パルマローザ さん プロフィール

  •  
パルマローザさん: 癒しのアロマ
ハンドル名パルマローザ さん
ブログタイトル癒しのアロマ
ブログURLhttps://ameblo.jp/aroma-nagoya/
サイト紹介文大好きなアロマについて綴っていきます
自由文アロマやハーブ アロマトリートメント
好きなアロマについて♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2015/10/23 10:24

パルマローザ さんのブログ記事

  • 食事って大事・・・
  • 健康診断に行ってきましたいつもは人間ドックに行くのですが会社の健康診断プラス 子宮頸癌、乳癌の検査 血圧がやや高め・・・尿にタンパクが・・・ 今回初めて血圧が高めだと言われました・・・ 塩分控えめに!毎日通勤時に歩く!まずはこれを守ります あと・・・最近 お昼に食べていた 菓子パン夜のサイダー やめます! 食事って 大事ですね!! にほんブログ村 [続きを読む]
  • 女性の悩み
  • やっと子育てが一段落すると次は介護の事で色々悩みが出てきます久しぶりにあった友人と介護についてゆっくり話が出来ました話ながら心や身体が疲れてる女性を癒してあげたいなって思っていました女性って子育てで悩み介護で悩み仕事も持ちながらホントによく頑張ってますよねアロマトリートメントで癒されて欲しいな [続きを読む]
  • ハーブ植えよ♪
  • ハーブの種を買いました♪ 秋OKというのも色々ありました♪ 芽が出てくる時のあの可愛いこと・・・ セリアとかで 可愛い 入れ物とか買いたいな〜 せっかくの3連休は台風だから・・・残念ですけどね・・・ [続きを読む]
  • ガガ様・・・癒してあげたい・・・
  • yahooニュースより ガガさんはツイッターで「線維筋痛症」という病名を明かし、ドキュメンタリーが啓発と患者同士の出会いにつながることを願っていると述べた。線維筋痛症は全身に痛みが起きる慢性疾患で、極度の疲労感や睡眠障害、抑うつ、頭痛などを伴うこともある。 ガガ様・・・きっとたくさんのストレスを抱えているんでしょうね・・・ アロマトリートメントで癒してあげたいな〜 優しいタッチって 本当に癒されます [続きを読む]
  • 看護師のお仕事
  • 看護師のお仕事をしているときになんとなくいつも 思っていたこと・・・ あと一人 この病棟に看護師がいてくれたら・・・ 患者さんとお話する時間やもっと寄り添えること出来るのに・・・ 時間が足りない・・・処置に追われる・・・ 忙しすぎて・・・心に余裕なんて なかった・・・若かったし・・・・自分のことでいっぱいいっぱいだったな・・・ もうすっかり妙齢になった現在いろんな経験をしてきたからこそ・・・ 人に寄り [続きを読む]
  • ハンドマッサージ♪
  • 今日はお昼休みに実家に行って父には ハンドマッサージ母には 下肢のマッサージ キャリアオイルは ホホバオイル精油はラベンダーとオレンジを使いました♪ ホントにちょっとした短い時間ですが凄く喜んでくれる二人・・・ 子供が言うのはおかしいけど・・・ 可愛い二人です(笑) 気持ちいいって 言ってもらえて笑顔が見れるとこちらまで幸せな気持ちになります♪ にほんブログ村 [続きを読む]
  • 病院実習
  • 看護師を目指している娘今日から病院実習です昔 私も経験していますがしんどかったことを覚えていますこれからいっぱい色んな経験をしていくんですよね。頑張って乗り越えて欲しいです? [続きを読む]
  • お気に入りの精油
  • 最近 お気に入りの精油は・・・ パルマローザです 学名:Cymbopogon martini科名:イネ科 抽出部位:全草原産地:ベトナム・インド・ネパール・マダガスカル禁忌:原則として出産時以外の妊婦には使用しない(ゲラニオールに子宮収縮作用があるため) 抗菌作用や抗真菌作用に期待して皮膚トラブルに使用される。 ローズのような好まれる香りである こんなプロフィールの精油です 私はこの香りが大好きでアプ [続きを読む]
  • アロマって・・
  • アロマ アロマといえば 良い香り これくらいしかわかっていなかった私がすっかり アロマに魅了されたのは・・・ 精油の持つパワーを実感したからだと思います植物って 本当に凄い!! 精油って本当に凄い!! だから 精油をとても大切に思っていて最後の最後まで 使いきっております アロマって ほんと凄いな〜 [続きを読む]
  • クラリセージ
  • クラリセージのご紹介♪ シソ科 花房と茎葉 水蒸気蒸留法 トップ〜ミドル初心者使用OK エステル類リナリルアセテイトモノテルペンアルコールリナロールジテルペンアルコール類 スクラレオール エストロゲン様作用 鎮痙攣 鎮静 静脈強壮 催淫 精神安定 和名 オニサルビア生理痛やPMS心→不安 緊張 恐怖 鎮静 高揚体→肩こり 筋肉痛 頭痛 生理痛 更年期障害肌→脂っぽい頭皮 [続きを読む]
  • ケモタイプ
  • ケモタイプとは 同一の植物から得られた精油でも化学成分の組成がことなるものを標準的な精油と区別するために ケモタイプとして 分類する 化学成分の差異とは・・・生育条件によるもので 人工的になされたものではない ①土壌②日照量③降水量④気温⑤高度 タイムやローズマリーやニアウリにケモタイプはあります にほんブログ村 [続きを読む]
  • アプリコットカーネル
  • 最近 よく使っている アプリコットカーネル 私は化粧水は 肌ラボをやめて フローラルウォーターにしましたラベンダー・ネロリ・ローズを使っています そして クリームはつけずにアプリコットカーネルをつけております 一般名はアプリコットカーネルですが学名は Prunus armeniacaといいます抽出部位は 仁抽出方法は低温圧搾 色は透明 優しい甘い香りですとても浸透にすぐれていて 油ではありますがさら [続きを読む]
  • 私が覚えにくい 学名
  • 学名を覚えるのが大変でした 苦手は下記一覧♪スイートフェンネルLなのかRなのかを間違ってしまうんです・・・ Foeniculum vulgareこの場合 ホエニクエルム ブエルガレと無理やり Lエルを入れて 覚えました メリッサMelissa officinalisメエルイッサ オフィシナリス タイムThymus vulgarisティムス ヴエルガリス シナモンリーフCinnamomum zeyla [続きを読む]
  • キャリアオイルって すごい!
  • キャリアオイルって凄いんです!! 初めて出会ったのは・・・ スイートアーモンド学名:Prunusu communisバラ科 抽出部位は仁 抽出方法は低温圧搾浸透性がよく やや粘性はありますが 単独で使用可能オレイン酸・リノール酸・パルミチン酸すべての肌質に良い皮膚に栄養を与えるナッツアレルギーの人は使用を避けたほうがよい 次に出会ったキャリアオイルはホホバです ロウエステルSimmondsia chinennsis酸化しにくい [続きを読む]
  • 光毒性とは
  • 光毒性 精油成分のフロクマリン類が光毒性をもつフロクマリン類には 紫外線に反応し 塗布した皮膚に赤み・シミ・色素沈着・水疱などを引き起こす原因となる 柑橘系の精油を使用する際に注意する [続きを読む]
  • 精油に関する注意すること
  • 精油に関する注意 精油の保管に関する注意火気、熱、酸素、水分、光を避け 冷暗所に保管する子供やペットの手の届かないところに保管するキャップをしっかりと閉めて保管するガラスの遮光ビンに入れて 立てた状態で保管する (茶・青) 精油を購入するときに注意すること天然で純粋な精油であること学名の表示・原産地・抽出部位・抽出方法が分かるものを購入信頼できる製造業者や販売業者から購入すること 精油を使用する際に [続きを読む]
  • 香りが体に与える影響とは・・・
  • 香りの体への影響は ①嗅いだ時 香りとしての影響②身体に塗るなどして芳香分子が体に入った時 この二つに大別される ①について鼻から取り込まれた芳香分子は嗅覚の受容体で受け止められ神経伝達によって(電気信号となって)脳の大脳辺縁系に直接伝わり自律神経や内分泌系、免疫系に影響を与える鼻→嗅覚の受容体→神経伝達→大脳辺縁系へ ★大脳辺縁系とは大脳の奥深くに存在する 尾状核、被殻からなる 大脳基底核の外側を [続きを読む]
  • コリアンダーの話♪
  • コリアンダーはセリ科 種子 水蒸気蒸留法で採取 トップノートです フローラルな甘さの中に スパイシーでウッディーな香りがあると言われています 含有成分はモノテルペンアルコール類 リナロールケトン類 カンファーモノテルペン炭化水素 ピネン 作用は健胃 駆風 神経強壮 抗感染 抗菌 抗ウイルス 鎮痛 鎮静 古代エジプトの王家の墓から たくさん見つかったといわれているそうです幸福をもたらす スパイス 心には [続きを読む]
  • ケモタイプ
  • ケモタイプ植物学的に同一の植物から得られた精油でも化学成分の組成が異なるものを標準的な精油と区別するため ケモタイプとして分類する 化学成分の差異 生育条件によるもので 人工的になされたものではない 土壌・高度・日照量・降水量・気温 [続きを読む]
  • アロマの有名人 マルグリット・モーリー
  • マルグリット・モーリー 1985〜1968年精油を希釈したものでマッサージする方法を考案精油の効果をヨーロッパ各地で公演し施術クリニックも開設したマルグリット・モーリーの研究がイギリスにおけるホリスティックアロマセラピーの発展へとつながった精油と美容術についての研究によって国際的な賞を受けた1961年 ル・キャピタルジュネスをフランスで出版1964年 The secret of life and youthをイギ [続きを読む]
  • アロマの有名人 ジャン・バルネ博士
  • ジャン・バルネ博士 フランス人医師・ジャンバルネ博士(1920〜1995年) インドシナ戦争時(1948年〜1959年) 戦地で傷ついた兵士に精油を用いて治療にあたった戦争後、精神病患者に対して精油による治療を行い成功した 1964年ジャンバルネ博士の植物・芳香療法を出版した多くの臨床から得た精油の薬理作用を医師や薬剤師たちに伝えた博士の研究の流れを汲んでフランス・ベルギーで 医療分野でのアロマテラピーが発展し精油の内 [続きを読む]
  • アロマの有名人 ルネ・モーリスガットフォセ
  • アロマテラピーの父 フランスの化学者 ルネ・モーリスガットフォセ(1881〜1950年) アロマテラピーという言葉を作ったのはルネ・モーリスガットフォセですアロマテラピーとは アロマ(香り)とテラピー(療法)を組み合わせた造語です1910年に、彼は研究所でひどい火傷を負いましたその時壊疽した患部にラベンダー精油を塗布したところ治癒しこれをきっかけに精油を使った治療法を研究した 1937年 著書 AROMATHERAPIEをフラ [続きを読む]
  • ケモタイプとは?
  • 同じ学名を持つ精油でも 育った環境などにより構成成分が異なる種類のもの ローズマリーや タイム ニアウリにケモタイプがあります 今日はローズマリーを紹介します♪ ローズマリーはシネオール・カンファー・ベルベノン シネオールは1.8シネオール・モノテルペン炭化水素類・ケトン類カンファが含まれておりますなかでも 1.8シネオールが50-60%呼吸器に効果的です去痰・抗ウイルス・抗菌・抗感染・風邪・インフルエンザ・腰 [続きを読む]