chuu_taro さん プロフィール

  •  
chuu_taroさん: 読書だけして暮らしたい。
ハンドル名chuu_taro さん
ブログタイトル読書だけして暮らしたい。
ブログURLhttp://reading4life.seesaa.net/
サイト紹介文読書だけして暮らしを成り立たせていくことは可能なのか?世の中と自分の限界にいどむ、社会実験ブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供37回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2015/10/15 16:38

chuu_taro さんのブログ記事

  • 読書レビュー#11:「人工知能とは」
  • ちょっと間があきましたが、まだまだ続きます。人工知能ブーム 笑今回はこれ。人工知能学会の学会誌の連載をまとめ直したもの、といいつつ大幅改訂されているようですが、ベースは学会の発行する学会誌というのが基本です。そういう意味では、以前紹介した、個人的にも大ヒットの一冊「よくわかる人工知能」と比べるとだいぶ読みづらいです。正直。人工知能、と一口にいってもいろんな流派(?)があり、様々な立場、バックグラウ [続きを読む]
  • 読書レビュー#7:「Thinking, Fast and Slow」
  • 邦題は「ファスト&スロー(上) あなたの意思はどのように決まるか? 」というんですね。しかも上下巻、2分冊か。そのボリューム感なので仕方ない部分もあるかもしれないと思いつつ、読了までエラい時間がかかってしまいました。「プロスペクト理論」で有名な、ダニエル・カーネマンによるもの。Wikipediaだと心理学者で行動経済学者ということになってますね。とにかくボリュームがボリュームだし、amazonを見ると、2015年の11月に買 [続きを読む]
  • 読書レビュー#6:「よくわかる人工知能」
  • 2016年に読んだ最後の本。あまりにヤバくて早速再読しました。12月の月間レビューでも書きましたが、なんか想像するだけでワクワクする世界だなぁ、と。+   +  ∧_∧  + (0゚・∀・) (0゚∪ ∪ + と__)__) +受動意識仮説とか、ASIとか、銀河規模のコネクトームとかとか、不老不死とかとかとか、やばすぎてキリがない。再読なんで、ここではサラッと。日を改めてこのネタだけで一本あげようかな、と画策中。 [続きを読む]
  • 読書レビュー#5:「会社四季報 2017年 1集新春号」通読5冊目。
  • 5度目の通読ですね。発売は12月だったのですが、やはりそこそこ時間がかかります。会社四季報については、単独の記事としてほぼ一年前、ちょうど前年の新春号を対象として取り上げました。「会社四季報を全部読んで見えてくること。」このときが紙のモノを手にとって通読したのが初めてだったのですが、それから5冊目にあたる今回まで無事続けることができました。って書くと苦行みたいな響きがありますが、楽しいです。こんな電話 [続きを読む]
  • 読書レビュー#4:「メンタリストDaiGoの心を強くする300の言葉」
  • 息もつかせず4冊目。またDaiGoか!といわれそうですが、そうです。またです。DaiGoです。どんだけ好きなんだ、といいたくなりますよね?きっと。結構好きなんですよ。実際。2016年9月の月間記録のところでも触れたんですが、本以上に、生で、クローズドな場所でこの人の講演を聞いたのが大きいかもしれないです。9月に最初の一冊となるこの本を皮切りに、11月に二冊読んでますね。こちら↓で、今回の「300の言葉」ですが、ちょっと [続きを読む]
  • 読書レビュー#2:「ビジネスで一番大切なしつもん」
  • 2017年の2冊めはこちら。(※画像はアフィリエイトリンクです)これは再読ですね。10月のレビューを見てもらうとわかるんですが、この月はザ・コーチング月間、と呼んでも良いような、コーチングの本ばっかり読んでいる期間でした。ま、それにはちょっと理由があるんですが、って10月の月間レビューのところにも書いてますね。それは機会があったら、もしくはリクエストがあったら、ということにしましょう。そしてそのコーチング [続きを読む]
  • 読書レビュー#1:「終わった人」
  • 新年早々の投稿です。去年までは読書メーターをメインに、こちらに転載というかたちを取ってましたが、今年からは逆にしてみようかと思いまして。年明けの記念すべき一冊目はこちら。(注:画像はアフィリエイトリンクになってます)新年一発目で「終わった人」というのもどうなんだ、と思いつつ 笑というのも、12月のレビューで取りあげた「魂の退社」と同様、これも退職組としては先輩に当たる、友人からのオススメだったわけで [続きを読む]
  • 2016年読書記録、年間レビュー:下期
  • 新年早々、第2弾の記事です。といって、単に前回のこちらの記事、2016年の年間レビューの続きなんですが 笑年間100冊読破を目標に掲げ、53冊といういいペースで折り返しました。果たして、下期は・・・の前に、再度ルールと表記をおさらいしておきます。【カウントルール】1. 計上は読了日ベース。2. 再読であっても1冊に数える。3. シリーズものであっても、物理的に本が別れていれば、それぞれカウントする。 例)上・下 → 2 [続きを読む]
  • 2016年読書記録、年間レビュー:上期
  • あけましておめでとうございます!2017年は、もう少しマメに更新していく予定ですので、本年もよろしくご愛顧のほど、お願い申し上げます m(_ _)mといいつつ、結局年内にできずいきなりこぼれてしまいましたが、2016年の月間読書記録を総括した年間レビューをお送りします。本題に入る前に、一応ルールの振り返りをば:1. 計上は読了日ベース。2. 再読であっても1冊に数える。3. シリーズものであっても、物理的に本が別れていれば [続きを読む]
  • 【2016年12月】読書記録
  • 予告してしまった手前、異例のハイスピードで更新実施中。ついに12月分の月間レビューまでたどりつきました。あとは1年の総括をするかどうかですが、この短い期間にこれだけ立て続けにアップしてるし・・・ちょっと考えたいと思います。ということで、まず先に規定演技の12月の月間レビューという名の、(以下略1. スタンフォード大学で一番人気の経済学入門 ミクロ編いわゆる一般の経済学の本は、このへんで固め読みして以来、あ [続きを読む]
  • 【2016年11月】読書記録
  • 前回の記事で予告したとおり、一週間と空けずに11月の読書記録です。ちなみに11月にはポッキーの日がありますねぇ。とそんなことは置いておいて、11月のレビューという名のあふぃr(ry・・・1. 人を操る禁断の文章術DaiGoについては、9月の読書記録で取り上げたのがここでは初出っぽいです。で、自分でも同氏の著作2冊目となるこの作品。まずタイトルに「人を操る」とか「禁断の」とか、そして極めつけは「文章術」に「メンタリ [続きを読む]
  • 【2016年10月】読書記録
  • ご無沙汰しております。にもほどがありますね。スミマセン。前回9月の読書記録を10月の末日に上げる、という暴挙に出た挙句、今回はついに10月の読書記録が翌11月に上がらず、12月の、しかも後半、年の瀬迫る12月24日、世間的にはクリスマスイブというんでしょうか?までもつれ込んでしまいました。一応宣言&お約束しておきます。年末までに、11月分と、この際なので12月分も暫定含めアップデートします!そして1年の振り返り記事 [続きを読む]
  • 【2016年9月】読書記録
  • はい、1カ月ぶりと思いきや、もはや2カ月近く経っておりました。10月も終わりそうな勢いですが、9月の読書レビューです。間違いじゃありません。9月です。というのも、だいたいこんなスケジュールになっているからですね。ある月の読書記録は、翌月中にお届け(って誰に?笑)。ということになっていますので、特に決めたわけではありませんが、自分に課しています。これでも。なので、今はまだ滑り込みギリギリ10月なので、9月の [続きを読む]
  • 【2016年8月】読書記録
  • 夏休みも終わりまして、やっぱり前月の月間レビュー以降、更新をサボってしまいました・・・。朝晩はぐっと涼しくなり、もうすっかり秋らしい感じですね。日中はまだまだ残暑が厳しいですが。ということで、夏を振り返りつつ、8月の読書記録、参りましょう。(って特に振り返ったりはしない)1. 経営のコツここなりと気づいた価値は百万両 (PHP文庫)あれー、どこかで前に松下幸之助の本を読んでいたと思ったんですが、履歴が見当た [続きを読む]
  • 【2016年7月】読書記録
  • またしても1カ月ぶりのご無沙汰ですね。もう、月の読書記録をまとめるだけのサイトにしようかな、と。ってもはやそうなっちゃってますかねぇ・・・。とにかく、2016年7月の読書記録、参りましょう。世間は夏休みなので、感想文を書くのにふさわしい本がみつかる、かも?!(答え:みつからない)で、読書感想文については、前に一度書きました。ちょっと時節柄、今読むと違和感を感じる寒さではありますが、こちらで読書感想文の書 [続きを読む]
  • 【2016年6月】読書記録
  • なんと、またしても先月の月間レビューから今月の月間レビューまでの間、なにも更新せずに来てしまいましたとさ・・・。ご覧のとおり6月は出張が多くてですね、なかなか時間が。といってこの写真は関係ありませんし、もう7月も半ばですから単なる言い訳だと、そう思っていただいて結構です 笑それでは2016年6月の読書記録、もとい、アフィリリンク特集です。気になった本はちゃんと していってくださいね! 笑1. 赤めだか [続きを読む]
  • 【2016年5月】読書記録
  • 前月の反省を活かし、今回は早々に月間レビューをまとめたいと思います。2016年5月の読書記録、という名のアフィリエイトリンク集です 笑1. 世界でいちばん簡単なサーバーのe本[最新第3版]サーバー構築の基本と考え方がわかる本前月の読書記録(16年4月分)に載せた「ネットワークのe本」と同じ著者書いた、セットというか続きというか、のような位置づけの本です。結構内容としてはカブりますが、こちらはより実践的な内容。実際 [続きを読む]
  • 『ビジョナリー・カンパニー』のもたらす真の効用とは
  • 先日の記事でビジョナリー・カンパニーについては触れたんですが、そのとき書いたか書いてないか記憶がさだかでないんだけど、どうもビジョナリー・カンパニーは1より2のほうが評判が良いようです。ってことで今ビジョナリー・カンパニー2を読んでるんですが、今日はその話しがメインではないです。ま、ビジョナリー・カンパニーは4まであるようなんで、行けるとこまで行ってみようと思うんだな。やはし専門家としては 笑で、前置 [続きを読む]
  • ビジョナリー・カンパニーとブラック企業。
  • 先日4月の読書記録を上げたばかりだというのに、もう5月も終わりかけてます。するとまたすぐに月間の読書記録をまとめないといけないわけですが、その間隙をぬって、最近あまりにサボりすぎていたので、ちょっと本について触れます。一応、読書の専門家らしいしね 笑ということで、今日取り上げるのは、  ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則です。ご存知な方も多いと思いますが、経営?企業分析?の名作です。 [続きを読む]
  • 【2016年4月】読書記録
  • なんと気がついたら前回、3月の読書記録のご報告で、それから一回も更新していないと。なにが読書の専門家じゃ、と。スミマセン。本当に反省してます。一切言い訳はいたしません。ということで、早速いってみましょう。アフィリエイトリンクの嵐 笑1. 世界でいちばん簡単なネットワークのe本[最新第3版]ネットワークとTCP/IPの基本と考え方がわかる本こちら、図書館で見かけて借りたので若干古いです。2011年ということなので。今 [続きを読む]