とりんちゅ さん プロフィール

  •  
とりんちゅさん: 鳥人の日本旅ブベログ
ハンドル名とりんちゅ さん
ブログタイトル鳥人の日本旅ブベログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/dironori/
サイト紹介文日本全国行きたい所で会いたい人と食べたい物と呑みたい酒を楽しむ旅。日本(旅)(ブ)ログ、食(べログ)
自由文関西で焼鳥屋を営む鶏を愛する鳥人(とりんちゅ)。
47都道府県のその土地の人とその土地の食いもん、その土地の酒を楽しむ酒場旅。(旅)(ブ)ログ、食(べログ)。鳥人の日本旅ブベログ。
野宿しトイレの水を飲み朝を待ちカブとキックボードで散歩し酒場に入り旨いもんと旨い酒で贅沢をする。人に助けられ楽しく日本を散歩。酒時々人。
是非、最初の記事から順番に読んで貰い一緒に日本を旅して貰えたら嬉しいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供103回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2015/10/14 15:43

とりんちゅ さんのブログ記事

  • 帰那 相棒との再会 海ヘビ料理 アジア屋台 酔人
  • さらば八重山諸島。飛行機に乗って沖縄本島の相棒を迎えに行きます。久々の再会。エレベーターに乗せて二階へ連れてってくれるバイク屋さんに預けてたので結構安心して旅ができた。ご丁寧に「車体の移動は二人一組で!重さで倒れます」という貼り紙が貼られていました。気つけてくれてありがとう。そーなんです。後ろの荷物重いから慣れてない人が油断して動かしたら倒されたりする。以前のバイク屋さんでも移動しはる時に倒され [続きを読む]
  • 船便欠航 八重山諸島編完結
  • 前日の予想通り船が欠航。まぁ大丈夫やろなんて考えてたのが甘かった。外海の上原港から出る船が欠航したとしても内海の大原港なら大丈夫と僕は予想して、上原にある宿からわざわざ大原に来ていた。とりあえず今、欠航しているのは午前の便だ。まだ今日何便かチャンスはある。電話で問い合わせてみて確認したら今日のこの後の便はおそらく出せると思うとの事。もちろんまだ未定には違いないが。その言葉を頼りに僕は大原の近くで [続きを読む]
  • 西表ジャングル カンピレーの滝 オシャレトカゲ
  • 西表ジャングルに生息するトカゲはオシャレだ。鮮やかなツートンカラー。マットでドライな質感の子のカメラ目線。カンピレーの滝に到着。地面に文字が彫られている。観光客が書いたんかな。暇やなぁ。めっちゃ時間かかるやろーに。登山で汗をかいた僕たちの目も前に広がる壮大な滝。こりゃ−、入るしかないやろ。気持ち良すぎる。けど、流れあるところ行ったら飲み込まれそう。他の観光客さん達にも気さくに話しかけるワクワクさ [続きを読む]
  • 竹富島 川の字布団 定期船のないアラグスク島
  • 与那国島から石垣島へ戻りターミナルでビール飲んでいた僕に連絡をくれた波照間島で友達になったコージー。合流した時、コージーの隣には僕が波照間島を出た後にコージーが仲良くなったという子が一人いた。バックパックの脇にフィンを差し込んだよく日に焼けた海好き丸出し女子。かっこええなー。バックパックにフィン差し込んだ持ち運び方。俺も今度コソッとマネしよ。とりあえずそのへんのお店に入り、ビールを飲みながら「今 [続きを読む]
  • 日本最西端 与那国島ライフ
  • 与那国馬と風車。子供じゃなくて、おっちゃんが虫取りするのを数回見かけた。あ、そーか、大陸がすぐそこにあるこのへんの地域には日本にあまりおらん虫とかも生息してるんやろな。多分。Dr.コトー診療所。ここがロケ地やったんやな。どうりで色んなとこでDr.コトーのコミックを見かけると思った。道の色んな場所にこういう大きめの溝がある。ゆっくり走ったバイクでもなかなかなガッタンガッタン具合。与那国島には馬がたくさん [続きを読む]
  • 与那国島上陸
  • 波照間島から石垣島戻って、晩メシ。波照間ロスをかかえたまま、次に向かうのは与那国島。乗船客はそんなに多くないな。数人の乗船客たちと話した後ベッドを確保。ゲロ船との噂は聞いているこの船。けど、全然大丈夫やな。そんな気持ち悪くなりそうもないや。宿泊先を探し、船の中で宿に電話をし予約。与那国島の港に到着し宿の送迎で今夜の宿へ。宿につくと感じの良いパーマ頭のお兄ちゃんがいて、その人がさっそく海へ連れて行 [続きを読む]
  • 波照間島ライフ2
  • 朝起きて、チャリンコこいで、ハテルマブルーに抱かれて。ウミガメ見て。昼からは撮影会。アングルに拘って、頑張って何度も撮り直し。撮れた作品たち。オリオンビール飲んで晩メシくって。請福飲んで。そんでから、波照間島での酔っ払った後の〆はやっぱり、サトウキビ畑に囲まれた、満天の星やな。にほんブログ村コレを一日ワン してくれたらなんだか僕が喜ぶらしいよ。よろしゅう。 [続きを読む]
  • 日本最南端、波照間島上陸 ハテルマブルー
  • 日本有人島最南端の島、波照間島へ。島へ上陸し、今日の宿の送迎車に乗り込む。車に乗り込んだのは僕の他にはカップルが一組。女性は男性を先生と呼んでいる。なんか秘密旅行な雰囲気。僕たち三人を乗せた車は宿へ向かう。宿へ向かう途中運転しているおっちゃんは色んな事を説明してくれている。やけど、、、方言のキツさと喋り方や声の大きさのせいなのか。はたまた僕の聞き取り能力の低さのせいなのか。全然聞き取れん。相づち [続きを読む]
  • 朝イチの竹富島 おっさん二人のかき氷
  • 竹富島は石垣島から近く、往復が楽なので一泊もしない日帰り客が多い。なのでフェリー最終便の夕方までの時間帯の竹富島に比べて、夕方以降から次の朝にかけての時間帯の竹富島は人の数も少なく、全く違う顔を見せてくれる。この整地された道も竹富島で泊まった人が見ることのできる贅沢な風景の一つ。僕は夕方から朝にかけての竹富島がすごく好きだ。船の第1便が到着し、島に少し人が増えてきた。そろそろ僕の好きな時間帯は終わ [続きを読む]
  • 竹富島飲み歩き
  • 「おはよー、明日の予定どんな感じ?うち明日休みやし、昼から竹富島でも行かへん?遊ぼや。」石垣島に住むがんちゃんから昨日の夜にメールが入ってきた。という事で竹富島へ。現地集合やし、そのうち連絡来るやろからとりあえず島散歩でもするか。自転車を借りて島をまわる事にした。街の中のガタガタ道を走ると振動のおかげでチャリンコのチリンチリンが一生小さく鳴っている。おれ、竹富島の風景好きやな。昼メシで『竹の子』 [続きを読む]
  • 石垣島上陸 ベロベロのススメ
  • 石垣島へ向かおうと宮古島の空港に行くと知ってる顔を見かけた。向こうもすぐにこっちに気づきお互いに顔を見合わす。ここは石垣島へ向かう搭乗口。「おっ、奇遇やん。今から石垣?」宮古島で出会い、一緒にバーベキューして遊んだ男性だ。僕たちはヒコーキに乗り込みお互いの席についた。石垣島が見えてきた。八重山諸島の旅の始まり。ヒコーキを降りて荷物を受け取り合流。もともとはバスのつもりだったが二人やしタクシーで街 [続きを読む]
  • 海の中 宮古島脱出
  • 相棒のジャニスを沖縄本島に待たせてる僕はここ宮古島では足がなかった。この日も車に乗せてもらい伊良部島までやってきて三人で昼メシを食った。宮古島の周りの島へは橋がたくさん架かってて、車で行けるので便利だ。腹を満たした後、宮古島に戻ってきて解散。「俺、どっか海行ってくるわ。」僕は海に入りたかった。レンタルバイクを借りに行った。どこの海に行こうか考えたあげく結局またさっき行ったとこの伊良部島の海に行く [続きを読む]
  • 工事手伝い終了 宮古島散歩 シーサーの口の中
  • この日は午前中少しだけ作業して昼から皆で宮古ブラリ。世話になった音速さんは用事で一旦宮古島を出るらしい。とりあえず一応この日で工事お手伝い最終日。休憩中ここで食うメシうまかったなぁ。荷物をまとめ、世話になった宿を出て三人で宮古そばを食いに。『丸吉食堂』さん昔ながらの具をかくした宮古そば。ここめっちゃ旨い。黒糖アイスキャンデーあ、こないだ皆で飲んでた泡盛の酒蔵さんの看板みっけ。絶景。一人を空港へ送 [続きを読む]
  • 宮古島の夕陽と月 2016年、夏、沖縄。
  • 宮古島に来てから毎日夕陽を見に行くのが日課。風車と月。後ろを振り返れば太陽が沈んだ後の空。後ろを振り向けば月。振り向けば夕焼け。明るい月やなー。名古屋の音速別荘の昔からのお客さんも合流し、三人で作業。メシ食って、仕事終わったら夕陽見に行って、宿戻ってきて映画を見た。映画一本見てから街に飲みに出かけた。連れてってもらったのは『ナイトパブ 赤いグラス』さん食べるものも結構な量出てきて、カラオケあって泡 [続きを読む]
  • 沖縄ちゃんぽん うるま 再会 エイサー
  • 『むつみ食堂』さん沖縄ちゃんぽん。沖縄ちゃんぽんって麺じゃなくて米なんです。この店は安いしお気に入り。隣でM-1準優勝芸人がコンビでなんか合わせてた。『まんぞく家』さん味噌汁。沖縄は具だくさんの味噌汁定食がよくあります。そしてうるま市へ。熊本で知り合った仲間の地元にエイサーを見に行きます。その子はボランティアを一緒にして仲良くなった登山好きの旅人。教えてもらった住所を目指して行ってみるも住宅街の中。 [続きを読む]
  • 真心の差し入れ マンゴーかき氷 豚足 渡嘉敷島
  • 沖縄本島より南の宮古島や石垣島に行くにはフェリーがなく飛行機で渡ることになります。その時バイク無し生活に突入する時の為に安いスケボーでもないかなぁとなんとなく立ち寄ったリサイクルショップ漫画倉庫。店内をぐるりしてみたけど、結局スケボーも他にも何も買うものがなくて外に出てバイクに戻ってくると。なんとバイクのカゴに店員さん達からプレゼントが。嬉しすぎて店内に戻り店員さんにお礼を言いに。そして何か買い [続きを読む]
  • 松田な地域 山羊料理 強烈親子
  • 私は今、滝に打たれています。煩悩を捨ててまいりました。私は今、きっと一皮むけた澄んだ目をしている事でしょう。というような効果を期待したものの僕の煩悩はそんなにかよわい物ではなく。感じた事は、強めのヘットスパを受け終わったら体もビチョビチョになってました。くらいのもん。おっ。おぉ、松田小学校。松田幼稚園も。保育園や、歯科、その他もろもろまで。なんか、照れるな。。。私の名前は「松田」です。万座毛。久 [続きを読む]
  • 大宜見村 牛肉そば ター滝 滝行 煩悩
  • 大宜味村の『前田食堂』さんもやしたっぷり胡椒がよく効いた牛肉そばこれで700円くらいやったかな。クセになる味や。旨い。腹ごしらえをすませた後はここから結構近くの目的地へ。来てみたかったター滝。駐車場にバイクをとめて水着に着替えます。少し歩いて入り口へ。川に入りのんびりと登っていきます。ここはわりと気楽にサクッと沢登りができて滝壺までいける気持ちいい場所なのです。深くなっていて泳ぐところや、ロープを使 [続きを読む]
  • 曇った与論島 心残り 沖縄本島上陸 野球少年
  • 泊めてくれた宿主さん手作りの釜で焼いたピザを食べて。海へ行くものの天気も悪く、シュノーケルスポットへ行くのもとめられた。晴れた与論島見たいなぁ。本気のヨロンブルー。かつて沖縄がアメリカ領だった頃の日本最南端の地、与論島。沖縄本島はすぐそこ。土地は鹿児島に属するが、気候や雰囲気、料理なんかにも奄美より沖縄に近く感じる。けど街の景色も違うし、お墓なんかを見てても亀甲墓は見かけなかったような気がするし [続きを読む]
  • 与論島 ヨロンブルー 百合が浜 与論献奉
  • 与論島へ向かう船に乗り込み、寝床へ。想像以上の乗客数がいて、騒がしい。消灯後に音楽をガンガンかけている少年たち。クソうるせーな。周りの人何も言うてはらへんな。音楽とかイヤホンなしで流すんとかアリなんや。まぁ、おれ別にそーいうのでもすぐ寝れるタイプやしかまへんけど。キャッキャ楽しそうにしとるし。ちょっと可愛く見えてきた。この日は条件付きの乗船。風が強く与論島に上陸できるかどうかはわからなかった。も [続きを読む]
  • ハートロック 名瀬の何故 花火大会
  • 奄美大島のハートロック。どこにあるんか思たら、これがそうか。岩の穴にたまった水がハート型に見えるというもの。そんなにわかりやすい程ハート型ではないのでなるべく角度を意識して見てみる。まあ、ハートっちゃハートかな。大島の名瀬地域でも酒場巡り。奄美大島は、島料理のおまかせコースと飲み放題がセットになってる店が多い。結構安価でボリュームもある。『喜多八』さん島料理を出してくれる雰囲気もええ感じのお店。 [続きを読む]
  • 黒糖焼酎を奈良へ発送 お好み焼きと焼きそば 目玉焼き
  • 次の朝、奄美大島の古仁屋に戻った僕は酒屋さんに立ち寄り黒糖焼酎を購入。地元奈良県のうちの焼鳥屋に送った。奈良の皆さん。あまり関西で見かけない黒糖焼酎が飲めますよ。その後には、100円のお好み焼き。おかーちゃんみたいな人がちゃんとお茶まで出してくれて。次に寄ったお店の扉を開けると、いきなり聞こえる「へいへぇい。」というおっちゃんの声。(いらっしゃい、みたいな意味なんかな。)「へいへぇい。」と言いながら [続きを読む]
  • 加計呂麻島 嘉入の夜 夜光虫 怖い話
  • 近所の川でお風呂をすませた僕は部屋でくつろいでいた。その間にもちょこちょこチェックインしてくる人達が。その中には先日世話になった物書きさん達の姿も。この宿は物書きさんのお知り合いの宿。僕は誘ってもらってここに泊まりに来たのです。目の前の海から子供たちの楽しそうな声が聞こえる。後でおれも海に散歩行こ。この日は皆でご飯を食べる事に。それぞれが食材を持ち込み色んな物を調理します。買い出しに行くにも近く [続きを読む]
  • 初my防水カメラ&シュノーケル ちょっと飲みに隣の島まで。
  • 諸鈍集落の木のブランコでひとしきり遊んだ後、バイクにまたがり島を散歩。ハブにびびりながらも見上げた立派なガジュマルのパワーに触れて。実久海岸にやってきた。目の前の小さなキャンプ場にテントが一つ張られている。集落のえらい人に連絡さえすれば無料でテントを張ってもいいらしい。今日はここで寝ようかな。実久の海に入り、初my防水カメラ&初myシュノーケル。水中で写真撮るのって難しい。屋久島まで世話になったカメ [続きを読む]
  • 物書きとカメラマンとアウトドアガイドと焼鳥屋
  • 人生初のシュノーケルを買った。これから出会う南の海の為に。安物だけど新品なのでピカピカだ。九州に戻る頃にはこいつがいっぱいよごれるくらいになってたらええな。天気もいいし奄美大島をドライブ。気温どうこう以前に目に飛び込んでくる壮大に広がるマングローブや、鮮やかな色のハイビスカスが嫌でも僕に南国感を伝えてくる。ふと見つけた看板に「ハートがみえる風景」という文字。そして看板の横にはベンチがある。ベンチ [続きを読む]