ボームス さん プロフィール

  •  
ボームスさん: 1000万円で挑戦・FXスワップ系
ハンドル名ボームス さん
ブログタイトル1000万円で挑戦・FXスワップ系
ブログURLhttps://bomus.muragon.com/
サイト紹介文南アフリカランド、トルコリラを中心に FX投資をしている30代サラリーマンです。
自由文南アフリカランド、トルコリラを中心に
FX投資をしている30代サラリーマンです。
モットーはチャートなどのテクニックに
頼らずに、経済の動向を的確に把握しながら
中長期的な視点でじっくりと運用を心がける
こと
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2015/10/21 22:29

ボームス さんのブログ記事

  • ロスカットと引退
  • 残念ながらロスカットしました。 早朝の相場急変により、ランドは一気に6.5円以下となりました。 0.7円以上の急落で、気づいた時にはロスカットしており、証拠金を 積み増す時間もなくENDとなりました。 過去最安値からさらに1円以上も値下がりし、許容範囲の レベルを超えてしまいました。 まさかここまで値下がるとは思いもよりませんでした。 船出を待てずに沈没です。 ------------------ [続きを読む]
  • 年明け早々のパニック相場
  • 大変な一週間でした。 株式、新興国市場、原油価格など暴落に次ぐ、暴落でした。 特に中国のサーキットブレーカーによって、ストップ安(-7%)が 2回も週内で発生したことは異常でした。 VIXという恐怖指数も9月のチャイナショックを上回る レベルまで急上昇し、まさにパニックという状況でした。 --------------------------- 新興国通貨ですが、瀕死の重傷です。 南アフリカランドは [続きを読む]
  • 為替大荒れ
  • 円高がさらに進行し、1ドル=118円前半です。 それに加えて、中国の景気指数悪化や中東の懸念事項が加わり、 完全にリスクオフの様相になってきました。 ランドは史上最安値を更新する1ランド=7.4円台に突入。 トルコリラも久しぶりに1リラ=40円以下に突入。 何とか生き残っていますが、円の独歩高はFXスワップ派に とっては痛いですね。 こんな中、先ほど発表された米国の12月ADP全国雇用者数の 指 [続きを読む]
  • 2016年の始まり
  • 明けましておめでとうございます。 新年早々、株式および為替相場は大荒れの展開です。 円が独歩高となっており、1ドル=118円台に2か月ぶりに 突入しています。引きずられて、南アフリカランドやトルコリラ の通貨も円に対して下落しています。 --------- 世間での2016年の見通しは、大きく2つに分かれています。 資源安や原油安がひと段落して、新興国の景気も回復基調に なり、新興国通貨も回復して [続きを読む]
  • 南アの11月貿易収支・2016年の見通し
  • さきほど南アフリカの11月の貿易収支の発表がありました。 (南ア) 11月貿易収支 先月 -214億ZAR 予想 -66億ZAR 結果 +18億ZAR 予想外の黒字転換です。 貿易相手国の景気が持ち直しつつあるのと、通貨安から 輸出量が増えたことなどが起因していると思います。 いずれにせよプラス材料ですので、悪い流れが変わる 局面になるかもしれません。 -------------------- さ [続きを読む]
  • じわり円高へ
  • 25日は金曜日にもかかわらず世界中がクリスマス休暇になるため、 為替市場もクローズしている時間帯が多いです。 ほとんど値動きがありません。 来週にかけて市場関係者も一休みですね。 しかし、今週は円高がじわじわと進行したのが気になります。 このトレンドはしばらく続きそうです。 南アフリカランドも、対ドルではあまり下落しては、 いないのですが、円高ドル安に伴い弱くなっています。 現在、1ランド=7.8 [続きを読む]
  • 南アフリカランドで年200万スワップ益12/21
  • 南アフリカランドは8.0円〜8.1円の間でこう着状態です。 海外市場もクリスマス休暇で閑散としているようです。 このまま年内は大きくは動かずに終わる気がします。 現在の南アフリカランドの運用状況は以下のとおりです。 差益はあまり変動なしですが、一方では、着々とスワップ利益を貯めていきます。 毎日7000円ほど増加していく状況です。 再び7円台になることなく、コツコツとスワップ益が溜まるとよいですね [続きを読む]
  • トルコリラでスワップ稼ぎ12/20
  • 最近は、南アフリカランドの急落・急騰により、すっかりトルコリラのこと について触れていませんでした。 トルコリラの運用状況は以下です。ぼちぼちといったところ。 11月後半のロシア機の撃墜以来、すっかり勢いが削がれてしまい、 FOMC直前には40円前半まで下がりました。 しばらくは弱含みなのでしょうか。 週明けのトルコ中央銀行の政策決定会合の結果が気になります。 発表は、日本時間で22日(火)の21 [続きを読む]
  • 利上げと今後
  • 予想通り米国は利上げしました。 ただし、今後の利上げ見通しは、年4回となっており予想外に 早いスピードで利上げを想定した発表になっています。 これにより少しドル高・円安が進んでいます。 利上げ発表後は、世界的な株高などが進み、リスクオン の相場になっています。 新興国通貨も上昇中。 トルコリラ、南アフリカランドの急落に耐えて、 踏ん張った方々には嬉しいご祝儀相場となっています。 年末まではこのトレ [続きを読む]
  • いよいよFOMC発表
  • いよいよ米国FOMCの発表が近づいてきました。 利上げは確実ですが、今後の利上げの幅や緩急が焦点になっています。 おそらく年2回〜3回の利上げで、ゆっくりな利上げ見通しの発表に なるのでしょう。 すでに、市場は利上げを過度に意識したポジションになっていますから、 行き過ぎを是正するために、逆回転が起きるのではないでしょうか。 <個人予想> ・円高&ドル安へ ・新興国の通貨は強め 全然、関係ないです [続きを読む]
  • ビッグイベント
  • 南アフリカランドは、先週とは真逆で急騰しています。 現在8.1円近辺まで戻りました。 運用状況も一気に息を吹き返してきました。少し安堵です。 実績のある財務大臣が就任し、悪材料の出尽くしで反転したのでしょう。 個人的には、仕掛けていたヘッジファンドなどが売りから一気に買いに 戻してきたのもあると思います。 あとは木曜日未明の米国FOMC発表を受けた動きがどうなるかです。 米国の利上げにより、新興国 [続きを読む]
  • 南アフリカランドは底値到達?
  • 土曜の未明に、南アフリカランドは、7.5円台まで暴落しました。 対円でも、過去最安値を更新しました。 運用の状況もえらいことに。。。 ロスカットまではまだまだ余裕がありますが、厳しい局面です。 必死で耐えしのぎます。 多くの個人投資家がかなり損失を被ったと聞いています。 皆さんは大丈夫だったでしょうか? こんな状況でも、細々と7円台で買いを入れつつあります。 しかし大胆に買いを入れるまではさすがに [続きを読む]
  • 南アフリカランドの暴落の理由は?
  • 南アフリカランドは今週、一気に暴落しました。 8.6円台から7.5円台まで激しい暴落でした。 スワップ派の方々は厳しい一週間だったのではないでしょうか。 それにしても、ランドは、なぜここまで暴落したのでしょうか? 簡単に理由を上げてみます。 <下落の理由> ・米国利上げを前にした新興国通貨からの逃避 ・最大貿易相手国の中国の景気悪化、輸出入の減少 ・資源安(石油、金、レアメタル、その他)による資源 [続きを読む]
  • 南アフリカランド暴落
  • 今朝の南アフリカランドの暴落にはびっくりしました。 一気に、8.5円→7.8円台まで進みました。 チャートからロスカットらしき投機売りが見られたので、 かなりの方々が損失を被ったのではないでしょうか・・・。 安心してください、生きてますよ。 原油暴落、資源安、南アフリカ国債の格下げ、リスク回避による円の独歩高など、 さまざまなマイナス要因が重なりましたね。 しばらくは、7.7円-8.2円台を低迷す [続きを読む]
  • 南アフリカランドで年200万スワップ益12/8
  • 南アフリカランドが暴落しています。 現在、1ランド = 8.3円台後半〜8.4円台前半 対ドルでは史上最安値を更新中です。(1ドル=14.7ランド) 南アフリカランドの運用状態もマイナスの青一色に染まっています。 さすがにこのマイナスは厳しいですね。。。 南アフリカランドで運用している方々は、ロスカットなど ご注意ください。 ただし、このあたりが仕込み時なのでしょうか。悩みます。 [続きを読む]
  • 雇用統計の結果と今後の見通し
  • 金曜日夜に米国の雇用統計の発表がありました。 市場予想を若干上回る、良い指標が出ています。 ・11月非農業部門雇用者数   先月  +27.1万人    予想  +20.0万人   結果  +21.1万人 ・11月失業率   先月  5.0%      予想  5.0%   結果  5.0% 12月の米国の利上げは ほぼ決まりでしょう。 発表後には多少、為替は上下しましたがそれほど大きな 変動には [続きを読む]
  • 南アフリカランドの下落の理由は?
  • なぜ最近は南アフリカランドが下落しているのでしょう? 理由の一つに、金の価格の暴落があります。 南アフリカ経済を支える主要品です。 金の価格は、ここ5年で最安値を更新しています。 現在は、1オンス=1067ドルとなっており、2011年頃の 1オンス=1900円から、半額近くになりつつあります。 ちなみに、2011年頃は、1ドル=80円ほどの超ドル安の頃です。 金価格チャート(米ドル/オンス) 金の [続きを読む]
  • 米国利上げによる新興国通貨への影響は?
  • 今週後半は重要指標が目白押しです。 なかでも以下の2つは大きなインパクトをもたらします。 ① 3日木 (ユーロ圏) 欧州中銀ECB金融政策発表 ② 4日金 (米) 11月非農業部門雇用者数・失業率 ①については、ECBが金融緩和を行うことで一段の株高が望めます。 景気対策になり、新興国にも恩恵をもたらすことが期待され、新興 国の通貨安定に寄与すると思います。 ②については、米国の雇用統計は、利上げ [続きを読む]
  • 南アフリカランドが対ドルで史上最安値
  • 南アフリカランドが弱いです。 11/30現在、対ドルで史上最安値を更新中です。 下のグラフはドルランド(USD/ZAR)のチャートです。日足。 1ドル=14ランドを超えて、推移していますね。 11月半ばの最安値をさらに更新して14.5ランドに近づいています。 利上げが逆に経済見通しを悪化させ、市場を冷え込ませて いるのでしょう。 米国の利上げ前後にかけて、さらに最安値をうかがう展開です。 逆にチャ [続きを読む]
  • 1000万円での投資までの道のり4
  • (前回までのあらすじ→) 自己紹介 2008年のリーマンショックでは、1ドル110円だったものが、 1ドル100円→90円とみるみる暴落していきました。 幸いなことに、ほとんどFXへの投資をしていなかったため、 こちらには損失はほとんどありませんでした。 ミセスワタナベ達が急激な円高の流れの中で巨額の損失を 出す中、ふと感じたこと。 「これはチャンス到来ではないのか?」 110円でしか買え なかっ [続きを読む]
  • トルコリラでスワップ稼ぎ11/25
  • トルコによるロシア戦闘機の撃墜の影響がいろいろ出ています。 ・トルコリラの下落 (43.5円→42.3円) ・地政学リスクを嫌った有事の円高が進行 ・ロシア政府によるロシア国民のトルコ渡航延期勧告  (観光経済が長期に打撃を受けるはずです。トルコへの観光客の1割強はロシア人です。) しばらくトルコリラは下降局面になるかもしれません。 投資戦略は、建玉はさわらず、スワップを地道に確保するのみです。 [続きを読む]
  • 南アフリカ経済はやや回復?
  • 南アフリカの7-9月期GDP (前期比年率)発表がありました。 前期のマイナスから回復はしましたが、経済状況は一進一退というところです。 ・南ア統計局が24日発表した7−9月期の国内総生産(GDP)は  前期比年率0.7%増(プラス成長) ・4−6月期(第2四半期)のマイナス成長(1.3%減)からは回復 ・南アフリカ準備銀行(中央銀行)の見通しでは今年の成長率は1.4% (2009年のリセッション [続きを読む]