brick861 さん プロフィール

  •  
brick861さん: 夢見人のお絵描きコラム
ハンドル名brick861 さん
ブログタイトル夢見人のお絵描きコラム
ブログURLhttp://brick861.blog.fc2.com/
サイト紹介文似顔絵イラスト描き。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供357回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2015/10/25 11:19

brick861 さんのブログ記事

  • ディーンマーティンさん
  •  今日は、ディーンマーティンさん。歌手としても、俳優としても一流なのだがどちらも、あまり真剣に取り組んでいなかったようで、そういうところが粋なんだろう。エブリバディ、ラブサムバディ、サムタイムが有名だが、映画「リオ・ブラボー」の中でリッキーネルソンと唄った「ライフルと愛馬」が、ぼくは好きだ。背筋に電流がはしった。 古くはジェリールイスとの底抜けコンビルイスと別れて、シナトラファミリー。「オーシャン [続きを読む]
  • コメンテーター
  • 長年、テレビウォッチしていると次から次と、新しい顔が登場して来る。コメンテーターというのも、毎回見ているとつい、顔を憶えてしまう。 超古いところで、航空機事故が起きると必ず解説していた青木さんといったか、スマイリー小原さん風の方がいたのをご記憶の向きも多いだろう。最近は息子さんとおぼしき方が、飛行機関係を担当している。 あと、声紋などを鑑識する研究所の方でカツラに見えるヘアスタイルの方も、声に関 [続きを読む]
  • ハイキングクラス会
  •  今日は、昨日行ったハイキングについてT武T上線、Y瀬川駅前広場から、旅が始まった。めざすは、武蔵丘陵S林公園。旅人は、東京都立K芸高校卒業生選り抜きメンバーだ。 O澤K一さんは、旅のコーディネート担当。別名、車椅子の石坂浩二。 S庄R太郎さん、天下無敵のお祭り男にして、さすらいの自転車野郎。 T橋M雄さん、煮込みの鉄人。コワモテで優しいが、おしっこが近い。 I藤H子さん、向島小町の異名をとる美人。目尻のシワ [続きを読む]
  • お笑い
  •  割と、お笑い好きなわけなんだがまだ、それほど売れていないころに発見して、これは、面白いと思った人が、ブレイクしてメジャーになるとなんか、嬉しい。自分に、見る目があるかのように思えるからだろう。「爆笑問題」が、そうだった。猫背で皮肉屋という感じの、太田さんはセンスが良いなと思った。思ったがあれほど、ビッグになるとは思わなかった。立川談志さんも、ずいぶんかっていたようだが、どこか似ている。 「アンガ [続きを読む]
  • ドンマイドンマイ
  •  なんか、いっとき暑いなという日が続いた気がしたが、またちょっと朝など、うすら寒い。今朝も、血圧が高めに出た。寒いと上がるのだ。 さて、面白い話を聞いたので、ここに記してみようと思う。またテレビからなのだが、張本勲さんが長嶋さんについて話していたのが、 長嶋さんがサードを守っていて エラーをした。マウンドに駆け寄 ってピッチャーに言った。 「ドンマイ、ドンマイ」凄いでしょ。自分がエラーしてピッチャ [続きを読む]
  • 眞子さまご婚約
  •  秋篠宮さまのご長女、眞子さまご婚約のニュース。ああ、もうそういうご年齢なのだと思う。 秋篠宮さまご成婚も、さほど昔とは思えないぼくは、さらにさかのぼって今上陛下ご成婚も、脳裡に浮かんでしまう。 まだ小学生だったが、あの馬車でのパレードをテレビで見ていた。ミッチ―ブーム。まだ、一般にテレビが普及していなかった時代だが、ご成婚パレード見たさに、販売台数が急伸したのだ。初めて民間から皇室へ嫁がれるとい [続きを読む]
  • くじ運
  •  宝くじの高額当選者は、当たった夢を見る人が、多いらしい。2億円当たった夢を見たので、100枚購入したら、本当に2億円当たったという。 別の例は、購入したが忘れていたら夢に、窓口係が出てきて、当たっていますよと言われ、実際に窓口で券を確認してもらうと1億5千万当たっていたというのもある。うらやましい話だ。  くじ運がいい人というのも、いるみたいで昔、となりに住んでいた一家がいて商店街の福引で、何度も箪笥 [続きを読む]
  • 1,000円カット
  •  二か月ぶりに床屋に行った。床屋といっても、1000円カットの店だ。1000円だから、カットのみで、10分位で済む。ぼくの行く店は、外国人の理容師が多い。昨日は、中東又はインド系の男だった。「耳をだして、横と後ろは刈り上げて」というと、おおきくうなずいた。最低限の日本語というか、職業上の日本語は解かるようだった。何処から来たの、くらいは聞いてみようかとも思ったが、鏡に写る彼の表情は作業に集中していたので、よ [続きを読む]
  • 至難の業
  •  今日の似顔は、柳家さん喬師匠。今は落語ブームで、大人気の柳家喬太郎師匠は弟子である。 落語に「寝床」という噺がある。義太夫好きのだんなに、長屋の連中がさんざん苦労するという噺だがぼくの似顔絵も、あのだんなの義太夫と似ていなくもないのだろう。  素人芸だから仕方がないのだがなかなか面白いのは、描けませんね。洒落と同じで、あんまりはまりすぎていても、面白くない。かけはなれているんだけど、どこか似てい [続きを読む]
  • 笑ってばかりもいられない
  •  最近、電車内の痴漢行為をとがめられ線路に飛び降りて、逃走する事件が後を絶たない。 何故、そんな危険な行動にでるのか考えてみた。別に、考えなくてもいいんだがヒマなので。 実際に痴漢行為をしていた場合も冤罪である場合も、裁判になったら人生が、変ってしまうからではないだろうか。冤罪である場合、それを証明するのはかなり困難なのではと想像する。やっていないのを、証明するのは難しい。寄付金100万円、渡したか [続きを読む]
  • 名調子
  •  テレビを見ていると、実に通販番組が多い。今はあんまり、売れていないんだけど昔は人気があった人なんかが、出ていたりする。ひところの12チャンネルの旅番組もそうだが、現役バリバリの人は、決して出ない。ああ、あの人もこういう番組に出るようになったかとそっと、ほくそえんだり、人気商売は悲惨だなと思ったりする。 似顔のジャパネットたかたさんのところはそういうタレントさんは、ほとんど使わず自社の説明員で、まか [続きを読む]
  • シリーズCM
  •  シリーズCMが多い。綾野剛、近藤春菜、角野卓造が出るシリーズも長い。春菜の父親が角野卓造というので、少し笑う。その角野卓造が、いきなりラーメン店を開く。角野卓造とくればラーメン店しかない。その店のパート従業員と角野が結ばれる。お相手は、箕輪はるかなのでそう来たかという感じで笑う。泉ピン子でも良かったと思うがどちらがインパクトが強いだろうか。 まあ、楽しませてもらっているが作りての方々も、楽しんでい [続きを読む]
  • 加藤一二三さん
  •  将棋の世界に、14歳だかの超新星が現れて、話題になっている。そんな中、加藤一二三さんが、クローズアップされている。加藤一二三さんといえば、新聞の将棋欄などで、随分と昔からお名前は知っていたのだが、お顔はよく知らなかった。今回のことで、テレビ出演が多くなり、拝見する機会を得た。 近頃、しんねりむっつりの、うっとおしい顔の多い中、実に清々しい、いいお顔だと思った。しゃべり方も、独特の調子で面白い。何よ [続きを読む]
  • 代々木
  •  つい、チャンネルを合わせてしまう「じゅん散歩」を見ていたら、懐かしい代々木を散歩していた。代々木といえば「代々木ゼミナール」を思い出してしまうぼくなんだが、一般的にもそうであるらしく地元の人が「代ゼミの城下町」と語っていた。50年近く前だが、今でも代々木駅から予備校生が、ぞろぞろ歩く姿が目に浮かぶ。 「何でも見てやろう」の小田実氏が、英語を教えていた。小田さんの縁で開高健氏の特別講演があった。著名 [続きを読む]
  • ポールマッカートニー
  •  長かったGWも終わり、空虚な虚脱感を味わっている方も、多いと想像しますが「ああ、また仕事かぁ」なんて言っているうちが花なんですよね。 さて、似顔のポールマッカートニーだが来日していましたね。 初めてビートルズを知ったのはテレビのニュースだった。怪物級のグループが現れて、イギリスやアメリカで旋風を巻き起こしているといった内容だった。しばらくして、彼らの映画が公開され中学生のぼくも、友達と観に行った。 [続きを読む]
  • 徳さん路線バス
  •  日曜日、テレビ朝日でやっている徳光和夫さんの、路線バスの旅を見ている。今日は無いようだが習慣で、見てしまう。 かなり以前だが、徳光、鈴木、山本、露木という各局のシニアアナウンサーが旅をするという番組があったがたぶん、あの番組のながれで徳光さんなのだろう。 この路線バスの旅のBGMがまさに、ぼくら世代が青春時代に聞いた曲ばかりなので、気に入っている。 さっきふれた徳光、鈴木、山本、露木の旅番組が、約1 [続きを読む]
  • ヨーロッパのポップス
  •  今は、あまりヨーロッパの曲は入って来ないが、ぼくらの時代にはイタリアやフランスのヒット曲があった。 例えば「ゴーカートツィスト」これは映画の主題歌だったがアップテンポな曲なんだけどどことなく哀愁が漂う。後にマカロニウエスタンで有名になるエン二オモリコーネの作曲だ。 シルビーバルタンの「アイドルを探せ」は、ポップスなんだけど、ストリングスの部分など、アメリカンポップスにくらべ、格調が高い。ジリオラ [続きを読む]
  • 鯉のぼり
  •  這えば立て立てば歩めの親心 子供の日だ。子供の頃、物干し場に鯉のぼりを飾ってもらった。 最近は、鯉のぼりも見ませんね。今朝の散歩で、かろうじて、ちいさいのをひとつだけ見た。昔は、一般家庭でも立派なのを飾っていたもので、高く風に泳いでいた。 ネットで見たら、最近は室内用鯉のぼりなんてのがあったが、ちょっとね。 さ、今日は柏餅で一杯やるか。 似顔は、高橋真麻さん。うちでは、高橋さんちのお猿ちゃんと呼 [続きを読む]
  • 右肩下がり
  •  女房と散歩をしていると「右肩下がり」と、指摘される。 右肩上がりだと、なにか景気が良いようで、言われても気にならないのだが、右肩下がりはどうもイメージが悪いので治したくなってしまう。 たぶん、野球をやっていたので球を投げるのに、右肩ばかり使っていたせいだと思う。治す方法を調べたら、出来るだけ左手を使いなさいとあった。左手で歯を磨くとか、日常の動作を左で行なうというのだが難しそうだ。 整体に行きな [続きを読む]
  • お別れ会
  •  朝、テレビをつけたらムッシュかまやつさんのお別れの会の模様が写し出されていた。亡くなられたのだからかまやつひろしさんとテロップを出すべきだと思ったが、ムッシュかまやつ となっていた。親しみを込めたつもりなのだろう。 かまやつさんは、カントリーやロカビリーの歌手として、ミッキーカーチスさんなんかとやっていたというから、堺正章、井上順さんよりけっこう年上だ。結成時のスパイダースはバックバンド的な存在 [続きを読む]
  • 関西弁
  •  東京生まれの、東京育ちだが関西弁は、嫌いじゃない。仕事の関係で、関西の友達と付き合っていた時期が、あった。 関西弁にも、色々あるようで映画やドラマでおなじみだった「おおきに」なんて言葉はほとんど使わないと言っていた。 関西弁は、聞いていると言葉がこなれているというか会話がスムーズな印象がある。新幹線で、移動中、大きな荷物を引きずった女性が、乗り込んできた。大変そうだったので声を掛けた。「荷物、上 [続きを読む]
  • クラシック
  •  クラシック音楽は、得意分野ではないが「モーツァルトの40番位」は、知っている。この曲は、確か、若狭プリンスランドのCMで使われていた。クラシック好きの義兄に曲名を教わった。メロディを聴けば誰でも、一度位は聴いたことのある名曲だ。 「アイネクライネナハトムジーク」もモーツァルトで「タモリの音楽は世界だ」のテーマとして使われていたので、憶えたのだ。 チャイコフスキーの「くるみ割り人形」は幼い頃、近所の文 [続きを読む]
  • ツツジ
  •  今朝の散歩では、ツツジが見ごろになっていた。赤紫が多いようだが白、ピンク、白とピンク、赤と色とりどりだ。一色でまとめているのもあれば、色がたくさん混じっているのもある。あれは、任意でコントロールできるのだろうか。 似顔は、井上公造さん。芸能レポーターとして、いまや一番、顔が売れているのではないだろうか。気がむいたらバナーをポチにほんブログ村 [続きを読む]
  • パープルシャドウズ
  •  今井久さんのパープルシャドウズはGSの中で、好きなグループのひとつだった。「小さなスナック」のイントロは、印象的で今でも耳に残る。 今井さんは、ボーカルでリードギターというピッチャーで4番のような、存在で、GSという括りになっていたが、ハワイアンバンドなのだった。 ぼくらの年代でないと、今井さんを知らないと思うが、似顔を描いてみた。ハッキリ言って良く似ていると思う。バナーを押して下さると幸いです。に [続きを読む]