yuzu さん プロフィール

  •  
yuzuさん: 社会不安障害と闘う日々〜DV、いじめを乗り越えて〜
ハンドル名yuzu さん
ブログタイトル社会不安障害と闘う日々〜DV、いじめを乗り越えて〜
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/yuzuponzu91
サイト紹介文父のDV、うつ病の母、学校のいじめ… 社会不安障害を持つ私の経験談を綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供78回 / 332日(平均1.6回/週) - 参加 2015/10/25 01:27

yuzu さんのブログ記事

  • 友達に対する愚痴
  • 最近、腹がたったこと。フリーターの友達の考えの甘さだ。その子を嫌いなわけじゃないけど、その子の甘い考えにはもう…嫌気がさした。…吐く場所がないので、ここで愚痴らせてください泣その子は母と兄と二人暮らしだ。兄は病気して以来、身体が疲れやすいのと、肥満を理由に無職。母は、会社員として大きな子供2人を養う。友達は、短大卒業後バイトを少ししながら、漫画家になるため絵を描いてる。しかし、家にずっといる兄と仲 [続きを読む]
  • ママへ
  • もう、会わなくなって15年がたったね。一緒に暮らした年月より、長い時間が経ったんだね。私はもう、24歳になったよ。大学を卒業して、好きな人と一緒に住んでいます。結婚もそろそろ考えています。パパにはたくさん迷惑かけた。お金もたくさん、私達のために稼いでくれたよ。おかげで私たちは、ここまで育つことが出来ました。私達は元気に暮らしてます。辛いこともたくさんあるけど、幸せにやっています。ママと暮らした日のこと [続きを読む]
  • ありがとうございました♪
  • ようやく、前へ進む決心がつきました。今の道を捨て、新しい道へ歩き始めようと思います。このブログを通じて、いじめについて、DVについて、家族について等…あらゆる人間関係の悩み。何か、少しでもお役に立てる情報があったなら…幸いです。また、近況報告などするかもしれません。過去を振り返るのは、もう今日で終わりにします。お付き合いくださいまして、本当にありがとうございました(^-^) [続きを読む]
  • 再婚相手に無理やり会わされた過去
  • 両親が離婚して、5年程たった頃でした。父が、何人かの女性と付き合っているのは知っていましたが…ある日、お昼ご飯を家族3人で食べていた時。父が、「明日休みやし、神戸の大きいモールに行かない?久しぶりに買い物したいやろ?」と、私と妹に訪ねてきました。父からそういう提案をされるのは、珍しく…私は不思議に思いました。「…なんで、いきなりそんなこと言い出すの?」父は、少し考える間をおいたあと、口を開きました。 [続きを読む]
  • 挨拶
  • ブログを始めて、もうすぐ一か月です。過去の出来事もまとめられて…今の悩みのヒントに、少しはなったのかな…て思います。でもやっぱり、毎日不安で、中々動かせないでいます。これからブログを続けていくのか、もう書きたかった過去は書いたし、これ以上続ける意味はないのか…少し悩んでいますが。それでも、やっぱりブログ始めて良かったです。たくさんの方が訪問してくれていたのが、凄く心の支えになっていました。家族との [続きを読む]
  • 改善5 小さなオンリーワンを見つける
  • 社会不安障害の方に共通してるのは、やっぱり…「自信の低さ」です。自分は本当に、駄目な人間ですか?本当に、何も出来ない人間ですか?「自分に出来ることなんか、誰でも出来る。大したことじゃない。」これが私を苦しめている考えです。私達、人間に与えられた課題は、何か難しいことをやることでも、特別に周りから好かれる能力でもありません。私達に必要なのは、それぞれの、自分に合ったオンリーワンを見つけることです。歌 [続きを読む]
  • 改善4 属するということ…
  • ◯◯という企業に勤めているという自分◯◯という職業についている自分何かに属していることで、確かにそれが自分の自信になったりする。悪いことではない。それでも、いつかその団体から、抜け出す日がやってくる。裸の、何も身にまとっていない自分を、カッコ悪く思うかもしれない。でも、何かに属していなきゃ、自分を認められないようじゃ…実はとても不安定なんだ。私も、ある職業に就くことで、父親や親戚に、自分の存在を認 [続きを読む]
  • 陽香の常識4〜罰金制度と罰ゲーム〜
  • 中学時代、陽香と私の間には、罰金制度がありました。1.勝手に部活を休むこと2.だまって勉強をすること3.クラスの人と行動を共にすることまぁ・・・このことは、過去の記事に書いたのですが、陽香が私の家に来たとき、勉強した形跡を見つけられると、即アウトでした。罰金代は、コミック本一冊程度でした。もうひとつは罰ゲーム。これは、陽香が気に食わないことがあった時に行われました。この頃・・・陽香は成人コミックに [続きを読む]
  • 改善3 一人行動してても、虐められない方法
  • グループ集団が苦手、でも虐められるのは嫌!という人に、ぜひ聞いてほしい。私が思うに、虐められやすい人は、・自信なさげで大人しい人・言い返せない気弱な人・口下手で、おどおどしてる人…私の今までの経験上、こんなイメージです。誰だって、虐められたくないです。当たり前ですけど。虐める人の心理…を考えたことありますか?人を虐める人の心は、むちゃくちゃ弱いです。いつも不安定で、自信なくて、でもそんな自分を強く [続きを読む]
  • 改善2 学校を休むことは悪いことじゃない
  • 虐められて、どうしても学校に行きたくない時は、休んだっていい。それは絶対に、ズル休みじゃないから。身体が風邪をひいたら、休むように。心がつらい時に、休むのも大事だから。身体だけじゃなく、心も病気になるんです。子供の心を守れるのは、大人しかいません。世界のお父さん、お母さんに、お願いしたい。「学校に行きたがらない子供を、無理やり学校に連れていくのはやめてください。」無遅刻無欠席に、なんの意味があるん [続きを読む]
  • 陰キャラを助けることはタブー
  • これも酷い思い出なのですが…私は中学二年生の時、国語係でした。国語の時間、配布物を配ったりする役割を担っていました。国語の先生「今日は配布物が多いので、誰かゆずさんを手伝ってあげてください!」生徒「シーン…」先生「誰か!お願い!」…静まる教室そこに、勇気を出して立ち上がってくれたのは、学校をよく休み高校生らと遊んでる噂がたってる女子でした。…そして次に、その子と仲のいい女子が立ち上がってくれました [続きを読む]
  • クラスは陽キャラと陰キャラで分けられる
  • 職場でこんなことは絶対ないですよね。中学生の教室は、真っ先に「陽キャラ」と「陰キャラ」に分けられました。皆、陽キャラになりたいんです。明るく、オシャレで、スクールライフを楽しんでる生徒。夏休みという大型連休を機に、陽キャラにキャラチェンジを試みる生徒もいたり笑小学生の時に、クラスに外人さんが転校してきたなら、皆、興味津々で外人の周りに集まったものです。中学生で、転校してきた外人さんに話しかけていた [続きを読む]
  • 陽香の常識3〜陰キャラはいじめてOK〜
  • おとなしくて、身体的特徴のある女子を、陽香は徹底的にからかっていました。中学1年の時、知美という仲良しが出来た陽香は、「なぁ知美!あいつ顎ながくね?笑」「長いよな!あいつ今日から顎って呼ぼう!」と、気にくわない子がいたら、徹底的に叩いていました。この友情は、長くは続いてなかったと思います。中学の時は、少しでもグループからはみ出る行為をとれば、すぐに除け者でした。除け者にされた子は、他のグループに行 [続きを読む]
  • 改善1 休憩時間を楽しむ
  • なんだか、「休憩時間という地獄タイム」という私の記事が、社会不安障害の注目記事1位にずっと残ってますね(^^;;共感していただけた方が多かったのでしょうか…?では、今回は…休憩時間を楽に過ごせる対処法を書いてみますね。「とりあえず、近くの席の、   誰とも話していない人に声をかける」でも相手スマホいじってるし…勉強してるし…本読んでるし…大丈夫。声かけてみてください。「何読んでるんですか?」「次 [続きを読む]
  • 陽香の常識2〜ペンがないなら、血で書けば?〜
  • 中学二年生の時、陽香の家で宿題をすることになったのですが…最悪なことに、ペンケースを忘れた私。陽香は気づくとすかさず、「貸さんで?  リスカしてるんやし、血文字で書けば?」私は、はは…と笑ってました。三日間、陽香の家に泊まらせてもらった時…陽香の家族と出かけることになりました。陽香は、母のいない私をいじるように、自分の母とべったりくっていて歩きました。陽香のお母さんが、「あんた…せっかくゆずち [続きを読む]
  • 陽香の常識〜入場料は払わせて当然〜
  • 陽香は、USJが大好きでした。小学生時代までは、入場料は各自で払っていたのですけど…中学時代から、陽香はお金というお金は、全て私の財布から出させていました。私の親がUSJまで車で送ってくれることになり、それを陽香に伝えると…「じゃあ入場料もゆずの親に出させちゃえ♪♪ 普通の親やったら、車で送ってまでくれるんやったら、当然入場料も出してくれるんやで?? それぐらい気をきかすの常識!!」陽香の常識は [続きを読む]
  • 小学3年、先生にキレられた思い出
  • ふと思い出した過去です。私の過去は散々お話してきましたが、小学校の先生とのことを書いていませんでした。小学3年生の時。両親が一番不安定だった時期。包丁事件の後ぐらいかな…私は、情緒不安定になっていて、学校でもしょっちゅう泣いて…先生を困らせていました。持ち物を忘れたりして授業中不安になると、しくしく…図工の時間、何を作っていいのかわからなくなると、しくしく…さすがの先生も頭に来てたのでしょうね。と [続きを読む]
  • 症状7 自傷行為
  • 手首に傷がある人を見て、「カッコつけ」と思う人もいます。「気持ち悪い」と感じる人もいます。私はね。言葉で伝えきれない心の痛みを、自傷行為として表すのだと考えています。私はそうでした。死にたくてやっていたわけでもなく、カッコつけでやっていたわけでもない。手首の、血がいっぱい通っているところを切ると、めちゃくちゃ痛いです。一瞬、反射的に頭が真っ白になります。当たり前ですよね。一歩間違ったら、死ぬかもし [続きを読む]
  • ちょっとだけ、今の悩みを。。
  • 今、すごく苦しい悩みに直面してる。私はあんまり、周囲に悩みを打ち明けたりしないのだけど…我慢できなくて、知り合いの方に助けを求めたぐらいだ。もう一か月、夜は必ず涙が出る。私は、今までずっと恐れていた「父の期待を裏切ること」に、とうとう直面してしまった。「逃げるな」と言われたくなくて、ずっと頑張ってきた24年間。とうとう…言われてしまった。私の中の、今まで構築してきた壁が、脆くも崩れ去ってしまった。今 [続きを読む]
  • 店員の立場になってみて、気づく
  • 思い出せる症状を、一つ一つあげているけど…もし、同じような経験をしている人が、読者さんの中にいたら…それは、間違いなく、「人の目を気にしすぎている」と言うことを、気に留めておいてほしい。人は、そんなにあなたを見ていない。あなたのことを、そこまで気にしていない。例えば、私はレジ打ちを5年しているけど、お客さんの顔なんてほとんど覚えていません。声が小さいお客さんを、悪く思ったりしません。小さな声でも、 [続きを読む]
  • 症状6 一番じゃなきゃ、生きてる意味がない
  • 高校の頃、成績に縛られていました。コミュニケーション能力のない私が、唯一自信を持てるきっかけとなったのは、成績のクラス順位でした。私は、二年生から三年生まで、ずっとクラス1位の成績をもらっていました。成績が良ければ、父や先生に認めてもらえる。社会でちゃんと、やっていける。大間違いの、根拠ない自信を支えに、私はずっと勉強していました。90点以下のテストがあると、すごく不安になるのです。。。「これじゃ1 [続きを読む]
  • 症状5 協力することが苦手
  • 高校生最後の体育大会では、クラスで仮装行列を披露しました。私たちクラスのテーマは、「シンデレラ」クラスの一番のまとめ役が、はりきります。休憩時間、放課後、休日に集まって、ひたすら練習。「皆、集まって!!反省会するで!!一人一人、どこが駄目だったか言ってって!!」私は自分の順番が回ってくるのを恐れ・・・何を言おうか。何を言ったらおかしくないか。そんなことばかりに気持ちが行くのです。。「片づけるで!! [続きを読む]
  • 症状4 外食が怖い
  • 家政婦さんが辞めたあと、家族で外食いくことが多かったです。私はお店で、料理を注文するという行為が、大の苦手でした。声が小さく、何度も聞き返されたり、間違った料理を持ってこられたり・・・父が、「早く注文しなさい。どれにするん!」とせかしてくると、「・・・・どれでもいい」なんて言ってしまった時もありました。父は怒り、結局私は、食べたいものをほとんど食べれませんでした・・・外食から帰って来たら、部屋にこ [続きを読む]
  • 症状3  電車の椅子に座れない
  • 私はとにかく、自分から声をかける行為が、ひどく苦手でした。通学で電車に乗っている時間は1時間という長さでも、私は立っていました。それはやっぱり、席を譲るという積極的行為を恐れていたからです。私は、すぐに気付くタイプです。おばあちゃん、妊婦さん、風邪ひいてしんどそうな人、荷物重そうな人・・・嫌なほどに、すぐに目に飛び込んでくるのです。椅子に座り、むかいにお年寄りが立っていたら・・・声をかけようか悩み [続きを読む]
  • 症状2 休憩時間という地獄タイム
  • 学校の休憩時間がとにかく苦手でしたね。休憩時間、一人で机に座ってる人は、「友達のいない人」を自ら示しているようなものでした。気を使って声をかけてもらう・・・これをされると、さらに虚しくなるのです。割り切って、絵ばかり書いてる人。机に伏せて、寝ている人。私は、そういう風になれませんでした。だって心の中では、友達がほしい!仲間にいれてほしい!って叫んでいたから。絵を書いてしまっては、寝てしまっては、そ [続きを読む]