yudet さん プロフィール

  •  
yudetさん: Market Insights
ハンドル名yudet さん
ブログタイトルMarket Insights
ブログURLhttp://market-insights.biz
サイト紹介文20代、上場企業財務担当者が長期投資を考えるブログ。 米国株中心。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供58回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2015/10/16 23:22

yudet さんのブログ記事

  • 8月末のポートフォリオ
  • 購入:GOOGL(アルファベット)、FL(フット・ロッカー)、投資信託3種売却:なし前月比+8.3万円フット・ロッカーの暴落でバフェット太郎氏に煽られていましたが、フット・ロッカーをグロース株投資として罵倒されたのはひどく的外れだったのでしばらくスルーしてしまいました。しかもプレノン氏とグロース株投資家としてひとまとめにされるという。僕はソフトバンクや任天堂など不確定要素の多いハイテク株を比較的選好している [続きを読む]
  • FLが27%超の大暴落
  • Foot Lockerの2Q決算は既存店売上高が6%減(為替影響を除けば4.3%減)でした。信じがたいほどひどい決算で愕然としています。27%安は一時の反応として行き過ぎかもしれませんが、Foot Lockerだけではなく同業他社も極めて悪い決算で暴落していたので、業界構造を詳しく分析し直す必要がありますね。次回の記事で詳しくやりたいと思います。今回の暴落により米国株では損失が収益を上回ってしまったので、完全にダメな投資家のよう [続きを読む]
  • 7月末のポートフォリオ
  • 7月末のポートフォリオです。7月末の保有株時価7,279千円(前月比+170千円)購入:投資信託3種、FL、VYM売却: HBI、VB7月の雑感です。①FDAのニコチン規制によりMOだけではなく直接的に米国内の規制を受けないPMが一瞬急落した局面ではPMを拾っておくべきだったと後悔しました。ただ、その後もPMは弱い値動きが続いています。アイコスには加熱式タバコの中ではニコチンが含まれる量が多いですので、他国でもニコチンの規制が [続きを読む]
  • 金融リテラシーがなく大損した大学生の頃の話
  • 米国株の投資家ブログを読んでいると、全てではないですがよく出てくるのが、「永久投資」という考え方です。要するに米国株は過去ずっと右肩上がりでやってきていて、今後も右肩上がりで推移していくと思われるので、買うタイミングは今で、永久に売るべきではないという思考ですね。この考え方は誤っているわけではないと思います。現在の株価は将来の配当の割引現在価値で、割引現在価値を求めるにあたり、割引率にはリスクプレ [続きを読む]
  • アパレル銘柄のHBIを全株売却
  • 100万円分ほど持っていたアパレル銘柄のヘインズブランズ(HBI)を全株売却しました。今年2月に買った時は19ドルまで急落していたので、10%ほど利益が出ました。売った理由は下記の通りです。・オーガニックな成長を信じられなくなった16年度に前年対比でHBIの売上や利益が伸びたのは16年6月のChampion Europe等の買収の影響で、もともとあったビジネスは成長していません。あまり強力なブランドを有しておらず今後の成長も疑 [続きを読む]
  • 6月末のポートフォリオ
  • 少し早いですが今月はもう購入予定がないので更新します。購入:アマゾン、アルファベット、フット・ロッカー、ロッキード・マーティン、投資信託3種前月末比+138万円ボーナスや従業員持株会の一部解約によりキャッシュが増えたので株を買い増しました。ちょっと買いすぎたかも。 良くも悪くもアマゾンに翻弄された一ヶ月でした。・ゴールドマンサックスのレポートによりハイテク株が急落したのでアマゾンを買い戻した・アマゾン [続きを読む]
  • ロッキード・マーティン(LMT)株を購入
  • 軍事用飛行機で有名なロッキード・マーティン(LMT)株を新規に購入しました。ロッキード・マーティンはアメリカ政府にとって圧倒的に最大の発注先です。アメリカ政府の年間の発注額は、ロッキード・マーティンが362億ドルで1位、2位にボーイングの166億ドル、3位にゼネラル・ダイナミクスの136億ドル、4位にレイセオンの131億ドル、5位にノースロップ・グラマンの106億ドルと続きます。(15年度のデータ)F-35などのステルス [続きを読む]
  • アマゾン化する世界
  • アマゾン(AMZN)が生鮮小売り大手のホールフーズ(WFM)を買収することを発表しました。買収価格は137億ドル。全て現金での支払いです。アマゾンはキャッシュリッチな会社で、現金同等物を200億ドルくらい持ってます。アマゾンのスピード感は凄まじいですね。Linkedinにアカウントがあるとアマゾンから求人がよく来るんですが、「毎日が創業日のように仕事をしろ」が社風のアマゾンでは一日たりともやっていける気がしません。す [続きを読む]
  • 日記:AMZNを買い増しなど
  • ・再びNASDAQが安値を試してきたのでアマゾン(AMZN)を2株買い増し。この水準だと悪くないと思います。・鳥貴族が計画未達で10%安の暴落。出店計画がうまくいってないのは知ってたので(2月の記事参照)、空売りしてればよかったですね。17年2月末のポートフォリオ・コメダホールディングスが投資ファンドMBKの全株放出により需給悪化から6%安の暴落。今後の潜在的な売り圧力がなくなったので良しとしましょうか。・先日の仕事中 [続きを読む]
  • AMZNを買い戻し
  • 先週金曜に引き続き今日もFAANGを中心にテクノロジー株が大きく下げる展開。947ドルでアマゾン株をとりあえず3株新規購入しました。今年の2月に10年保有し続けたアマゾン株を売却した時は806ドルだったので、17%高く買い戻してしまった計算になります。一方で2月にアマゾン株を売って買い換えたヘインズブランズ株も同じくらい値上がりしているので、損はしてないのですが。10年間持っていたアマゾン株を売りましたアマゾン [続きを読む]
  • 【哲学】長期投資と時間選好について
  • このブログを読んでいる人はきっと、投資に興味があるのだろう。突然だが、哲学的な問いを発してみたい。(なぜ哲学的な問いを発するかというと、僕がそういうの好きだからです)あなたはなぜ投資をするのだろうか?お金を増やしたいから、という答えでは十分ではない。マルクスの資本論を引かなくても明らかだが、お金とは交換価値であり、それ自体の価値ではない。従って、お金を貯めたいという動機は、将来、生活必需品や、プレ [続きを読む]
  • FAANG、NVIDIAなどテクノロジー株が急落
  • たまたま早起きしたらびっくりしました。6/9(金)午後の米国市場で、テクノロジー株が急落しました。FAANGと称される代表的な銘柄や、NVIDIAなどの半導体株が中心です。この日、ダウが0.4%上昇したのに対し、NASDAQ指数は1.8%安。アップル、アマゾン、アルファベット、フェイスブックは3%超、ネットフリックスは4%超、NVIDIAは6%超も下げています。NVIDIAは午前中に5%上昇し上場来高値をつけた後、午後に急落しました。サイバー [続きを読む]
  • GOOGLを買い増し
  • アマゾンに続いてグーグル株も1000ドルを突破したタイミングで、グーグル株(ティッカー:GOOGL)を2株買い増しました。ここのところエクソンモービル(ティッカー:XOM)が80ドルを切る水準まで調整しており、配当利回り3.8%まで来ていたので、エクソンとどちらを買うか激しく悩んだのですが、原油価格の低迷はもう少し続きそうなことが一つと、FANG銘柄(Facebook, Amazon, Netflix, Google)の上昇ペースが著しく、FacebookとNe [続きを読む]
  • 任天堂の目標株価を計算してみた
  • 任天堂switchが大ヒットしており、量販店やamazonで入荷しても一瞬で売り切れる状況が続いています。日本に限らずアメリカやヨーロッパでも同様です。この品薄の要因は、一つにはWiiUの失敗経験により製造台数を絞ったことがありますが、携帯可能でテレビ画面にも映せて、気軽に複数人で遊べるというswitchの独創的なハードウェアが極めて高く評価され受け入れられていることや、ロンチソフトのゼルダがゲーム史上に残る傑作と絶賛 [続きを読む]
  • 住信SBIネット銀行で外貨積立のコスト値下げ
  • SBI証券と提携している住信SBIネット銀行で、外貨積立(ドル円)の手数料が今までの片道15銭から、6月6日以降は片道5銭となります(ちなみに6月5日まではリアルタイムの外貨預金が片道0銭)今までも為替手数料がマネックスや楽天証券の片道25銭に対して安かったので、住信SBIネット銀行経由でSBI証券で米国株を買っていたのですが、今後はますますSBI証券の優位性が高まりますね。僕は現在、毎日4,500円分のドルを積み立てています [続きを読む]
  • 17年5月末のポートフォリオ
  • 更新をめちゃくちゃサボってしまいました。米国株の株価が高値圏にあってあまり買い場らしい買い場が見つからなくて、頑張って銘柄分析をするよりも適当に新興国株式インデックスでも買っとけばいいか、みたいな気分でした。あと、短歌や絵画、映画など文化的な趣味にかまけてました。1Qの決算分析をまだやってなかったので、6月はいくつか濃いめの記事を書ければと思います。ご期待ください!5月末の時価合計:5,722千円(前月 [続きを読む]
  • 17年4月末のポートフォリオ
  • 忙しかった4月がようやく終わり、仕事も落ち着きを取り戻せそうです。海外の決算発表も出揃いつつあるので、また決算発表の分析をやっていきたいですね。さて4月末のポートフォリオです。購入:DB(ドイツ銀行)、VYM、ニッセイ外株インデックス、SBI-EXE-i グローバル中小型インデックス売却:HBI(100株だけ)、DA(デルタ航空)、 VRX(ヴァリアント・ファーマシューティカルス)保有株ではアルファベットが好決算により史上最 [続きを読む]
  • EBITDAとは何か
  • めちゃくちゃ遅くなりましたが、先日の記事で予告したようにEBITDAの話。ちょっとややこしい内容かもしれません。The End of Accounting:投資家にとって有用な指標とはEBITDAとは、Earnings Before Interest Taxes Depreciation and Amorizationの略で、利払い前・税引き前・減価償却前利益という意味。当期純利益に支払利息と法人税と減価償却費を足したものだ。イービットダーとか、イービットディーエーとか、イービッダと発音 [続きを読む]
  • 米国株の情報収集に巡回しているサイト
  • 決算期や年度始めで忙しい時期ですね。軽めの更新です。普段、僕が株の情報を集めるために見ているサイトをご紹介します。ご参考になれば幸いです。英語のサイトも混じってます。ブルームバーグ早朝に更新してくれないので出勤途中に見ても前日の米国市場の情報が載ってないのが難ですが、マーケットの情報がちょうどいい感じに集約されてます。Google Finance米国市場のヘッドラインや個別株のニュースはGoogle Financeで見てます [続きを読む]
  • 17年3月末のポートフォリオ
  • 3月末のポートフォリオです。3月の購入:GOOGL、投資信託3種類(毎月買ってます)グーグル株はyoutubeの不適切動画問題で株価が急落した時に買いました。議決権がないGOOG(クラスC株)の方が安いのですがストックオプションによる希薄化懸念があるためGOOGL(クラスA株)を購入。創業者のセルゲイ・ブリンとラリー・ペイジら経営陣が一株あたり10票の議決権を持つクラスB株を独占し、議決権の過半数を握っているため、現時点では [続きを読む]
  • ダモダランがヴァリアント株について白旗をあげる
  • 著名な経済学者であり、コーポレート・ファイナンスの第一人者である、ニューヨーク大学のダモダラン教授がヴァリアント・ファーマシューティカルス(ティッカーシンボル:VRX)についてコメントしています。http://www.valuewalk.com/2017/03/valeant-update-damaged-goods-deeply-discount-drug-company/?all=1ダモダランは16年4月に適正株価を44ドルと分析してヴァリアント株を32ドルで購入しており、その後の株価下落で株 [続きを読む]
  • 配当貴族政策は最善の資本政策か?
  • 前回の投稿からしばらく間が空いてしまいました。担当する仕事に変更があり、年度末ということもあって慌ただしくしていました。前は会計寄りの仕事だったので、マーケットの動向について話す機会がなく気分転換にこのブログを書いていましたが、今は外為や債券、株式市場の分析に少しながら仕事で関わってますので、趣味でわざわざやらなくてもよくなった、ということもブログ更新の間を空けてしまった理由にあるのかもしれません [続きを読む]
  • シーゲル流投資はアノマリーの一つに過ぎない
  • 米国株サイトにとってのバイブルの一つ、シーゲル教授の「緑本」こと、「株式投資」を少し前に読みました。あちこちで褒められているので教条的なトンデモ本かと思っていましたが、理論的に書かれていて良い本でした。当ブログも参加しているブログ村の米国株カテゴリで、「シーゲル流」と言われる投資方法が最近流行っていますね。僕の理解だと、「シーゲル流投資」とは、足元の配当利回りが良く増配履歴が長いディフェンシブなセ [続きを読む]
  • クレジットカード業界の地殻変動は中国から起きる
  • クレジットカード決済の主力プレーヤーはビザとマスターカードで、アメックスがその後を追いかける図式になっています。ビザとマスターカードのPERは30倍超と市場から更なる成長を期待されており、株価は怖いくらいに綺麗な右肩上がりで伸び続けています。ビザやマスターカードを打倒する新星とかつて言われたスクエアは、ヘボなCEOジャック・ドーシーによって、彼がCEOを掛け持ちするtwitterと同じく株式価値を毀損し続けています [続きを読む]