SPway さん プロフィール

  •  
SPwayさん: 今マーケットで何が起こっているのか!?
ハンドル名SPway さん
ブログタイトル今マーケットで何が起こっているのか!?
ブログURLhttps://ameblo.jp/spway6/
サイト紹介文日々マーケットの解説、ファンダメンタルズを求める人への情報発信ブログです。時事解説裏読みも掲載。
自由文世の中何が起きているのかを、なるべくわかりやすく語る広場です。単なる時事解説や用語解説ではなく、知っておいた方がいいという内容を、身近な話題に置き換えて語っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供313回 / 365日(平均6.0回/週) - 参加 2015/10/21 19:24

SPway さんのブログ記事

  • スティーブン・バノン氏解任
  • スティーブン・バノン氏の突然の解任報道でマーケットは揺れました。マーケットは、バノン解任でドル買いが大きく進みました。 東京市場からロンドン市場、NY市場へとずっと円が買われ、とうとうドル/円で109円を割れる水準にまで円高が進んだときの、バノン氏解任報道でした。 一気にドル高(円安)に転換し、ドル/円は109.50円まで値を戻しました。 そのときはまだ噂というレベルでしたが、マーケットは敏感に反応しました。 [続きを読む]
  • ドル安円高が加速しそうな環境ですよ...
  • 17日午後5時(日本時間18日午前0時)ごろ、バルセロナで車が群衆に突っ込み、少なくとも13人が死亡、約100人が負傷したというニュースが飛び込んできました。過激派組織「イスラム国」(IS)が犯行声明を出したようで、警察当局はテロとして容疑者2人を拘束しました。 数時間後には別の都市、カンブリスでも銃撃戦が起き、警察は関連を視野に捜査を続けたと報じています。 米トランプ大統領は、先週末シャーロッツビルに集 [続きを読む]
  • ドル安となっています。2025年問題はかなり深刻です...
  • ドル売りとなっていますね。ドルが売られる理由は幾らでもありそうです。 インフレが想定ほど進んでいない、それをやはりFOMCでも取り上げられていて、それが年内一回あるであろう利上げタイミングに影響を及ぼすのではとの観測から10年債利回りが低下(国債が買われた)したことでドルが売られているということです。 金利が上がらないことは株式市場にとってはフォローとなり、ドル売りにも拘らず、NY株式市場は小幅ながら上昇 [続きを読む]
  • 地政学的リスクの矛先はどうやら米国、もう少し「老後」を取り上げます...
  • 「地政学的リスク」という言葉が踊っています。 昨日は、実際に戦争が始まることはないと書きましたが、それは多くの方が認識していて入るのですが、テールリスクとは思いながらも「万が一」のことを意識せざるを得ないという感じです。 その「万が一」の矛先は、北朝鮮ではなく、どうやらアメリカ側に向いているようです。トランプ大統領の過激な発言です。 ブルーンバーグ電子版の報道記事は以下のとおりです。   トランプ米 [続きを読む]
  • 地政学的リスクも落ち着くか、引き続き「老後」のおはなし...
  • 地政学的リスクによる株価下落、ドル売り円高、金貨価格上昇、ビットコイン価格上昇、VIX指数上昇という状況でした。 時間経過とともに、徐々にこのポジションが緩んできたのか、今日は日経平均株価は小幅高でスタート、ドル/円も110円を超えて推移しています。 北朝鮮がミサイルを発射する確率、アメリカが北朝鮮に先制攻撃を仕掛ける確率はきわめて小さく、実際に戦争はありえないということは、冷静に考えれば理解できるしょ [続きを読む]
  • 地政学的リスクふたたび、昨日に引き続き「老後」のおはなし...
  • 地政学的リスクがにわかに意識されました。 トレーダーが長期休暇に入っている最中での地政学的リスクゆえ、マーケットは大きく反応しました。 ずっと高騰を続けていたNYダウは下落しました。なによりドルが大きく売られ、VIX指数(恐怖指数)が上昇しました。 VIX指数は「10」を割れていたのが超えてくる動きとなりました。 北朝鮮がミサイルに搭載可能な小型核弾道を開発した報道を受け、マーケットは地政学的リスクを意識した [続きを読む]
  • 第四次革命社会を生き抜くには、変化に対応できることが重要...
  • 今日発行の情報誌は  ・為替市場の動向  ・日銀の金融政策の問題  ・積水ハウス地面師詐欺の検証  ・プロ為替ディーラーのインタビュー記事となっています。 1ヶ月は無料で購読できます。お試しください → コチラ 第四次革命で社会はどう変わるかで、幸せの定義も変わるとか、貨幣価値が変わるとか、いろいろ言われていますが、便利になることは間違いないですが、人とのかかわり方が疎遠になるのかが問題だと言う人 [続きを読む]
  • 米雇用統計は強くドルが買い戻されましたが...
  • 米雇用統計は、非農業部門雇用者数は市場予想を大きく上回り、失業率や平均賃金は予想通りとなりました。 労働参加率が上がった中での失業率が予想通りということからも、労働市場は堅調であるといえるのでしょう。 マーケットはFRB利上げを意識する動きとなり、為替市場ではドルが買われましたが、ドル売りの勢いが強い中での強い雇用統計だっただけに上値は思ったほど伸びず、ドル/円では111円が大きな重石となっているようで [続きを読む]
  • マーケットは内閣改造よりも円高のほうが...
  • 昨日は内閣改造がありました。サプライズといえるかどうか、河野太郎外務大臣と野田聖子総務大臣は注目されました。 野田聖子氏に関しては前から話はあり、五輪担当相だったのが本人の意向で総務大臣になったと報じられています。 河野太郎氏は正に寝耳に水だったようで、そちらも一般国民にとってサプライズだったかどうかはわかりませんが、政治玄人には驚きだったようです。 それよりも、小泉進次郎氏が23人の副幹事長筆頭に [続きを読む]
  • NYダウ過去最高値更新...
  • 2日の米株式市場は全般的に軟調な展開でしたが、アップルがけん引する形で主要指数は上昇し、NYダウは初めて2万2000ドルを突破しました。過去最高値を更新しました。 ナスダックも上昇、S&P500も小幅に上げて終了しました。 アップルが上昇したのは、売上高予想を受けて楽観が広がったことのようです。 シカゴ・オプション取引所(CBOE)ボラティリティー指数(VIX)は10.3に上昇しました。 日経CNBCでもお馴染みの岡崎良介氏 [続きを読む]
  • 金価格から見たマーケット...
  • 本日は金価格の値動きからマーケットを見てみます。 かつては「有事の金」と言われましたが、無国籍通貨という側面もあり、やはり株式市場が暴落したときには人気となる金市場です。 一般的ではありますが、投資家ムードがリスク・オフに傾いたときには、金価格は上がりやすいです。 そして週明け8月1日のNY市場の金価格ですが、反発となりました。 金専門家の解説内容を見てみますと「米国内外での政治リスクの高まりで金への [続きを読む]
  • 波乱の8月相場になるかも...
  • ドル/円は110円を割り込む手前、110.001円で踏みとどまり、110.20円で推移してます。円高と言うよりもドル安です。世界的にドルが売られている状況です。 ユーロ/ドルは1.18ドル台で、専門家の間では1.20ドルになるのではとささやかれています。 量的緩和見直し観測が強く、来年にも利上げをするだろうと予想されているECBと、経済指標の弱さで、インフレが思うように進んでいないために利上げスケジュールを見直すであろうと予 [続きを読む]
  • 日本企業想定レートは108.40円ぐらいですか/籠池夫妻逮捕されましたね...
  • ドル/円110.311円が安値、110.774円が高値、足元では110.50円台。 円高円安は、前日に比べてどうかを言いますので、今の水準が円が高いのか安いのかとは表現が異なるようです。 日本企業は108..40が為替想定レートですから、そこから見ると十分に円安と言えます。 111〜112円は円が売られすぎなのでしょうかね。それともその水準になると、アメリカが黙っていないのでしょうかね。 おそらくアメリカ側からすれば110円を超えると [続きを読む]
  • ユーロが強い為替市場
  • 明日発行の情報誌「ら・ぽ〜るマガジン」の経済マーケット考察の一部です・・・ ドルはユーロに左右されやすい動きとなっています。つまりユーロが買われたのでドルが売られたようです。どうやら8月は、ユーロが為替市場の中心になりそうです。ECBドラギ総裁の、金融緩和政策見直しをイメージさせる発言からユーロ買い圧力が強まっています。8月のポイントは、月末の経済政策シンポジウム、いわゆるジャクソンホール会議にありま [続きを読む]
  • ドル安ですね...
  • 米連邦準備理事会(FRB)は26日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で金融政策の現状維持を決め、追加利上げを見送りました。 FOMC後に公表した声明では、量的緩和で買い入れた保有資産の圧縮について「比較的早く開始する」として、9月の次回会合で資産縮小を正式に決める可能性が強まりました。 6月の前回会合時の声明文は「年内に着手する」としていたものが、今回はさらに一歩踏み込んで、「経済が想定通り改善すれば、比較的早 [続きを読む]
  • 思いがちっちゃいと「億」は稼げないよね...
  • モチベーションが大事、イメージが大事と言われますが、いまいち具体的に理解していませんでした。 なんとなくですがわかるような気がしてきました。 目の前の数千円が大事なとき、それを手にすることばかり気にして、なんらかの形で手にしたときにそれで満足してしまう自分がいました。 そうするとそれ以上のお金は転がってはこない、その時点で満足しているからです。 日ごろ、数千円、数万円の生活をしていると、何千万円、何 [続きを読む]
  • 日米両マーケットとも、政治不安の影響は限定的かも...
  • 国会では、昨日と今日とで閉会中審議が行われています。これで全てがすっきりするとは思えませんが、答弁を中継することで、国民がどう判断するのか、そこが重要なのでしょう。 政治アナリストやコメンテーターの感想は想像がつきますし、当然与党野党、それぞれの立場でのコメントも想像がつきます。 何も解明しないまま、粛々と、加計学園設立計画は進むのでしょう。 安倍政権支持率低下で自公政権が崩れることはなく、都議選 [続きを読む]
  • 講演での質疑応答時間に自説をとうとうと演説するのはやめてほしい...
  • 講演で、最後に質疑応答の時間があります。 その際、とうとうと自説を述べる人がいます。自分のことを解説して質問する人もいますが、その解説と質問内容が全然リンクしていないこともあります。一般の講演では、質問時間は少なくなっていることが多いです。 より多くの方の質問を受けられるように、司会者も配慮すべきで、このような人の発言を許さないで欲しいです。どうも高齢者にこういうかた多いように思えます。なんなので [続きを読む]
  • 楽天投資セミナーに行ってきました...
  • 昨日、楽天証券18周年投資セミナー(国技館)に行ってきました。 最初の登壇が竹中平蔵氏でしたが、政治の話題で、加計学園問題で大事な議論がなされていないと野党を批判、国家戦略特区の重要性を訴えていました。 それはそれでわからなくはないですが、加計学園問題も重要で、安部総理はもっときっちりと対応していればこんな時間が掛かる必要もなかったわけで、議論のすり替えにも思えます。 国会をこんな話題で占拠して欲し [続きを読む]