ヒッキー次郎 さん プロフィール

  •  
ヒッキー次郎さん: ヒッキー次郎の中年引きこもり日記
ハンドル名ヒッキー次郎 さん
ブログタイトルヒッキー次郎の中年引きこもり日記
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/hikkyjiro/
サイト紹介文40歳独身男、チビデブハゲetc、社会で生きるのに疲れ10年以上引きこもり状態。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 334日(平均0.3回/週) - 参加 2015/10/22 10:54

ヒッキー次郎 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 雨が続いてソウ
  • 今月に入り、雨や曇りの日が続くことも増えてきた。引きこもりの私にとっては、天気もウツ気味なのかと、勝手に親近感が湧くものである。さて、雨だからといってウツからソウの状態になるわけではないが、私もそろそろ動き出そうかと考えている。このブログを立ち上げてみてからというもの、引きこもりに限らず色んな分野のブログを斜め読みしながらも読んでみたところ、自分でも思ってもみなかった心境の変化が現れたのだ。「もう [続きを読む]
  • 晴が続いてウツ
  • 秋晴れは気持ちが良い・・・と思う。窓から見る空は青く、太陽の明りが燦々と降り注いている様子を眺めると、外を散歩したら気持ちがいいのになと考えるのだが、いかんせん引きこもりの私には、秋晴れの中、近所を徘徊する勇気はない。それにしても、私の住む地域では、今年の秋(とくに10月)は、晴れの日ばかりで雨が降った記憶がほどんどない。なぜだろう、引きこもりの生活が長く続くと、定期的に「雨の日」がなくては心が落 [続きを読む]
  • 落武者
  • 昨日書いた「ペトション」の記事の続きはしばらく書かないでおくことにした。冷静に客観的に考えたら、部屋にある空のペットボトルに小便をするに至った経緯なんぞ、誰も知りたくないだろうから。ところで、今日は何曜日だったっけ?あ、金曜か、土曜かと思ってた・・・まあ何曜日だろうとどうでもいいんだけどね。さて、いくら私がハゲとはいえ、てっぺん以外の髪の毛は一応伸びるんだけど、放置しすぎるとその姿はまさに「落武者 [続きを読む]
  • ペトション〜ペットボトル小便〜について1
  • 今回のテーマは「閲覧注意」です。引きこもりの排泄物に関する考察関連の記事ですので、苦手な方はスルーを推奨します。-------------------------------------------------------------------------さて、私を含めて、引きこもりの方なら意外に多く経験していると思われる、「ペトション(ペットボトル小便)」について今回は語りたいと思う。まず、このようなテーマで記事を書くということは、当然私も「ペトション」経験者なの [続きを読む]
  • 時が経つのは本当に早い
  • 私は今40歳である。ちなみに30歳から10年間実家で引きこもり生活をしている。生れてから現在までの思い出の出来事なんぞが、考えたくなくてもフッと頭をよぎることがよくある。私の場合は仕事もしていないので、普通の人よりその頻度が高いと思うのだが、良い記憶も悪い記憶も含めて、この10年間の出来事で鮮明に記憶に刻まれるようなイベントがほとんどないことに愕然とする。39歳も終わりに近づいてきた頃、「40歳に [続きを読む]
  • 本当は引きこもりを脱したい3
  • ものすごい倦怠感と吐き気、そして激しい喉の渇きに起こされ、トイレに駆け込み胃液を吐き続ける。水道の蛇口をむさぼるように水をがぶ飲みした私は、自分の寝ていた布団周りを見て愕然とした。ぐしゃぐしゃになった煎餅布団、枕の横には嘔吐、布団の中心部には失禁の跡があり酷い異臭を放っていた。ふと、携帯電話を確認すると、なんと丸2日間も寝ていたらしい。寝る直前の記憶は完全になく、テーブルの上にはコップに半分位入っ [続きを読む]
  • 本当は引きこもりを脱したい2
  • 誰ともほとんど会話もなく数ヶ月も引きこもっていると、声の出し方が本当にわからなくなる。テレビやネットで音声や文章は確認できているので、人が話す言葉は一応理解できるのだが、会話となると頭で思いついている言葉を咄嗟に出すということが出来ないのだ。「もう生きていても楽しいことなんか何もない」そんなネガティブな思考ばかりが頭の中を駆け巡り、その内テレビもネットも見なくなり、やがて食べることすら意味がないよ [続きを読む]
  • 本当は引きこもりを脱したい1
  • 今まで生きてきた40年の中で引きこもり歴は10年継続中である。では本格的な引きこもりになる前はどのような生活だったのかというと、中・高校生時代は遅刻・欠勤の常習犯であった。なんとか卒業し、さして興味のない分野の専門学校に入学したが友達が一人も出来ずに単位ギリギリで卒業する。卒業後、適当に選んだ初就職の会社は3ヶ月足らずで退社してしまい、その後は派遣やバイトや半引きこもり状態と繰り返してきた。結果、 [続きを読む]
  • 早起きは、あまり得ではない
  • 今日は珍しく、早朝の6時にパッチリと目が覚めてしまった。よく、「早起きは三文の徳」などと言うが、引きこもりの夜型の身としては一日の時間が長く感じることは、同時に何もやることがなく時間を持て余してしまうという現象が起こるのであまりおススメできない。また、朝早く起きることによって、近所に住んでいる住人達の「通勤・通学」の光景も強制的に目(耳)にしなければならないので、無職・引きこもりの自分には、現実と [続きを読む]
  • 夜の散歩
  • 引きこもり生活の悩みは数あれど、やはり「運動不足」というものは深刻な問題となってくるだろう。現に私も近所や街行く人々の好奇の目や、奇異の目にさらされるのが嫌すぎてとても恐いので、近所を散歩・徘徊するときは、どうしても「夜の散歩」がメインになってしまう。服もあまり持っていないので、外出用のジャージに着替えて暗い道は百均で買った携帯ライトで足元を照らしながら、特にあてもなく近所をひたすら歩くのである。 [続きを読む]
  • 中年引きこもりの1日
  • 朝、10時起床、ひとしきりボーっとした後、なるべく音を立てないようにトイレに行く。数年前から年金暮らしの親は冬場以外は農業で畑仕事をしているので、家に居ない隙を見計らって、台所に向かい適当な食材で食事を作る。作った食事はもちろん自室に持っていき、腹が減った時に食べる。一応米も作っているので、米だけはいくら食べても文句を言われないので、米ばかり大量に食べていたら、お腹が異常に膨らんできた。後は、くだ [続きを読む]
  • 「ヒッキー次郎」
  • 40歳にして、初めてブログという物を書いてみようと思った。思えばここ10年間友や恋人と呼べる人はおらず、仕事もほとんどせず実家にて引きこもる生活であった。たかが10年といえども、世の中は目まぐるしく変化し進化していったらしい。「らしい」と書いたのは、引きこもりの私が社会と触れる機会がない為、テレビやネットでの情報を元にした憶測でしか語れないからだ。今さら、「脱引きこもり」などを目指すつもりはないが [続きを読む]
  • 過去の記事 …