ひかる さん プロフィール

  •  
ひかるさん: セックスフレンド
ハンドル名ひかる さん
ブログタイトルセックスフレンド
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/tokioerotopia
サイト紹介文アホな男の日記です。
自由文出会い系サイトや街で会った女性と大人の付き合いをしています。
そんなバカな男の正直な気持ちを書きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2015/11/02 09:41

ひかる さんのブログ記事

  • 辛かったセックス 18
  • 私は長い前戯を終え、彼女の求めに応じてインサートいたしました。彼女は甲高いあえぎ声を上げながら、いろいろなことを口走っていました。「あんな男と一緒にならなければ。」「あの男がこんな身体にしたの。」「何人としたら気が済むの?」断片的な話であるので詳細はわかりませんが、とにかく自らの辛い経験を回想して吐露しているようなのです。それは私にとって気分のいい話ではありません。セックスと言う行為を楽しむと言っ [続きを読む]
  • 義務的なセックス
  • セフレと言う関係が悪くないな、と思ったのは会いたい時に会えることかな?と思っています。勿論、お相手もそれを思って初めて成り立つ関係であるのですが。恋人よりもかえってお相手を慮かる部分が大きいような気もするんですよね。恋人だと自分が支配していたいなどと言う独占欲が強まります。しかし、セフレならば、言い方は乱暴ですが、自分のものではありませんし、束縛する権利など何処にもない訳です。会っているときだけは [続きを読む]
  • セフレからの求愛
  • 昨日、ブログを書きませんでした。1日メールのやり取りに終始したためです。あるセフレから求愛されました。貴方のことが堪らなく好きだと。気持ちはとても嬉しいです。そして勿論、私もそうした気持ちが全く無ければ、長い間、こう言う関係を継続することはできません。しかし、実のところ過去にのめり込んだ経験があり、そしてその終末がとても辛いものとなることもわかっているからこそ、このファジーな関係を続けていると言う [続きを読む]
  • 昨日のデート
  • 昨日はTが東京に出てきていまして、会社を早めに失礼してデートをして来ました。Tの親戚が東京に居て、今日はそちらに宿泊する予定のようなのですが、昨日はデートのためにホテルを予約していたようなのです。しかし、デートの時間も短いことからホテルをキャンセル、私の家まで来てもらいました。二人で近所の焼肉屋で夕食をとって私の家に着いたのが午後8時。シャワーをして戦闘開始(笑)12時頃までは覚えているのですが、いつ [続きを読む]
  • 社内不倫 その3
  • 男の立場からすると社内不倫は当然リスクが伴います。誰からか見られてしまえば言い訳がしにくいです。特に狭い地方都市であれば人の集まるところなど限られていますから、見られている可能性は高いのですね。これが社内でなければ「ちょっと仲良くなった飲み屋の女。」くらいのことを言って流すことも可能ですが、二人のオフィシャルな関係を知る者に見られればより特別な関係を疑われる訳です。また、会社としては不倫していよう [続きを読む]
  • 出会い系サイトに登録したての女
  • 私が出会い系サイトに登録したのは今から5年くらい前でしょうか?そういう世界とは無縁でありましたので、正直なところ罪悪感たっぷりでありましたし、犯罪の温床くらいに思っていましたので男ながらに相当の警戒心を抱いていたのも事実です。登録をするとすぐに「あしあと」と言うものが付きました。若い女性のものでしたが、これが付く毎にその方のプロフィールを見ていました。もともと若い女性を対象とはしていませんでしたが [続きを読む]
  • 辛かったセックス 17
  • 私は彼女をベッドに寝かせるとまずはキスをいたしました。彼女の目からは涙が流れました。男とこういうシーンになることが久しぶりなのでしょう。感激してくれての涙かな?と思っていました。しかし、彼女の口から漏れた言葉は「こんな上手なキスは久しぶり。」でした。私は一瞬「ん?」と思いましたが、服を脱がせながら首筋や肩甲骨の周辺、そして背中に愛撫をして行きました。「すごく丁寧。全然違う。」彼女は感じながらも変な [続きを読む]
  • 女磨き
  • 私と同年代でセフレを求めるような方はやはりきれいな方ばかりですね。単純に仕事で外に出ると言うだけではそう輝くことはないのでしょうが、女を意識していることでやはり美しくなるのだと思いますし、みんな年齢よりもかなり若く見えます。普段の行動を見ていても、積極的に動いていますし、面倒くさがるようなことがないように思えますね。若くきれいでいる為には、まず健康であることでしょうから彼女たちは何らか身体を動かす [続きを読む]
  • ホテル直行する女
  • 私が出会い系サイトで知り合った女性の半分くらいはその日にホテルに行きました。今、お付き合いしている方々の半数もそういう感じでお付き合いが開始した方々です。勿論、セフレになろうと言う目的意識をはっきりさせてお付き合いを開始したからこその結果でしょうし、セックスがしたい私からすると喜ぶべき結果と言えるのかもしれません。私は慣れた雰囲気で女性に接しているものの、実は演じている部分が非常に大きくて、本当は [続きを読む]
  • 今年初めてのセックス(姫初め)
  • この三連休も何事もなく過ぎていくのかな?なんて思っていましたしかし、昨日の朝、お誘いのメールが参りましてFとセックスしてきました。Fは一昨年お付き合いを開始しましたが、たぶん昨年は一度もなく、本当に久しぶりにデートいたしました。メールのやり取りだけは毎日のようにしていたのですけどね。家の近くまで車で迎えにきてもらって、一緒にお昼を食べて、それから夜までホテルにいました。私自身、10日ぶりくらいのセ [続きを読む]
  • 不倫相手とのコミュニケーションツール その3
  • 私のような関係を異性との間で続けている方に聞きたいのですが、恐らくは電話よりもメールでお相手とやり取りしていることの方が多いのではないでしょうか?良し悪しは別として、時を選ばずに気持ちを発信する手段として、メールと言うものは有効なものであると思います。しかし、このコミュニケーションツールは対価を求め始めると堪らなく切ないものになるというのも事実です。メールとはあくまで受信主義のコミュニケーションツ [続きを読む]
  • 身体の支配
  • セフレさんとの関係で私が望んでいるのは「身体の支配。」です。いや、勿論わかっているつもりなんですよ、女性は気持ちが重要だということは。でも、セフレを求めている以上はやはりお相手下さる方にも肉体的な快感を得て頂きたいと思うのですね。セフレさんたちに恋人同士のような情感をもって接するのは、簡単な話ですし、たとえセフレと言えどもそうした方向に行くことはお付き合いの中ではある訳です。しかし、それに甘んじて [続きを読む]
  • 辛かったセックス 16
  • そのロータリーに車をつけて彼女を車の中に招きました。彼女のリクエストは「セックスをする。」でしたから、そのまますぐに高速のインターチェンジに車を走らせました。田舎のインターチェンジ付近には間違いなくラブホがありますからね。その道すがら彼女はあるリクエストをしてきました。「手を繋いで欲しい。」と。もうこれでこの日に一つになれることを得たようなものでした。手を繋ぐことを求めて来るのは一つになれる可能性 [続きを読む]
  • 人妻である安心感
  • 私のお付き合いしているセフレさんの殆どが人妻です。人妻を抱くという響きがいい訳ではなくて、寧ろ安心感があると言った方がいいでしょうか。立場が一緒というのが一番の理由ですね。独身の方とそういう関係になるのは、正直なところリスクを感じますし、それ以上に時間軸が解るということかもしれないですね。二人きりの時にはお互いのことしか考えないと言いながらも日常を慮かる配慮は欲しいと思う訳です。また私がセフレとす [続きを読む]
  • 社内不倫 その2
  • 一度は家庭に納まることを望んで結婚をしてみたものの、配偶者の働きも今一つですし、面白みもない。自分の身の丈を知って結婚したつもりだけど、生活も豊かではないし、気持ちも晴れない。そんな時に復職制度を知って、会社に復帰する。これは妄想ではなくて、ある社内不倫をしている女性から聞いた復職のきっかけです。そうしたきっかけをもって復帰してみたら、自分を必要としている人がたくさんいて、その中でも自分のペアの男 [続きを読む]
  • お嬢さん気質
  • 今の私のセフレさんたちは基本的に過去はお嬢さまのようです。私と同じ世代か少し上の方もいるのですが、基本的に厳しい家庭に育ったことが垣間見られる訳です。そうしたギリギリの世代かもしれないですね。かくいう私も「お坊ちゃま」とは言いませんが、世が世ならという育ちです。何故、今のセフレさんたちとお付き合いを重ねられるか?と言いますと、それは明らかに「生活感が一緒」な訳です。不倫なんて、その言葉の通り、して [続きを読む]
  • 社内不倫 その1
  • 私の知る限りでも自らが勤務する会社の社内不倫というのは結構多くあります。もともと出会いが少ない職場であり、不倫でなくとも社内恋愛が発展して結婚に至ることも多々あります。残業手当がつくかどうかは別として勤務時間は非常に長く、外で色恋沙汰に興じる時間は少ないということなのです。それでもブラック企業呼ばわりされないのはそれなりの報酬をもらい、それが残業も含んだ労働の対価と従業員が理解をしているからでしょ [続きを読む]
  • 大人のおもちゃ
  • 私はノーマルなセックスが好きですので、大人のおもちゃのようなものは使いませんし、使いたいとも思いません。あぁいうものを使う男性というのは、感じる女性の姿をやや上から目線で見るということに悦びを感じるのでしょう。ややSっ気がある人の使うものなのかな?なんて思うのです。私が過去おもちゃを使ったことがないか?と言えばそうではなくて、女性が望んだ時に限り、使ったことがありました。興味本位で「買って欲しい。 [続きを読む]
  • セフレさんとの旅行
  • セックスフレンドとは言いながらもお付き合いが長くなりますと、普通の恋人同士のようなことをしたくなることがあります。あるセフレさんとはたまに旅行に行きます。勿論、長期で行ける筈はなく、せいぜい2泊程度の小旅行でありますが。不倫旅行と言う響きはいかにもいやらしく、宿に着けばすぐに絡み合うことを想像される方が多いと思いますし、実のところ私も最初はそんな妄想をもって臨みました。しかし、現実には仲良く観光地 [続きを読む]
  • 辛かったセックス 15
  • その女性はサイメでずっと私に配偶者の愚痴を言ってきました。繰り返しになりますが、それは今の生活に不満を持っている証拠であり、当時の私からすれば「脈あり。」くらいに思っていたのも事実です。それを聞くうちに次第に男女の会話になっていった訳ですが、その会話の途中からセックスの話にまで及ぶようになりました。これはそれまでの傾向としては無かったことであり、それ以降もなかった傾向にありました。つまりは、セフレ [続きを読む]
  • 激しくすればいいというものでもないらしい。
  • セックスに於けるインサート後のプレイは私の中ではほんの一部の行為でしかないとの意識があります。そう思うようになったのは、何人かの女性とベッドを共にするようになったごく最近のことです。しかし、だからと言ってそれを蔑ろにするわけでは、当然ありません。何故ならセックスという行為は男女が互いの性器を重ねるということが基本になっており、更にはインサート後が重要であるかのような印象を誰しもが先入観として抱いて [続きを読む]
  • 不倫相手とのコミュニケーションツール その2
  • 何が分かっていなかったかと言うと女性は男性と会う前の準備として周到な 用意の時間が必要だと言うことでした。人によりますが、男なんてものの15分もあれば外出できるものですが、女性はそうは行きません。このケースの場合は周到な準備をさせておいて梯子を外しているということになりましょう。女性からすると大きな落胆を生む訳です。コミュニケーションツールとしては一歩前進したのは事実ですが、その分安易になったのは [続きを読む]
  • シロウト童貞
  • 風俗以外で性交渉をしたことがない男性を「シロウト童貞」というそうです。何か周囲からバカにされる対象のようですね。しかし、果してそれをバカにできるか?というとそうではないような気がするんですね。たまたま?シロウト女性とセックスする機会があっただけで、大差ない人間は多々いるのではないでしょうか?私も似たり寄ったりかな(笑)?枕詞にシロウトが置かれるかどうかは別として、彼ら童貞はその時まで操を立てた人間だ [続きを読む]
  • 不倫相手とのコミュニケーションツール その1
  • 昔から不倫とか浮気とか言うものは当然あったと思います。自らも独身の時に既婚者とお付き合いをしていたことがありましたが、いったいどうしていたのだろうと回想すると、固定電話から連絡をしていたな、という事を思い出しました。当然かける時間は制限をされます。女性の配偶者がいない昼間にかけるのは当然のことですが、その方にはお子さんもいたので学校に行っている時間を選んでかけていました。万一、お子さんが出れば罪悪 [続きを読む]
  • 種付け
  • 動物の生殖と人間のセックスは明らかに違う行為です。いや、勿論、セックスもヴァギナにぺニスを入れて、雄が射精をするという点に於いては全く同じ行動をしています。しかし、セックスは生殖として使われることは滅多になく、単なる娯楽としてされるものということなのでしょう。それが人間が動物に較べて優位な位置にあるか?というとそれは甚だ疑問ではありますし、そこから文化が埋まれたか?と言われれば決してそんなことはな [続きを読む]