あこ さん プロフィール

  •  
あこさん: 素敵なおもてなしの時間・茶道表千家・お料理教室
ハンドル名あこ さん
ブログタイトル素敵なおもてなしの時間・茶道表千家・お料理教室
ブログURLhttp://ameblo.jp/ako2929/
サイト紹介文茶道・表千家、料理教室を主宰しています。教室のこと、日々の暮らしのことなどをブログにしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供123回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2015/10/14 06:30

あこ さんのブログ記事

  • 桜始開
  • 和久傳【春しずく】高島屋二子玉川店期間限定商品をいただきましたじっくり練り上げた葛粉の生地の中に白小豆をしのばせた「春しずく」もっちりとした口あたりの中に桜の香りが花ひらきます笹の香りも爽やかです31日までの販売になります サンフルーツ【桜ババロア】はんなりとした春らしいデザート満開の桜の花をドーム型の桜ゼリーに閉じ込めてミルク風味のババロアの上にのせました「神田明神」の山門の向って左側にあ [続きを読む]
  • べっぴん【紅型帯】
  • 昨年から作っていただいていた紅型の帯が出来上がりました型絵染作家の松澤美柑さんにデザインから生地・染めまで一緒に考えて頂き、オリジナルの逸品が完成しました 紅型の古典柄に、私の好きな鴛鴦を書いてもらいました前正面の柄もう片面の柄お太鼓の部分の壺とお皿の柄と変えて描かれていますどんな着物と合わせるか楽しみです 垂れの裏側に花押がありました蜜柑の花お洒落ですね9月に個展をされるそうですまた、 [続きを読む]
  • 利休忌
  • 今週のお稽古は【利休忌】をいたしました初めに「茶とう」をしてお供えをしました寄り付きの千利休本席は辞世の句利休忌は菜種を使います 「茶カフキの式」亭主が濃茶を五服点て執筆が記録をとります。客は、試茶を二服飲んだ後に本茶(三服)を飲みお茶銘を当てます。当たられた方、おめでとうございます。使用した抹茶は、上林・而妙斎好み「戸の内昔」上林春松園竹田・「金輪」丸久小山園客・「式部の昔」山政小山園 [続きを読む]
  • 箱根の帰りに
  • 小田原にある「柳家ベーカリー」大正10年から続くパン屋さん種類はたくさんありましたが、ほとんどが売り切れあんぱんのサイズは手のひらサイズで小さいのですがずっしり重いんですそれは中にたっぷりの餡が入っているから私の前に並んでいたサラリーマンの方が、つぶしあん10個に、こしあん12個買っていきました売り切れないかヒヤヒヤでした 丸う田代總本店創業140年、小田原かまぼこの老舗お土産に春限定のセッ [続きを読む]
  • ル・トリアノンとやまぼうしとなだ万雅殿
  • 箱根に着いてプリンス内で洋食ランチレストラン ル・トリアノン〈Le Couple〉をいただきましたじゃが芋のスープパン牛肉の赤ワイン煮と磯魚のポワレデザート盛り合わせ ラウンジ やまぼうしティーブレイクにホテルメイドケーキをいただきましたこちらは【箱根スイーツコレクション2017春】にちなんで作られた「海賊船で冒険スイーツ」ですチョコレートで出来たBOXの中には、ジュエリーのようにつややかな [続きを読む]
  • ザ・プリンス箱根芦ノ湖
  • 箱根でゆっくり3月10日にリニューアルオープンしたプリンス別館に泊まってきました。プラチナメンバー特典ウエルカムキットをいただきました 【癒しのひととき】日本古来のおもてなしの心をコンセプトにしたオリジナルのスパを受けてきました私は〈艶コース〉モロッコのサハラ砂漠でしか採れないオイルを使いデコルテからフェィシャルまで70分コース旦那様は〈香コース〉アロマオイルを使ってボディトリートメント70 [続きを読む]
  • 三嶋大社
  • 箱根に向かう前に「三嶋大社」にお詣り足柄SAで朝食 【三島大社】木瓜の花満開梅の花かと思っていたら「刺があるので木瓜ですよ」と、教えてもらいました〈舞殿〉〈本殿〉今年の絵馬お詣りの後は、境内の中にあるこしあんでくるんだ草餅〔福太郎餅〕200円です [続きを読む]
  • 手作り
  • 【金柑の甘露煮】生徒さんからいただいた新鮮な金柑一晩水に晒します。今回は、グラニュー糖とお酢を入れて作りました。金柑の半量の砂糖と100gに対して10ccのお酢。3分ぐらい茹でる。種を出しやすいように半分に切って種を除く。種は一緒に煮るので、取っておきます。金柑がかぶるくらいの水に、砂糖と酢を加えトロリとなるまで煮る。冷ましていくうちに味が浸みる。 【文旦のジャム】瑞々しい高知の文旦をいただ [続きを読む]
  • 廻り炭
  • 今週は、七事式の中の「廻り炭」のお稽古をいたしました。炭の稽古をするとともに、他の人の炭の置き方を拝見することで、初炭や後炭の炭の変化を見、火箸の使い方など炭のつぎ方を修得することが目的です。まずは、〔巴の書き方〕の練習を皆でしました。炉中の炭火をあげる【巴半田】種火を埋み火にして、灰を改めてから炭をつぎ、その炭をあげる【筋半田】を用意します。客と亭主が交互に炭を炉中についでいきます。最後は、亭 [続きを読む]
  • おもてなし料理「弥生月の和食」②
  • お料理編甘酒ブームになっていますね吟醸酒粕・群馬泉本物の甘酒は、酒粕から作ります。 前菜菜の花の酢味噌和え(左)菜の花・エビ・ワカメ・シークリスタル・桜花白味噌で作ると綺麗です。よもぎ麩の田楽&豆腐入り肉団子よもぎ麩の焼き方をレッスンしました。肉だんごはお豆腐を入れるとフワフワになります。お薦めのお野菜を入れて美味しくできました。帆立のカルパッチョ・桜ソース(上)ズッキーニーと帆立でミルフィーユ [続きを読む]
  • お雛様の会②
  • お稽古の後は皆さんでおしのぎを頂きました桜型コースターを使って飾りつけ お雛さまメニュー春山ちらしお椀は、海老真丈お重の中身はよもぎ麩・クルミ味噌のせ豆腐入りつくねだんごお雛さまきんとん三色で作りました鶏ハムサラダ・梅ドレッシングでみなさんで取り分けてもらい甘酒もお出ししてデザートは、桃のムースマシュマロクッキーを作りましたお土産には粟玄の金の森 お茶事とは違い、椅子に座ってゆっくり、懐 [続きを読む]
  • お雛さまの会
  • 今週のお稽古はお雛さまの会をしました啓翁桜と土佐水木今年の教授会で行われた実習科目飾り物「茶碗飾り」と「続き薄茶」のお稽古をしました菊唐草・琉球漆器 主菓子は、先日のよしだや百周年記念のイベントで作られた銘「野の舞」この芭蕉の句から職人さんが考えたお菓子です干菓子「さまざま桜」伊賀・紅梅屋「菱形ゼリー」 お土産に頂きました新垣商店の「ちんすこう」新商品「きんそこう」県立北部農林高校と新垣 [続きを読む]
  • 弥生月
  • 上巳(じょうし)の節句、和名では、桃の節句女の子の健やかな成長を願う節句今月の室礼も 【孫の初節句のお祝い】一緒に選びに行きました 孫のために作ったお料理お粥にほうれん草と人参を入れて作ったかぼちゃのペーストで作った 大人用には菱形三色寿司余ったご飯でカップ寿司海鮮サラダ・とびっこソースお嫁ちゃんが作ってくれた、蛤のお吸い物花麩が入って可愛いお吸い物 お雛さまは、菱形ケーキひな祭り [続きを読む]
  • お稽古
  • 今週の確認のお稽古は、基本の戸の開け方と閉め方でした。和室の襖の開け閉め、美しい所作を心がけましょう。椿は、玉の浦京都土産「真盛豆」金谷正廣利休が北野茶会で使用したもの菜の花(菜種)も咲き始めました来月は、利休忌もあります お土産に伊豆の国の名物いただきましたビックリいちご大福白く大きい大福切ってみると芯まで赤く美しく甘酸っぱい苺を、白あんと柔らかいお餅で包んでありますこんなに大きくて美味しい [続きを読む]
  • 抹茶体験②
  • 準備をさせていただき、お茶の入れ方の体験をしていただきました小さなお子さんから、茶道の経験者の方まで、たくさんの方に体験して頂きました練りきりで一服、お干菓子でもう一服、ご自分で点てていただきました美味しいく点てるコツ、焼き物・塗り物の話し、見立ての道具、家で手軽にお抹茶を点てていただける工夫などをお話ししました。皆さんからは、茶碗・抹茶・茶筅の選び方などの質問がありました。鉄のお釜で沸かしたお [続きを読む]
  • 和菓子とお茶と芭蕉の句
  • 先日もお知らせしましたが、18日・19日の2日間、よしだや餅菓子店本店にて、創業百周年感謝イベントが開催されました両日とも大盛況で皆さんに楽しんでいただきました店内にはデザイン画家大久保友博氏の、芭蕉の句の絵が掛けられていました千利休と松尾芭蕉の共通点がないか?調べてみました。生きた時代も100年以上離れているので、直接の関係はありませんでした。日本文化の精神である、わび・さびを重視し表現した代 [続きを読む]
  • 初誕生日
  • 18日は、孫の一歳の誕生日でしたお誕生日会を開きました孫はママさんお手製のプレートリラックマちゃんのホットケーキ私たちは「和久傳」からお取り寄せした「京野菜鍋」自分で用意した具材も加えて柚子を絞ったり、辛子をつけていただきます〆は、うどんにしました。たっぷりの九条ねぎと京水菜を入れていただきました京都土産も一緒に一升餅(誕生餅)一升分のお米を使って作るお餅で実際には蒸してお餅を作るため、約2?ぐら [続きを読む]
  • 如月のお稽古
  • 今月は「茶通箱」のお稽古をしています二服のお茶をいただきますお持たせのお茶(到来物)に使用している〔松風昔・上林春松園詰〕亭主ご用意のお茶に使用している〔式部の昔・小山園詰〕味の違うお茶を飲み比べ来月には「茶カブキ」があります京都のお土産お気に入りの「奈良絵皿」一布屋の「冬の京都」先日頂いたおすそわけさっそく購入しました【今回の問いかけについて】先日のブログでも書かきました、「教授会」での授与され [続きを読む]
  • 如月
  • 梅のつぼみはほころぶものの、まだ寒い日々が続く。「きさらぎ」の由来は、その寒さゆえに「衣をさらに着る」クリスマスローズ「梅の香」梅「おもいのほか」「うぐいす笛」明治屋・冬限定「あまおう苺&ミルク」今月の室礼はバレンタインのお菓子よしだやのハートどら焼きシェ・タニのチョコレートケーキ&フルーツプリンマールブランシェの茶の菓プレゼントにいただきましたゴディバとらやラムレーズンありがとうございます [続きを読む]
  • 三千院の大根焚きと南禅寺の湯豆腐②
  • 昼食のあとは、大原へ毎年2月の初午にあわせて開催される「幸せを呼ぶ初午大根焚き」あつあつの大根を食しながら無病息災を願います。近くの「実光院」へ不断桜(四季を問わず、5弁の白い花をつけるサトザクラ)八ッ橋万頭帰りの新幹線は予約しておいた和久傳の鯛ちらし田ごとのお弁当出町ふたばの豆大福美しきは京都にあり寒さの厳しいなかですが、雪景色やライトアップなど冬ならではの楽しみがあります [続きを読む]
  • 表千家教授会に参加して
  • 同門の1月号で【表千家教授会】発会のお知らせがありました。2月9日に初年度の開会式に参加してきました。第一次登録会員は1400名この日は、全国から100名の会員が参加しました。午前中は、表千家会館にてお家元宗匠ご臨席のもと、開会式が行われ会員登録証と会員章の授与がありました。表千家の紋「独楽繋」宗匠のお言葉で、来年2月28日祖堂にて代替わりの襲名をされるとお話しがありました。而妙斎宗匠は、宗旦を名乗ります [続きを読む]