Riko Harp さん プロフィール

  •  
Riko Harpさん: イギリス ハープと散歩
ハンドル名Riko Harp さん
ブログタイトルイギリス ハープと散歩
ブログURLhttp://ricoharp.blog.fc2.com/
サイト紹介文イギリス スコットランドで伝統音楽を勉強中。ハープとともに過ごす日常を綴ります。
自由文スコットランド、アイルランドなど本場のケルト音楽を演奏するハープ奏者。14歳でアイリッシュハープ、グランドハープを始め、上場企業にて就業経験を積みながら、数々のイベント、演奏会に出演。近年は、海外の国際ハープフェスティバルに参加し、著名演奏家のワークショップ、マスタークラスに多数参加。ハープと紅茶が大好き。http://www.imliving.com/harp/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供94回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2015/10/20 16:52

Riko Harp さんのブログ記事

  • 長かったIELTSとの戦いが終わりました。
  • イギリスの音楽大学大学院入学に必要なIELTS(英語力を測る試験)のスコアをようやく達成することができました。昨年の11月に音楽院からもらっていたのは実はconditional offer(条件付き合格)で、その条件というのがこの5月末までにOverall6.0以上、各セクション5.5以上のIELTS のスコアを提出というものでした。これでようやくunconditional offer (無条件合格)を貰うことができます!ここまで本当に長かったです。イギリスの大学 [続きを読む]
  • ポーランド旅行(ワルシャワ編)
  • 今日はいよいよイースターですね!ポーランドでは、イースターはクリスマスのように盛大にお祝いするらしく、イースターエッグやパン、食べ物を入れたカゴを持った方が教会へ向かう様子を見ることができました。今回は、初めての東欧旅行です。ワルシャワに到着し、ワジェンキ公園という広い公園近くのレストラン"Restauracja Różana"へ。サービスが素晴らしく、とても素敵な内装のレストラン。ポーランドの家庭料理を頂くことが [続きを読む]
  • ポーランド旅行(クラコフ編)
  • 最近、暖かな日が増えてきました。学校の帰りに、街のレストランの多い通りを歩くと、沢山の人がテラス席で日光浴とお酒を楽しんでいて、金曜日だなぁと実感。やはり、スコットランドにも華金はあるようです。話はポーランド旅行に戻ります!2日目はワルシャワから電車でクラコフという街に移りました。クラコフはかつて王朝があった都市で、古い街並みが見られる日本で言う京都のような場所なのだそうです。今回は、4日間この街に [続きを読む]
  • ハープフェスティバルも終わり、エディンバラにも本格的に春がやってきたようです。今は、イースターホリデーで学校は2週間休みなのですが最初の週はハープフェスティバル、その後は英語の試験を受けたりしていました。ここ数日は久しぶりに時間が取れて、ハープに関するメルマガをお送りする事ができホッとしています。今回のハープフェスティバルでは、ピルグリムハープ主催の「ハープのお手入れ講座」に参加し、ハープの扱い方 [続きを読む]
  • ハープフェスティバルレポート1
  • ハープフェスティバルも早いもので明日で最終日です。ハープフェスティバルでの時間はエディンバラに住んでいる私にとっても夢のような時間で、明日に終わってしまうと思うと何とも悲しい気持ちです。憧れの奏者から沢山の曲を習い、ワークショップでアイデアを学び、コンサートを聴くこの機会。スコティッシュの方だけでなく、様々な国籍のハーパーとお会いできるのが魅力だと思います。ここからは、私が受けているクラスについて [続きを読む]
  • ハープフェスティバルが始まりました
  • 年に一度のエディンバラのハープフェスティバルが始まりました!会場は今年もMerchiston Castle School。この学校内でコンサート・ワークショップ・レッスン・ハープの展示会などが6日間に渡って開かれます。昨日の晩のオープニングイベントは私は行けなかったのですが、講師陣の演奏を聴ける豪華なイベントだったようです。無料のイベントなので、足を運ぶ価値があるようです。コースは今日からで、今年は・Corrina Hewat (コリ [続きを読む]
  • サマータイムスタート
  • いつもブログをお読みくださり、ありがとうございます。本日よりサマータイムが始まり、日本との時差が9時間から8時間になりました。少しだけ日本との連絡が取りやすくなります。世間はイースタームードが漂っており、たくさんの卵型のチョコレートなどがスーパーに並べられています今週末はとても良い天気で、久しぶりに雲一つない青空の下で日光を浴びることが出来ました♪土曜日はハープオーケストラの練習があり、エディンバラ [続きを読む]
  • 英国ハープの販売を開始しました♪
  • 念願だったピルグリムハープの日本での販売がついに始まりましたので、ご報告いたします!昨年、工場を訪れ取引に関して交渉させていただいていたのですが、(その際の記事はこちらから)1年経ったこの3月にようやく販売が叶うこととなりました。以下のハープ公式サイトより詳細をご覧いただけます♪◆ピルグリムハープ日本公式サイト◆今回ハープの取扱いに至った経緯は、初めて購入するハープが特別なものであって欲しいという思 [続きを読む]
  • スコットランドへ来て一年
  • いつもブログをお読みくださり、ありがとうございます♪近頃はスコットランドも日が長くなり、長かった冬の終わりが近づいているように感じます。(とは言っても、まだ寒い日は続きそうです!)スコットランドへやって来たのが去年の3月3日。早いもので一年が経ちました。あっという間の一年でしたが、振り返ると本当に濃い一年で、今まで見た事の無い世界や景色、価値観に出会った一年でした。そして、体重も増えました。(涙)こ [続きを読む]
  • ハープのコンクール
  • いつもブログをお読みくださり、ありがとうございます♪今日はハープのコンクールへ行ってきました。コンクールと言っても私が出演する訳ではなく、お世話になっている方のお嬢さんの初めてのコンクール。今回、見学した部は初級の部で、7歳〜10歳くらいの子ども達12人ほどが参加していました。知り合いの女の子は今回の出演者の中で最年少!とても可愛くて、会うといつも癒されます。上手に演奏していました!ハープを初めて1年ほ [続きを読む]
  • ランゲージエクスチェンジについて
  • 暗くて寒い冬のスコットランド。過去の写真を見返してみるとどんよりとした空の写真ばかり。そんな中、今日は外へ出ると快晴。久しぶりに日光を浴びることが出来ました!今日は久しぶりのコリーナのレッスン。ドアから現れたのは赤色の髪のコリーナ!最近までブロンドだったのですが、赤くなっていてびっくりでした。話を聞くと【赤→青→ブロンド→赤】という順に変わっているそうです。この天気のせいで元気をなくしていたそうで [続きを読む]
  • 英語との戦い
  • この週末はハープ協会の合同練習へ。前回の練習は英語の勉強を理由に休んでしまったのですが、ハープを学びにスコットランドへやって来たという原点を思い出し、4月のハープフェスティバルのコンサートに参加することに決めました。やはり、ハープを弾く時間が私には必要だと感じます。英語コースには相変わらず苦しんでいて、授業中は始終身体に力が入ってしまいます。クラスメイトの英語力は本当に高くて、毎日ついていくのに必 [続きを読む]
  • 英国カレッジの英語コース
  • いつもブログをお読みくださりありがとうございます。今週のエディンバラは少し寒さが和らいで来たような気がしています♪今日は、ショックなことに家の洗濯機が壊れました。。。しかも、沢山の服が入った状態で。洗濯機に鍵がかかっていて衣類を取り出すこともできず、床の下に水は溜まっているしで落ち込んだ1日でした。全ての下着が洗濯機の中で水に浸かって取り出せないので仕方なく買い出しに行ってきました^^;今日は土曜日。 [続きを読む]
  • ケルティックハープ通信 まとめました♪
  • スコットランドへ来てもうすぐ一年が経とうとしています。スコットランドに来てから配信を開始したケルティックハープ通信。少しずつメルマガのお問合せが増え、ブログの読者・ハープを演奏される皆さまと、スコットランドの学んだ曲や情報を共有できていることをとても嬉しく感じています。ここへ来て、今まで配信した曲をまとめてみました♪過去の曲で弾いてみたい曲がありましたら、お気軽にお知らせください。楽譜をお送りさせ [続きを読む]
  • BBC Radio主催のコンクール
  • ケルティックコネクションも終わり、また普段の日常に…。先週は、グラスゴー市庁舎へ BBC Young traditional Musician というコンクールの決勝を聴きに行ってきました。コンサート前に先日購入したスコットランドの風景の絵を取りに行く用事があり、グラスゴーにお住いのYさんのお宅にお邪魔しました。ランチや手作りパンまで頂き、楽しい時間…。ありがとうございました!!―――――――――――――――コンクールに話は戻り [続きを読む]
  • セッションから世界へ
  • この前パブのセッションに行った時のこと。この日到着すると、毎週いらっしゃる常連のお客様が笑顔で迎えてくださり、初めてゆっくりとお話することができました。実はスコットランドに来てから、パブで演奏する他のハープ奏者に一度も会ったことがありません。。。楽器が重いからというのもあるのかもしれません。ただ、そのお客様によると今演奏しているパブに、かつてはハープを演奏する女性が来ていたそうなのです。それが、私 [続きを読む]
  • スコットランドのパイプの聖地へ
  • この週末はグラスゴーへ。電車に乗るために駅へ向かう際に、いつもは無い沢山のアイルランドの国旗が。アイルランドのユニフォームやマフラーを路上で販売する方がいたり、緑の帽子をかぶっている方がいたり。セイントパトリックデーの準備なのでしょうか…?様子を見たいと思います!------------本日はというと、2つのコンサートを見てきました。1つめのコンサートは、去年のスコットランド音楽のコンペティションでファイナリス [続きを読む]
  • 伝統料理ハギスを食べる
  • 本日はハープ協会のイベントへ参加してきました。今回のイベントが今年初のイベント。内容はハープのワークショップ+バーンズ・サパー(スコットランド伝統のイベント)でした。バーンズ・サパーとは1月25日に詩人ロバート・バーンズの誕生日を祝い、夕食にハギスを食べるスコットランド伝統の行事なのだそうです♪ハギスは羊の胃袋にミンチやハーブ、玉ねぎなどを詰めたスコットランドの伝統的な料理。今回は大きなハギスが振舞 [続きを読む]
  • 素晴らしいコンサート
  • 今、ケルティックコネクションのコンサートの帰りです。コンサートが終わったのは22時30分頃。駅に着くとグラスゴー〜エディンバラ行きの終電が終わっていて、Polmontという駅まで行き、バスに乗り換えて帰っています。家に着くのは1時を過ぎそうですが、それでも本当に素晴らしい夜でした。ハープの先生コリーナと旦那さんのデイビッドが率いる「The unusual Suspect」の演奏をずっと聴きに行きたかったのでようやく念願が叶いま [続きを読む]
  • ティンホイッスルのワークショップ
  • 本日はグラスゴーへ行ってきました。街にはケルティック・コネクションののぼり旗が立っていて、街をあげてのケルトのお祭りという感じがします。今日やってきた理由はティンホイッスルのワークショップです。会場のロイヤルコンサートホールへ。中へ入ると、楽器やCDの特別販売ブースも♪出演者のCDなどが置いてあり、スコティッシュなどのケルト音楽がずらりと並んでいて、見ていて楽しい売り場でした。私は今回、「初心者のため [続きを読む]
  • 曲の練習会
  • 今週はパブのミュージックセッションへ行く機会が多く、週4回も同じスコティッシュのおじさんと顔を合わせる事になりました。もともとは、1つのセッションに通っていたのですが、メンバーの方と仲良くなるに連れて、スコットランド音楽を勉強している事もあり、違う曜日や他のパブの色々なセッションに誘ってもらえるようになりました!今週は「Leslies Bar」という初めて行くパブで、初めてのメンバーとのセッションへ参加。とて [続きを読む]
  • 2017年に始めた事!
  • こんばんは♪最近のエディンバラは穏やかな気候が続き、徐々に日照時間が長くなり、過ごしやすくなってきたように感じます。2017年になり、予期していなかった新しいことをいくつか始める事になりました!実は、車を持っていない為に毎回ハープを担いで歩いたり、バスなどで運んでいるのですが、なかなかの重さで腰や背中の痛みが慢性化してきました。片方の肩に掛けて運んでいるために、負担が掛かっているようです。(運搬用の台 [続きを読む]
  • セッションメンバーとのランチ会
  • いつもブログをお読みくださりありがとうございます。先週末、毎週行っているパブでの演奏メンバーと新年のランチ会がありました長年一緒に演奏しておられる為、メンバー同士とても仲が良いようです!実はこのメンバーで年に2・3回ほどパブ以外の場所での集まりがあるようで、今回は初めてそのイベントに呼んでいただきました。パブ以外の場所で会うこと、そして楽器を持たずに皆さんに会うのは初めてで不安で緊張。会場となってい [続きを読む]
  • ケルティック・コネクション
  • 来週19日からはいよいよ冬の一大イベント「ケルティック・コネクション」が始まります♪ケルティック・コネクション(Celtic Connection )はケルト音楽最大の祭典で、毎年1月下旬〜2月上旬にスコットランドのグラスゴーで開催されます(今年は1月19日〜2月5日)。20会場で300ものイベントが開催され、世界中からミュージシャンが集結します。オーケストラと民族楽器との演奏や、大きなバンドでの演奏、小編成の演奏など色々な角度 [続きを読む]
  • 【コンサート同行レポート】フィドラーズ・ビド
  • フィドラーズ・ビド(Fiddlers' Bid)の皆さんとシェットランドで過ごした時間を忘れないうちに記録しておこうと思います。フィドラーズ・ビドはシェットランド出身のフィドル奏者の4人(クリス、ケビン、モリス、アンドリュー)とハープのカトリオーナ、ギターのジェン、ベースのネイルからなる7人編成のバンドです。シェットランド諸島はフィドルによる伝統音楽の演奏がたいへん盛んな地域。フィドラーズ・ビドは1991年に結成さ [続きを読む]