らく人 さん プロフィール

  •  
らく人さん: 万葉狂歌日記
ハンドル名らく人 さん
ブログタイトル万葉狂歌日記
ブログURLhttp://manyoukyoukanikki.blog.fc2.com/
サイト紹介文万葉集の短歌を本歌取りした狂歌です。本歌と狂歌に使用した画像や解釈の無断借用はご容赦下さい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2015/10/24 08:49

らく人 さんのブログ記事

  • 春されば 
  • 【狂歌】   春されば はやひととせの 四百首 万葉狂歌 これにて終えむ【補記】  万葉狂歌これにて筆を置く事と致します。ご笑覧有難うございました。 らく人【本歌】   春されば 帰るこの雁 秋風に もみたむ山を 越え来ざらめや 大伴家持 19-4145  【通釈】春になって こうして故里に帰って行く雁だけれども秋風が吹き山が黄葉したら再び越えて戻って来ないわけがあろうか【語釈】 「春まけて」春かたまけて [続きを読む]
  • 短(みじか)夜
  • 【狂歌】   273MK 月空を 眺めつ五月の 短夜は 苦詠に杯を 重ねて明けりkanikki.blog.fc2.com/img/10-1981-1hosizora.jpg/" target="_blank">【本歌】 霍公鳥 来鳴く五月の 短夜も ひとりし寝れば 明かしかねつも  作者不詳10-1981  【通釈】ホトトギスが来て鳴く五月夜もすっかり短くなってきたけれど独りで寝ているので夜はなかなか明けないものです【語釈】 「来鳴(きな)く」は「来て鳴く(囀る)」。 「 [続きを読む]
  • 今か咲くらむ 
  • 【狂歌】   門先に 手招くごとく 風に揺れ 今か咲くらむ チョウチンバナ【本歌】   かはづ鳴く 神奈備川に 影見えて 今か咲くらむ 山吹の花  厚見王 8-1435【通釈】かはづの鳴く甘南備河に影を映して 今こそ咲いているだろうか山吹の花は 【語釈】 「かはづ」は「カジカ」のこと。蛙ではなく魚。胸びれで石にへばり付いて鳴く。 「神奈備」とは神の鎮座する場所の意。 「か」は係助詞・疑問。「らむ」は現在推 [続きを読む]
  • 幸(さき)くあらば 
  • 【狂歌】   さよならは 寂しきものの 我が子よ 幸(さき)くあらば のちにも逢はむ【本歌】   春されば まづさきくさの 幸(さき)くあらば 後にも逢はむ な恋ひそ我妹 作者不詳 10-1895 【通釈】春が来るとまず咲き出す三枝のように無事でいたならまた廻り逢えるのだからそんなに恋しがらないでおくれ わが妻よ【語釈】 「三枝」は、さき‐くさ・(さいくさ)。1 茎が三つに分かれている植物。ミツマタ・ジンチョウ [続きを読む]
  • 心なき
  • 【狂歌】   心なき 犬にぞありける ブルドッグ 逢瀬の時に 来るべきものか【本歌】   心なき 鳥にぞありける 霍公鳥 物思ふ時に 鳴くべきものか 作者未詳 15−3784 【通釈】無情の鳥でしかないのだなあ ほととぎすは物思いする時ばかり 鳴くものであるのだろうか。 [続きを読む]
  • 夢に見しかも
  • 【狂歌】   金槌の 吾すいすいと 泳ぐ夏 いくども幾度も 夢に見しかも【本歌】   常ならぬ 人国山の 秋津野の かきつはたをし 夢に見しかも 作者不詳7-1345【通釈】見知らぬ国の人国山に咲いた美しい花 秋津野に生えるカキツバタの夢を見た 【語釈】 人国山:和歌山県田辺市上秋津  秋津野:和歌山県田辺市秋津町 奈良県吉野郡  「常ならぬ」は「普段なじみのない」。  他国の女性に惹かれた男心であるな。 [続きを読む]
  • 逢ふよしもなし
  • 【狂歌】   子を見むと アリラン峠 越え来ても 関所通れず 逢ふよしもなし【本歌】   吾妹子に 逢坂山を 越えて来て 泣きつつ居れど 逢ふよしもなし  中臣宅守 15-3762      わぎもこに あふさかやまを こえてきて なきつつをれど あふよしもなし【通釈】愛しい人に逢うという坂や山を越えて来たけれどもいない いなかっただから寂しく泣き暮らしているのさ逢う術もない毎日を [続きを読む]
  • 鳴かずあらなくに 
  • 【狂歌】   益城(ましき)町 人の命は 還らねど 梅にウグイス 鳴かずあらなくに        (梅:町の花、 ウグイス:町の鳥)【本歌】   あをによし 奈良の都は 古りぬれどもと霍公鳥(ほととぎす)鳴かずあらなくに 大伴家持, 17- 3919【通釈】 美しい奈良の都は古りさびれてしまったが昔からの霍公鳥が来て鳴いてくれないわけはない【語釈】 「もと」は「昔からの」の意。 あらなくに; ないことだ ない [続きを読む]
  • 言はえし
  • 【狂歌】   芸能人 メディアに乗りて あれこれと まことかうそか 言はえし人ら【本歌】   をみなへし 佐紀野に生ふる 白つつじ 知らぬこともち 言はえし我が背  作者不詳 10-1905【通釈】身に覚えもないのに噂をたてられてしまったいとしいあなた・・女郎花が咲く佐紀野に生える白つつじみたいにいわれもないことで噂を立てられた あなたよ【語釈】 「女郎花」が「咲き」と「佐紀」の同菖で佐紀野(平城京北西 [続きを読む]
  • 見せましものを
  • 【狂歌】   たらちねの 母し在りせば 得意気に 我がホームページ 見せましものを【本歌】    妹が家路 近くありせば 見れど飽かぬ 麻里布の浦を 見せましものを   遣新羅使 15-3635 いもがいへぢ ちかくありせば みれどあかぬ まりふのうらを みせましものを【通釈】妻の住む家が近くにあればいくら見ていても飽くことのない麻里布の浦を見せたいものですが ・・・・・・・・・・・ [続きを読む]
  • 問はましものを
  • 【狂歌】   なさけなや 不正あいつぐ 大企業 トップ知りしや 問はましものを【本歌】   霍公鳥 来鳴き響(とよ)もす 卯の花の 伴にや来しと 問はましものを  石上堅魚 8-1472【通釈】ホトトギスが来て鳴いています 卯の花と一緒にやってきたのかと聞ければよいのですが [続きを読む]
  • 心悲しも 
  • 【狂歌】   北朝鮮 ミサイル連射 悪あがき 心悲しも 歴史思へば【本歌】   うらうらに 照れる春日に ひばり上がり 心悲しも 独し思へば  大伴家持 19-4292【通釈】うららかな陽光の春の日に 雲雀の声も空高く舞い上がる なのに一人物思う私の心は悲しい【補記】巻第十九の巻末歌。次の元正上皇の御製が巻第二十の巻頭です。 家持個人歌集の性格が強かった巻十九に対し、巻二十では、皇室から郡司の妻女・防人まで [続きを読む]
  • 子ども
  • 【狂歌】   声合わせ 網引け子ども 大漁ぞ 妻は湯沸かし 帰り待つらむ【本歌】   さし鍋に 湯沸かせ子ども 櫟津の 桧橋より来む 狐に浴むさむ  作者不詳  16-3824      さしなべに ゆわかせこども いちひつの ひばしよりこむ きつねにあむさむ【通釈】さし鍋にお湯を沸かせみなの者よ、櫟津の桧橋をコンと来る狐に湯を浴びせかけてやろうぞ【語釈】 宴会が続き、明け方近く(午前4時頃)、狐の声が聞こ [続きを読む]
  • 散らしてむとか 
  • 【狂歌】   バラ園で 待てど来ぬ君 はらはらと 恋の花びら 散らしてむとか【本歌】   我が宿の 花橘を 霍公鳥 来鳴かず地に 散らしてむとか 大伴家持 8-1486【通釈】庭先の橘はとうに咲いたというのに 霍公鳥は来て鳴きもしないで このまま花を地面に散らしてしまおうというのか 【語釈】 「てむ」は、完了の助動詞「つ」の未然形に、推量の助動詞「む」のついたもの。強い意志を表す。・・・してしまう。 [続きを読む]
  • .....もがも
  • 【狂歌】   つぶらなる 瞳をみつつ 柔らかき 布に包みて 抱く孫もがも【本歌】   真鳥棲む 雲梯の杜の 菅の根を 衣にかき付け 着せむ子もがも  作者不詳7-1344      まとりすむ うなてのもりの すがのねを きぬにかきつけ きせむこもがも【通釈】雲梯の杜に生える菅の根を 着物に摺りつけて着せてあげる そんな恋人がほしいなあ ・・・・・ 鷲の住む卯名手神社の菅の根を衣に書き付けて それを着せる子が [続きを読む]
  • 偲びにせもと 
  • 【狂歌】   少年の 偲びにせもと 卒業日 取り交わしたる 寄せ書き楽し【本歌】   会津嶺の 国をさ遠み 逢はなはば 偲ひにせもと 紐結ばさね  作者不詳 14-3426        あひづねの くにをさどほみ あはなはば しのひにせもと ひもむすばさね【通釈】会津嶺の聳える国から遠く離れねばならなっくなっただから愛しい君とも逢えなくなればせめてもの偲ぶよすがにしよう この紐をしっかり結んでくれ [続きを読む]
  • さざれ石
  • 【狂歌】   海外の 旅路で集めし さざれ石 今や我が家の 厄介物かな【本歌】   信濃なる 千曲の川の さざれ石も 君し踏みてば 玉と拾はむ  作者不詳 14- 3400        しなぬなる ちぐまのかはの さざれしも きみしふみてば たまとひろはむ【通釈】信濃にある千曲川のほとりのさざれ石でもあなたが踏んだのなら宝玉だと思って拾いますあなたのみ魂(たま)が触れた縁のある石として・・・・・・・・ [続きを読む]
  • 止まず通はむ
  • 【狂歌】   我が家から 歩いて行ける ところもが パークゴルフは 止まず通はむ【本歌】   足の音せず 行かむ駒もが 葛飾の 真間の継橋 やまず通はむ   作者不詳  14-3387        あのおとせず ゆかむこまもが かづしかの ままのつぎはし やまずかよはむ【通釈】足音をさせずに走る駒がほしいなあ、そうすれば葛飾の真間の継橋を通って止むことなく恋人のもとに行くものを・・【語釈】 「継ぎ橋」は、 [続きを読む]
  • ここだ愛しき
  • 【狂歌】   手作りの 蒸しパンふんわり ほかほかと なにぞこの味 ここだ愛しき【本歌】    多摩川に さらす手作り さらさらに なにぞこの子の ここだ愛しき  作者不詳 14-3373        [たまかはに さらすてづくり] さらさらに なにぞこのこの ここだかなしき【通釈】多摩川の川面に流す手織り布さらさら流して仕上げる手織り布どうしてこの子がこんなにも 愛しくてたまらないのか、さらにさらに ・・ [続きを読む]
  • 袖返る見ゆ
  • 【狂歌】   ささなみの 海行く春の 観光船 宣伝娘の 袖返る見ゆ 【本歌】   楽浪の 比良山風の 海吹けば 釣りする海人の 袖返る見ゆ  柿本人麻呂 9-1715    ささなみの ひらやまかぜの うみふけば つりするあまの そでかへるみゆ【通釈】比良山風が琵琶湖で舟釣りする漁師の袖をひらひらと翻すのが見える・・・・・・・・・ 【語釈】「さざ波の」は、「大津」「志賀」「比良山」「なみ」「古き都」などに [続きを読む]
  • たなびくまでに
  • 【狂歌】   ジェット機の 置き土産かな 飛行雲 空を切り裂き たなびくまでに【本歌】   ぬばたまの 夜霧は立ちぬ 衣手を 高屋の上に たなびくまでに  作者不詳 9-1706       ぬばたまの よぎりはたちぬ ころもでを たかやのうへに たなびくまでに【通釈】暗い夜霧が立ちこめてきた我が邸の高楼のすぐ上にまで たなびくまでに ・・・・・・・・・ 【語釈】 「ころもでを」は、袖の意から「手(た)」の [続きを読む]
  • 雨な降りそね
  • 【狂歌】   日帰りの 研修旅行 びわ湖畔 グラウンドゴルフぞ 雨な降りそね【本歌】   あさもよし 紀へ行く君が 真土山 越ゆらむ今日ぞ 雨な降りそね  作者不詳 9-1680     あさもよし きへゆくきみが まつちやま こゆらむけふぞ あめなふりそね【通釈】紀の国へ旅してる わたしのいい人 今日は真土山越えかしら 雨なんか降らさないでね 神様    [続きを読む]
  • ゆくは誰が妻
  • 【狂歌】   ただ一人 潮干の浦を 漁りする しぐさもなしに ゆくは誰が妻【本歌】   黒牛潟 潮干の浦を 紅の 玉裳裾引き 行くは誰が妻 作者不詳 9-1672       くろうしがた しほひのうらを くれなゐの たまもすそびき ゆくはたがつま 【通釈】黒牛潟の潮のひいた海岸をゆくあでやかな紅の裳裾を風に靡かせながら あの人はいったいどこの奥さんだろう [続きを読む]
  • 何か嘆かむ
  • 【狂歌】   あかがねは あかがねの良さ ありければ くがねならずと 何か嘆かむ【本歌】   豊国の 企救の浜辺の 真砂土 真直にしあらば 何か嘆かむ 作者不詳7-1393        とよくにの きくのはまへの まなごつち まなほにしあらば なにかなげかむ【通釈】豊国の企救の浜の砂の 正しくいつわりのないさまであれば なにを嘆く必要があるでしょう 【語釈】 「豊国」は九州北東部の古い国名。文武天皇の時代に豊 [続きを読む]
  • 年経らずして 
  • 【狂歌】   恋の海  恐いもの知らず 漕ぎだせば 年経らずして 出来ちゃった婚【本歌】   近江の海 波畏みと 風まもり 年はや経なむ 漕ぐとはなしに 作者不詳 7-1390        あふみのうみ なみかしこみと かぜまもり としはやへなむ こぐとはなしに【通釈】琵琶湖の波が怖くて 風をうかがっていたら 年ばかりが過ぎて 舟を漕ぎ出すこともできなかったよ 【語釈】 婚期がすぎてしまった。 「守らふ ま [続きを読む]