シャビロウ さん プロフィール

  •  
シャビロウさん: シャビロウ 心と身体の飛躍メモ
ハンドル名シャビロウ さん
ブログタイトルシャビロウ 心と身体の飛躍メモ
ブログURLhttp://xavirou.blog.fc2.com/
サイト紹介文主に健康法(ダイエット、お肌など)、病気回復(アトピー、うつなど)など紹介していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供109回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2015/10/21 17:12

シャビロウ さんのブログ記事

  • (無題)
  • ご訪問ありがとうございます。今回は、ちょっと独り言でも・・・先月から、身体の調整方法を学んでいます。いずれは、独立するまではいかないと思いますが、身近な人に施術をさせていただこうと考えています。ここ20年前後でいろいろな健康法を身につけてきたので、複合的に組み合わせて行おうと考えています。さて、世の中にはいろいろな施術者がいますし、いろいろな技術が溢れかえっています。多すぎて困るくらいなんですよね。 [続きを読む]
  • 脳科学的チョコレート営業術
  • ご訪問ありがとうございます。今回は、本の紹介です。営業先にチョコを持っていくと営業が成功しやすくなるということをあなたは知っていますか?もし、あなたの売っている商品が、宝石、車、ブランド品、、、などの俗に言う「贅沢品」や「自分へのご褒美」であるなら、チョコの持つ力は絶大なものになります。マイアミ大学とフロリダ大学の合同研究で、被験者に「チョコを食べるように勧める」という内容の実験が行われました。こ [続きを読む]
  • コミュニケーション
  • ご訪問ありがとうございます。久々に、職場の人とノミニケーションをしました。いやぁ〜年配の人の酒癖は、スゴイですね。今回は、みんな、リタイア後の非常勤の職員の集まりでノミニケーションをしたのですが、不満爆発!!若い?のは、私だけで、ひたすら聞き役にそして、説教を受ける羽目に…でも、考え方や気持ち、仕事に対する情熱は、しっかりと受け取れたと思います。お酒が入ってのお話の場だったのが少し、残念ですが…普 [続きを読む]
  • 1段階アップかな
  • ご訪問ありがとうございます。木曜日と金曜日は、某所である施術方法の講習会に参加してきました。今回は、2回目でしたので、前回よりは、他人の身体に触れ、動かすことに抵抗は少なかったです。でも、やはり、物とは違うので、緊張感が半端でないです。世の中には、いろいろな施術者がいますが、人の体に触れ、調整してくのだからスゴイなぁと、関心してしまいました。さて、今回、参加して感じたことです。実験台?というか練習 [続きを読む]
  • 繁盛するケーキ屋、潰れるケーキ屋
  • ご訪問ありがとうございます。今回は、オススメの本です。ここにある2人のパティシエがいます。2人とも同じ専門学校を卒業後、ともに海外留学も経験し、そして同様に職人として才能があり、同じ有名スイーツ店で修行を積み、やっとの思いで独立しました。現在もそれぞれのお店を経営しています。しかし、違いもありました。一人は、、毎朝オープン前からお店に行列ができ、閉店前には必ず売り切れてしまうほどの人気店のオーナー [続きを読む]
  • 前回の続きで、ストレス…
  • ご訪問ありがとうございます。アトピー性皮膚炎とストレスについて前回書いたと思いますが、その続きです。アトピー性皮膚炎にかかる多くの人は、ストレスを感じているときに症状が悪くなると感じています。不安を感じる緊張するイライラする精神にストレスを感じるホルモンバランスが不安定になってしまうそうです。そうすると、免疫力を下がってしまうそうなんです。だから、アレルギー反応が出やすくなってしまうのです。強いス [続きを読む]
  • アトピー性皮膚炎はストレスとの戦いでもある
  • ご訪問ありがとうございます。なかなか梅雨らしい天気になりませんね。さて、今回もアトピー性皮膚炎についてです。アトピー性皮膚炎の原因はまだまだ解っていないと思います。原因の一つにアレルギーがよくあげられますよね。アレルギーと言ってもいろいろありますが・・・まず、エビ、カニなどの甲殻類小麦、そば、ピーナッツなどを摂取したときに現れる食品アレルギーが思い浮かぶと思います。次に、ダニやハウスダストといった [続きを読む]
  • アトピー性皮膚炎と保湿ケア
  • ご訪問ありがとうございます。ここ最近、乾燥がひどいので、保湿クリームを補充しに、皮膚科へ行ってきました。ということで、今回は、保湿ケアの必要性についてメモします。アトピー性皮膚炎のお肌では、角質層や顆粒層で、細胞間脂質と言われる成分「セラミド」が不足しています。セラミドが不足すると!!角質層の細胞配列は乱れるそうです。そうなると、十分な水分を保持することができなくなるそうなんです。また、この状態で [続きを読む]
  • 大人のアトピーの湿疹は主に上半身に見られるそうですよ。
  • ご訪問ありがとうございます。大人のアトピーの湿疹は主に上半身に見られるそうです。でも、私は、全身です(;_;)さて、アトピー性皮膚炎の最たる症状は、皮膚にかゆみをともなう湿疹が見られますよね。実際にかゆみがでる部位、そして、湿疹が見られる部位は、頭部(額、目や口の周辺)頸部四肢関節部体幹といった具合に全身にでてきます。そして、その傾向は、年代によってやや異なる特徴があるそうなんです。大人が発症した場合 [続きを読む]
  • アトピー性皮膚炎とフケ・・・
  • ご訪問ありがとうございます。いよいよ梅雨入りみたいですね。今日は、蒸し暑いです。さて、今回は、アトピー性皮膚炎のフケについてです。アトピー性皮膚炎のフケはなぜ発生するのでしょうね。医師いわく、皮膚が薄くもともと乾燥しやすい体質になっていて、シャンプーなどによって頭皮の皮脂が奪われて乾燥しまいます。それで、かゆみになってしまう場合があるそうです。特に乾燥した頭皮部分は正常に肌のターンオーバーが行われ [続きを読む]
  • 【悪用厳禁】”恐怖”の販売テクニック
  • ご訪問ありがとうございます。今日は、朝から雨です。久々の雨で気持ちがいいです。でも、蒸し暑いですね。皮膚のコントロールが大変です。今回は、本の紹介です。※今日これから紹介する販売方法は、 非常に強力です。 使い方を誤ると、逆効果になることがあります。 使うときは、自己責任でお願いします…※ちょっと想像してみてください。あなたは、寝具を販売するビジネスをしているとします。そして、あなたは最近仕入れた [続きを読む]
  • アトピー性皮膚炎以外で出てしまうフケ!?
  • ご訪問ありがとうございます。今回は、アトピー性皮膚炎でフケについてです。(備忘録です)まず、脂漏性皮膚炎というのがあるそうです。これは、頭皮に皮脂が過剰に分泌されることにより、皮脂を好むマセラチア菌という真菌が異常発生して起こる皮膚炎だそうです。頭皮に皮脂が多い為、頭皮付近にフケの固まりが目立ちます。しかも、同時に炎症が起き、脂漏性発疹・かゆみを引き起こすそうです。ひどくなると頭皮付近にかさぶたが [続きを読む]
  • 広告の反応が悪い時、プロが最初にすること
  • ご訪問ありがとうございます。今回も本の紹介をします。ちょっと想像してみてください。 あなたはイタリアンレストランの店長です。 集客は主にチラシ。 1人で飲食店を運営しています。 4ヶ月前 あるチラシを打ちました。 ポスティングに5000枚。 自信満々。 「これならお客さんが殺到するだろう」 と思い作成。 チラシを出した日 お客さんが来すぎて、せっかく来てくれた人を断らないといけなくなってしまうんじゃないか? 忙し [続きを読む]
  • アトピー性皮膚炎のフケ・かゆみを抑えるには
  • ご訪問ありがとうございます。アトピー性皮膚炎の場合、頭皮の状態も気になりますよね。特にこれからの季節、汗もかくし、フケやかゆみが気になりますよね。例えば、フケが乾燥した細かいもので、かゆみがそこまで強くない場合ですが、アトピー性皮膚炎の人は、たいてい「ひどい乾燥肌」で外部からの刺激に弱いんですよね。だから、なるべく低刺激のシャンプーを使用したほうが良いようです。どうしても、洗浄力が強力なものを使い [続きを読む]
  • 怠け者営業マンの告白
  • ご訪問ありがとうございます。6月最初の記事は、本の紹介です。「どうすれば、次々にお客を紹介してもらえるか」この質問の答えは、あなたの生活を大きく変えてくれます。この答えさえ知っていれば、あなたはもう・断られると分かっていながら 飛び込み営業に行く必要はありません。・信頼関係を築くために、 何度も見込み客に会いに行く必要はありません。・厳しいノルマを達成するために 親や知り合いに営業する必要はありま [続きを読む]
  • 黄色ブドウ球菌の毒素が炎症反応の原因
  • ご訪問ありがとうございます。前回の続きになります。2013年11月イギリスの有名な学術雑誌 「ネイチャー」に、感染症に関する新たな発見といえる研究論文が掲載されました。論文では、黄色ブドウ球菌から出る毒素(デルタトキシン)が、直接的に肥満細胞を刺激することで炎症が起こるという事実が、わかりました。すごいのは!!IgE抗体(アレルギー反応を起こす免疫細胞)を介する免疫反応がなくても、黄色ブドウ球菌から出る毒素 [続きを読む]
  • アトピー性皮膚炎の治療の情報
  • ご訪問ありがとうございます。ご存知だと思いますが、2013年11月、イギリスの有名な学術雑誌 「ネイチャー」に、感染症に関する新たな 発見といえる研究論文が掲載されました。アトピー性皮膚炎の治療について(特に感染症 の併発とその予防)でまず大事なことは、黄色ブドウ球菌が皮膚に定着することを防ぐことだそうです。感染症というと、ヘルペスやカポジ のように皮膚がジュクジュクした状態 を思い浮かべます。しかし、感染 [続きを読む]
  • 九星気学講座
  • ご訪問ありがとうございます。昨日は、九星気学講座を受けてきました。今回で3回目の受講となります。もともと、あるセミナーで教えていただき、もっと深く知りたくなって受講することになりました。九星気学をセミナーで受講するまでは、まったく興味関心が無かったのです。本格的に自己啓発に取り組みだしてから、いろいろな事に興味関心が出るようになりました。たくさんある内の1つが九星気学なんです。2017年度は、今まで以 [続きを読む]
  • イオンを脅かす企業
  • ご訪問ありがとうございます。今回も本の紹介をしますね。小売業界の最大手。売上規模8兆円の大企業。そんなイオンですが、その裏で着実に成長している小売企業があります。将来的にイオンを脅かす存在になるでしょう...その企業は、アマゾン、ネットフリックス、アドビといった企業のビジネスモデルを取り入れ、毎年安定した成長を遂げています。あなたはご存知ですか?、、、セブンでも、ビッグカメラでも、ファーストリテイリン [続きを読む]
  • 間違った外注の”使い方”
  • ご訪問ありがとうございます。今回も本の紹介をしますね。これは、あなたがインターネットを使った ビジネスを立ち上げる場合に必要となる すべての活動を細分化した図です。 一口にインターネットビジネスと言っても ご覧の通りとんでもない作業量が発生します。 とてもではありませんが、 一人でこれらのすべてをやるなんて とてもじゃないけど無理ですよね? 遅かれ早かれ、仕事を自分以外の人や会社に 外注(アウトソーシング [続きを読む]
  • 96%の起業家を倒産に追い込む3つの罠
  • ご訪問ありがとうございます。今回は本の紹介をします。あなたが自分のビジネスをすでに持っている、もしくは、これから起業を考えているのであれば、、・なぜ、◯◯で起業する方法。◯◯をやって儲ける方法。新しい◯◯マーケティング...など、すでに成果を出した”成功者”から教わったやり方でビジネスをスタートしてはいけないか、知っていますか?・インターネットのビジネスにおける伝統的な教えで、、「起業時にはまず市場 [続きを読む]
  • アトピー性皮膚炎の薬を日本で開発!?
  • ご訪問ありがとうございます。以前、京都大の椛島健治教授(皮膚科学)らの国際研究グループが米医学誌ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシンに日本で開発されたアトピー性皮膚炎の新しい治療薬について、かゆみを抑える効果が、日米欧での臨床試験(治験)で確認された。と発表されました。この新しい薬は中外製薬が開発した「ネモリズマブ」で、かゆみにかかわる生理活性物質「インターロイキン31」の働きを妨げま [続きを読む]
  • アトピー性皮膚炎がある人のシャンプーの選び方
  • ご訪問ありがとうございます。ここ最近、急に蒸し暑くなってきています。汗ばむことも多くなってきました。さて、乾燥肌とは、皮脂が足りていない肌のことを指しますよね。また、脂性肌とは、皮脂が過剰に分泌された肌のことを言いますよね。そのどちらにも共通することは、皮脂の分泌が適正に行われていない、ということです。以上のことから、皮脂の状態を正常に保つことができるかどうかという点が重要となるそうです。では、シ [続きを読む]
  • 今後の目標
  • ご訪問ありがとうございます。木曜日、金曜日と有給休暇を取得し、ある講習会に参加してきました。身体の調整方法などネットでいろいろと調べていて、偶然見つけたのです。自分のアトピー性皮膚炎改善にも役立ちそうでしたので、ある施術の講習会の参加を決意しました。世の中には、いろいろな施術方法があるので、どれがよいのか分かりませんが、今回参加した講習会が調べた中で一番、直感が働いたのです。けっこう参加費は高額で [続きを読む]
  • アトピー性皮膚炎の研究
  • ご訪問ありがとうございます。以前、書いたと思いますが、九州大学の研究チームが、イギリスの電子版の科学誌ネイチャー・コミュニケーションズで「アトピー性皮膚炎のかゆみのメカニズムを発見した」と発表しました。この発見で、かゆみを根本から絶つ薬の開発につながるかもしれないとのことでした。アトピー性皮膚炎のかゆみを根本から絶つ新薬を開発できる可能性が出てきたので、期待したいですね。現在の薬でも大半の患者は症 [続きを読む]