風子 さん プロフィール

  •  
風子さん: 風子の575 あるがままに
ハンドル名風子 さん
ブログタイトル風子の575 あるがままに
ブログURLhttps://plaza.rakuten.co.jp/fuko575/
サイト紹介文日常眼にするものを、あるがまま感じたままに、写真と俳句もどきで気ままにつづっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供190回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2015/10/23 11:10

風子 さんのブログ記事

  • くちなしの花 fu
  • くちなしの花の盛りや裏小径  風子くちなしの花の香捧ぐきみの墓  風子くちなしや花の香残し錆び始じむ  風子くちなしの花渡哲也が歌ってヒットしてもう半世紀近くになる何度も書いているが、そもそもこの... [続きを読む]
  • 伊勢菖蒲 fu
  • おとめごの袂揺るるや伊勢菖蒲  風子風受けて裾ひるがえす花菖蒲  風子ひと講釈柳に風と伊勢菖蒲  風子花菖蒲三系統(江戸、肥後、伊勢)の一つ伊勢菖蒲伊勢菖蒲発祥の地松坂では敢えて松坂菖蒲と呼ぶ此の... [続きを読む]
  • 梅雨入り fu
  • 惜しげなくいっときに咲き梅雨に入る  風子東海地方は昨年より三日遅れて昨日梅雨入りしたもようという三鉢の仙人掌の花が20個も一斉に咲いた白いのも含めて 明日もまたいくつか咲く様子忙しい合間の癒しの... [続きを読む]
  • 花仙人掌咲く fu
  • 仙人掌棘に守られ一花咲く  風子道をゆく人を留めし花仙人掌  風子毎年神秘的な花を咲かせてくれる仙人掌昨夜白い花が一つ、今朝はピンクの花が一つ他に先駆けて咲いた道行く人が声をかけていく沢山の蕾が明... [続きを読む]
  • 白き十字花 fu
  • 十薬や一輪挿せば花明かり  風子どくだみや白き十字花暮れ残る  風子およそ花名が似付かわしくない浄さを見せる白い花匂いの強さからか、墓場や厠の周りに植えてあった鐘楼の下どくだみの花生い茂る十薬や浄... [続きを読む]
  • 蚊帳吊草 fu
  • 童心にかへり蚊帳吊りぐさを裂く  風子独りしてかやつりぐさを裂いてみる  風子夕餉どき母の呼ぶ声蚊帳吊草  風子風流に蚊帳吊草を描くひと  風子 [続きを読む]
  • 嫌なやつ fu
  • 嫌なやつ居そう名気配蛇苺  風子蛇を見かけるようになった子供の頃の嫌な体験の影響もあるが蛇は怖いというよりも嫌いであるニシキヘビなど首に巻いている人などみると鳥肌がたつ [続きを読む]
  • 悲しき性 fu
  • 夏蝶に悲しき性を重ねみる  風子夏蝶が金柑の花の蜜を求めて囲われたネットの周りを舞う無駄と気づかないのかあるいは意地で諦めないのか… [続きを読む]
  • 花空木 fu
  • 明け方の風の白さや花うつぎ  風子卯の花やあちみてこちみて落ち着かず  風子昨夜来の雨がまだつづいているきょうは、明日から始まる私主宰の書画愛好会の恒例の展覧会準備午後から書や水墨画作品の搬入展示... [続きを読む]
  • 若竹さやけし fu
  • 若竹や風にあそばれみぎひだり  風子嫋やかになおしたたかに今年竹  風子しなやかな孫の背中や今年竹  風子 若竹や雀の宿はとなりです         若竹は過ちもなし青き空            ... [続きを読む]
  • 浪の子守唄 fu
  • 春陰の渚に浪の子守唄  風子76年つづく地元津の伝統の日本画展に詰めていて慌ただしく日々が過ぎ、終わったらもう5月穏やかな海辺のさざ波の音に癒されれているのもつかの間11日からはまた自分の主宰する同好会... [続きを読む]
  • 平和な船団 fu
  • 船団を沖に擁して春の海  風子緊張たかまる日本海ではありません巨大空母や駆逐艦ではありません私たちの暮らしのため漁をする漁船団早朝の伊勢湾の平和な風光ですあすから地元津市の画廊で開催の日本画会展の... [続きを読む]
  • 遠い記憶 fu
  • 悔しさに連翹撲ちし頃のあり  風子今頃は連翹が黄金色の花をいっぱい咲かせる家にもかなり大きな木があった明るく振る舞ってはいたが どこか屈折した心理状態だったのだろう何が悔しかったのか記憶はさだかで... [続きを読む]
  • 悲しみの星 fu
  • 悲しみは絶えずアラブの春の星  風子戦禍やまずアラブの春以降中東各地での内戦はおさまる気配がないシリアからの海外難民は400万人を越え、内地には200万人の難民が収容所などにいて攻撃に曝されているアサド... [続きを読む]