ビルメンマン さん プロフィール

  •  
ビルメンマンさん: 釣り好きおやじのビルメンライフ
ハンドル名ビルメンマン さん
ブログタイトル釣り好きおやじのビルメンライフ
ブログURLhttp://ameblo.jp/odakyuturisk8/
サイト紹介文釣りが好きな40代ビルメンマンがビルメンライフ を書きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供65回 / 341日(平均1.3回/週) - 参加 2015/10/17 00:29

ビルメンマン さんのブログ記事

  • 設備系の専門はエネルギーにしようかな..
  • ブログでも書いてきましたが、私は、経理、営業出身で、プロパティマネジメント(運営管理)要員として雇われております。入社面接の際に、役員から「現場の知識が不足していると思うので、3年くらい修行にいってきて」と言われて、2年半程たってます。プロパティーマネジメントと設備管理の両方をしている事業所で、当初の業務負担は、「プロパティーマネジメント30%        +設備管理70%」、今は、「プロパティーマネジメント70%        +設備管 [続きを読む]
  • 資格って大事ですね〜
  • 詳しくは書けませんが、ある作業で冤罪を受け、バタバタしてました。妬みからの嫌がらせという分かり易いものです。自分と一年違いで入ってきた人(Aとする)が、何故か自分をライバル視してました。何故かもなく、妬みなのですが、「俺のほうが、設備員としての腕がいい。だから、会社で優遇されるのが当たり前だ。それなのにこいつの方が優遇されている。こいつを貶めて、自分の立場を良くしよう!」という短絡的な思考の人物です [続きを読む]
  • 寒さにも負けず走ってます
  • すっかり冬ごもりでした。年始に長野にスキーに行って以来、寒さに負け、朝早く布団からでられないでいたら、1月が終わってました。疲れもとれず、ますます寒がりになっていたある日のこと.......上の子供が、スケボーから戻ってきて、「疲れてても、スケボーするとスッキリするんだよな〜」との言葉。小学4年の子供の言葉に改めて気づき、2月に入り、ジョギングを再開しました。どんどんスッキリし、不思議と寒がりでもなくなりま [続きを読む]
  • ビルメンテナンス職場環境は変わりやすい
  • 自分の所属する事業所は、設備員5名、警備員5名だ。昨年の5月までは、かなり大人し目の人が多いい事業所だった。5月に攻撃的タイプの設備員が1人入り、大人し目の人が1人抜けた。1人体調崩して、12月に攻撃的なタイプの設備員がまた1人入った。1人目入ったところで、ギスギス感が浸食してきていたが、2人目でギスギス感が主流となってきた。そして、心の病気を患う人がでた。その人は、「技術得意+事務苦手」で、攻撃的な人 [続きを読む]
  • 父母との関係......なんか、吹っ切れました
  • 親の洗脳というか...ここ暫く、父母のことで悩んでましたが、吹っ切れました。悩みの理由、 ■父母が好きになれない⇒  親孝行できない⇒ダメな奴?というものでした。ちなみに父は、大手企業のエリートサラリーマン、相続財産持ちの人です。確か、40くらいで、大手金融企業の部長でした。63歳までリストラされることもなく働いてました。今も、「うちの会社」と言うのは、少し痛いです。母は、専業主婦。・誕生日、クリスマス [続きを読む]
  • いくつになっても、親との関係は大人になれませんね..
  • にほんブログ村 先日、車が納車されました。その数日前に母親から連絡があり、「(私名義の)郵便局の通帳をあげる。車購入の足しにして。」とのこと。その時は、一応、有難うと言いました。しかし、そもそもこの通帳は、私に貰ったお年玉を母親が預金したものです。そもそも、あげるというその点がおかしい(かっこ悪い)のです。お年玉が親通しのお金の交換だとしても。だいたい、自分のお金で問題なく買えるのに恩を着せられた [続きを読む]
  • 建設業経理士1級申し込みました
  • にほんブログ村 2016年3月13日の建設業経理士1級に申込みました。3科目あって、9:30〜16:10と1日がかりの試験です。費用も、13,680円と結構高額です。申し込んだからには、一発合格して、会社から結構な報奨金を貰わなければなりません。この前の1冷と合わせると結構な副収入になります。なんで、会社がこの資格に(うちの会社では評価、報奨金とも高いです)報奨金を払うかと言うと、建設業経理士1級、2級は、入札時に社内の保 [続きを読む]
  • 氷河期世代とバブル世代の発想の違い
  • にほんブログ村 自分は、就職氷河期世代で、大学の偏差値が最高を記録していた時代を生きた、いわゆる貧乏くじ世代です。この世代は、設備を中心に結構いますが、警備員にも少しながらいます。また、職場には、警備員を中心に、45歳過ぎ〜60歳前後のバブル世代が多くいます。警備員の主要構成世代と言っていいでしょう。自分の学生時代の友人を含め、職場で、この2つの世代を見てると、社会に対する基本的なスタンスに大きな [続きを読む]
  • 読書記録「黒革の手帳(松本清張)」
  • にほんブログ村 家にたまたまあった「点と線」を読んで、松本清張を読み始めました。文体は古いですが、本当に上質な小説群です。読まず嫌いでした。「黒革の手帳」は、TVドラマのイメージがあり、読みました。TVドラマは、見てません。読後の感想は、「救いようもなく、悲しい話し」というもの。「なんでこれがドラマ化されるのか?」と疑問に持ち、ネットでアラスジを読みました。ドラマでは、結末が、小説とは全く異なるん [続きを読む]
  • ビルメンは人間関係の勉強になります
  • にほんブログ村 ビルメンは、人間関係の勉強になります。理由は、■少人数で同じ部屋に  長時間いるので本性が  出易いこと、■基本、仕事が忙しくない  こと、■人格矯正されていない  人が多いいこと、■他の業界から廃除された  人が多いいこと、というような職場環境だと思われます。どちらかと言えば、高校迄のクラス環境という感じです。大学、社会人生活ではなく。自分が、営業、経理といった、どちらかと言えば、個 [続きを読む]
  • 実は読書も趣味なんです
  • にほんブログ村 当初から読書をテーマに入れてました。読書も趣味なんです。趣味というか、小学生から続く活字中毒者といっても過言ではありません。新書も入れると、200冊〜300冊/年は読んでいる気がします。今は、図書館のヘビーユーザーです。常に上限まで予約し、上限まで借りてます。釣りにあけくれ、読書について書いていませんでした。しかし、長かった秋も過ぎて行き、めっきり寒くなり、なかなか釣りへ行く腰が重 [続きを読む]
  • 初の停電体験!
  • にほんブログ村 詳しくは書けませんが、自分が宿直時に停電が発生しました。設備員の宿直者は、私一人の為、一瞬、頭が真っ白になりましたI。夕食も終え、これから、朝までのんびりというところで真っ暗に。中央監視装置が発報し、ボーボーという不気味なアラームが鳴ります。商業ビルですから、お客様がいるところで真っ暗になったのです。テナントからクレームの電話が鳴り響きます。とりあえず、管理センターを警備員にまかし [続きを読む]
  • 会話しなくてOKなんだよな〜
  • にほんブログ村 無口で人付き合いが苦手!でも、攻撃的ではない!とりあえず、相手の話しを聞く!こういうタイプの人ってクラスに数名いたと思います。最も、ビルメンに向くタイプの人だと思います。今日など、最低限の会話しかしてない気がします。ビルメンは、社歴重視、年齢重視の縦社会の組織の為、自分みたいなのは、立場の弱い最たるものです。会話すると、相手をたてたり、へりくだって見せたり、面倒くさいので、自分から [続きを読む]
  • 停電作業は、オフィスビルが楽!
  • ビルメン業界に入って、5回目の停電作業参加をしました。今回は、初のオフィスビルでした。これまで参加したのは、公共施設+商業施設 2回商業施設 2回オフィスビル 1回です。私は、商業施設にいますが、応援に行っているので、5回になります。しかし、オフィスビルは、楽です。商業施設の要素が大きくなればなるほど、大変になります。大変な要素としては、■施設への入出ルート がたくさんあり、 停電準備、後片付が 多い [続きを読む]
  • これで雪が降っても安心!
  • にほんブログ村 私の家は、共働きです。妻も、フルタイムの正社員で責任ある仕事をしてます。子供は、2人で、小学生と保育園児です。祖父母とは、同居してません。となると、雪の日に移動手段がないと、大変なことになります。■保育園の当園手段は、 どうするのか? 普段でも、歩くと10分強 かかります。■学校が休校になると、 子供の面倒は、どうするのか? 1人で1日過ごせる年齢 では、ありません。■妻も、担当があ [続きを読む]
  • ビルメンは実質的に豊か!
  • にほんブログ村 事業所勤務のビルメンは、お金がかかりません。自分は、現在の会社に転職する迄、スーツ着ての事務所勤務しかしたことがありませんでした。その感覚からすると、経費が本当にかかりません。要因は、■スーツ、Yシャツ、ネクタイ、  コート、等の新規購入が不要。  私服で出社退社。  勤務中は制服着用。  故に、私服自体も消耗  が少ない。  夏物のスーツなんかは、  1シーズンしかもたなかった  りする [続きを読む]
  • いつかのビルメン(こだわりの男 その3)
  • にほんブログ村 こだわりの男は、親切でもある。しかし、親切の判定基準として「自己の価値観」を据える為、相手には、イマイチ、評価されない。例えば、【事例1】 PM事業所なので、毎日、各テナント の売上、客数をWeb入力する。 間違いがあるとマズイので 二重チェックしている。 そのチェックの際、間違いがある と、必ず、最初にチェックした人 に伝えてくれる。【事例2】 彼は、1日に何回も洗濯する。 従って、自 [続きを読む]
  • いつかのビルメン(こだわりの男 その2)
  • にほんブログ村 前に記事を書いた「こだわりの男」は、食へのこだわりも強い。しかし、グルメという訳ではない。食欲へのこだわりが強いのだ。但し、金銭欲へのこだわりも強いので、正確には、タダの食事への欲が強いのだ。普段も、周囲を気にせず、我が道を行くタイプだが、食欲は、その傾向を加速させる。例えば、【事例1】 クリスマスの日に売れ残り のホールケーキが、2個貰えた。 直径18cmサイズで、8切れは、 とれるや [続きを読む]
  • 釣ってないのに、メッキを食べる!
  • にほんブログ村 ラディッシュボーヤという宅配業者を利用しています。その中で、「おさかなぱれっと」という「水揚げされたけど、数が揃わず、市場に出荷されなかったものが月1で届けられる」というものがあります。今回、届いたのが、メッキでした。同封のお魚の紹介書には、「・・・アジ類で最もおいしいとされる。旬は秋から冬。・・・」と書かれている。実は、わたくし、ソルトルアーに手を出そうと検討中なのであります。ア [続きを読む]
  • (子供英会話教室)いい先生だったんだな〜
  • にほんブログ村 次男が通っている英会話教室は、若くてとても明るい女性が先生をされています。スピーキングコンテストにも優勝したことのある方で、発音といった英語の実力も素晴らしい方です。屈託なく、明るい方で、子供の英会話教室のイメージ通りの人だと思ってました。新築の家で、すぐに英会話教室を始めたイメージも相まって。海外の友達の結婚式にでておみやげ頂いたり、盛大なハロウィンも開いて頂けて。次男は、元々、長男と同 [続きを読む]
  • (電車ダイヤ改正)誰か言ったのかな?
  • にほんブログ村 小田急&京王永山駅を通勤で利用している。小田急多摩線で唐木田行きに乗り、永山駅で小田急永山駅から京王永山駅に移動し、京王線で新宿方面に向かう。以前の京王線のダイヤ改正で、朝8:00頃のこの乗換(小田急→京王)が、小走りでいくとギリギリ間に合う時間に設定されていた。京王相模原線、小田急多摩線とも、本数が多いいとは言えないので、1本ずれると結構な時間ロスがでるから、みんな必死だ。長い階 [続きを読む]
  • 江ノ島釣行(片瀬港) 2015年11月--2
  • にほんブログ村 片瀬港に行ってきました。朝起きて、寝る前にセットしていた洗濯物を干し、燃えないゴミを出し、子供の服の準備をする。共働きの朝は、忙しいのです。いつも通り、始発に乗って6:00に到着。今回は、赤灯台に行ってみます。先客が1人います。今回は、 ・ちょい投げ 2本 ・投げサビキ 1本の合計3本の竿を出します。エサは、青イソメと岩イソメ。1時間くらい、先客も私も、釣れず。全くあたりもなく、ボウズか [続きを読む]
  • 設備、清掃、警備の連携が必要!...??
  • にほんブログ村 禁断のテーマです(笑)設備員は、感じているひともいるはず。誰も触れてはいけない......アンタッチャブルな話題です。事業所で触れると身に危険が及ぶ可能性高し。答えは、簡単です。言いましょう!設備、清掃、警備の連携は、◆事業所長&設備責任者:メリット大◆清掃員:メリット中◆警備員:メリット巨大◆設備員:メリットなしシンプルな解答だ.........でも、我ながら、解答に自信あり!これには、2つの要素 [続きを読む]
  • 老人会の星になる!
  • にほんブログ村 仕事、天気、釣り、用事の関係で暫くジョギングできてませんでした。昨日、久しぶりにジョギングしたら、身体が重いこと!へなへなで走りましたI。最後の方で、少し、ランニングハイになったけど、身体が重い。第1種冷凍機械責任者の試験日に1ヶ月ぶりに酒を飲んだからかも。それも、昨日も飲んで、2日連続。酒は、影響がてきめん。・寝起きが重い。・身体がだるい。すぐでます。かっこいいオヤジになりたい!本 [続きを読む]
  • 第1種冷凍機械責任者 採点
  • にほんブログ村 本日PM3:00に解答発表で朝からそわそわしてました。PM3:10にアクセスしますが、全くつながりません。PM3:40にようやくつながります。結果は、思ったより、点数が伸びませんでしたが、なんとか合格圏内でした。ほっとしました。この試験は、3つの選択肢に関し、正しい組み合わせを選べという珍しいタイプの試験です。3つともの正否を判定できて、ようやく、1問正解できるというものです。いや〜なタイプの試験で [続きを読む]