くうねる さん プロフィール

  •  
くうねるさん: ゴミ投資家の長期投資ブログ
ハンドル名くうねる さん
ブログタイトルゴミ投資家の長期投資ブログ
ブログURLhttp://gomiinvestor.blogspot.jp/
サイト紹介文株式100%、米国株、連続増配銘柄、配当再投資で資産1億円&配当金生活を目指すゴミ投資家なり
自由文資産を増やせればなんでも良い!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供68回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2015/10/14 22:52

くうねる さんのブログ記事

  • 【DIS】東京ディズニーランド開園時にチケットの代わりにウォルト・ディズニー株を買っていたら…
  • 東京ディズニーランドと同い年の米国株投資家くうねるです。この記事は女子高生(JK)にむけて書いています。上げ相場こそ勉強しろ、ということで「ピーター・リンチの株の教科書―儲けるために学ぶべきこと」を読んでます。その中で、女子高生などの若者が株式投資に前向きになれそうなことが書いてあったので共有します。ピーター・リンチの株の教科書―儲けるために学ぶべきことposted with amazlet at 17.06.21ピーター・リン [続きを読む]
  • 村上世彰「生涯投資家」が今ならAmazonで50%ポイント還元
  • 村上世彰「生涯投資家」が2017/06/24 23:20現在、Amazonにてポイント50%還元セール中です。生涯投資家 (文春e-book)posted with amazlet at 17.06.24文藝春秋 (2017-06-21)売り上げランキング: 1Amazon.co.jpで詳細を見る早速ポチって途中まで読みました。本書は、個別株式へ投資する者なら読むべき本だと思いました。2006年の「ニッポン放送株式のインサイダー取引容疑」の時は、投資も知らない学生だったため、金の亡者が捕まっ [続きを読む]
  • ブレブレの投資方針の見直し(2017年版)
  • チャールズ・エリスは「敗者のゲーム」で全ての投資家にとって、投資で成功することは難しいことではないと述べています。私達がやるべきことは、次の2つです。1,Mr.マーケットの仲間たち、証券会社や、投資信託から送られてくる膨大な宣伝広告、ファンドの運用成績、史上見通しの類を一切無視することだ。2,投資家自身の最大の目標を達成するうえで、長期的に最も可能性の高い運用基本方針を 策定することだ。成功するかどうか [続きを読む]
  • 2017年5月の配当金
  • セルインメイはどこに!?というぐらい5月のマーケットは堅調でした。6/2(金)にハイテク株が急落したので、今日も下げてくれないかなと期待しています。AMZNを買い増すべく指値を刺してみましたが、刺さるかな。さて、5月も24時間、世界各地で株主のために汗を流したり、休日出金したり、しながら働いてくれてる「株式会社」の社員方々のお陰で配当金が入ってきました。謝謝。5月の配当金額5月は、計8社から株主への愛を受け取り [続きを読む]
  • 家計簿って呼ぶのやめませんか?
  • 高校生から「家計簿」をつけ始めて15年、米国株長期投資家のくうねるでございます。投資のはじめの一歩は「貯金」から、生活防衛資金とタネ銭が無いと投資できません。できるけど、危険です。「敗者のゲーム」の著者チャールズ・エリス、「私の財産告白」の著者本多静六も投資の前にまずは貯金だと書いています。貯金があったから私はスムーズに投資へ乗り出すことができました。この貯金を行うのにもっとも有効的なツールが家計 [続きを読む]
  • 2017年5月のAUM(運用資産)
  • 配当金の記帳をサボっていたので、簡単にデータが集められる運用資産の公開です。「5月の」とうたっていますが、6/2終値現在の数字になります。説明責任が無いのでいい加減なもんです。Total Cost   $101,398.99Market Value $114,656.52幻と言われる「含み益」を含んだMarket Valueは、前月比+3.17%です。堅調に増加してい怖いです。投下資本からみた上昇率は+13.07%。マイファンドの運用成績計算ルール・トータルリター [続きを読む]
  • 2017年5月のパフォーマンス
  • あなたは、自分のポートフォリオトータルリターンをインデックスと比較していますか?受け取る配当金の最大化を目的とする「配当成長投資」ではトータルリターンを比較するのは無駄無駄無駄ッだとはちどうきゅうどうさんはおっしゃいました。配当成長投資では、トータルリターンの比較をするのは無駄私の投資方針もキャピタルゲイン狙いではないので、賛同するところであります。しかし、懸命なるミリオネア投資家ふ〜部長の考え [続きを読む]
  • 発覚!証券会社を変えたからNISAがロールオーバーできないという事実
  • 私は、NISA口座をSBI証券→マネックス証券へ移しました。本格的に米国株投資を行うにあたり、手数料も安く、取扱銘柄も多いマネックス証券の方がメリットが多いと考えたからです。しかし、ロールオーバーのことまで考えてませんでした。ご存知かもしれませんが、あなたにも注意して欲しいと思ったので私の「失敗談」を記事にします。NISA口座の金融機関変更による最大のデメリットは、ロールオーバーが出来なくなることです。ZAIの [続きを読む]
  • YOC、それは配当成長投資家にとって魅惑の指標
  • YOCとは、「Yield On Cost」の略で、(予想)受取配当金総額を投資元本で割ったものになります。(予想)受取配当金総額 ÷ 投資元本総投資額から見た配当利回りにあたり、ヤフーファイナンス等の分析サイトに出てくる投資時点での配当利回り「表面利回り」ではありません。実際に投資して保有してる株主だけが知ってて、見てるとニヤニヤできるムフフな魅惑の指標です。あなたは知っていましたか?私は最近知りました。 YOCの [続きを読む]
  • 2017年4月のAUM(運用資産)
  • 前回、パフォーマンスをアップした時にAUM(運用資産)を後悔するのを忘れたので別立てでのアップです。始めて2回めで忘れてるなんてアホです。2017年4月のパフォーマンス運用資産 動きとしては、ファンドマネージャーとしてのボクに+908.27ドル入金、その他配当金も入金。そして、その彼は決算を嫌気した連中が売ったPM買い増し(1,440.74ドル分)四半期ごとの買い付けは守られた格好に。キャッシュポジションは2.10%へ。運用資 [続きを読む]
  • やっちまった!失敗した投資のラインナップ
  • 他人の不幸は蜜の味。ではなくて、今回は他人の失敗から学ぼうという話です。弘法も筆の誤り、ウォーレン・バフェットも投資の誤り投資の神様でさえ、何度も失敗しています。・思ったより競争力のなかったデクスター・シュー・カンパニー・コモディティ型化してレッドオーシャンと資本を食う豚に沈む、紡績会社としてのバークシャー・ハサウェイ・投資に踏み切れなかったAmazon、Google・気づけば周りにライバルがいっぱいIBMなど [続きを読む]
  • 2017年4月の配当金
  • 悲しいかな!ゴールデンウィークが終わってしまいました。現実に戻されますが、ここは配当金のことを思い出して、少しでも楽しい気持ちになって出社しようと思います。4月も24時間、世界各地で株主のために汗を流したり休日出金したりしながら働いてくれてる「株式会社」の社員方々のお陰で配当金が入ってきました。感謝しています。4月の配当金額4月は8社から株主への愛を受け取りました。・WMT ウォルマート・NVO ノボ・ノルデ [続きを読む]
  • 2017年4月のパフォーマンス
  • 桜が咲き、散り。北朝鮮がミサイルを発射し、自国に落ち。4月が終わりました。気が狂った国が近所だと気が休まりません。ミサイルの報道を受け、今日は電車が止まりました。出会いと別れの季節ですが、みなさんいかがお過ごしですか。私は、職場の中もポートフォリオの中も特に変化はありません。フランス大統領選挙で波乱が起きることもなく、相場はリスクオンになってしまって悲しい限りです。5月7日の決選投票を終えるまでどう [続きを読む]
  • ビジネス会計検定3級に合格しました!
  • 3月12日に受験しましたビジネス会計検定の試験結果が届いていました。投資家レベルアップを兼ねて、ビジネス会計検定3級を受験合格です!100満点中90点と意外と好成績でありました。勉強を始めた頃は過去問を勘で解いていた部分もあり、不安だったのですが後半追い込んで勉強したら財務諸表分析が得意になりそこで点を稼げるようになりなんとかなりました。財務諸表の中で一番見るのが好きなキャッシュ・フロー計算書で2問落とし [続きを読む]
  • 【BA】高配当なボーイング社の軍用機売上高比率
  • Hebo-Hebo Fundのファンドマネージャー、ふ〜部長(@foohbucho)のツイートで知ったのですが、787ドリームライナーで有名な航空機メーカーボーイング社(BA)が高配当なんです。配当が安定して、長期投資に耐えうるビジネスモデルならば、あえてシクリカルな銘柄をポートフォリオに加えるものありなんじゃないかと思いました。不景気時はシクリカルは株価が特に下がる(配当利回りが上がる)のでコツコツと買い下がり、株数を増や [続きを読む]
  • 【CALM】カルメインフーズ 2017年 第3四半期 クソ決算
  • 株価が軟調な株があったので、念のため決算を確認してみたらクソ決算だった。基本は楽観的な人間ですが、心配になる数字でした。卵の需要が1年で1番増す12月から1月の書き入れ時なのに鳥インフルエンザを原因とした供給過剰により卵市場価格が低迷しているようです。グーグル翻訳頼みなので、鵜呑みにしないで原文あたってくださいませ。利益は出ているから配当はあるのかな。純利益の1/3を配当にまわす約束だけど、前年同期比でこ [続きを読む]