GMO さん プロフィール

  •  
GMOさん: GMO Small-Cap Stocks アクティブ・オープン
ハンドル名GMO さん
ブログタイトルGMO Small-Cap Stocks アクティブ・オープン
ブログURLhttp://ameblo.jp/g0mao/
サイト紹介文小型成長株投資。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供140回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2015/10/25 20:58

GMO さんのブログ記事

  • 岡県運送 ロジネットJ
  • 9027 ロジネットJ が短期で2倍になりました。 物流は現在の市場テーマ株だと考えています。 岡県運送も第2のロジネットにならないか? 岡県運送が急伸、ヤマト運輸労組による荷受量抑制要求で恩恵大との見方◇http://minkabu.jp/stock/9063/news/1242207 amazonが物流も自社で手掛けるという話題がありますが、完全に自社で物流をやりきれるかというと、それは難しいと思って [続きを読む]
  • JPOPの圧倒的ダサさ(つんくボーイ除く)
  •  最近はようやく少なくなってきましたが、ちょっと前だとどんな店舗でも有線でJPOPがかかっていた。有線のJPOPが鳴っていると、店全体の居心地が悪くなるし、圧倒的にチープ感が漂う。JPOPっていうのはヴィジュアル系みたいな感じの軽いロック系が多いわけである。コード進行もたいてい同じだから、なんとなく聞いたことがある曲ばかり。耳が慣れているということで、聞きやすさはあるかもしれない。  TPO [続きを読む]
  • みきまるさんのミックス係数投資法
  • PBR×PER<22.5(グレアムのミックス係数)PBR×PER<11.25(みきまるさんのミックス係数)グレアムのミックス係数https://ameblo.jp/g0mao/entry-12205751677.html 投資指標 17/03期(連)予想PER5.18倍実績PBR0.47倍1株データ更新日:02/28 みきまるさんのミックス係数 2.43 ということで、忘れていたバリュー投資を実践しました。 岡山県貨物運送 (9063)です。市場テーマ株でかつ、割安 [続きを読む]
  • イナゴ投資法
  • 四季報オンラインの大株主検索で、新たな銘柄を発掘しました。 日本エム・ディ・エム (7600)です。 アメリカ子会社ODEVの工関節の売り上げが増えています。日本は世界でも5本の指にはいる市場だと思います。高齢化で、需要ありそうです。 ODEV社https://odev.com/ 五味大輔氏が480,000株保有。2016年9月15日発売の四季報には記載なし。 指標も割高ではないし、イナゴ投資銘 [続きを読む]
  • Nujabes - Metaphorical Music (Full Album)
  • 四季報オンラインの大株主検索で、新たな銘柄を発掘しました。 日本エム・ディ・エム (7600)です。 アメリカ子会社ODEVの工関節の売り上げが増えています。日本は世界でも5本の指にはいる市場だと思います。高齢化で、需要ありそうです。 ODEV社https://odev.com/ 五味大輔氏が480,000株保有。2016年9月15日発売の四季報には記載なし。 指標も割高ではないし、イナゴ投資銘 [続きを読む]
  • Mounted Archery
  • 16世紀にマスケット銃が世界的に流行するまでは、騎射が最も威力を発揮した戦闘方法だった。 鐙の発明で馬に乗ることができるようになったのも最近であって、乗馬技術が誕生するまでは、戦車とよばれる車を馬にけん引させて、車に人がのりこみ、そこから弓を打った。 現在の柔道や剣道や空手など、火器が主流になる以前には誰も学ぶものなどいなかっただろう。刀や素手で殴り合うことなどありえないからだ。柔道、剣道、 [続きを読む]
  • ポートフォリオ
  • 比率1位:翻訳センター  エムスリー大株主。日本の業界シェア3%なのに、シェア1位。翻訳業界は中小子会社乱立しており、ビジネスチャンスがあると考えている。エムスリーの決算資料を見ると、積極的な海外展開が謳われており、エムスリーにとっても重要企業であることは間違いない。 有利子負債ゼロ。 時価総額100億未満の小型株。小型株効果も期待。 比率2位:メディカルネット  エムスリー大株主。歯科分野 [続きを読む]
  • 忘れられたもの
  • マスケット銃が進化するまで、騎射というのが最強の戦術だった。馬上で弓を射ることは、高度な技術を要する。日本の流鏑馬しかしらないと、ユーラシア大陸の本物のパルティアンショットを知ってびびってしまう。オリンピックではアーチェリーが存在し、馬術競技もあるが、近代的なそれらよりも、複合弓をつかったパルティアンショットの大会を催したほうが、人類史的にもよっぽど意味があると思う。イギリス式や西欧式の馬術が世界 [続きを読む]
  • メディカルネット
  • エムスリーの医師登録 20万人 メディカルネットのgroup会員 3万人 MR君の歯科版のデンタルウェイブはまだ事業成熟していない。 歯科医院の数 全国で6万。歯科医の数 103,972人。 うまくやれば、もう少し成長できそうなものなんだが。。すでに3万人が登録してるんだから、うまく課金する仕組みをつくれば市場独占できる。 メディカルネットは携帯アプリゲームをつくってみたり、 [続きを読む]
  • メディカルネットの事業分析
  • メディカルネットの事業の柱は歯医者向けのポータルサイト運営。これは今後も登録者が増えると思う。歯医者はコンビニより多いらいからね。 第2の柱にしたいのが、歯科医師向けの医療BtoB事業。 赤字は保証事業とまんまみーやという情報サイト。保証事業は廃止した。そしてこのまんまみーやってのは、やる意味あるのかね?こういう情報サイトをやる価値ってないと思う。 エムスリーに経営介入してもら [続きを読む]
  • 年初来マイナス
  • 年初来マイナスになってしまいました。 主力は翻訳センター、メディカルネット、パートナーエージェント。時価総額50億円程度の小型株。 今週はソーシャルワイヤーとシンクロフードのスイングで小銭儲けをし、翻訳センターを買い増ししました。 現在は信用取引もしていますが、現物キャッシュポジがほどほどあるので、余裕はあります。 翻訳センターとメディカルネットはともにエムスリーの子会社であり、エ [続きを読む]
  • コリラックマ
  • コリラックマは自分自身の判断で常に生きている。 他人に流されない。他人を気にしない。 自分に確固たる価値観を持っている。 これはスゴイことである。 バフェット、グレアム並のある種の達観した哲学を持ち合わせている 誰がどう生きようが関係ない。 コリラックマはコリラックマのやりたいことを常にやるのみ。 昨日のコリラックマと明日のコリラックマはちがう。 [続きを読む]
  • ポートフォリオ
  • メディカルネット:エムスリー傘下 歯医者業界のエムスリー翻訳センター;エムスリー傘下 パートナーエージェント ロース、紅の鹿さん、システム稼働直前 いろいろと考えた結果、小型株のエムスリー子会社のメディカルネットと翻訳センターとパートナーエージェントに資金集中することにしました。 ジャストシステムは大型すぎると考え、売却。富士山マガジンは雑誌定期購読が日本で流行るか?イギ [続きを読む]
  • 結婚できない男
  • amazonプライムで全話視聴。 これは脚本家が素晴らしい。 主人公は桑野。演じるは阿部寛。猫背で微妙にダサいキャラをうまく演じていた。いつも着ているポロシャツもダサい。 主人公のネタ的なライバル金田。高知東生が演じる。モテモテなのかと思いきや、最終話?で一人焼肉をしている結婚できない男。 マジで面白かった。毎回。同じシーンばかりなのだが、飽きさせない。めぞん一刻みたいな面白さがあ [続きを読む]
  • ポートフォリオ整理
  • 50億未満 メディカルネット 2,774百万円 グロース、モメンタム、エムスリー傘下・四季報:売上の伸びが良い。富士山 4,372百万円 グロース、雑誌定期購読独占企業、すぽさん・四季報:物販と定期購読の相乗効果を深掘り。100億未満パートナーエージェント 5,481百万円 グロース、紅の鹿さん、システム稼働直前 ・四季報:新システム復旧前提で業容拡大、営業益回復。。100億以上ジャストシステム 80,345百万円 ス [続きを読む]
  • 富士山マガジン
  • 富士山マガジンのサイトいろいろみていましたが、雑誌の数が多い。しかも試し読みできるものもある。(立ち読み) そして、デジタルでなくて紙の本も扱っている。(というか紙がメイン) これってつまりは美容院とか病院とかで、待合室に置くような本だったり、企業内部の専門雑誌だったり、そういうニッチなところに確実に需要があるなと。わざわざ買いにいくのめんどくさいし、定期購読にしたほうが安いし。そして実は [続きを読む]
  • 四季報
  • 50億未満 メディカルネット 2,774百万円 グロース、モメンタム、エムスリー傘下・四季報:売上の伸びが良い。シスロケ 2,817百万円 地味株、財務良好、事業再編中・四季報:。新規のBtoC事ってのが初見。ソーシャルワイヤ 4,223百万円 グロース、モメンタム、富士山 4,372百万円 グロース、雑誌定期購読独占企業、すぽさん・四季報:物販と定期購読の相乗効果を深掘り。100億未満パートナーエージェント 5,481百 [続きを読む]