kuro さん プロフィール

  •  
kuroさん: 海外fxデイトレード
ハンドル名kuro さん
ブログタイトル海外fxデイトレード
ブログURLhttp://globalinvest.blog.fc2.com/
サイト紹介文海外fxデイトレード xm ifc markets
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供197回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2015/10/13 08:45

kuro さんのブログ記事

  • 3/21
  • ロイター通信によると、イラクのアバディ首相は20日、トランプ米大統領とホワイトハウスで初めて会談し、過激派組織「イスラム国」(IS)掃討に向けて、米国から「支援を継続するだけでなく、さらに拡大する」との確約を得たことを明らかにした。一方、軍事的な支援だけでは不十分だとの考えも示した。にほんブログ村海外FX ブログランキングへダイヤモンドペンダント [続きを読む]
  • 3/20
  • NHKニュースによると、ドイツを訪れている安倍総理大臣は、メルケル首相との首脳会談のあと、共同記者会見で、日本とヨーロッパがアメリカとも協力して自由貿易の旗を掲げ続けなければならないとしたうえで、日本とEU=ヨーロッパ連合のEPA=経済連携協定の早期の大枠合意に向けた連携を確認したことを明らかにした。にほんブログ村海外FX ブログランキングへダイヤモンドペンダント [続きを読む]
  • 3/18
  • ただでさえ、米国の物価指標に関しては、原油反落などで4-6月にかけて伸び悩みが焦点になってきた。背景としては、原油相場の「前年同月比」上昇効果の剥落や、賃貸家賃の上昇一服、昨年後半からの金利上昇、FRB利上げ、ドル高の遅行波及的な物価抑制効果などが注視されている。当面は昨年後半からのドル全面高のポジション調整やスピード調整もあり、ドルの下押し度合いや日柄調整によるレンジ横這い化の期間をにらんだ展開が想定 [続きを読む]
  • 3/16
  • きょうの政策声明と前回2月1日の声明との大きな違いは、FOMCがインフレ加速への確信を強めたことだ。今回の声明では、インフレについて前回から文言が変わった箇所が3つあったが、いずれも、足元のインフレ率はFOMCが目標とする2%に近く、そのまま推移するとの見方を示唆している。にほんブログ村海外FX ブログランキングへダイニングセット通販リクライニングソファ保存水通販収納付きベッド [続きを読む]
  • 3/13
  • 日本株は米雇用統計でもFRBの利上げペース加速に至らなかったことや、15日のFRB利上げの織り込み進展、それに伴う調整ドル安などが重石となる。17-18日のG20財務相・中銀総裁会合にかけては、米国の保護主義による政治的ドル安・円高の圧力も警戒されやすい。また、今週は14-15日に米FOMC、15-16日に日銀金融政策決定会合、17-18日にG20会合といった重要イベントが相次ぐ。日経平均株価は前週末に前日比286円高の急騰となっており [続きを読む]
  • 3/12
  • 月足テクニカルでは、20カ月移動平均線112.73円前後、一目均衡表の基準線112.40円前後が注目される。1980年代以降の過去実績として、上下動を経ながらも両ラインを上回っている間はドル高やドルの押し目買い地合いが定着。反対に完全に下抜けしている局面では、ドル安やドルの戻り売り地合いが明確化されるという実績が見られてきた。また、前週からは1年スパンのトレンドラインを示す12カ月移動平均線108.61円前後、52週移動平均 [続きを読む]
  • 3/11
  • 来週3月13日-3月17日週の為替相場は、ドル高やユーロ高、円安の一服と根強いドルやユーロなどの押し目買い(円の戻り売り)需要をにらんだ展開となる。原油相場の下押し圧力が強まるなか、資源国通貨の戻り売り圧力と中長期スパンでの下限切り上がりの持続性も注目されやすい。ドル/円の週足テクニカルでは、下値メドとして一目均衡表の転換線114.57円前後、6週移動平均線113.38円前後、85週線112.79円前後、75週線111.62円前後など [続きを読む]
  • 3/10
  • 1月の雇用統計では賃金面が弱く、多くの州での最低賃金引き上げにもかかわらず、民間部門の平均時給は前月比0.1%増にとどまった。賃金の伸びが加速すれば、労働市場の逼迫(ひっぱく)に伴い、雇用主が労働者の確保と維持のために賃上げを迫られていることが示唆される。そうなればFRBは、長く低迷しているインフレ率が上昇に向かうと確信を強める可能性がある。エコノミストらは、2月の平均時給について前月比0.3%増を予想して [続きを読む]
  • 3/9
  • さらに米国の週間原油在庫統計が増加となり、原油相場が下落となった。資源エネルギー株が圧迫されたほか、リスク選好にブレーキが掛かる形で米国株は高値警戒売りに押されている。米国株は9日のECB理事会や10日の米雇用統計、14-15日の米FOMCなどの重要イベントを控え、一旦の利益確定やポジション調整、新規投資の手控えムードなどが広がっている。にほんブログ村海外FX ブログランキングへダイニングセット通販リクライニングソ [続きを読む]
  • 3/8
  • 為替相場はドルが小幅に上昇。米国さ利回りの上昇などを背景に底堅い動き。また円は全体的に小動き。ドル/円は114円台での推移を続けており、下値は堅い。現状ドル/円は114.05円前後、ユーロ/円は120.60円前後、ポンド/円は139.05円前後、豪ドル/円は86.65円前後を推移。一方、ユーロ/ドルは1.0575ドル前後を動いている。にほんブログ村海外FX ブログランキングへダイニングセット通販リクライニングソファ保存水通販収納付きベッ [続きを読む]
  • 3/7
  • 日本株は米国債金利の上昇とドル安・円高の歯止めなどが下支え要因となる。米国の製造業受注の底堅さや、宅配大手ヤマトの27年ぶり値上げといった動きも、関連株への影響が注目される。日本株市場では3月期末が迫るなか、期末の配当取りの向けた仕込み買いも注目されそうだ。もっとも日本株は10日に米雇用統計を控えて、様子見のムードも強い。日本勢には3月決算期末に向けて、決算対策の日本株売りも続いている。北朝鮮の地政学リ [続きを読む]
  • 2/26
  • 米国株式市場はプラス圏で引けた。日中は欧州株の下落などを背景に売り圧力が強まっていたが、買戻しの動きが強まり、引けにかけてプラス圏へと浮上した。終値は以下の通り。NYダウ工業株30種:20821.76(11.44)NASDAQ総合指数:5845.31(9.80)S&P500指数:2367.34(3.53)にほんブログ村海外FX ブログランキングへダイニングセット通販リクライニングソファ保存水通販fxブログ [続きを読む]
  • 2/25
  • 来週の注目は週明けからの日本株を含めた世界株価の動向だ。日本株は国内勢の3月決算対策売りや円高警戒、昨年11月からの急上昇の過熱調整・日柄調整などにより、上値の重さや下値リスクが意識されている。米国株の高値警戒感もあり、来週の週明けから日本株などの下落が加速されると、改めてリスク回避の円全面高が警戒されやすい。同時に現在は日本企業による3月決算対策が、国内勢による外債処分のドル売り・円転や、国内輸出企 [続きを読む]
  • 2/24
  • 日本経済新聞によると、サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコが2018年に予定している新規株式公開(IPO)の引受幹事に米銀行大手モルガン・スタンレーとJPモルガン・チェースの2社を選んだことが明らかになった。これにより、モルガン・スタンレーに出資する三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)が株式の一部引き受けを担う見通しになった。にほんブログ村海外FX ブログランキングへダイニングセット通販 [続きを読む]
  • 2/23
  • 23日の東京株式市場で外資系証券の寄り付前注文は、差し引き+330万株の買い越しとなった。6営業日連続の買い越し。23日の日本株は下落後の下げ止まりが焦点になっている。22日の米国株市場でNYダウは、前日比32ドル高で終了した。米FRBによるFOMC議事録ではトランプ政権の経済政策に対する不透明感やドル高懸念などが示され、3月利上げの明確なヒントが見られなかった。ドル安と米国株の底堅さが支援されている。にほんブログ村海 [続きを読む]
  • 2/22
  • NY市場午前は米株が上値を拡大しての動き。欧州株の上昇など、リスク志向の動きが意識される中、ダウは高値を更新する動き。目先は若干調整の動きもみられているが、買い圧力は根強い。現状ダウは94.91ドル高の20718.96ドル前後を推移。商品市場は原油が上昇。リスク志向の動きが意識され、買い優勢の展開。一時の高値からは調整の動きが意識されているが、底堅い動き。現状原油は54.40ドル前後を推移。一方金は下落。ドルの上昇を [続きを読む]
  • 2/21
  • 【ロンドン】英イングランド銀行(中央銀行)は21日、現在掲げている経済見通しの正当性をあらためて主張した。欧州連合(EU)離脱が選択された昨年6月の国民投票直後の予想より目先は好調だが、やがてはインフレの加速が個人消費を損なうとみている。 イングランド銀行は今月初め、2017年の国内総生産(GDP)成長率の予想値を2.0%へ上方修正した。昨年11月の時点では1.4%、さらにさかのぼって8月の時点ではわずか0.8%としてい [続きを読む]
  • 2/19
  • ある政府筋は「今回の日米首脳のみテ・タテ会談(2月11日)で安倍首相がかなり踏み込んだ対米投資協力を約し、その見返りに保護主義や2国間貿易主義に伴う円高圧力、少なくとも1ドル120円までは米国の円安批判を封印した」と打ち明ける。その証左が、麻生財務相の「(円相場は)まだ120円にいっていない。円安といわれる覚えはない」(2月15日衆院財務金融委員会)との発言である。麻生財務相が為替水準に言及するのは異例であり、 [続きを読む]
  • 2/18
  • 【ワシントン】ドナルド・トランプ米大統領は、消費者金融保護局(CFPB)について、その構造により米国民に対して「説明責任が果たされていない」と認識している。ホワイトハウスの広報担当者が明らかにした。オバマ政権下で創設されたCFPBの将来を巡る議論に初めて踏み込んだ格好だ。 前日にはコロンビア特別区連邦控訴裁判所(高裁)がCFPBの合憲性を巡り、大法廷での再審理を命じた。このためトランプ政権によるCFPB改革にブレ [続きを読む]
  • 1/21
  • サマセット(米ニュージャージー州)】米フィラデルフィア地区連銀のパトリック・ハーカー総裁は20日、米連邦準備制度理事会(FRB)が4兆5000億ドル(約520兆円)に膨れ上がったバランスシートの縮小へ今年中に動く可能性が十分あると述べた。 ハーカー総裁は銀行関係者の会合での講演後、利上げペースについて「急ぐ必要はない」と記者団に語った。その背景として、インフレが望ましい水準へ進み始めたばかりであることを指摘し [続きを読む]
  • 1/16
  • 16日の東京外為市場ではドル/円、クロス円で円高が再燃。ドル/円は改めて114円を割り込む場面が見られている。英国のEU離脱問題でのハード離脱が懸念されるなか、週明け欧州勢の参入後の動向などが警戒されている。にほんブログ村海外FX ブログランキングへ激安ダイニングセット通販保存水通販 [続きを読む]