米寿堂 さん プロフィール

  •  
米寿堂さん: ノニ,ココナッツオイル販売店米寿堂店主のコラム
ハンドル名米寿堂 さん
ブログタイトルノニ,ココナッツオイル販売店米寿堂店主のコラム
ブログURLhttp://beigedo.blogspot.jp/
サイト紹介文ノニジュース,ノニ石鹸,ノニ茶,有機ノニジュース,ココナッツオイル販の米寿堂店主のコラム。
自由文ノニジュース,ノニ石鹸,ノニ茶,有機ノニジュース,ココナッツオイル販の米寿堂店主のコラム。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供142回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2015/10/15 14:39

米寿堂 さんのブログ記事

  • ユニークな論文:寄生虫感染で女性は妊娠し易くなる
  • ユニークな論文:寄生虫感染で女性は妊娠し易くなる 「NHKの試してがってん」で放映されたコラーゲンの効果について、専門家より激しい反論と非難がされており、これに関連して調査したいたところ、ある信頼できる医師のサイトに辿りつきました。信頼できる情報源です。その情報から、ユニークな論文の紹介から、茶のみ話になる話題を見つけました。「寄生虫感染で女性が妊娠しやすくなる 寄生虫(Ascaris lumbricoides)による [続きを読む]
  • インドネシア特産のクスリウコン:スタミナ増強、美容に
  • クスリウコンはウコン類の王様スタミナ増強、美容にインドネシア原産クスリウコン(Curcuma xanthorrhiza)今年からはクスリウコンにクスリウコンとはジャワ・マレー原産のショウガ科(Zingiberaceae)のクスリウコン。インドネシアではトゥムゥ・ラワ(Temu Lawaku)と呼ばれ、インドネシア特産のウコンです。科学名:Curcuma xanthorrhiza邦名 : クスリウコンクスリウコンと聞くと、薬事法違反ではないかと疑いますが、れっき [続きを読む]
  • インドネシアの赤たまねぎ
  • インドネシアの赤たまねぎ インドネシアは農業国であり、様々な野菜・果実が栽培されています。時間があると市場に出かけ, 日本で見かけない農作物や様々な食材を眺めるのは非常に楽しい事です。今まで気になっていたのが玉ねぎ。非常に小さいのです。直径約3cm、高さも3~4cm位の赤い小さなたまねぎで、もともとたまねぎは好きでないので直接生で食べた事はありません。多分、インドネシア料理には入っており、知らず知らずに [続きを読む]
  • グルテンフリーとセリアック病
  • グルテンフリーとセリアック病 以前から気になっていたのですが、グルテンフリーの食品が大人気で、高くても購入する人が多いそうです。小麦・大麦・ライ麦などに含まれる蛋白質グルテンが引き金となる自己免疫疾患がセリアック病(Ceoliac disease, Celiac disease)です。小麦に含まれる蛋白質グルテンは、うどん、ラーメン、パンの粘り気、もっちりとした食感を与えるので、グルテンがないと美味しいこれらの食品はできませ [続きを読む]
  • ブアメラ入りナシゴレン , Nasi Goreng Merah
  • ブアメラ入りナシゴレン ナシゴレンは、インドネシアの代表的な焼き飯(チャーハン)のことです。インドネシアの各地域によって、塩辛いもの、淡白なもの、唐辛子がふんだんに使われるもの、具の内容の違いなどレシピには差があります。どのインドネシアレストランにも必ずあり、常食に近いものです。インドネシアの古都ジョグジャカルタの友人宅に宿泊した折、友人がナシゴレンを料理してくれました。通常のケチャップ入りのナ [続きを読む]
  • 水に流せない「水素水」の偽り
  • 水に流せない「水素水」の偽り このタイトルは、本日(1月29日)の産経新聞の産経抄のものです。http://www.sankei.com/column/news/170129/clm1701290004-n1.html水素水が健康に良いと云うことで、ネットワークで大々的に販売されていたのは10数年前からです。現在では、有名な芸能人が効く効くということで、一般販売もされていますが、どうも過剰な効果の標榜に国民生活センターが疑問を持ったようです。初めて水素水の話を [続きを読む]
  • 人生20番勝負
  • 人生20番勝負 西垣敏明博士は、14番まで勝負し7勝7敗本日は、東京ノニ研究所に投稿された東京ノニ研究所代表西垣敏明博士のブログを添付します。昔、東映の大川橋蔵さんの「慎吾10番勝負」という映画があり、子供時代小学校の講堂で月1度の移動映画館で楽しみにしたものです。これに倣っての「人生20番勝負」でしょうか?ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー東京ノニ研究所公式 [続きを読む]
  • 66歳のお祝いは「緑寿」、喜寿ー米寿の10年間は赤寿期
  • 66歳のお祝いは「緑寿」 77歳(喜寿)から88歳(米寿)までは赤寿期とします今まで知りませんでしたが、数え歳で66歳(満64歳)のお祝いがあります。緑寿(ろくじゅ)と言います。平成14年(2002年)に日本百貨店協会が提唱してできたそうです。21世紀は、環境に配慮する世紀ということで、緑。緑をろく(6)と読んで、66歳が緑のお祝い、緑寿になったそうです。数え歳で、還暦は60歳。還暦は、10年前に既に子供たちにお祝いして頂きま [続きを読む]
  • 18歳と81歳の違いは何でしょう?
  • 18歳と81歳の違い インターネットで皮肉というか、一面加齢とともに生じる悩みを言い当てた18歳と81歳の違いを見つけました。違和感を感じる方もおられるでしょうが、一笑にふせたいものです。*恋に溺れるのが18歳、風呂で溺れるのが81歳*道路を暴走するのが18歳、道路を逆走するのが81歳*心がもろいのが18歳、骨がもろいのが81歳*偏差値がきになる18歳、血圧・血糖値が気になる81歳*まだ何も知らない18歳、もう何も覚えてい [続きを読む]
  • 16時間の睡眠
  • 16時間も寝てしまいました 信州信濃は一面の雪景色。豪雪ではありませんでしたが、雪かきを15日、16日と行いました。通常筋肉を余り使っていない店主は、快い背筋や腕の筋肉痛が。そして、17日、18日の二日間、外国からの訪問者があり渋温泉の野猿公園、善光寺、松本城、わさび園などを案内いたしました。野猿公園へは、豪雪のため行けませんでした。しかし、そこに辿り着く道路は凍結しており、車の運転には最新の注意が必要 [続きを読む]
  • パーキンソン病について
  • パーキンソン病について 医学の進歩は日進月歩で現在の私たちは、病気の原因や成り立ちが総て理解できているとは考えてはいけないようです。現代医療の進歩は診断分野については急速な発展がみられますが、治療分野においては感染症などの急性疾患についての治療を除いて、全く手がつけられていないというか無力です。良くご存じのように、慢性の進行性の病気にパーキンソン病というものがあります。店主の兄はこの病気に罹り [続きを読む]
  • 春の七草粥
  • 春の七草粥 非常に長く生きていますが,本年1月7日に始めて日本の行事食である七草粥を頂いた。美味い。梅肉が入った絶品。愚息の嫁が料理してくれました。美味さに加えて、嫁の配慮に委託感激しました。七草は、セリ、ナズナ、ゴ(オ)ギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロですが、なかなか憶えることは難しい。実際に自分で七草を摘むか、買って目で見て、味わなければ憶えられないものです。それにしても、先人の [続きを読む]
  • ノニジュースとブアメラとお医者さんの奨め
  • ノニジュースとブアメラとお医者さんの奨め 本日の信州は冷え込んでいましたが、最も寒くなるのは2月。午前中、適度な筋肉労働を行い昼御飯が美味しい。肉体労働の後、米寿堂開店前からノニジュースを、そして3?4前にブアメラを追加され、これらを家族全員で愛飲されている方を訪問しました。玄関を開けて下さったのは90歳のお婆さん。激しい農作業で足腰は少し曲がっていますが、鍛えた両手の指は大きく長く、そして美しい。 [続きを読む]
  • 老人(高齢者)は75歳以上へ,年齢は単に数字!!!
  • 老人(高齢者)は75歳以上へ,年齢は単に数字!!! 日本老年学会が、高齢者の定義を現在の65歳以上から75歳以上に上げることを提言しました。確かに元気な老人が増えており、60歳あるいは65歳の定年後も仕事をしている方は多いです。町内会の役員として活発に地域社会に貢献している方もいます。一方で、ボタンティア活動など行わず趣味の世界に没頭している方も周囲にいます。働く体力、意欲、楽しさを持っておられる方は、年齢は [続きを読む]
  • ニッポン美肌県グランプリ2016
  • ニッポン美肌県グランプリ2016 ポーラ化粧品が1600万件のデータを基に、女性の肌の美しさを47都道府県で順位付けを致しました。*毛穴が目立たない*きめが整っている*肌が潤っている*ニキビができにくい*シミができにくい*くすみがないの6ポイントが美肌の決め手だそうです。では美肌1位から10位までは1 広島県2 島根県3 鳥取県4 愛媛県5 秋田県6 石川県7 新潟県8 富山県9 京都府10 東京都 でした。中国地方や日本海側の北陸 [続きを読む]
  • 清涼飲料水にご用心
  • 清涼飲料水にご用心 真夏の暑い時に飲む清涼飲料水(果実ジュースなども含む)は、喉の渇きを解消し、確かに清涼感を与えてくれます。インドネシアに旅し、疲れなどで気分がすぐれない時に飲むコーラは、確かに気分を改善してくれますので、時折飲みます。極く最近では、持参していたウィスキーをコークハイで飲んだものです(1本だけですが)。世界保健機関(WHO)によると、世界の肥満人口は1980年から2014年にかけて2倍以上に増 [続きを読む]
  • 過労死と日本の将来
  • 過労死と日本の将来 個人の事で恐縮ですが、昭和の終わりの昭和63年、64年は、私にとって人生の大きな変わり目でした。「釣りバカ日誌」の浜崎伝助君の生き方の同感し、当時出版の漫画本は総て購入し何度も読んだものです。釣りバカ日誌の第1作が公開されたのは昭和63年。私が16年務めた会社を辞めたのも昭和63年。「過労死」という言葉が世に出たのは昭和63年とのこと。電通に努めていた女性が過労により自殺したニュースが [続きを読む]
  • ブアメラとノニ、嬉しいニュース2題
  • 嬉しいニュース信州は非常に寒くなってきており、一昨日は霜注意報が出たため、庭に置いていた観賞植物を家の中に入れたほどです。しかし、この寒さを吹き飛ばす嬉しい体験談ニュースが入ってきました。1.ブアメラで腎臓のがんが消えた?  70歳代の女性ですが、腎臓に腫瘍とポリープがあると指摘されていました。  約2ヵ月間ブアメラを飲み、腎臓のCT検査を行ったところポリープはあるものの、腫瘍が消えていました。  お医者 [続きを読む]
  • ノニとブアメラにインドネシアでの研究
  • 皆様、お久しぶりです。9月25日より2週間、インドネシアに行って参りました。インドネシア政府工業省の研究所でノニとブアメラの基礎研究を行い、来年度の本格研究への基本方針を決めることが大きな目的でした。学園研究都市ボゴールの研究所内にあるゲストハウスとの往復の毎日。日本にいる時より規則正しい生活を送り、食事は満足に食べず(基本的にインドネシア料理は美味くない)ダイエットを強いられました。しかし、10日間の実 [続きを読む]
  • 厚生労働省、食品工場にHACCPを義務化
  • 食品製造工程の衛生計画作成国際基準(HACCP)義務化の方針HACCPとは?Hazard Analysis and Critical Control Pointの略称。食品の製造・加工工程のあらゆる段階で発生するおそれのある微生物汚染等の 危害をあらかじめ分析( Hazard Analysis ) します。その結果に基づいて、製造工程のどの段階でどのような対策を講じればより安全な製品を得ることができる [続きを読む]