すずめ四季 さん プロフィール

  •  
すずめ四季さん: すずめ四季
ハンドル名すずめ四季 さん
ブログタイトルすずめ四季
ブログURLhttp://suzumeshiki.blog.fc2.com/
サイト紹介文すずめや 野鳥の四季を写真で綴ります
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供311回 / 365日(平均6.0回/週) - 参加 2015/10/18 10:06

すずめ四季 さんのブログ記事

  • 皆さん、ご注意ください!
  • 何だか近ごろ胸に圧迫感が…、痛くはないし、その内におさまってしまいます。胸の何処というわけでもなく、心臓なのか肺なのか、ただの胸焼けなのか。深呼吸して違和感もなく、動悸や息切れもなく、痛くはないけれども何とも嫌な感じもう一つのです。気分までが落ち込んでしまい、夢も希望も失せたようにげっそり。もしかしたら、鬱病になってしまったのかも知れない。そんな状態が数十分続き、治ればケロリとしてしまいます。そん [続きを読む]
  • 今年の一番子たち ①
  • 声はすれでも、木の中に隠れて中々姿の見えなかった一番子。もうずいぶんと大きくなっていました。セプトくんなら親離れさせられて、自分で餌を探していたころ^^ まだ群れがまばらで、十分に警戒できないので地面に下ろさないのでしょう。初めて子育てをする親も多く、一番子は大切に大切に育てられます。ここまで、親の取ってきた何千匹もの虫で大きくなりました。 [続きを読む]
  • 今年の一番子
  • 街のすずめは住宅難。巣をかけられる場所は大変な競争率です! 巣に適した場所とは、外敵に襲われないこと。あとは、多少の不便は我慢しているようです。蛇や猫に狙われないように、高く、上りにくいこと。カラスや猛禽が入って来られないように、入り口が狭く奥行きのあること。昔ながらの瓦屋根は理想的でした。今の瓦屋根は通気の隙間がなく、すずめは潜り込むことができません。替わって、換気扇や通風穴に目をつけられました [続きを読む]
  • 新緑すずめ ③
  • 季節は春を過ぎて、もう初夏の装いですね!風が吹くと若葉がこすれて、サワサワ、サワと、柔らかな音を立てます。もう少し強く吹くと、木の全身から、サワザワサワ、シャラシャラ、シャワザワシャワ今だけの、新緑が奏でる軽やかな声。公園にはたくさんの種類の桜が植えられており、風に吹かれて葉の香りが仄かに伝わってきます。こちらも、今だけの香り。やがて葉の色が濃く、固くなると香りはなくなります。木々が薫る季節、薫風 [続きを読む]
  • ひよの休憩
  • 今日のお昼すぎ、ベランダから外を見ていると、6、7羽の鳥の群れが川伝いに北からやってきて、すずめのいる公園の木に止まりました。何の鳥なのか、距離がかなりあるので肉眼では分かりません。鳥を見分けるとき、まずは大きさからで、ものさし鳥という基準になる鳥があります。スズメ、ムクドリ、キジバト、ハシブトガラス。飛んでいたシルエットからすると、すずめより大きく、キジバトより小さく、ムクドリぐらいでした。ただ [続きを読む]
  • すずめ 男はつらいよ 【動画】
  • プロポーズ中の雄すずめが、いきなり襲われました。別の雄が横から入ってきて、プロポーズしていたすずめに噛み付いてブルンブルン振り回します。まったく雄同士の喧嘩と来たら・・・、と思ったら違いました! すずめは元々2羽で、今も2羽。と言うことは? 急いで動画を撮って、再生してみると、噛み付かれているのは、確かにプロポーズしていたすずめ。噛み付いているのは、プロポーズされていた雌です^^; 雄は、一切反撃せ [続きを読む]
  • すずめマンション齧る住民
  • こちら、すずめマンションの中層階です。防犯カメラが、マンション鉄骨の蕾を住民が齧っているところを捉えました! 芽の出ていない赤い蕾が好みのようです^^ 冬の間でしたらいざ知らず、草の実もたくさんあるこの時期でも、あんな小さな芽を齧るとは、よほどすずめの嗜好に合うのでしょう。春までに屋上の芽はほとんど食べ尽くされてしまったのですが、ニシキギも伊達に20数年もここで暮らしていたわけではありません。すずめ [続きを読む]
  • すずめ八重桜
  • 桜のトリ、八重桜が散ります。径は、目に鮮やかなピンクの絨毯です。ソメイヨシノの、淡く桃色を少しだけ染めた花も可憐ですが、八重桜の、桃色というよりピンクの華やかさに惹かれます。以前は、八重桜が派も一緒に出てしまうのが残念なように思っていたのが、葉があってこその八重桜だと悟りました。その葉も、始めは紅葉したように紅いのが、段々と緑を帯びて大きくなり、やがて黄緑色に厚くなっていきます。花もぽつぽつと咲い [続きを読む]
  • すずめマンション問題
  • 少し遡って、桜が満開のころのすずめマンションの屋上です。お隣りではユキヤナギの花はすでに盛りを終えて散り、新緑の葉がぐんぐん伸びていました。公園では、少し前は枯れ木のようであったどの木にも花が咲き、葉が生い茂り、すっかり春の様相です。ところが、すずめマンションのニシキギは、ご覧のありさま。まるで、公園のこの一角だけ春に取り残されたようです。よく見てみると、新芽がほとんど齧られていました。マンション [続きを読む]