの宣伝ほとんどしないんで、今年の開催が近づいているのを気付かずにいて、うっかり優勝予想の記事出しそびれるところでした。第一〜第三候補。①かまいたち・・・そろそろ東京進出を窺ってるのかな。実力充分。芸風も確立されてる。ビッグタイトル取って全国区へ。そんなドリームコースも夢じゃないでしょう。②パーパー・・・「ネタパレ」で見たことあるけど、ネタちゃんとしてるし、無名の若手 [続きを読む]
  • 虚構と現実の狭間で虚構と現実を考える・後編
  • (前編からの続き)さて、ゲームや漫画への過剰なのめり込みを批判する論者であっても、夏目漱石やドストエフスキーを否定するつもりはないだろう。現実にあらざるものを虚構と呼ぶのであれば、純文学もまた虚構であるが、よく考えてみれば、実在しない人物、作話の中の人物に感情移入するというのも、なかなか不思議なことである。人間の脳内にはミラーニューロンという機能がある。他人の言動を、まるで鏡を見るように感得し、つ [続きを読む]
  • 虚構と現実の狭間で虚構と現実を考える・前編
  • 世間を騒がせる殺人などの凶悪犯罪を未成年が犯した際、その犯人が暴力的でグロテスクな描写を含むゲームに耽溺していたり、残酷描写のある漫画やDVDを所持していた場合、属に有識者と呼ばれるお歴々が決まって口にする定型文句が「虚構と現実の区別がつかなくなった故の犯行」というものだ。(もっとも最近はそういう話を聞かない。ただしそれは、有識者の意見が変わったのではなく、犯罪の傾向や報道の切り口のほうが変化して [続きを読む]
  • マンガ・四コマ・『戦争と平和くん』
  • 世間を騒がせる殺人などの凶悪犯罪を未成年が犯した際、その犯人が暴力的でグロテスクな描写を含むゲームに耽溺していたり、残酷描写のある漫画やDVDを所持していた場合、属に有識者と呼ばれるお歴々が決まって口にする定型文句が「虚構と現実の区別がつかなくなった故の犯行」というものだ。(もっとも最近はそういう話を聞かない。ただしそれは、有識者の意見が変わったのではなく、犯罪の傾向や報道の切り口のほうが変化して [続きを読む]
  • マンガ・四コマ・『火だるまくん』
  • 世間を騒がせる殺人などの凶悪犯罪を未成年が犯した際、その犯人が暴力的でグロテスクな描写を含むゲームに耽溺していたり、残酷描写のある漫画やDVDを所持していた場合、属に有識者と呼ばれるお歴々が決まって口にする定型文句が「虚構と現実の区別がつかなくなった故の犯行」というものだ。(もっとも最近はそういう話を聞かない。ただしそれは、有識者の意見が変わったのではなく、犯罪の傾向や報道の切り口のほうが変化して [続きを読む]
  • マンガ・四コマ・『頭ごなしの I love you』
  • 世間を騒がせる殺人などの凶悪犯罪を未成年が犯した際、その犯人が暴力的でグロテスクな描写を含むゲームに耽溺していたり、残酷描写のある漫画やDVDを所持していた場合、属に有識者と呼ばれるお歴々が決まって口にする定型文句が「虚構と現実の区別がつかなくなった故の犯行」というものだ。(もっとも最近はそういう話を聞かない。ただしそれは、有識者の意見が変わったのではなく、犯罪の傾向や報道の切り口のほうが変化して [続きを読む]
  • マンガ・1ページ・『殺しのライセンス屋さん』
  • 世間を騒がせる殺人などの凶悪犯罪を未成年が犯した際、その犯人が暴力的でグロテスクな描写を含むゲームに耽溺していたり、残酷描写のある漫画やDVDを所持していた場合、属に有識者と呼ばれるお歴々が決まって口にする定型文句が「虚構と現実の区別がつかなくなった故の犯行」というものだ。(もっとも最近はそういう話を聞かない。ただしそれは、有識者の意見が変わったのではなく、犯罪の傾向や報道の切り口のほうが変化して [続きを読む]
  • マンガ・四コマ・『余命宣告くん』
  • 世間を騒がせる殺人などの凶悪犯罪を未成年が犯した際、その犯人が暴力的でグロテスクな描写を含むゲームに耽溺していたり、残酷描写のある漫画やDVDを所持していた場合、属に有識者と呼ばれるお歴々が決まって口にする定型文句が「虚構と現実の区別がつかなくなった故の犯行」というものだ。(もっとも最近はそういう話を聞かない。ただしそれは、有識者の意見が変わったのではなく、犯罪の傾向や報道の切り口のほうが変化して [続きを読む]
  • マンガ・四コマ・『上半身と下半身』
  • 世間を騒がせる殺人などの凶悪犯罪を未成年が犯した際、その犯人が暴力的でグロテスクな描写を含むゲームに耽溺していたり、残酷描写のある漫画やDVDを所持していた場合、属に有識者と呼ばれるお歴々が決まって口にする定型文句が「虚構と現実の区別がつかなくなった故の犯行」というものだ。(もっとも最近はそういう話を聞かない。ただしそれは、有識者の意見が変わったのではなく、犯罪の傾向や報道の切り口のほうが変化して [続きを読む]
  • マンガ・四コマ・『心入れかえくん』
  • 世間を騒がせる殺人などの凶悪犯罪を未成年が犯した際、その犯人が暴力的でグロテスクな描写を含むゲームに耽溺していたり、残酷描写のある漫画やDVDを所持していた場合、属に有識者と呼ばれるお歴々が決まって口にする定型文句が「虚構と現実の区別がつかなくなった故の犯行」というものだ。(もっとも最近はそういう話を聞かない。ただしそれは、有識者の意見が変わったのではなく、犯罪の傾向や報道の切り口のほうが変化して [続きを読む]
  • 交換−催夢=使用
  • フランス文学者の鹿島茂は、書評本『暇がないから読書ができる』の中で、「商品には使用価値と交換価値があるとマルクスは言ったが、もうひとつ「催夢価値」と呼ぶべきものがある」と述べている(書評の対象はロザリンド・H・ウィリアムズの『夢の消費革命――パリ万博と大衆消費の興隆』)。鹿島は具体例を挙げて、催夢価値を次のように説明している。われわれが子供の頃、リグレーのチューインガムやハーシーのチョコレートは、 [続きを読む]
  • マンガ・短編・『昼下がりの団地妻の生き血』
  • フランス文学者の鹿島茂は、書評本『暇がないから読書ができる』の中で、「商品には使用価値と交換価値があるとマルクスは言ったが、もうひとつ「催夢価値」と呼ぶべきものがある」と述べている(書評の対象はロザリンド・H・ウィリアムズの『夢の消費革命――パリ万博と大衆消費の興隆』)。鹿島は具体例を挙げて、催夢価値を次のように説明している。われわれが子供の頃、リグレーのチューインガムやハーシーのチョコレートは、 [続きを読む]
  • マンガ・四コマ・『THE 拷問』
  • フランス文学者の鹿島茂は、書評本『暇がないから読書ができる』の中で、「商品には使用価値と交換価値があるとマルクスは言ったが、もうひとつ「催夢価値」と呼ぶべきものがある」と述べている(書評の対象はロザリンド・H・ウィリアムズの『夢の消費革命――パリ万博と大衆消費の興隆』)。鹿島は具体例を挙げて、催夢価値を次のように説明している。われわれが子供の頃、リグレーのチューインガムやハーシーのチョコレートは、 [続きを読む]
  • マンガ・四コマ・『拷問くん』
  • 大会名とにかく長すぎ。「RIZIN1」があったから、PRIDEと同じようにナンバーシリーズとして展開していくのかと思いきや、いつまでたっても「2」が来ない。これはトーナメント戦連続で組んでるからだけど、RIZINって旗上げからトーナメントやってるよね。そうしないと集客が見込めないってこと?でも選手にかかる負担とか、トーナメントの弊害も考えるべきだと思う。真珠・野沢オークライヤーVSシーナ・スター・ [続きを読む]
  • マンガ・1ページ・『秘密結社くん』
  • 大会名とにかく長すぎ。「RIZIN1」があったから、PRIDEと同じようにナンバーシリーズとして展開していくのかと思いきや、いつまでたっても「2」が来ない。これはトーナメント戦連続で組んでるからだけど、RIZINって旗上げからトーナメントやってるよね。そうしないと集客が見込めないってこと?でも選手にかかる負担とか、トーナメントの弊害も考えるべきだと思う。真珠・野沢オークライヤーVSシーナ・スター・ [続きを読む]
  • マンガ・四コマ・『ハゲの光くん』
  • 大会名とにかく長すぎ。「RIZIN1」があったから、PRIDEと同じようにナンバーシリーズとして展開していくのかと思いきや、いつまでたっても「2」が来ない。これはトーナメント戦連続で組んでるからだけど、RIZINって旗上げからトーナメントやってるよね。そうしないと集客が見込めないってこと?でも選手にかかる負担とか、トーナメントの弊害も考えるべきだと思う。真珠・野沢オークライヤーVSシーナ・スター・ [続きを読む]
  • マンガ・四コマ・『老人と牛』
  • 大会名とにかく長すぎ。「RIZIN1」があったから、PRIDEと同じようにナンバーシリーズとして展開していくのかと思いきや、いつまでたっても「2」が来ない。これはトーナメント戦連続で組んでるからだけど、RIZINって旗上げからトーナメントやってるよね。そうしないと集客が見込めないってこと?でも選手にかかる負担とか、トーナメントの弊害も考えるべきだと思う。真珠・野沢オークライヤーVSシーナ・スター・ [続きを読む]
  • マンガ・四コマ・『ポジティヴマンのお悩み相談室③』
  • 大会名とにかく長すぎ。「RIZIN1」があったから、PRIDEと同じようにナンバーシリーズとして展開していくのかと思いきや、いつまでたっても「2」が来ない。これはトーナメント戦連続で組んでるからだけど、RIZINって旗上げからトーナメントやってるよね。そうしないと集客が見込めないってこと?でも選手にかかる負担とか、トーナメントの弊害も考えるべきだと思う。真珠・野沢オークライヤーVSシーナ・スター・ [続きを読む]
  • ららら科学の子――我等が内なる鉄腕アトム③
  • (②からの続き)日本人は無宗教だ、とよく言われる。それは半分正しく、半分間違っている。キリスト教やイスラム教のような、確固とした教義・体系を有する固有の宗教の類であれば、確かに奉じてはいない。しかし、信仰心がないというわけではない。固有の宗教をもたないから、その時々で「恐ろしいもの」を神として崇め奉ってきたのである。それは熊であったり、卑弥呼であったり、藤原氏であったり、天皇であったりしてきたのだ [続きを読む]