すずめ四季 さん プロフィール

  •  
すずめ四季さん: すずめ四季
ハンドル名すずめ四季 さん
ブログタイトルすずめ四季
ブログURLhttp://suzumeshiki.blog.fc2.com/
サイト紹介文すずめや 野鳥の四季を写真で綴ります
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供315回 / 365日(平均6.0回/週) - 参加 2015/10/18 10:06

すずめ四季 さんのブログ記事

  • 足長すずめ
  • どうして、こんなに高いところから餌をあげるのでしょう? 気道が詰まらないようにヒナちゃんに上を向かせて、喉の奥の食道に入れるためです。ヒナちゃんが飲み込むのに慣れてくると、親すずめも様子を見ながら段々低くなります^^ すずめの足は、こんなに長いんですね!  [続きを読む]
  • 二番子 ②
  • すずめ全員総出で、数がすごくなっていた群れも、今週は独身すずめと子すずめばかり。すずめの学校ですね! 一番子は群れに任せ、親たちは二番子の産卵、子育てに入りました。早いカップルは、巣立ちした二番子を連れて餌探し。木の枝から、シリシリと餌をねだるヒナちゃんの声が響きます^^  [続きを読む]
  • 割り込み
  • 後ろのすずめ、手すりの端の方から怖々、勇気を振り絞ってやってきました。もうあと数センチ! そこからが踏み出せません。緊張でカチカチです!すると、あとに並んで痺れを切らしたすずめが、ひょいと飛んできてパクリ! ・・・後ろのすずめは固まったまま。急いで次のビスケットを出しましたが、まだ固まったまま。やがて、自分には無理だと思ったのか、諦めてピョンピョンと行ってしまいました^^;  [続きを読む]
  • お休み母さん
  • お腹に抱卵斑の跡がありますね。卵を抱くのは交代ですが、主にお母さんが抱き、お父さんは外で巣を守ります。体温が卵に良く伝わるように、お母さんのお腹の羽は抜けて、肌で直に暖めます。すずめの体温は42度くらいで、かなり温かめ。一番子を育て上げたお母さん、しばしのお休みです。次の産卵までにしっかりと栄養を取って、体力も回復させて^^ 群れは、子育て一段落の親たちが戻り、ヒナちゃん、子すずめが加わり、いくら [続きを読む]
  • 緑濃く
  • この季節、木にいるすずめは中々見つけられません。葉も生い茂り、緑も濃くなり、すずめはその陰にしっかり隠れているのです。考えてみれば、ヒナちゃんたちも天敵から緑にしっかり守られているのですね! [続きを読む]
  • すずめお眠
  • 木の枝を枕に。心地良さそうに眠っているように見えますが・・・  実は、せわしく嘴のお掃除中です^^  鳥類は、よく嘴の掃除をしています。すずめも、粉っぽいものや粘っこいものが嘴に付いたままのなのは我慢ができないらしく、ガシガシとあちこちに擦り付けて取ろうとします。嘴に神経は通ってないと思いますが、目で見て異物を見付けるのか、食べたあとはお掃除が習慣になっているのか分かりません。もしかたら猫の爪研ぎの [続きを読む]
  • 手渡しビスケット
  • すずめに餌をあげるとき、気をつけているのが鳩です。一羽、二羽ならすずめにとって何てことはありませんが、すぐに大勢やってきてすずめを跳ね飛ばすのです。また、公園近所からも鳩のクレームが公園に寄せられ、鳩に餌をあげる人は注意を受けたり、皆の冷たい視線を浴びたりします。あまりクレームが多くなると、すずめも含んで「鳥」の餌やり禁止になってしまうかもしれません。東京都には禁止の条例はなく、「野生動物への餌付 [続きを読む]
  • 遅れ一番子
  • すずめのいる公園では、一番子たちはほとんど子すずめになっていました。群れの中では我が物に振る舞い、大人を牽制して餌にまっしぐら。大人は子すずめとは争わずに譲りますが、もうじきピシリと指導を受けます。ようやく見付けたヒナちゃんです^^ [続きを読む]
  • すずめ療養中 ②
  • 手術を無事終えて、3週目に入りました。回復は順調で、リハビリで院内を歩き回っております。退院は心機能が万全か確認されてからとなりますが、本人は至って元気なので、早くすずめに、ヒナに会いたいともどかしく思います^^ここは焦らず、きっちりと仕上げるべきところなのでしょう。たくさんのお見舞いや、励ましのお言葉を、どうもありがとうございます。お一つ、お一つが心に染みて、回復に向けての大きな力になります!皆 [続きを読む]
  • ただいま!
  • 手術は無事すみました^^たくさんのお見舞いメッセージ、どうもありがとうございます!一つ一つが心に染み入ります。皆さまのお気持ちに、大いに勇気付けられています!とりあえず、無事で健康なことのご報告です^^ [続きを読む]
  • 皆さん、ご注意ください!
  • 何だか近ごろ胸に圧迫感が…、痛くはないし、その内におさまってしまいます。胸の何処というわけでもなく、心臓なのか肺なのか、ただの胸焼けなのか。深呼吸して違和感もなく、動悸や息切れもなく、痛くはないけれども何とも嫌な感じもう一つのです。気分までが落ち込んでしまい、夢も希望も失せたようにげっそり。もしかしたら、鬱病になってしまったのかも知れない。そんな状態が数十分続き、治ればケロリとしてしまいます。そん [続きを読む]