あべれいじ さん プロフィール

  •  
あべれいじさん: 婚活あべれいじ???  〜40歳過ぎての婚活〜
ハンドル名あべれいじ さん
ブログタイトル婚活あべれいじ??? 〜40歳過ぎての婚活〜
ブログURLhttp://mozukemiko.jp/
サイト紹介文40歳を過ぎてからネット婚活やパーティーで婚活したらどうなるかを赤裸々に語ったブログです。
自由文ネット婚活はpairs(ペアーズ)やyoubride(ユーブライド)、ブライダルネットを使いました。婚活パーティーはホワイトキー、えくる、シャンクレール、party☆party(パーティーパーティー)へ行きました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供229回 / 365日(平均4.4回/週) - 参加 2015/10/13 00:30

あべれいじ さんのブログ記事

  • 香苗さん4 〜仮交際へ〜
  • 家についてしばらくすると、相談所から連絡がありました。担当者「先方から連絡があり、仮交際へと進むことになりました。おめでとうございます。」あの雰囲気からすれば、当然かな。今回はちょっと精神的に余裕がありました。これもお見合い慣れなのかもしれませんが…その日の夜、早速香苗さんに連絡しました。僕「もしもし。あべです。」香苗「もしもし。今日はありがとうございました。」僕「こちらこそ、ありがとうございまし [続きを読む]
  • 香苗さん3 〜お見合いの帰り道で〜
  • 香苗さんとのお見合いは、とても楽しいものになりました。趣味が合うこと、そしてそれを一緒にできること。そういう小さなことが繋がって、お付き合いへと発展していくんですよね。お見合いが終わり外へ出ると、また一層雨がひどい状況になっていました。僕「下はけっこう水たまりが多いので、歩道橋を渡りましょう。」香苗「はい。そうしましょう。」ということで、歩道橋を渡り始めたのですが、歩道橋を下りたところが池になって [続きを読む]
  • 香苗さん2 〜お見合い当日〜
  • 香苗さんとのお見合いの日。朝起きると雨が降っていました。天気予報では台風の接近に伴い、激しい風と雨に注意だとか。それでもお見合いには行かなくては。せっかく香苗さんと会えるんだし。でも、何回写真を見ても、かわいいお嬢様なんですよね。いや、写真なんてプロのカメラマンが撮ってるわけだし、きっと3割引きくらいなんだろうな。(←失礼ナ)待ち合わせの場所は、初めて行くホテルでした。駅からそんなに離れていない場 [続きを読む]
  • 香苗さん1 〜え? マジで?〜
  • こちらからお見合いを申し込むも空振りが続いていた日々。ここへきて、なかなかお見合いが決まらなくなってきました。そんな中、申し込まれる件数は減ってはきたものの、まだポツポツとありました。そしてある日、香苗さんからの申し込みがありました。香苗さんの写真をみた第一声が、「え? マジで?」( ゚Д゚)でした。こんなにかわいい人が登録してるの?そして、僕に申し込んでくるの?疑問だらけの頭の中。もちろん、お見合い [続きを読む]
  • 織江さん3 〜報告をしようか迷う〜
  • 何だかモヤモヤした気持ちのまま、お見合いは終了しました。聞いてはいけないことを聞いてしまったような、ちょっと罪悪感も…この日は午前中のお見合いだったので、終わった後に一人でお昼を食べました。入ったお店でボーっとしながら、今日のことをどう相談所に言おうか考えていました。NGの話を平気でするような方を放っておいて良いのか?でも、こちらが何か損をしたわけではないし…と、色々考えた結果、今回はお断りの返事の [続きを読む]
  • 織江さん2 〜それはタブーでは…?〜
  • 良い感じで話が進んでいたかのような感じがしていたのは僕だけだったのでしょうか?織江さんはふと、こんな話を振ってきました。織江「あべさんは、相談所に登録してから長いんですか?」僕「いえ、まだ半年もたってないですけど…」織江「そうなんですか。もう何人かと会われましたか?」僕「はい。写真だけじゃ分からないこともあるんで。」織江「そうですよね。私も、少しでも気になった方とはお会いするようにしてるんですよ。 [続きを読む]
  • 織江さん1 〜雰囲気の良さ〜
  • 新しいお申し込みがありました。今までもいくつかあったのですが、条件が合わなかったり住んでいるところが遠かったり(2つ隣の県でした)で、なかなか決まりませんでした。そんな中、織江さんは住んでいるとことも近く、お会いしやすい条件でした。すぐに相談所にお見合いOKの返事をしました。お見合いの日時もすんなり決まり、場所もいつもより近いホテルのカフェになりました。やはり、住んでいるところが近いって良いですね(^^ [続きを読む]
  • お見合いWヘッダー6 〜返事を決めなくては〜
  • 帰りの電車の中で、僕は考えました。1試合目の女性はお断りをしました。あまりにも話が合わなかったので。2試合目の女性は、雰囲気こそ写真のイメージと違ったものの、けっこう話せたと思うので「交際希望」の返事をすることにしました。が、翌日。担当者「あべさま。今回はお相手様からお断りの連絡が入りました。残念ながらご縁がなかったということで、またがんばりましょう。」ダメか…ダメだろうな。そんなに話が盛り上がった [続きを読む]
  • お見合いWヘッダー5 〜リプレイ〜
  • これは僕が悪いんです。分かってはいるんですけど…カフェに入り、2試合目がスタートしました。僕はコーヒーを、お相手は紅茶を注文しました。僕「担当者さんと一緒だったんですね。全然写真と違う人に声をかけられたので、ビックリしましたよ。」女「すみません。今日が初めてのお見合いだったので、ついてきてもらったんです。」僕「そうなんですね。」女「はい。場所が分からなかったり間違えたりしたら困りますし、何より緊張 [続きを読む]
  • お見合いWヘッダー4 〜2試合目に突入〜
  • 2試合目の会場へ到着。お相手の女性はまだ来ていませんでした。椅子があったので、座って待つことにしました。5分くらいたつと、「あの〜、あべさんでしょうか?」と声をかけられました。「はい、そうですが…」と返事をしましたが、そこには、写真と全然違うおばさんが立っていました(;・∀・)えっ? えっ? うそでしょ?いくら現代の写真の技術が進んでいるからと言って、ここまで違うのは完全にサギじゃん。うわー、マジない [続きを読む]
  • お見合いWヘッダー3 〜唯一の共通点は〜
  • 飲み物を注文して、とりあえず一息。お互いに汗をかいてきた(冷や汗かな?)ので、冷たいものをチョイス。お見合いのお決まりパターン。仕事の話。趣味の話。休日は何をしているか。鉄板ですよね。お相手の女性も何度かお見合いをされているようで、このあたりはスムーズに話ができました。ただ、それだけ。みたいな?何とも言えない空気でした。もう、何と言うか、お互いにあまり興味がないのが見え見えと言う感じでした。多分、 [続きを読む]
  • お見合いWヘッダー2 〜場所が分からず…〜
  • 第1試合。場所はブランドショップが集まる敷地の一角にあるカフェ。駅から少し歩くので、僕は早めに出てお店へ向かいました。駅に着くと結構暑い(;^_^A日陰を探したり、店舗の中を通過しながら、目的地にやってきました。しかし、いくら探してもカフェが見つかりません。もう一度スマホアプリを見ながら確認しましたが、やはり場所はこの辺りです。えっと、ここは洋服屋、ここも洋服屋、ここは雑貨屋、ここは…やはりカフェがない [続きを読む]
  • お見合いWヘッダー1 〜初の試みは果たして〜
  • 前回のことを引きずっていても仕方がないので、また1から再開することにしました。ありがたいことに、依然としてお見合いの申し込みはチラホラきます。登録した直後は毎日4〜5件来て、「ご新規バブルってすげ〜」と思っていたのですが、もうさすがに落ち着いてきました。それでも1週間に5〜6件は来るので、本当にありがたいと思っています。IBJさんには登録者が60,000人もいらっしゃるので、その中から僕のことを選んでくださる方 [続きを読む]
  • Eさん23 〜結局、南極、大冒険?〜
  • なんか、そんなゲームありましたよね?昔のファミコンで。コナミさんから出てたのかな?ペンギンがアザラシをよけながらゴールに向かうという…まぁ、それは全く関係ないんですけど。結局、僕は活動を続けることにしました。変に疑っても、何も証拠はないわけだし。ただ、そういう女性に引っかからないようにだけは十分気をつけなければいけません。それを心に誓って。また、新たな申し込み開始です。Eさんとのことは勉強になりま [続きを読む]
  • Eさん22 〜アウト? セーフ?〜
  • 僕がお金を払い終えると、担当者は僕に向かってこう言いました。担当者「今回のあべさんの件については悪質なものではありませんでしたので、このまま活動の方は継続していただけます。ご安心ください。」…えっ?やめなくていいの?ヤッター!\(^o^)/…なのか???これはどいうことなのでしょう?ルール通りに罰金は数十万払う。でも、ルール通りにやめる…ことはない?頭の中がゴチャゴチャしていましたが、とりあえず清算は [続きを読む]
  • Eさん21 〜喧嘩両成敗?〜
  • EさんはEさんで、当然罰金を払うものだと思っていたのですが、相談所によってルールが違うそうです。…と言うことは、Eさんはすべて正直に話して、泣いて謝ったからお咎めなしということもあるってことですよね?だからか?Eさん、それを分かっていて、僕を誘ってきた?僕があの時感じた違和感…Eさんが僕の右手を自分の胸へもっていったのは策略だったのか?それ、美人局じゃん!まぁ、それはEさんに罰が何もなかったら…の話です [続きを読む]
  • Eさん20 〜担当者の話とは〜
  • 相談所にて。僕「この度はご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。」担当者「いえ。お相手の担当者から連絡がきまして、E様なのですが大変後悔しているとのことでした。」僕「はあ…。」担当者「もう号泣しながら、本当に私が悪かったんですと。」僕「何でそんな話になったんですかね?」担当者「どうやら、最近のあべ様との様子をあちらの担当者がE様にうかがったところ、そのような話になったそうです。」僕「そうなんですか [続きを読む]
  • Eさん19 〜まさかの呼び出し?!〜
  • 相談所からの連絡は次のようなものでした。担当者「お世話になります。1点確認したいことがございます。○月×日にあべ様はお相手の女性と関係をもたれましたか?」……な、な、なに?!?!?!( ゚Д゚)なぜ、この担当者、そんなことを知っている?!まさか、僕のことをストーキングしてきたのでは…って、そんなはずありませんよね。Eさんが話したんだと、すぐに分かりました。担当者「そのような行為があった場合、規則により○ [続きを読む]
  • Eさん18 〜担当者への返事〜
  • 散々悩んだ挙句、担当者には素直に伝えることにしました。僕「お世話になります。Eさんとの本交際についてですが、まだ気持ちが固まっていません。もう少し考えさせてください。」本当はもっと長々と理由を含めて書きましたが、とにかく今はまだ早いということを告げました。担当者「分かりました。では、そのようにお相手の相談所に伝えます。」僕は何だかEさんのことがますます分からなくなってきた…というか、このまま進んでし [続きを読む]
  • Eさん17 〜エスカレートした思い〜
  • LINEを返せないまま1週間が過ぎてしまいました。このまま返さないのも良くないと思い、スマホを片手に色々と考えました。「こんにちは」「お久しぶり」「おつかれさま」どれをとっても、その後が続きそうにありません…どうしようと悩んでいた時、スマホがブルッと!EさんからLINEがきた?!…と思ったら、相談所からのメールでした。仮交際中でも、お見合いの申し込みがあるとメールが来るのです。な〜んだ、と思ってメールを開い [続きを読む]
  • Eさん16 〜LINEにびっくり?!〜
  • EさからのLINEに僕はびっくりしました。その内容とは…E「昨日はありがとうございました。」まぁ、ここまではよくあるお礼でしたが、E「まさか、あんな展開になるなんて予想外でした。」よ、よ、予想外???( ゚Д゚)それはこっちのセリフだよ!僕も今まで色んなタイプの女性と会ってきましたが、女性の方から胸に手を持っていかれたのは初めてでしたよ!そりゃ、そうなるでしょうに(^^;;さて、このLINEに何て返せばいいのか [続きを読む]
  • Eさん15 〜そのままの流れで〜
  • あ、あ、車の中でそういう展開になる???でも、Eさんは完全にスイッチが入ってしまったみたいだし…ここまできたら僕も引き下がれなくなってしまい、そのままの流れで( *´艸`)帰りはEさんの家の近くまで送ることにしました。もう終電もない時間でしたからね。Eさんは車の中で、「もう相談所に交際するって言っていいよね?」と何度も聞いてきました。Eさん、割とほれやすいタイプなのね(^^;;こいうのって普通、男性の方がなり [続きを読む]
  • Eさん14 〜イメージの向こう側へ…?〜
  • 相談所のルールって、けっこう厳しいんですよ。それは厳しくしないといけないところもあるかもしれませんが、何でもかんでもダメって…ねぇ?(;^_^A大人なんだからっていうのは正直ありますよ。それで仲良くなれっていうのも、難しいですしね。他のみなさんは、どうやって距離を縮めているんでしょう???東京で結婚相談所をお探しなら〜IBJメンバーズ" target="_blank" title="相談所のルールとは?">→相談所のルールを見てみる [続きを読む]
  • Eさん13 〜自然に…〜
  • みなさん、異性と手をつなぐときって、どうしてますか?「手をつなぎませんか?」と言う?これ、こっぱずかしいですよね?だから、自然につなげるのが一番いいと思うんです。公園から車に戻る途中。ほとんど明かりはなく、下は芝生。けっこう歩きづらいところでした。並んで歩いていると、E「わっ!」僕「大丈夫ですか?」E「はい。ちょっと凸凹したところで躓いちゃいました。」僕「暗いから危ないですよね。」E「はい…あっ!」 [続きを読む]
  • Eさん12 〜Eさんの元カレの話〜
  • E「前にお付き合いしてたのは、1つ下の人だったんですよ。」僕「そうなんですか? Eさん、意外と年下好きだったんですか?」E「そうじゃないんですけど… だから上手くいかなかったのかも。」僕「そうなんですか? だって、良いと思ったから付き合ったんですよね?」E「そうなんですけどね。でも、半分勢いだったのかも。」僕「友だちの紹介で断れなかったとか?」E「いえ。その人もここの相談所で知り合った方だったんでよね。 [続きを読む]