リンゴ さん プロフィール

  •  
リンゴさん: 信州・松川町の小さな農園。果樹栽培中。
ハンドル名リンゴ さん
ブログタイトル信州・松川町の小さな農園。果樹栽培中。
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/kitamufarm
サイト紹介文長野県の南に位置する、松川町。 その中でリンゴをはじめとする果物を作ってます。 日々の農作業風景
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供202回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2015/10/15 06:02

リンゴ さんのブログ記事

  • 折れたモモの樹
  • 折れました。桃の木が。けっこう大きく。この時期になると桃の実も大きくて、子供の手程度の大きさになってます。その分、枝が垂れ下がってくるのですがたいてい折れる前に支柱で支えています。なのに支えていたさらに先の部分が折れました。半分ほどつながっていれば、収穫してから枝を処理ってできたのになにもつながらず、もうまるまる折れました。回復不可能な状態です・・・。これでモモがいくつぶん損をしたのだろうか・・。 [続きを読む]
  • 雨の降らない、梅雨の時期・・
  • 雨が降りません。梅雨なのに。ようやく明日から雨の予報が出ました。ここ2週間ばかり雨が降ってませんでした。なのでモモの苗木に潅水したり、ナシの樹にも水をやったり、リンゴの苗木に水をやったり、まあほとんどの作物に水をしてました。土が湿り気なさ過ぎの乾燥状態です。そのうち砂漠化するのではないかと、そこまではひどくないけどお湿りの欲しい状態です。本日、全国で最高気温が観測されたの長野県だったらしいので暑い [続きを読む]
  • 梅を採りに。
  • 親戚の家まで、梅の収獲へ行きました。高齢なので近年は、私たちが収獲へ行っています。梅の実もジャムや、ジュース、梅酒にしたり町の直売所へ出したりします。こちらは補助的なものなので家での消費や、ご近所さんにあげたりが多いです。収穫後はコチラ。この時期の桃の実と似ているので、写真だと区別がしにくい…樹になっているときはコチラ。ちなみに桃の木はこちらです。桃も梅も果物の中で「核果類」に分類されるので似てる [続きを読む]
  • 硬核期おわり
  • 6月初めからは、モモにとってデリケートな硬核期に入ってました。人で例えると、妊娠4か月目あたり・・・らしいけどピンとこないです。細胞分裂が終わり、細胞1つ1つが大きくなる時期ということです。だいぶおっきくなってます。この時期になると枝が実の重さで下がるようになります。支柱もそろそろ入れないと折れそうな枝が何本も…!支柱を入れつつ、もう1度摘果をします。やっぱり見逃す部分が出てきます。あんなに見たつ [続きを読む]
  • 今の国会は…
  • 死んでいると言ってもいいと思います。昔はあまり政治的なものに興味なかったけれど、近年農作業しながらラジオ聞いていると、いろんなことが聞こえて来ます。特に最近では「加計学園問題」「森友学園問題」「共謀罪(テロ等準備罪)」です。共謀罪、今夜で成立させたいと思っている模様。そして加計を追求される前に国会閉会したいみたいです。自分らに関係ないと思っているより、今何が起きているか知ったほうがいいかもです。私 [続きを読む]
  • 復活。
  • いろんなものに波があります。それは人も然り。だいぶ落ち着きました。日曜日は簿記試験に行ってました。決算整理がまだ難しい・・。結果は19に出ますので、待ちます。畑はこの時期、ほぼ摘果です。梨から桃からリンゴまで。うちは今リンゴに来ています。だいぶ実も膨らんでます。大きくなると地面に落ちても目立ちます。そして歩きにくくなります。今年、使ったエコルーキー。これかなり効果ありました。側果はだいぶ落とされ、 [続きを読む]
  • 摘果剤による省略化
  • 今年のリンゴは去年とはちがい花芽がだいぶ多くなりました。多すぎると、来年は樹が休むため花芽が少なくなる、隔年結果という現象が起きます。また大玉生産のためにはいかに早く、実の数を減らしておくかです。今年はエコルーキーという摘花剤を実験的に使ってみました。効果が見え始めるのは1週間ほどかかるようなのでまだわかりませんが多少、減ってもらえると労力減になります。春は基本、摘花・摘果ですがここをやるのにお金 [続きを読む]
  • 再生
  • 去年夏ごろより開墾してきた、畑がだいぶ緑色になってきています」一雨くればまた草が伸びてもっと緑の景色になりそうです。ここに植えたモモの苗も葉が伸び始めています。できるだけ下部から枝がでるように切りつめたけど、結構いい感じの場所から出てくれてます。この畑は日当たりいいし、乾燥に気を付けていればしっかり伸びてくれそうです。今は世間は連休、うちらは農作業。春からは摘花・摘果が続いてます [続きを読む]
  • G,W始まり
  • 世間は大型連休です。農家にとっては、関係なく今日も畑仕事をしています。サービス業や、自営業だとカレンダー通りの休みなんてないですね(笑)9連休とか休める人は日本の何割程度だろうか。そんなわけで今日は田んぼに、稲の苗床をつくりました。前日に土を寄せて苗床を作ります。ここに並べるモミは1週間前くらいに、苗箱に土を敷いてモミを撒いてあります。モミ蒔き機と並べた、苗箱。これを田んぼの苗床に並べ、オレンジの [続きを読む]
  • 春の動き
  • 久々です。桃の花がほぼ満開になってまいりました。観賞用ではなく、実用な桃の樹なので良い実を採るために花の数を減らしています。花が少なくて寂しく見えるのは仕方がない。写真が少し前日なので、つぼみもチラホラ。桃の花はピンク色です。案外、通りがかる人に”これは何の樹?”と聞かれます。梨の花(受粉用)も咲いてきて、花粉を採るために花を摘んでます。春は地道な仕事が、続きます。花が終われば、今度は摘果で延々と [続きを読む]
  • 雨続き
  • 梅雨でもないのにここ2,3日は雨が降ってます。時々の雨ならいいけどこうも続くと、体にもココロにもカビが生えてきそうです。早く晴れた日にならないかな。たぶんこの雨がやんで、暖かくなれば植物が一気に動き出しそうです。ブルーベリーやモモの苗木も、芽が動き出してます。これから花が咲いたり葉が出てきたりします。モモの苗は、枝がうまい具合に出てくれることを期待してます。この枝ぶりは人の手ではどうにもならないの [続きを読む]
  • 桃・支柱立て
  • すごく久しぶりです。 新年度スタートなので、またブログを続けたいと思います。3月中にも、農作業で書けることがたくさん・・ではないけど割とすることがあったんです。ちゃんとかきましょう、切り替えていきたいと思います。そんなわけでモモに支柱を付けました。ロープを切って、ほどけない処理をしてキャップに結びます。その支柱を立ててー、枝に縛っていきます。こう手順を書くだけなら、すごく簡単だけどわりと時間かかり [続きを読む]
  • 開墾仕度
  • 桃畑を拡げるための開墾作業です。荒れ地だった土地を、”草刈り”→”野焼き”→”抜根”そして”耕耘”。トラクターで畑を耕しました。ずっと使っていなかった畑なので、肥料を撒いてからの耕し作業です。こうすればしっかり攪拌ができます。去年の夏ごごろから、草刈り等をはじめやっとここまで来ました。別の畑にも植える予定なので、そちらを先に。こちらには秋か、来年の予定です。苗の注文で、発注ミスしたので若干予定が遅 [続きを読む]
  • 3月突入
  • 2月が終わり、3月。春の始まりです。まだまだ気温的には肌寒い時が多いですが、昼間は暖かくなることも多くなりました。モモの摘蕾をしてますが、以前より芽が大きくなってぽろぽろ落ちやすくなってます。そのうちもっと大きくなり、もっとやりやすくなります。反対に花が咲くまでになると、今度はやりにくくなります。理想は小豆大程度の大きさが、やりやすいです。もう1週間ほどで、その大きさになってくると思います。モモは [続きを読む]
  • 過去に戻りたいときも
  • ある。無理なんですけど。ある地点まで戻って、そこからずっと変えたいと思ったりもしくはほんの少しだけ戻って修正するとか。思うけど、そんなことが出来たらできたで思いどおりに出来すぎてつまらなくなるか、何回やっても変わらない変えられないからイヤになるか。になるんじゃないだろうか。とか結局のところ、生きているのは現在だけで未来は生きているかもわからないし、過去は変えられない。「今の自分は昔の自分の積み重ね [続きを読む]
  • 難しい。
  • 簿記継続中です。転記や仕分、試算表などはなんとか。最近は、減価償却・決算などはじまりました。何年何日を決算日として、何月に借入・・省略。など日数が絡んでくるとだんだん混乱します。数学の文章問題してる気分になります。まだまだ理解不足・・。わかるまでがんばろ。とりあえず6月の試験を目指します! [続きを読む]
  • 1週間も
  • ブログを書かない日が続いてしまった・・。なんてことだ。農業関係ではなく別件でいろいろありました。またこれからしっかり書きましょう。ということで、今日はモモの摘蕾。暖かい日も増えて、芽がだんだん動き始めてます。モモは放っておくと大量の花が咲いて、養分を使いすぎになるのでつぼみの時点から数を減らします。これがモモの中では1番手がかかる管理だと思います。枝をおってやりますが、身になる時期には見逃してしま [続きを読む]
  • ラベル講座へ
  •  バレンタインデーですが、そんなの関係ねえ。といったところで、ラベル講座に行ってまいりました。商品の価値をアピールするものであtったり、その品物の情報を発信するもの。いかにお客様の目に留まって、買っていただけるかにつながるもの。そういったラベル等のキャッチコピーやデザインの基礎を聞いてきました。果樹などの育て方、経営といったものは割とありますが、デザイン系はなかなかないので、この講習会も100人く [続きを読む]
  • 若いうちが大事
  • リンゴとモモの畑には植えてから3年生から5年生当たりの幼木もあります。樹のカタチが出来てる成木も難しいけど、こちらの若い樹も難しい。まだ主枝を決める段階ではないけど、将来的に使えない枝は落とします。で、それがどんなのかと言うと1、発生角度の急なやつ2、枝が楕円のものは基本的には落とす枝。枝が無さすぎたりすると使うこともあります。それにこの年代は枝を綺麗に整理するよりも、枝数を置いて、木そのものの成 [続きを読む]
  • 去年より。
  • 1年前のブログではこのお時期に、剪定が半分まで来ていたようです。今年はと言うと、樹が減ったこともあり去年より早めです。今年の剪定は、去年より慣れもあるだろうしそれに加え、列で若干やり方を変え試したりしてます。講習会もいろいろあるし地域によっても変わるのでどれがいいかを試しています。通じるところもあれば、”え?”ってなるところもあります。収穫時期の結果を見て、いい実のなって木のやり方へ絞っていこと思 [続きを読む]
  • 結婚式へ
  • 昨日より、東京にいるいとこの結婚式へ行ってまいりました。式場は表参道にあるチャペルで、すんごい綺麗なとこ。いとこももう結婚かあ・・。早いようなとも思ったけど、もう20代後半だしなあとおもったり。この式でお嫁さんに初めてお会いしましたが、笑顔のかわいい方でした。式の始まりは、新郎がすんごい笑った顔で入場してきたので全体もつられて笑ってしまいました。白い服に包まれてて一瞬、誰かわかんなかった(笑)新郎 [続きを読む]
  • 簿記がだんだんと難しく・・
  • 若手農業者の会で、出かけていたので数日ぶりのブログ。6月の試験に向け、簿記をしてます。最近、だんだんと難しくなってきました。数時とか計算式を覚えるのは何とかなってますが、勘定科目を覚えたり、問題文を読み解くのが苦手といった感じです。簿記の勉強自体は好きなんですか。それでもまだ仕訳といった序の口です。これからさらに、損益計算書やらも出てきます。まだそこまで行くには時間かかりそうです。まずはきっちり覚 [続きを読む]
  • 剪定講習会(山形からの)
  • 昨日今日と、山形から講師の先生が来て講習会をしてくれました、」リンゴの品質を競う大会で賞を取った先生方。地域差もあってか、長野でやる木の切り方とはやはり若干違います。基本的には枝に動きを持たせて、花芽をつくる。(リンゴは花芽のあるとこに実が出来ます)なんですが、それがやっぱり難しい・・この枝は作業性が悪いから、とかこの枝で養分を引っ張ってくるとか、ここにこの枝があるからこの先の枝の牽制になるので切 [続きを読む]
  • 枝の多い木
  • リンゴ畑の剪定が残り半分ほどとなりました。畑入り口側から始め、中間より畑奥側の列です。この辺りからは、枝が多く夏や収穫時にスペースが無くて苦労した木です。去年の剪定ではまだまだ枝が多かった・・!それでもすぐに、いらない枝をバッサリは落とせません。落とすと反発がかかり余計に、枝が出てくる場合があります。徐々に徐々に、何ですが時には結構バッサリ切ります。なのでどの程度がいいのかっていうのはまだまだ慣れ [続きを読む]
  • 簿記3級を目指します。
  • 6月の簿記検定を受ける予定。去年は、農業にも簿記とかでお金の流れを知ることも大事。と聞いただけで、何もしなかったのでやりはじめます。遅いね??なので最近、やってますが英語よりもこちらが好きです。数字はまだ得意。損得勘定が好きなのかもしれない。農業だと企業ではきっちり帳簿をつけてるらしいけど、個人農家だとまだまだどんぶり勘定が多いと聞きました。こういった細かいところからも変えて行きます。まずは3級取 [続きを読む]