ccccccccat さん プロフィール

  •  
ccccccccatさん: サイケデリック・奇譚
ハンドル名ccccccccat さん
ブログタイトルサイケデリック・奇譚
ブログURLhttp://kmpjt1.blog.jp/
サイト紹介文何故、人は非日常に魅かれるのか。本当にあったオカルト・事件・ミステリー。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供2047回 / 365日(平均39.3回/週) - 参加 2015/10/20 15:45

ccccccccat さんのブログ記事

  • 2
  • 52 :名も無き被検体774号+:2013/04/30(火) 01:11:25.80 ID:H74f5dFw0A男「よう・・・」 俺「ああ・・・」 A男「昨日、体調悪くて休んだんだけどさ・・・」 俺「うん」 A男「あれから二日続けて見るんだ・・・C菜の夢を」 俺「え?A男もか・・・?」 A男「え、じゃあお前も?」 俺「ああ」 A男「・・・・・・」 どうすれば良いのか、俺達は頭を抱えた。 54 :名も無き被検体774号+:2013/04/30(火) 01:12:15.11 ID:H74f5dFw0俺「C [続きを読む]
  • コトリ
  • 【閲覧注意】死ぬほど洒落にならない怖い話をあつめてみない?475 :1 :03/09/13 01:58 「コトリ」って知ってますか? 「コトリ」とは「子取り」と書き、小さいころに親などから聞いたことがある人がいると思います 「コトリ」はその昔、幼児を誘拐してサーカスなどに売っていた人のことです 最近はめっきりこの言葉を聞きませんね もう「コトリ」自体がいない、または最初から存在していなかったのかと僕は思っていました そん [続きを読む]
  • 中途半端な隙間の向こう側
  • http://curry.2ch.net/test/read.cgi/occult/1019891278/182 :雨虎:02/05/06 23:47子供のころ、友達と二人で茶の間で遊んでいたら、ふすまがひとりでに開いたことがあった。 不思議に思ってふすまの向こう側の部屋をのぞいて見たが誰もいない。 さらに不思議なことは、ふすまが開いたことに友達は気づいていなかった。 アレはいったいなんだったんだろう・・・。 それと台所の水道から勝手に水が怒涛のように出始めたことがあっ [続きを読む]
  • 逆さづりが来る
  • http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1208952712/477 :本当にあった怖い名無し:2008/05/14(水) 22:54:08 ID:0CAI4x1kO二か月前まで働いていた病院での体験。 足を折った幼い女の子が入院してて、その子がある病室の前を通るとすごく怯えるんですね。早く行こうよ、って。 気になって聞いてみても何にも言わないし放っておいたんですけど、あるときその子が真夜中にナースコールを押して来て、 「さかさづりが来る!さか [続きを読む]
  • サナトリウム
  • 死ぬ程洒落にならない怖い話をあつめてみない?584 :サナトリウム1 : 2008/08/02(土) 03:14:08 ID:TmKiEHv40 まあこの話は何年か前の夏休みに外国の友達のAの所に遊びに行った時の話 多分話の始まりは『日本のお化け屋敷』だったと思う Aはジェイソンとかドラキュラみたいな『パニックホラー』が好みで、日本のホラーハウスは静かでつまらなさそうって話から 日本では廃墟とか心霊スポットとかに行って、そういう空気を楽しむん [続きを読む]
  • あまりにも異常な家は教祖の家になった
  • http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/doujin/1350094454/61 : 恐い:2012/10/16(火) 22:12:02.44 ID:Hc0LlZCb0 本物なのかトリックなのか判断がつかないが。 まだアナログ原稿が主流だった時代、 ミケ原稿で修羅場中の元友人宅にトーン貼りやベタのアシスタントに行った。 その時の元友人宅が異常だった。 元友人宅は普通の一戸建てで、 リビングが一階の天井の部分をブチ抜いて、吹き抜けの天井になってたんだけどリビングの天 [続きを読む]
  • 百物語「Grandmom's Cake」
  • http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1471687321/32 :るしふぁー ◆CS/orwC/9AZj @\(^o^)/:2016/08/20(土) 20:08:55.31 ID:UEO0zg090.net第九話】イカ飯 ◆vIgpPwx7VpOe 様 『Grandmom's Cake』 ここゴールドコーストのクリスマスは真夏。 それぞれの家庭に伝わるクリスマス・ケーキがあり、その年のクリスマスに翌年分の生地を焼き、一年かけてブランデーを浸み込ませて作っていきます。 生地の中にドライフルーツと胡 [続きを読む]
  • 妖怪と友達に
  • http://curry.2ch.net/test/read.cgi/occult/1019891278/499 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/25 00:28昔にも書いたけど・・・・ 小学1年のゴールデンウィークに家族と潮干狩りに出かけた。 貝を掘る事になんの楽しみも見いだせなかったから少し離れた所で砂遊びや波打ち際で足をばしゃばしゃさせたりして時間を潰してた。 そん時にボールが砂に埋まって半分顔出しているのを見つけて俺は掘り返した。 そしたらその [続きを読む]
  • 時間が止まったシリーズ
  • http://2ch.nvxi.jp/r8/logs/1295172583.html#308831 名前:本当にあった怖い名無し :2011/03/03(木) 20:46:38.51 ID:3Dm1JObZ0兄の話。 東京に用があって、とりあえず上野まで行こうと電車に乗った。 1時間以上かかるので座れたし、さて本でも読もうかと思っていたら、 乗った電車のドアがなかなか閉まらない。 快速通過待ちかなんかだろうと思っていたが、何のアナウンスもない。 ん? と思って顔を上げると、そこが上野駅だっ [続きを読む]
  • 知人Uの体験談
  • 死ぬ程洒落にならない怖い話をあつめてみない? 605 名前:ガッツ☆いちもつ 投稿日:03/03/06 00:30私の知人Uの体験談を書かせて頂きます。 夏、Uは友人4人と川魚を釣るため、渓谷のコテージに泊まる事になった。 コテージに到着し、管理所でコテージの鍵と調理器具一式を借りていると、管理所のオヤジが、話し掛けてきた。 「あんたら、釣りしに来たのかい?それとも、怪談話かい?」 U達は、「怪談話?」と思いながら、こ [続きを読む]
  • 侵入者
  • http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1350817711/50 :ちょんぼ:2012/10/24(水) 22:48:56.88 ID:1lhPDb/30いま現在進行形の話。 つい2ヶ月前に新居へ越して来たんだが、そこで不思議な体験をするようになった。 玄関と居間がドアで隔てられているんだけど、そのドアにはおおきな擦りガラスが。 ちょうど成人男性の身長くらいの高さまでガラスになっている。 新居に越してきてしばらくして、夜中にいきなりものすごい物音で [続きを読む]
  • 地面に浮かぶ白い顔
  • http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1051619681/175 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/04 09:02子供のころ、時々遊びに行っていた神社があった。 自宅から1キロほどの山のふもとにある、小さな神社だった。 神社は大抵ひとけがなく、実に静かだった。 神社の横が小さな林になっていたのだが、その林の木のつるが上手い具合にたれ下がっていて、ブランコみたいになってるところがあった。木のつるだからゆれる [続きを読む]
  • ぐにゃぐにゃおばさん
  • 死ぬ程洒落にならない怖い話をあつめてみない?144 :本当にあった怖い名無し : 2006/11/24(金) 02:45:45 ID:BuDZE9RqO 大無間から光へ。これが一発でわかる奴は山が好き。 けど、行った事のある奴は少し変態かな。このルートはそんな所だ。 これは2001年夏。その山行の終盤、加々森から光へ抜ける時の話。 加々森は陰欝なピークだ。見晴らしがきかず、暗く寂しいから、留まるような場所じゃない。 友人と二人で来てみたもの [続きを読む]
  • 拾った携帯の持ち主
  • 死ぬほど洒落にならない怖い話をあつめてみない?299 :本当にあった怖い名無し:2005/08/01(月) 01:19:58 ID:kDYpNwhu0 「その携帯・・・ザァー・・・どこ・・・ザァ・・・僕は・・ザァ・・・ザァー・・・にいる。」 その一言が恐怖の始まりだった。 私は川原の道端で携帯を拾った。 持ち主を調べようと思い、 携帯の中身を見る。 その携帯の中には、 画像、音楽、時計などの機能が全くついていない。 不思議に思いつつも、登録されている人物欄を見 [続きを読む]
  • 紅殻って知ってますか? 4
  • 317 名前: 1 投稿日: 2000/08/24(木) 12:51208の書き込みをみて、じつはわたしはびっくりしました。フィクションめかして書いているけれど、このひとも「赤蛙」のことを知ってるのではないかと思ったからです。  某中将は、皇居・大本営を松代に移転し、そこで本土決戦を迎えることを計画していました。「赤蛙」の軍団は、戦車に対して白兵戦で応じられる、無敵の兵団となる予定でした。 しかし、そうはならなかった。「 [続きを読む]
  • 紅殻って知ってますか? 3
  • 207 名前: 1 投稿日: 2000/08/22(火) 17:26 Cさんの話(続き)  2つの不審な遺体は、警察に運ばれ司法解剖された。当時(今も?)県には監察医がいなかったので、解剖は大学の法医学教室で行われた。遺体は2つとも男性で、甲は30代〜40代、乙はかなりの高齢者。死因は二人とも薬物中毒による肝臓壊死で、血液中から大量の水銀が見つかった。甲乙ともに栄養状態は極めて劣悪で、胃の中はほとんど空という状態だった。 [続きを読む]
  • 紅殻って知ってますか? 2
  • 147 名前: 1 投稿日: 2000/08/21(月) 10:18長らく留守にしてすみませんでした。夕べ軽井沢&諏訪からもどりました。いろんな人(前述の先輩に紹介してもらいました)から話を聞いたりして、かなり真相に近づけたと思っています。書き始めると膨大な量になると思います。仕事のメイルが大量に溜まっているので、そちらの処理をしなければなりません。とりあえず、長時間落とさずに、このスレッドを見守っていてくれた皆さんにお [続きを読む]
  • 紅殻って知ってますか? 1
  • http://piza.2ch.net/occult/kako/965/965893742.html1 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/08/10(木) 16:49諏訪の出身です。 小学校入学前(20数年前)、明け方物音で目が覚めて表を見ると、物置(というか倉)の周りを大人の男の人が何人も取り巻いていました。その後ろに白いワゴン車が止まっていて、わたしはなにか事故でもあって救急車でも来たのかと思い、じっと見ていました。  暫くして物置の戸が開いて、父と叔父さん [続きを読む]
  • Uトンネルにて
  • http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1350817711/74 :本当にあった怖い名無し:2012/10/25(木) 11:57:32.19 ID:2jEETPmL0くねくねで有名な県に住んでんだけど、そこのUトンネルであった事。 夜中に車でUトンネルを通った時、『コンコン』って運転席側のドアをノックされた。 何とはなしにチラ見すると、何かが車の横を通り過ぎたの。後ろから前へ。 でも前見たときには、なんの姿も確認できなかったから気のせいだと思った [続きを読む]
  • ブーム
  • http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1350817711/70 :本当にあった怖い名無し:2012/10/25(木) 08:25:15.25 ID:bA40+LsX0霊的な話とかじゃないんだけど。 この間都内の御徒町辺りの飲み屋で知り合いと飲んでいたんだけどさ。 そしたら自然と最近のアニメやマンガの話になって、飲み相手と「魔法少女まどか☆マギカ」の話振られたんだよ。 正直俺は、第一話だけ見て「何が面白んだか解らない。続編は見てない」って言ったの [続きを読む]
  • 薄い円盤が浮かぶ
  • http://curry.2ch.net/test/read.cgi/occult/1019891278/ 817 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/06 02:288つくらいのときの話です。 家の増築をするため、部屋の壁を壊して、青いビニールシートを 張っていました。 夜中目が覚めると、なんだか直径20センチくらいの青い光が シートの前に浮かんでいます。 起きて、近くに寄って真上から見ると、シートと3センチくらい 間を隔てて、紙のように薄い円盤が浮か [続きを読む]
  • 老看護婦の予言
  • http://2ch.nvxi.jp/r8/logs/1295172583.html#308706 名前:その1 :2011/02/27(日) 04:09:24.26 ID:6fN6MQ7a0叔母が癌で入院した祖父(叔母の父)の介護の為に通院してた頃、昭和の昔の話。 祖父の病院は実家から少し遠い田舎の古い市立病院で、先の短い年寄りが多く入院していた。 まるで姥捨て山的な趣きで毎日間引かれるように年寄りが死に行くようなところだったとか。 それでも叔母は家計を支えていた祖母(叔母の母)に代 [続きを読む]
  • 百物語「入院患者」
  • http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1471687321/ 44 :わらび餅◆jlKPI7rooQ @\(^o^)/:2016/08/20(土) 20:31:34.10 ID:3Scplele0.net私が大学生の頃に体験した不思議な話です。 不真面目な大学生というものは暇なもので、講義のない日に家にいると母親の足として車を出さなければならないことがよくあった。 特に多かったのが、入院中の祖父のお見舞いに病院まで母親を送っていくことでした。 最初は母親を送っていく [続きを読む]
  • 着信7百回の男
  • 死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?186311 :着信7百回の男:2008/01/11(金) 23:44:26 ID:r6Yk4h+Z0夜の12頃、友人のAから電話がかかってきた。 『おい、今何処にいる』「部屋にいるけど」『悪いけど、これから行くから待っててくれ。すまん』「へ?別に良いけど」 10分後、Aはやってきた。 「すまんな」 「良いって、なんだよ」 突然だったんでちょっと不思議だったが、俺とAは昔っからのダチだ。 別にこれぐらいそんな [続きを読む]
  • ヤドリギ
  • 死ぬ程怖い洒落にならない話をあつめてみない?199 :本当にあった怖い名無し :2007/03/24(土) 14:36:49 ID:GWADy+oh0 あんまり怖くなかったらスマン。 ちょっと気になることが立て続けにあったんで聞いてほしいんだ。 自分は子供の頃からオカルトの類が大好きでな、図書館なんかで読んでたのはいっつも日本の民話や世界の昔話の怖いやつばっかりだった。 四国の片田舎で育ったから、遊び場は神社や昔の塚。小高い丘になってて、中腹 [続きを読む]