性能とデザイン いい家大研究 さん プロフィール

  •  
性能とデザイン いい家大研究さん: 性能とデザイン いい家大研究
ハンドル名性能とデザイン いい家大研究 さん
ブログタイトル性能とデザイン いい家大研究
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/replankeigo
サイト紹介文こちら 住まいの雑誌・Replan編集長三木奎吾です  いい家ってなんだろう、を考え続けます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供378回 / 365日(平均7.2回/週) - 参加 2015/10/15 10:15

性能とデザイン いい家大研究 さんのブログ記事

  • 【家を建てたくなる人間心理】
  • 写真は、昨年神戸の「里山住宅博」を見学していたときの光景です。わたしがこの住宅のビルダーさんと話していたときに、入ってきたご家族の小学校低学年くらいの娘さんが、ごらんのようなパフォーマンスを見せてくれました。「わー、ステキなお家」っていうような歓声が聞こえてくるようです。「里山住宅博」というほどですから、周辺は緑に恵まれた環境のなかにある。阪神ゾーンの住宅地ではたぶん、望めないような光景がそこに広 [続きを読む]
  • 【無落雪の日射遮蔽 軒の出&バルコニー】
  • きのう紹介した「最小限オフグリッド」の住宅続篇です。櫻井百子さんは、北海道の女性建築家としてたいへん頑張っています。たいへんやさしそうな印象とは裏腹に、表現方法はなかなかにダイナミック。北海道の建築家として、まっとうな寒地住宅技術に取り組んでいる。今回の住宅でも、素器としての環境的性能で、だれもがいま、考えるべきテーマとしての課題に回答を探っている。断熱をより強化していって、次のテーマになってくる [続きを読む]
  • 【小さくはじめる「最小限オフグリッド」生活】
  • みなさん、オフグリッドってご存知ですか?系統の電気とは関係なく、電気の自給自足をめざす試みですね。電気を自分の宅内で発電するのには太陽光発電が考えられるので、こっちの方は、比較的に一般化してきている。ただし自然の太陽光に依存するエネルギー創出なので、天候条件などでどうしても不安定な供給状況になる。そうするとそのエネルギーを「蓄えておく」装置、蓄電池が必要になる。同時に太陽光発電からの電力を家庭内で [続きを読む]
  • 【クロマニョン人にみる豊かで美しい人生】
  • なかなか東京への出張機会がなく、観に行けないかなと思っていたクロマニョン人の遺した世界遺産「ラスコー壁画」展、なんと、東京から移動して仙台の「東北歴史博物館」で行われている情報を得た。それがちょうど東北フォーラムの年度総会開催時期と重なっていた。ということで、楽しみにしていたのであります。この展覧会については、期待感を拙ブログでも一度書きましたが、その見学感想についても書きたいと思った次第です。ま [続きを読む]
  • 【ハウスメーカー信仰&選民意識の「壁」】
  • きのうは仙台に移動して、東北フォーラムの年次総会に出席。慶応大学の伊香賀先生の最新・健康住宅の知見を受講していました。その講演の最後で若干触れられていましたが、国交省の健康=断熱改修支援補助事業、あまりはかばかしくない状況とのこと。このままでは、多くの予算が未消化のままに終わってしまう可能性があるとか。このキャンペーン、ほとんどタッチしていませんでしたが、どうもユーザーへの訴求方法がずれているよう [続きを読む]
  • 【Q1.0住宅デザイン革新 「住まいのユニクロ」へ】
  • かねてから当誌Replanでは新住協・鎌田紀彦先生に「Q1.0住宅デザイン論」という連載記事の執筆を継続してもらっています。ユーザー目線を基本とする住宅雑誌として、「良きものはカタチとしてもその明瞭な表現が求められる」と考え、わかりやすさ、万人が納得できる住宅デザインへの強い希求があると先生に対して、ユーザーの潜在的要望を伝えてきていた。住宅デザイン進化も「科学的に」探求できないのか、と考えていた次第。鎌田 [続きを読む]
  • 【琳派・酒井抱一「月梅図」 撮影許諾の展示】
  • わたしは、一般的ニッポン人の志向性として琳派とか、茶の湯とかの文化には親近感を持っています。今回の出張では東京で1日行動できたので、要件をこなしながら、合間に山種美術館と東京国立博物館を探訪しました。一方で琳派の「花の絵」と、片方では「茶の湯」文化の展示会が開かれていた。本日は、琳派の絵の方であります。展示会の案内は、同美術館の開催案内には要旨こうあります。〜春夏秋冬の中でさまざまな表情をみせる自 [続きを読む]
  • 【善光寺は、なぜひとを惹き付けるのか?】
  • 北海道に生きていると、いろいろ遠い地域についてそれがなぜであるのか、よくわからないことが多いものです。この信州長野で、どうして善光寺という存在が人を惹き付けてきたのか、よく理解出来ない部分があるのであります。そうであるのに、長野駅を下りればすぐに正面玄関が善光寺を想起させるデコレーションに彩られているし、実際に善光寺を訪れてみても、巨大なひとの蝟集ぶりはわかるけれど、ではそのコアになるものはなんで [続きを読む]
  • 【旧北国街道・海野宿の「家守」設計者訪問】
  • 情報は自ら発信しないと、面白い受信にも繋がらない。そんなことを心がけていると興味深い出会いに繋がってくる瞬間がある。ご存知のように、わたしは北海道出自の住宅雑誌発行者ではありますが、同時に古民家のような伝統的建築文化にも関心を持っています。古民家関係のブログに対してこの海野宿の古民家設計者・茂木香織さんから投稿コメントをいただいた。以来折節、何度もコメントが寄せられた。彼女は北海道北見市の出身で建 [続きを読む]
  • 【戦没画学生の遺作にみいる 「無言館」】
  • 昨日、上田に宿泊して午後3時の新幹線で長野駅を出発するまで、束の間、長野でみたかった地をいくつか探訪。そのなかでも、この上田市郊外の「無言館」はいちどは訪れたかった場所。なぜこの無言館の存在を知ったのか、いまは定かには思い出せない。ただ、戦没画学生の描いた絵を収集し、展示するというコンセプトには抗いがたい魅力というか、惹かれるものを感じさせられていました。絵を描くということは、アルタミラ洞窟の絵画 [続きを読む]
  • 【長野県・鬼無里 白髯~しらひげ〜神社】
  • 12-13日と長野市で開催された東北フォーラムほか、住宅関係団体の「合同研修会」に参加しておりました。ホストである「信州の快適な住まいを考える会」各メンバーからの研究発表を受けての「分科会討論」、懇親会を1日目に行い2日目には各団体からの研究発表などが相次いで行われました。こうした模様については、本日札幌に帰った後、来週にまとめてご報告したいと思います。で、会は昨日の午前中で発表会を終えて、その後、人 [続きを読む]
  • 【断熱・蓄熱・遮熱 世界最先端技術を実証する家】
  • さて先般2回にわたってご紹介していた東北の高性能住宅ビルダーの雄、北洲ハウジングの最先端モデル住宅・プレミアムパッシブハウス。先日、4月28日には「報道関係」への完成公開日に見学が叶いました。もちろんReplanの住宅雑誌枠としてではありますが、同時に一住宅ブロガーとしてもご招待いただいた次第であります(笑)。この住宅については住宅性能向上の目的をより社会的なメリットとしてたとえば年金生活になっても、光熱 [続きを読む]
  • 【クルマ不使用10km移動 東京久しぶり行脚】
  • 約10kmであります。フ〜〜、疲れた。きのうから東京出張に来ております。とはいっても、本日からは埼玉〜長野という訪問日程。午前中にさいたま新都心の訪問先に行った後、そこから在来線〜新幹線で長野まで移動して、東北フォーラム他の「合同研修会」に参加する予定であります。さてきのうは久しぶり、ことしはじめて東京都内を歩きまわっていました。数カ所の訪問先日程を組んでいましたが、どうにもムリ的スケジュールだった。 [続きを読む]
  • 【障子による空間表現の自由闊達さ】
  • 本日から東京、さいたま、長野と出張であります。わたしは東北フォーラム会員ですが、今回は他団体との「合同研修会」参加。その前に東京や埼玉での情報交換など。なんですが、いろいろ古建築なども見学するようなので、その様子もご報告致します。っていう具合に、ちょこちょこと取材で本州地域に出掛けるのですが、住宅のデザインでもっとも北海道が他地域と変化してきたのは、障子という建具文化がほぼ衰退したことではないかと [続きを読む]
  • 【住まいと人のシアワセの関係】
  • きのう早朝、ついに「サピエンス全史」を読了して、西田正規先生の「人類史の中の定住革命」読了以来の、人類史思考を再認識し、自分の性向の中に再確認しております。今回の読後感では、人間の「意識」についての歴史的考察がたいへん「科学的」に追究されていて、納得できた次第。そのなかでも、物質的には相当に「豊かさ」に満ちている現生人類にとって、生きるシアワセということにまで、歴史家として論及している驚き。著者・ [続きを読む]
  • 【ついに読了「サピエンス全史」 やった(感涙)】
  • 紙の本にしてトータル561ページの「人類史」ついに完読(泣)。思えば2月19日、寒い秋田駅前からの飛行場へのバス停で「まだ時間まで少しあるから、出直して」と親切にバス切符販売の方から言われてしょがない、本屋さんで時間待ちするか、と飛び込んだ本屋さんでベストセラー、という案内POPが目に飛び込んで即購入してから、本日早朝、5月9日までおおむね80日ほど、細切れ時間をなんとかやり繰りし、寝床に入って読もうとし [続きを読む]
  • 【5/8発売 美しく暮らす 東北のデザイン住宅2017】
  • さて本日からGW明け、本格的稼働であります。さっそくかねてから取り組んできていた特別編集企画・東北のデザイン住宅2017本日から東北圏内の書店で発売されます。北海道内でも住宅デザインの特集号を多数発行してきていますが、地域住宅雑誌として、その地域の住宅デザインに一石を投じてつねに新鮮な流動化、感受性の掘り起こしを働きかけていきたい。今回は第3弾になりますが、秋田での難波和彦氏の「箱の家」も取材。美しく暮 [続きを読む]
  • クルマによる人類的「進化」体験とは?】
  • 「サピエンス全史」について。このブログで「これから読みます」もしくは「ちょっと読んでいるところ」として紹介してから数ヶ月は経っているのですが、お恥ずかしいことに、その長編ぶりに日々の仕事生活がマッチせず、いまだに全20章のうちの第16章を彷徨っています(泣)。歴史、それも人類史全体を鳥瞰して考えさせてくれる視点というのは、現代の細分化された担当別区分歴史家の話ばかりに閉口させられていた全世界の多くの読 [続きを読む]
  • 【GWのミッション 取材データ類の整理整頓】
  • みなさんはパソコンのなかにどれくらい写真データストックがあるでしょうか?わたしの場合、「取材ボックス」というフォルダを用意してあってそこにわたし自身が取材してきた住宅関係の諸資料が格納されている。写真データもあれば、音声録音データもあり、インターネット上で収集しておいた関連する国の調査データなども入っています。それらを総合して、いろいろな資料元として、企画立案や、原稿制作などに利用して行くわけであ [続きを読む]
  • 【ニッポン的板倉と2×6ZEH住宅の形の類縁性】
  • さてきのうは1泊して、道南地区を見て歩き。函館周辺をあちこち、気の向くまま行脚していて、再訪していたのが、函館見晴らし公園に隣接する「香雪園」。サクラも見事な満開ぶりでしたが、久しぶりに建築とも再会しておりました。茶亭建築や西洋式温室などの古建築が建てられている。そのなかに、京都から迎えられて造作に携わった宮大工たちが建てた作事小屋、板倉造りの古格な機能性重視建築があったのです。板倉建築は、たとえ [続きを読む]
  • 【朝イチ、道南観桜・弾丸ツアーへ】
  • さて連休の初日、みなさんいかがお過ごしでしょうか?わたしどもは日ハムの戦いに不安を抱きつつも(笑)札幌を離れて恒例の春の観桜ドライブ弾丸ツアーに出発であります。夫婦2人での気ままな旅なので、あちこちふらりと出没いたします。あ、きのう触れた日ハムは、きのうもロッテに連勝。きのう「最下位」と嘆いて書いてから1日で最下位脱出、ロッテさんに席を譲りました(笑)。めでたしめでたし。なんですが、きょう負ければ [続きを読む]
  • 【がんばれ、最下位・北海道日本ハムファイターズ!】
  • 全国の野球ファンのみなさん、ついにプロ野球開幕です。って、もう1カ月以上も前の話なんですが(笑)、ご存知の通り、前年度チャンピオンチーム・わが北海道日本ハムファイターズは、開幕早々、未曾有のトンネルに突入しておりました。開幕して一瞬、少しは勝ったかと思ったのですが、その後は目を覆うばかりの戦いぶりで、一時は10連敗を記録していた。っていうか、あまりにも負け続けるので情報を遠ざけざるを得ず(笑)何連敗 [続きを読む]
  • 【連休に札幌サクラ開花。谷間の仕事はフル】
  • さて2日間、十和田のサクラと現代建築取材を書いていたら、今週日曜日、4月30日の地元、北海道神宮境内でのわたしの北海道のサクラ開花ウォッチ「標準木」がみごとに満開状況を迎えておりました。十和田とは違って、エゾヤマザクラなのですが、北海道神宮の北東側駐車場に面して立っているヤツ。前面が駐車場敷地で開けているので、東南方向からの日射をたっぷりと受ける個体で、ほかよりも早めに開花する。っていう次第でしたが [続きを読む]
  • 【サクラの季節 in 安藤忠雄 十和田市民図書館】
  • きのうの西沢さんの美術館に続いて安藤忠雄さんの「十和田市民図書館」再訪であります。この図書館には中庭にサクラの木が建築時に残されていて、外部のサクラ並木との共演が意図されていると言われる。建築はある用途を持って機能を果たすべく作られるけれど、そこに存在し続ける意味では、景観としての美的要素をもっとも担うものでもある。美的な要素というのは、その時代の「空気感」を伝えるので、いま、このように作られ続け [続きを読む]
  • 【サクラの季節 in 安藤忠雄 十和田市民図書館】
  • きのうの西沢さんの美術館に続いて安藤忠雄さんの「十和田市民図書館」再訪であります。この図書館には中庭にサクラの木が建築時に残されていて、外部のサクラ並木との共演が意図されていると言われる。建築はある用途を持って機能を果たすべく作られるけれど、そこに存在し続ける意味では、景観としての美的要素をもっとも担うものでもある。美的な要素というのは、その時代の「空気感」を伝えるので、いま、このように作られ続け [続きを読む]