青空心愛 さん プロフィール

  •  
青空心愛さん: 上を向いて歩こう
ハンドル名青空心愛 さん
ブログタイトル上を向いて歩こう
ブログURLhttp://ueomuite330.blog.fc2.com/
サイト紹介文花より男子二次小説を書いてます。類つくしです。宜しくお願い致します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供93回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2015/10/18 12:23

青空心愛 さんのブログ記事

  • お問合せありがとうございます
  • こんにちわ 青空心愛です。 気が付けば… 六月も後半になってました。げーーーっとかなり焦ってます。… あまりにも私生活がごたついておりまして… もう ずっとなんですがね。 本当にごめんなさい。殆ど、モチベーションが維持出来なくて いつになったらとカレンダーとにらめっこしつつも来月の後半は夏休み、一回忌、初盆… 嫁は頑張らなければ 今回は、こちらの都合でpassword変更させて頂いた事で大変ご迷惑をお掛け [続きを読む]
  • あたしの王子様 其の四十三
  • 「類…あのね…」「何? 牧野」つくしはそろそろ本題に入りたかった。いつまで此処には居られない。母親の事が気になり始めたのだ。迎えに来てもらわないと帰れない。きっと心配している筈、だいだいなんであたしあんな大きな病院に居たの?其処から可笑しいのよね…「…そろそろ帰りたいんだけど?」「なんで?」「なっなんでって・…そりゃあ 普通家に帰りません?」そう言えば、朝 花沢類とママ何話してたんだろう?あたし何 [続きを読む]
  • 変更のお知らせです。
  • 上を向いて歩こうに足をお運び頂きまして、本当にありがとうございます。 現在 passを掛けている箇所についての事ですが、大変申し訳ないのですが本日より変更させて頂きます。 現在 公開中の永遠の愛の元へは すべてpass制とさせて頂く事になりました。申し訳ありません 今 現在とはあまり変更はないですが、すべて読んで頂ければ分かる内容になってるかとは思われます。宜しくお願い致します。… もし やはり難しいーと [続きを読む]
  • あたしの王子様 其の四十二
  • 類はそのままつくしのいるベットに腰を降ろしたまま何度も布団で隠れている足を愛おしく思いながらも撫でだす。「ねえ、牧野 歩きたいと思わないの? これからの人生をもっと自分の足で踏んでみたいと…」「えっ? そりゃあ…歩きたい気持ちはありますよ、でも あの事故以来あたしは歩けなくなりました。…何度かリハビリにも挑戦しましたよ、これでも…」…怖かった…再び 悪夢が蘇るのだ。必ずリハビリをした夜は。自分にム [続きを読む]
  • サウダージ  星香様
  • 『サウダージ』司との結婚を直前に控えたある日。つくしが殺された。類の手によって。日本屈指の大企業婚約者の殺害。その犯人は、親友であり同じく企業跡取りとあって、連日マスコミが面白可笑しく騒ぎ立てる。目下、犯人とされる類は取り立てて騒ぐ様子もなく、自らの犯行について肯定はするものの、その動機などについては固く口を閉ざしているという。信じられなかった。何故、つくしが殺された?何故、類がつくしを手に掛けた [続きを読む]
  • 母の願い
  • ご注意ください 今回はいつもの花沢familyとは異なります。朝 つくしは今か今かと二階から降りて来る人物を待ち続けつつも、学校に行かせる為の準備に追われていた。テレビを見ながらも、今日の運勢が気になるのか、子供達は釘居るように見ている。「やったー 今日はいて座は最高だー、 えーと おねーちゃんはと…」朝食の後片付けをしているが、一向に二階から降りて来ないのに段々イライラが募る。そんな様子をさっきから黙 [続きを読む]
  • 雨音はショパンの調べ  星香様
  • 『雨音はショパンの調べ』雨は嫌いだった。昔、司に別れを告げたのは、どしゃ降りの雨の中。その後、別れを告げられたのは、涙のような五月雨の中。打ち付けるような雨の音も、肌にまとわりつく湿気を含んだ空気も、嫌い。それを知ってか知らずか、雨の日になると類がつくしを誘う。「この前散歩で見つけた店、牧野が好きそうなケーキがあった」等の、大抵は食べ物がらみ。餌に釣られる訳ではない……のだが、類の誘い方があまりに [続きを読む]
  • サウダージ 〜総二郎ver 凪子様
  • 『サウダージ』〜総二郎ver.* あれは幻......? いや、彼女は確かに 俺の胸の中に焼き付いて離れない。 だから今も、探し続けているんだ。 君の影を... * 再会したのは、俺が大学3年の冬―――― 司はN.Y. へ… 類とあきらは皆、跡取りの決められた道をそれぞれ歩み始めていたあの頃。 俺はといえば、ただ一人... 大学では、 たまに会う牧野の、愚痴の聞き役をしながら 一方で、いよいよ目前に迫った 『西門』の後継者としての重 [続きを読む]
  • サウダージ 〜優紀ver 凪子様
  • 『サウダージ』〜優紀ver.* 「…優紀...ちゃん...?」 「じゃ、私はこれで...」 見たこともない妖艶な"笑み"を浮かべて... 呆気にとられた総二郎を一人残したまま、 優紀は颯爽と、部屋を去って行く。 ― そう、これでいい... せめて最後は貴方の心に残る、最高の"笑顔"で... もう、後ろは振り向かない。 そう決めた途端 凛として前を見つめ、歩を進めながらも... 静かに 頬を暖かいものが伝っていた... 〜サウダージ 〜 ポルトガ [続きを読む]
  • せいせいするほど愛して…
  • 明日の日の為に、念入りにお菓子作りに励むつくしと優紀。お互いの頬にはチョコが付いている…時折、つまみ食いは忘れないのがこのお菓子作りのルール?「…珍しいわね つくしからチョコ作りたいて言ってくるなんて… あんなのはお菓子メーカの儲けだけ?て散々言ってなかった今までは」箱に作ったチョコを入れながらも、優紀は今までのつくしのして来た事とは全く違う行動に驚きを隠せないまま、また優紀も今年は特別な意味で渡 [続きを読む]