Hugo さん プロフィール

  •  
Hugoさん: HugoのBlog
ハンドル名Hugo さん
ブログタイトルHugoのBlog
ブログURLhttp://hugonoblog.com/
サイト紹介文シンガポールの情報を中心に、好きな映画や本の紹介などもして行きます。ライバルは駐妻です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供193回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2015/10/21 10:47

Hugo さんのブログ記事

  • Jim Thompsonシンガポール駐在者ご用達高級タイ料理
  • 先週末、今期で日本へ帰任する友人夫婦と一緒にランチに行ってきました。 単なる友人では無く、同じ時期にシンガポールに赴任してきて、同じコンドミニアムに住み、また同じ時期に同じエリアに引っ越してきただけあって、同じようなシンガポール生活を送ってきただけあって思いはひとしおです。友人夫婦の帰任をまるで自分の事のように考えてしまいました。 久々に日本に帰って、日本に適用できるだろうか。この赴任期間 [続きを読む]
  • チョンバルのローカル系日本食屋さんIKYU
  • 日本語を無理やりアルファベットに変換したいとき、(ヘボン式)ローマ字というものを使います。 何をいまさらという感じですが、このローマ字が実にやっかいで、日本語の読みを無理やりアルファベットを使って表記しているため、紛らわしい間違いが多いんです。 例えば「ONO-san」。 メールで何度かやり取りした後、てっきり小野さんだと思っていたら、実は直接会って自己紹介されたら大野だったという「間違い」 [続きを読む]
  • 「多数決を疑う 社会的選択理論とは何か」を読んで、当たり前のことを疑う
  • 今回は岩波新書の赤版の紹介です。 今年になって親書を読み漁ると決めてから、適当にネットや書店のランキングから売れている本やタイトルが面白そうな本を手当たり次第に購入しているが、今回紹介する「多数決を疑う 社会的選択理論とは何か」は、その中で手に取った一冊。今まで疑う事もしてなかった、当たり前のように肯定されていた、文明が存在する以前から存在していても不思議ではない、いわば不文律のような多数決を [続きを読む]
  • 「多数決を疑う 社会的選択理論とは何か」を読んで、当たり前のことを疑う
  • 今回は岩波新書の赤版の紹介です。 今年になって親書を読み漁ると決めてから、適当にネットや書店のランキングから売れている本やタイトルが面白そうな本を手当たり次第に購入しているが、今回紹介する「多数決を疑う 社会的選択理論とは何か」は、その中で手に取った一冊。今まで疑う事もしてなかった、当たり前のように肯定されていた、文明が存在する以前から存在していても不思議ではない、いわば不文律のような多数決を [続きを読む]
  • Nickeldime Drafthouseが(隣に)移動したので行ってきました。
  • 先日紹介したPig’s Fly。屋外のホーカーのような立地から移動してきて、好調にお客さんが入っているようなのですが、それに押し出されるような形で(隣に)移動していったNickeldimeの方は、どうなのでしょうか?お客さんは入っているのでしょうか? 個人的な事なのですが最近、本業の仕事が忙しすぎてブログをアップする時間があまり割けていないのですが、ブロガーとしての意地(ビール飲みたいだけ)で、調査してきました [続きを読む]
  • 仕事帰りにボートキーでラーメンなら安定の宅麺
  • 先ほどから、パソコンの前に座ったり、離れたりを繰り返して、週末の大切な時間を不毛に過ごしています。画面をじーっと眺めては「うー、だめだ」とまた離れて、一旦パソコンとは縁を切る。しばらくたってから「今度は行ける」と、また画面の前に座っては画面を眺める。でもやっぱりだめ。いける。だめ。いける。だめ。しばらく格闘した挙句、やっぱりまたパソコンから離れることになってしまいます。不毛な戦いを何度か繰り返した [続きを読む]
  • 塚田農場でラーメンランチを食べて美人になる!!
  • 最近ラーメンばっか食べております。 デブ、まっしぐら。 それはじゅ〜ぶんに、分かっているつもりなんですが、なんとなく食べたくなってしまうんですよね、ラーメン。ていうか、シンガポール在住の人、ラーメン好きな人、多過ぎじゃないですか?自分からラーメン食べたいって言い出すだけじゃなくて、なんとなく流されて連れられて食べに行っている気がする。飲んだ後とか、運動した後とか、仕事した後とか [続きを読む]
  • The Daily Roundup シンガポールのクレープ・ガレット専門店
  • パスタやピザなどのイタリアンはもちろん、どんぶり物のカフェメニューや、バーガーとフライのセットなど、オシャレなランチは色々ありますけれども、案外メジャーな選択肢ではないところに、クレープやガレットなんて選択肢もあります。フランスでは、クレープリー(Creperie)といって、クレープ専門店が普通にカフェみたいな感覚でありますが、それ以外の国ではあまり見かけません。でも、そこはシンガポール。なんでもあるんで [続きを読む]
  • ビジネス街のど真ん中にある雰囲気の素敵なカフェMellower Coffee
  • シンガポールに来て習慣化したことと言えば、まずは読書。日本にいた時には色々な誘惑が多く、なかなか一定した時間を読書に割くことは出来なかったのですが、シンガポールに来て誘惑が少なくなった(写真が並んでいるだけの、つまらない雑誌を買うことも少なくなったし、最初は携帯電話のデータ通信の契約をしていなかった。)事もあり、あまり苦も無く読書を習慣化出来たと思います。既に3年以上この習慣は続き、シンガポールに [続きを読む]
  • Drury Lane Cafe 安くて美味しくて居心地の良いカフェで朝食を。
  • 週末の朝に早起きをすると、とても気持ちの良いものです。せっかく早く起きたので、 「そうだ、朝ご飯をカフェで食べよう。」 と思いたち、向かった先はタンジョンパガー。ちょっと家から離れたところに行って、朝ご飯を食べると、なんだか気持ちがシャキッとします。シャキッとした週末は、翌週の平日をもシャキッとさせてくれる気がします。(私の場合、シャキッとしてない事が大半ですが。)このカフェが、なかなか素 [続きを読む]
  • オーチャードエリアのスペイン料理屋さんLaTaperiaでお得にワイン
  • ご存知の通り、赤と白は英語でRedとWhiteです。イギリスでワインの表記はRedとWhiteですが、主なワインの生産国は英語を母国語とするイギリスではなく、もっと緯度が低い国です。 幸運にもシンガポールでは世界各国のワインを飲むことが出来ます、そして、それぞれの国には美味しいお料理があり、それぞれのお料理に合うようにワインも合わせるのが基本です。 ここで面白いのが、どこの国の料理を出すレストランかによっ [続きを読む]
  • 齋藤孝「知性の磨き方」を読んで、知性とは何かを考える
  • 自分はどんな本を読むのか。 時間軸をぶった切って、その時々をよくよく考えてみると、読む本の種類にはなんとなく傾向があるものです。それは、その時々の自分の心境にもよりますし、いろいろな要因に左右されます。ひとつ影響を受けた本が出てくると、しばらくはそれに影響されたタイトルの本を読み続けます。 どんな本を選べばいいのか。 これは難しい問題です。一般には、本は読めば読んだだけよいですが、何か [続きを読む]