チンパン さん プロフィール

  •  
チンパンさん: チンパン草
ハンドル名チンパン さん
ブログタイトルチンパン草
ブログURLhttp://tinpanheart.jugem.jp/
サイト紹介文30代のライターが仕事の記事、夢である小説、本・歌詞・詩、ビジネス、ブログでの稼げ方などを語ります。
自由文文章を書くのが好きです。
2015年7月に転職したばかりの初心者プロライターです。

本と音楽と映画、旅、ダウンタウン、フットサル、野球、甲子園、将棋、ものをつくる人、散歩が好きです。

転職した仕事はサイト運営、ブログ記事執筆で趣味の延長線上のことを仕事にできました。
このブログの記事もブログ運営のノウハウ記事が増える予定です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2015/10/24 10:32

チンパン さんのブログ記事

  • ホルマゲドン
  • タイトル 『ホルマゲドン』 「ゴホッ、ゴホッ」  ボロ布で、かろうじて隠すべきところだけは隠れている薄汚いオジサンがむせている。 「大丈夫か」  声をかけるオジサンもやはり同様の格好で、頭も禿げ上がっている。 「大丈夫だっちゃ。ちょっとガスが変なところに入ったっちゃ」  むせていたのは八兵衛。情が深く、人のいい八兵衛は体中毛深いので、歴史の教科書で見た原人のようである。それでいて表情からは、どこと [続きを読む]
  • 1回で生えなくなる髭脱毛1000円体験談。髭剃り・青ヒゲの悩み解決法
  • 毎朝のヒゲ剃り、大変じゃないですか?忙しい朝の貴重な時間を髭剃りに費やすのは面倒だと思いませんか? 髭の薄い人なら3分もあれば終わるのでしょうが、私は濃いほうなので毎日10分は髭剃りにかかっていました。急いで剃っているので、出かけてから首や頬のあたりに剃り残しを発見することもよくありました。 他にも、こんな悩みを抱えていませんか?・朝ひげを剃っても、夕方にはもう伸びてしまっている。・カミソ [続きを読む]
  • 2016年箱根駅伝結果。青山学院大学、早稲田大学、日大の留学生
  • 2016年の箱根駅伝も終わりました。誰が見ても明らかですが、青山学院大学の強さが際立ちました。10区間中6区間で区間賞。危なげなさすぎました。圧倒的。圧巻。去年、少し距離が長くなった5区を歴代の山の神、今井正人選手よりも柏原竜二選手よりも速く走った神野大地選手が本調子でなくても優勝してしまう強さ。神野大地選手はここ1年、疲労骨折2回などほとんどまともに走れずにいたと聞きました。そんな不十分な状態でも、5区を [続きを読む]
  • 2015年の総括・反省と2016年の抱負・目標
  • あっという間に新年を迎えました。本当に月日が経つのは早くて、焦ります。明けましておめでとうございます。2016年もよろしくお願いいたします。12月で転職してから5ヶ月経過。転職してすぐはまわりを見渡す余裕もなく、ただがむしゃらにやっていた感じでした。3ヶ月くらいして少し余裕が出てきたのか、改めて自分が書いているものを見直してみたり、考え直してみるとこれでプロを名乗っていいレベルなのかと自信を失くしたり。 [続きを読む]
  • 東京の銀座・新橋にある写真スタジオで文豪のような写真撮影体験
  • 今日は初体験してきました。なんの初体験かといいますと、写真スタジオで写真を撮ってもらうという初体験です。しかも袴を着て昭和初期の文豪のように写真を撮ってもらいました。インターネットで調べて、銀座夢工房という写真スタジオに行きました。リーズナブルなお値段と写真のデータがもらえるからです。写真のデータが基本のセット料金でもらえるかどうかは申し込むコースによって異なるので、ホームページで確認してください [続きを読む]
  • 箱根ドライブデートおすすめプラン2015秋・紅葉状況
  • 『北の国から』のような「2015秋」というタイトルがついた今日の記事です。「’87初恋」「’98時代」「2002遺言」とかタイトルについてましたよね。もう「2002遺言」から13年もたったんですね。時が流れるのは早いもので。宮沢りえ演じる「しゅうちゃん」、内田有紀演じる「ゆいちゃん」、唐十郎演じる「トド」なんか懐かしいですよね。このドラマがきっかけで実際に、吉岡秀隆と内田有紀は結婚しましたね。もう離婚して [続きを読む]
  • アート言葉とデザインことば。ここはこれからも自由なアート
  • 文章を書けば書くほど下手になっていってる気がするという迷いの時期に入りました。自分の書いている文章に自信をなくしました。もともと自分のことを文章がうまいだなんて思ったこともないけど、好きなだけで書いてきました。好きだからこそ、よけいに自信を持てずにきたのかもしれません。ほんとうに上手な人がどんな文章を書くのか知っているだけに、自分がうまいだなんて思えるわけもないのです。最近、デザインとアートの違い [続きを読む]
  • 言葉をデザインするとは、目的と媒体に奉仕すること
  • 言葉をデザインする。私は大学生のころ、よく「戦略を持たずに生きている人間はバカだ」と言っていました。あまりに世間知らずで、自分の能力のなさにもまだ無自覚だったからです。でもこれって生意気なことを言っているようですが、おそらく真実です。世の中で本当に成功している人たち、孫正義だとか、イチローだとか、本田圭佑だとか、そういった人たちは短期的にも長期的にも目標をもって、その目標に到達するためにすべきこと [続きを読む]
  • 小説の書き方 vol.6
  • 小説のノウハウ本、作家のインタビューサイト記事、自分で気づいたことなど小説を書くうえで大事なことを記録しています。1 登場人物の細かい性格をリスト・アップする。?肉体的特徴ーー身長。体重。体型。年齢。口や鼻の外形的特徴。顔の輪郭。眼の色およびその特徴。髪の色、質、長さ。肌の色やきめの細かさ。あざ。手の大きさや形状。着こなし、その他。?声や話し方ーー声の質や高さ。低い声で話すかあるいは大声で話すか。ア [続きを読む]
  • 日本シリーズ第3戦山田哲人ホームラン3連発、長嶋茂雄以来
  • さて今日は仕事から帰って来たのが9時くらいでしたから、テレビを見た時にはすでにヤクルトリードの5対4でした。なんかテレビを見たら、左上に「山田、長嶋以来の3連発」なんて言葉が書いてあります。山田哲人3本もホームラン打ったのか!と嬉しい驚きです。 途中で(久古に投手交代した時だったかな)VTRを見ましたが、はじめの2本はしっかり捉えていますし、3本目は少し詰まっていますが力で持っていきましたね。 [続きを読む]
  • ブログ記事と本のタイトルのつけ方の違い=タイトルの役割の違い
  • Kindle出版した小説が一冊売れました。新しい職場の社長に買っていただきました。ありがたい話です。さらに読んでいただいて感想までいただきました。社長だけではなく、同僚の方にも読んでいただきレポートにして丁寧な感想をいただきました。こちらもありがたい話です。仕事の方は職場の人間関係も良好で、仕事の内容にも本当にやり甲斐を感じています。はやく収益の上がる事業にしたいです。これまでも文章は誰に頼まれたわけで [続きを読む]
  • 日本シリーズ第2戦先発バンデンハークと小川泰弘
  • 日本シリーズ第2戦始まりました。バンデンハークと小川泰弘の先発です。試合前の予想としては、先発投手の成績と対戦チームとの相性を見るかぎり今日も福岡ソフトバンクホークス有利かなと見ています。ソフトバンクは昨日も先発全員安打ですし、取り残された選手もおらず、全員が気持ちよく試合に臨むでしょうし。私としては、ヤクルトスワローズを応援しています。なんとか一方的にならずいい日本シリーズにするためにも今日はヤ [続きを読む]
  • スイッチインタビュー達人達ダンサー田中泯×左官 挟土秀平
  • ずっと自分を、自分の存在自体を、自分のエネルギーを、自分の生命エネルギーを、自分のいのちをかけられることを仕事にしたいと思っていました。井上雄彦にとっての漫画のように、イチローにとっての野球のように、三浦知良にとってのサッカーのように。そして、それが出来ている人はもれなく僕の目にはまばゆく、美しく、格好良く映りました。そういう意味でも、僕にとっては中田英寿より中村俊輔の方が好きだし、江川卓より山本 [続きを読む]
  • 公募小説の結果と反省点。小説執筆状況
  • 私が書いている小説の状況を整理がてらお話してみたいと思います。今年に入ってから、新潮新人賞、オール讀物新人賞、神奈川新聞文芸コンクールと三つに応募しました。結果を述べるといずれも落選しました。新潮新人賞、オール讀物新人賞はなかなかハードルも高いだろうし、難しいかなとは思っていました。ただ正直、神奈川新聞文芸コンクールはいいところまではいくだろうと思っていたので、ショックじゃなかったといえば嘘になり [続きを読む]
  • ライターに未経験から転職。サイト運営から学ぶ文章上達法
  • 文章を書くことが仕事になって、早いもので三ヶ月半が経過しました。書くこと自体が好きなので、やはり今の仕事に転職できたことはとてもよかったと思っています。最近は起きている時間は仕事のことばかり考えている状況ですが、趣味の延長線上が仕事になったので苦痛じゃないです。むしろどこかで楽しんでいる自分がいるのを発見して、転職したことに満足するのです。文章を書くことを一生の仕事にできるようにスキルをとにかく上 [続きを読む]
  • 小笠原慎之介・東海大相模2015年ドラフト候補
  • 小笠原慎之介・東海大相模高校の投手です。明日のドラフト会議で上位指名が予想されています。今年の夏の甲子園で優勝しましたから、ご存知の方も多いですよね。甲子園の優勝投手ですから、今年のドラフト上位指名の候補に挙がるのも当然に思われるかもしれません。しかし甲子園で優勝投手になったからといって、その投手が毎回ドラフト候補に挙がるわけではないんですよ。プロでやっていくためには優勝投手というだけでは選んでも [続きを読む]