風間(かざま) さん プロフィール

  •  
風間(かざま)さん: 28才ニートアスペが正社員で就職するまでの話
ハンドル名風間(かざま) さん
ブログタイトル28才ニートアスペが正社員で就職するまでの話
ブログURLhttp://ameblo.jp/blank141025/
サイト紹介文アスペルガーやADHDと言った 発達障害を改善する方法とか体験談を書きつつ 就活して行きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2015/10/28 14:10

風間(かざま) さんのブログ記事

  • アスペの鬱病治療と医者について
  • アスペの人は、生き辛くて鬱病を患うこともあると思うんですね。で、その時、基本は薬物療法になると思うんですけど、それって無駄じゃないか!って話をします。 鬱は薬を飲んでも治りません。一時的に軽減されることはあるかもしれないけど、根本的な解決にはなりません。 だってそうでしょう?アスペで鬱の人は、能力が低くて仕事ができないとか友人や恋愛など人間関係が上手く行かないとか定職に就けないとかで悩んで [続きを読む]
  • 「なんでもかんでも正直に」はダメ その2
  • 「よく失敗したら正直に謝ろう」とか言うじゃないですか。それは失敗しても良いという訳ではないですよ。 確かに勉強にしろ仕事にしろ、ミスりながら、失敗しながら成長して行くという面はあります。 でもそれは成長過程の話であって本当に大人として管理職レベルになったら失敗は許されないですよ。会社にとって、ごめんですまないです。(失敗の内容や大きさにもよりますが。) 「失敗したら正直に謝れば良いんだ」 [続きを読む]
  • 「なんでもかんでも正直に」はダメ
  • 「なんでもかんでも正直に」と言うのが美徳として世の中にまかり通っていますが、それは、その方が聞こえが良いだけであって真理的に正しい訳ではありません。実際には嘘をついて自分に責任が降りかからないように上手くやることも必要でありそれが適切とされる場面も多いです。 よく学校では教師が正直な子を評価したりしますが、社会に出たら嘘をついてでもごまかしてその場を上手く乗り切るのもスキルの一つです。もちろん [続きを読む]
  • 負け組アスペのパターン
  • アスペって失敗が多いじゃん?で、心機一転、頑張ろうとするじゃん。基本、上手く行かないよね。 なぜか?いちいち一から頑張ろうとするからじゃないかなと思う。 定型はさ、無意識に今までの成功体験や失敗データの積み重ねを基につまり過去を活かして今現在を効率良く生きている訳。 アスペみたいに極端に、今まではダメだったけど、それは全部フォーマットして、ゼロから頑張るぞってのとは違う。 定型が初 [続きを読む]
  • アスペはダイヤの原石 定型は・・・
  • アスペはダイヤの原石。定型はそのへんにころがってる石ころだと思います(断言!) アスペは正しく育てれば天才ですから。ただし、正しく育てれば!ね。 アスペが必要とする普通の人間・一般人・定型のデータはそれこそ道に石ころがころがっているみたいにたくさんある(いる)じゃないですか。周りだいたい皆、定型なんだから。 で、その普通のデータを取ってアスペの不思議な価値観と整合性取って上手く調和させれば [続きを読む]
  • アスペの家庭内暴力と薬
  • 思春期の頃、主にアスペが原因で家庭内暴力的なことをしていた頃がありました。家族に暴力というより家の壁に穴開けたり、家の破壊行為ですが。それで抗うつ薬などを飲んでいました。 でもさ、よく考えてみて。コミュ力とか能力が低くて明らかに子供の将来ヤバイ事がわかっているのに何のアドバイスや解決策も施さずに「大丈夫だ!大丈夫だ!心配するな!」って言う親の方がおかしいんじゃない? 両親がそんな役立たずで [続きを読む]
  • コンビニ人間とアスペ
  • アスペの考え方って、芥川賞を受賞した「コンビニ人間」の主人公の女性みたいな感じなのかな?って意見をネットで見たけど、全然、違うと思うよ。 まず、アスペはまったく何も考えてないか、考えているポイントが間違っているという意味でズレてる。現実的思考力ゼロで動物のように感覚的に好き勝手に思考してる。 だから、たいてい上手く行かない。失敗・ミスが多い。 コンビニ人間みたいにあんなにバランス良く突 [続きを読む]
  • 完全性に対するアスペと定型
  • 人間は不完全。 でもそこで定型的に臨機応変なのは、不完全なままでどう上手く切り抜けるかであって、 完璧になろうとすることではない。 それが定型とアスペの違いであり、適切と不適切の違い。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 就職の面接はアスペを振るい落とすためにある
  • 企業側の立場としてアスペの人を雇いたいと思う? 絶対、思わないよね。 ■どうしてアスペを雇いたくないか・言われたことしかできないから。言われないとできないから。・ミスしちゃいけない場面でミスするから。・周りと上手くコミュニケーション取れないから。 本当に言われたことしかできなくて、その都度、修正が必要な所は言われてないからしない。でも条件の変化に対応できないから細かいミス、あるいは大き [続きを読む]
  • アスペとボールペン
  • 一部のアスペの人の観察しての話や自分の体験談なんだけど、 学生時代さ、使っていたボールペンが書けなくなることってあるじゃん? で、そうなった時のために予備を用意しておこうと考えるじゃん? でもね、アスペは極端だから何本もボールペン持っているの。明らかにそんなに要らねえだろって本数。 不適切。 ストックとか予備って最高で1個までだと思う。 別にいくつも用意しても良いし、ダメな [続きを読む]
  • アスペの言う本音
  • アスペの人って裏表が無さげで空気を読まずに本音を言っちゃって人を嫌な気分にさせたりして失敗しちゃうから、 直接的に本音を言わないよう無難に話そうと思ったりもするけど、 本音を言うとどうなるか、建前としてはどう対応すべきなのか、学問的な考え方からするとどうなのかetc.すべてをわかった上で敢えて本音を言うのならそれはそれでアリだと思う。 ただ、やっぱり何も考えずにただ純粋に本音言うのはダメ。 [続きを読む]
  • "変な子"としてのアスペ
  • アスペの子供の変な言動を絵日記みたいにしたブログとか最近よくあるでしょう? あれ、今(子供のうち)は良いけど、その後、まずい気がする。 だって、子供のうちは変な子で笑って済まされるけど、そのまま大人になったら空気読めないコミュ障のヤバイ人じゃん。 変な所も個性なんじゃないの?って意見もあるけど、個性も出す時と抑える時をしっかり場合に応じて使い分けないとダメじゃん。定型はそうだろ。 ア [続きを読む]
  • アスペの子を育てる親子の会話
  • アスペの子の親は、どちらかと言うと職人気質な気がする。 専門分野はかなり詳しいけど、それ以外はこだわらない、まったくできないみたいな。 アスペの親全員がそうではないけど、そうだったら、それはマズイと思う。 定型の子はさ、なんとなく感覚的に感じ取って色々吸収して成長して行くから、親は基本、背中を見せていれば良いんだけど、 アスペの子はよーく言葉で説明しないとわからなくてなのに、親が職 [続きを読む]
  • アスペが社会に出てやっていけない理由の式
  • 「アスペは、生まれ持って(先天的に)コミュニケーション力が無い。人と関われない。友達できない」 + 「友達いないから、生まれてから(後天的に)成長過程で身に付けるコミュニケーション力が身に付かない」 = 「先天的にも後天的にもコミュニケーション力無い。コミュニケーション力の生まれ持っての才能も生まれてからの努力も無いなら、就職の面接時や採用されてからのコミュ力重視の社会で上手くやってい [続きを読む]
  • 戻って来ました!
  • あれから(昨年の12月以降)、MOS(エクセル)のやさしい資格取ってみたりとか、就職して働いていくための経験をいろいろ積んでいました。   でもね、一つ言いたい。 療育されていないアスペに対して成人した(成人以上の年齢になった)からと言って就職して働けというのは無理!バカに飛び級で学校卒業しろって言ってんのと同じ。不可能! 何事も手順ってものがあるでしょ。療育されていないってことはそ [続きを読む]
  • アスペについてあれこれ
  • ちょっと友達とディズニー行ったりしてました。ディズニーはランドもシーも行ったことがなかったので経験を増やす意味でと初めてのことを無くす意味で。待ち時間とかご飯食べながらいろいろ話すので実際のコミュニケーションの勉強にとてもなります。その練習をするには、ある程度学問的にコミュニーションを学んであとは実践練習というレベルに達していないとする意味がありませんが。友達と話しているといろいろ発見があります。 [続きを読む]
  • 人間が社会に出るために必要な経験
  • それは学生時代の成功体験です。なぜ、必要か。学生時代というのは社会に出るための練習です。練習で学生時代に上手く行かないのに本番の社会生活で上手く行くはずがないでしょう。流れ・仕組みとしては、学生時代の練習↓成功↓自信がつく↓社会に出ても頑張って生き抜ける見通しが立って実際に社会に出て行けるとなります。学生時代に具体的に何を練習すれば良いか。例えば、全員じゃなくて良いからクラスの気が合いそうな人と仲 [続きを読む]
  • 大は小を兼ねない
  • アスペルガーの人って、物の大きい小さいや多い少ないだったら、とりあえず大は小を兼ねるからとか単純に考えて大きいものや多いものを選びがちじゃありませんか?しかし、それは適切ではありません。友達の家に招かれた時、明らかに食べきれない程の料理やお菓子が用意されていたら引くでしょ。大きいことや多いことが必ずしも良い訳ではないんです。適切な大きさ、適度な量を常に考えましょう。大は小を兼ねるという考えは不適切 [続きを読む]
  • アスペルガーの子が「俺がこうなったのは両親のせいだ」となる理由
  • 成人したアスペルガーが自立できず、ひきこもって「俺がこうなったのは両親のせいだ」と言っている話をテレビなどでよく見聞きしますが、私の意見からすると、それは一部そうだし、一部そうでない部分もあると思います。ですが、結論的にアスペの引きこもりはたいがいは両親のせいです。アスペに適切な教育を施さないで定型と同じように育てるからです。アスペは見て学ぶことができないみたいなことを言われていますが、アスペも見 [続きを読む]
  • "見てわかる感覚” 私の例
  • 家の中で落ちてるゴミを見つけた時の感覚的対処。まぁ、拾ってゴミ箱に捨てるだけなんですが、「自分がその場を仕切るリーダーだったら、どうするか?どう段取りをつけるか?どう解決するか?」を考えて、自分が一家の主として自分でお金を稼いでいたら、そのゴミをティッシュでくるんで捨てたらティッシュがもったいないですよね。ですので、落ちているゴミは基本的に素手で拾って捨てます。そういった自分がリーダーとして場面場 [続きを読む]
  • 家事で"見てわかる"感覚を鍛える2
  • 前回に引き続いて家事で感覚的な見方を鍛える方法です。料理において"弱火"にする時、どこからが弱火?どこまで火を弱めれば良い?ってなるじゃないですか。それも前回の記事で紹介した「自分がその場を仕切るリーダーだったら、どうするか?どう段取りをつけるか?どう解決するか?」を考えます。弱火にするのは、食材を焦がさないようにするためですから、焦がさなければ多少、強くて中火っぽくても大丈夫な訳です。自分がその場 [続きを読む]
  • 家事で"見てわかる"感覚を鍛える
  • 一人暮らしの人は自分で家事をしますし、実家暮らしでも家事の手伝いをすることはありますよね。今日はそういった家事で感覚、特に"見てわかる"感覚を鍛える方法です。アスペルガーの人は、"見てわかる"と言った、実際に見て感覚的に判断することが見てもできないと言うか見てもわからないので判断できない傾向がありますよね。それを直す方法です。例えば、洗濯物を取り込む時。完全に乾いていれば、わかりますし、取り込んで良い [続きを読む]
  • 趣味を仕事につなげる方法(アスペルガーの趣味による能力UP法②)
  • 趣味を仕事にするという話ではなくて、趣味を通じて能力を上げて社会に出るという話です。プライベートな余暇の時間は、仕事にも役立つ趣味をして過ごしましょう。休みだからってただテレビを見て意味無くゲラゲラ笑っていたり、ダラダラ寝ていたりする人生は本当にムダです。そこで格差がつきます。■仕事にも役立つ趣味の例例1、「イラストを描く」物体に対する記憶力が上がる。↓仕事での視覚による記憶力が上がる。※イラスト [続きを読む]
  • アスペルガーの趣味による能力UP法
  • アスペルガーや発達障害の人が趣味や日課を見つけて能力をUPさせようというお話です。趣味というものは、定型的に言えば、気づいたら何となく習慣としてやっていたの日課ようなものですが、アスペルガーは変化を嫌い、不変にこだわり、変化の発想があまりありませんからどうしても趣味の幅は狭まります。「好きこそものの上手なれ」趣味嗜好・興味関心は、能力の源です。アスペルガーは趣味を意図的に広げて行くようにしましょう [続きを読む]
  • アスペルガーが社会に出るためのポイント
  • アスペルガーが社会に出るためのポイントを語る前に定型とアスペの学生時代とそこからどうやって社会に出て行くかを比べてみます。定型の場合一般常識的な感覚があるがゆえに、学生時代、成功体験を多く重ねることになる。それは、「こういう時、こうしたら良い」という適切をパターン化して体得していることを意味する。すると社会に出るにあたり、自信にもなる。だから、上手く社会に出て行ける。アスペの場合頼れる知性や能力が [続きを読む]