職人の戯言 さん プロフィール

  •  
職人の戯言さん: 職人の戯言
ハンドル名職人の戯言 さん
ブログタイトル職人の戯言
ブログURLhttp://syokunin.muragon.com/
サイト紹介文生涯現役の不動産コンサルタントです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供523回 / 365日(平均10.0回/週) - 参加 2015/10/26 18:46

職人の戯言 さんのブログ記事

  • <前向き>
  • 図書館入り口のコーナーのテーマが<前向き>になりました。 小生のモットーは、不動産業界に足を踏みこんで以来50年間変わらず<進め〜進め〜前へ進め>です。 過去は反省しても変更はできない・・艱難辛苦辛い日を沢山経験してきたが前に進まなければ倒れてしまう・・ * 学びに前向き・・ * 暮らしに前向き・・ * 人生に前向き・・ * 仕事に前向き・・ 何事もやらないで後悔するより・・失敗を恐れず自爆覚 [続きを読む]
  • <人の世は・・>
  • 時々行く施設の壁に貼りだされている・・常々気になっていた・面白い人生訓 <人の世は山坂多い旅の道> ● 還暦・六十才  命の六十に迎えが来たら〜とんでもないと追い返せ ● 古希・七十才  命の七十に迎えが来たら〜まだまだ早いとつっぱなせ ● 喜寿・七十七才  命の七十七に迎えが来たら〜せくな老楽これからよ ● 傘寿・八十才   命の八十に迎えが来たら〜もう少しお米を食べてから ● 卒寿・九十才  [続きを読む]
  • <地域は学びの場>
  • 朝日の朝刊・第2多摩面から・・八王子〜学園都市の街(4) <学生とつくる街>へ踏み出す・・ 23日昼、館ヶ丘団地で、法政大のボランティアサークル<多摩ボラ>の学生と、地域の高齢者ら計約40人が、集会所で一緒にカレーライスを食べた。 朝9時ごろ懇意の学生にあったので今日は何よ・・尋ねたら集会所で<カレーライス>行きたいと考えたが・自治会の総会とダブったので断念した。 ふらっと相談室スタッフの努力 [続きを読む]
  • <1年生は5人>
  • 団地内の<館小中学校の学校便り>を見ていたら・・今年度の小学校1年生は男子5人〜女子はゼロ・・ 過疎地の小学校並みにびっくりした・・24の瞳より少ない・・ 2年生・15人〜3年生・14人〜4年生・16人〜5年生・21人〜6年生・26人の合計97人・・ 隣接地域の小学校では、マンション・建売住宅の建設で生徒の増加で増築中・・ 数年前から学区域外への通学が認められたので・・少人数に懸念する親の意向で隣 [続きを読む]
  • <なぜ詐欺にひっかかるの>
  • 書籍名〜  <Q&A 詐欺・悪徳商法 相談対応ハンドブック > 著者〜    村 千鶴子 さん〜 弁護士、東京経済大学現代法学部教授、 発行所〜  ぎょうせい ■ 消費生活相談の基礎知識や相談対応のための基本的なポイントを<Q&A形式>でわかりやすく解説されている。 ■  契約トラブルの相談を受ける上で必要な、基礎的な法律の知識や概要も解説されて・・内容の理解を助けるため、根拠となる条文もQ& [続きを読む]
  • <患者専用の遊歩道>
  • 先日、緑内障手術で入院中は、感染予防の為、病院外の散歩は自粛していました。 年中病院敷地内を通過して、ヨーカードー方面に歩いていたので<遊歩道>の存在は知っていた。 車いすの患者さんや保育園の幼児たちが、林の中を歩くのを遠目で眺めていたが・・本日初めて歩きました。 案内板に四季ごとの草花等の説明や樹木が詳しく説明されていた・・残念ながら眼の調子も今一なので細かい文字が読みにくい・・ 樹木だけ [続きを読む]
  • <特任っては何だ?>
  • マスコミに度々登場する・・池上 彰さんは、東京工業大学特命教授、信州大学・愛知学院大学特任教授、京都造形芸術大学客員教授・・ 知事退職者や官僚出身者の多くでXX大学教授〜特任教授がいる・・ <特任>を、調べてみたら・・ 外部研究資金によるプロジェクト等により、講座を開いたり学生の指導をしたりなど、特別の必要があるとき、期間を限って教員を特別任用することがある。 各大学・研究機関は、このような任 [続きを読む]
  • <現場での遵守事項>
  • 小生の担当した現場には工事中必ず掲示i板(3尺X3尺)が立っています。   <お客様の為に心をこめた住宅を提供しよう> 1. 建築に参加した幸せを感じ仕事をする。 2. 火の用心・安全管理・事故に気をつける。 3. 整理・整頓・後始末に気をつける。 4. 近隣・通行中の皆様に迷惑を掛けぬよう注意する。 5. 挨拶・言葉づかいに注意する。 6. 家屋内・仕事中のタバコは厳禁。 7. 時間・期間厳守・ [続きを読む]
  • <目薬拒否??>
  • 1年くらい前から<左眼>に目薬3〜4種を1日3回さすようになった。 それまでは・長年の経験で、少々暗い所でも的確にさしていた。 14日の手術後・以前より苦戦して1回では命中しない・何度も繰り返すので頬が濡れるのでタオルの出番が多い。 退院時の視力検査では<右眼>は、従来と変わらず・・ 何が変なのかさっぱり分からない・・元々<左眼>は、視力が半壊していたので同じ状態の筈だが?? 病院で、指示さ [続きを読む]
  • <平成の浦島太郎>
  • 一昨年から悩まされれきた<左眼の不調>・昨年の今頃<レザー治療>の予定でしたが・・だましだましの治療は、限界になったのでで、13日に<緑内障線椎手術>を、しました。 経過は順調でしたが<感染予防>という名目で・退院許可が出ず・10日間拘束されてやっと本日退院しました。 眼の負担を少なくするため・・デスクワークもできない・・外出も不可なので院内を毎日・・ブラブラ・1階の<ミニ・セブンイレブン>が [続きを読む]
  • <ブラの神様>
  • 書籍名〜  ブラジャーで勲章をもらった男 著者〜    西田 清美さん〜 カドリールニシダ会長 発行所〜  集英社 日本の女性下着に革命を起こした男! 女性に優しいブラ作りに奔走50年! カドリールニシダ会長の経営哲学。  2011年、西田は婦人下着業界への貢献を評価され、藍綬褒章を受章。 ヤンチャな高校時代を送った後、京都の和江商事に入社した。復員してきたばかりの塚本幸一が始めた装 [続きを読む]
  • <100問100答>
  • リクルートの<住宅情報誌・スーモ>から・・ 小生は、住宅を購入する気もない〜資金もない・・ 職業柄興味があるので・・東京市部版は、毎週火曜日に近くの<コンビニ>でもらってくる。 <都心部版>は、毎週郵送で届けてもらっている。 雑誌の性格上<分譲効率>を上げるために・・毎回記事内容を工夫して編集している。 今号は、<100問100答>のタイトルで・・読者をうまく誘導している。 *  何歳で家を [続きを読む]
  • <何か変だな?>
  • 書籍名〜 権力に迫る「調査報道」・・ 原発事故、パナマ文書、日米安保をどう報じたか 著者〜高田 昌幸 さん〜 高知新聞社・報道部副部長    〜大西 祐資 さん〜 京都新聞社。南部支社報道部長    〜松島 佳子 さん〜 神奈川新聞社・デジタル編集部 発行所〜  旬報社 調査報道は、瀕死のジャーナリズムを救えるのか? 原発事故から安保法まで・・激動の時代に刻まれたスクープの数々を、担当した [続きを読む]
  • <私の先生>
  • 書籍名〜 私の先生・・ 誰からも、何からも学べる 著者〜  小笠原 英司さん・・ 出版社〜 ぎょうせい <まえがきから・・> ひとは、一人では生きていけないという真実を、いろいろな意味で実感できるのは、ある程度の経験つまり年齢が必要だと思う。 若い内は自分が前面に出て、自分一人で思うように生きたいと思うから、自分に与えられている貴重な<学び>の機会に気づかないことが多い。 自分に対する<先生 [続きを読む]
  • <奨学金を返せない>
  • 書籍名〜  奨学金が日本を滅ぼす 著者〜    大内裕和 さん〜中京大教授・・奨学金研究の第一人者 発行所〜  朝日新聞 いまや大学生の半数以上が奨学金を借りている。 多い人は600万円もの借金を抱え、卒業後に返済で困窮する。 授業料が高く親世代の収入が減ったため、 子世代は奨学金とバイトが頼みの綱。 * <無理せずに高卒で働けばいい?> ● 多くの専門職(<保育士他>で、短大・大 [続きを読む]
  • <商社マンのイロハ>
  • 書籍名〜 商社マンの<お仕事 と 正体」がよ~くわかる本 著者〜   秋山 /謙一郎 さん〜ジャーナリスト。 発行所〜 秀和システム 商社マンの仕事とは、モノをつくる人とモノを欲しがる人の間に立って両者を繋ぐことです。 最初に、七大商社の特徴が説明されている・・ * <体育会系?>で・・とにかくアツい * おっとりした社風・・洗練されたソツのない腰の低さ * チャレンジ精神旺盛・・若手でも。 [続きを読む]
  • <私はケチなのでしょうか>
  • 書籍名〜 悩みいろいろ・・人生に効く物語50 著者〜   金子 勝さん〜 慶応義塾大学経済大学教授・経済学者 発行所〜 岩波新書 この書籍は朝日新聞・<悩みのるつぼ>に掲載された人生相談を、まとめています。 TV等で拝見する金子教授は、<歯に衣を着せぬ>発言が目立つ経済学者です。 全ての相談に<小説・童話・落語他>から回答しています。 A・・  40代専業主婦・・贈り物のお返しにも礼儀につい [続きを読む]
  • <トルコに行きますか?>
  • 書籍名〜  <裁判の非情と人情> 著者〜    原田 國男 さん〜 東京高等裁判所部総括判事を定年退官.現在は、慶應義塾大学大学院法務研究科客員教授,弁護士(第一東京弁護士会所属). 発行所〜   岩波新書 裏表紙から・・ 裁かれるのも<人>なら、裁くのも<人>のはず 私たちにとって裁判と裁判官はいまだ遠い存在だ。 有罪率99%といわれる日本の刑事裁判で、20件以上の無罪判決を言い渡した元 [続きを読む]
  • <逢うが別れのはじめとは・・>
  • <近江俊郎〜井上ひろし>の、大ヒット曲<別れの磯千鳥>・知らぬ私じゃないけれど 人と人とは出会いが逢って・種々の事情で別れを体験する・・ 数日前に懇意の知人から、移動の話を聴いた・・大ショックだったが、昇格して統括になられるそうで時々応援に来られるとのこと・・ 後継の方と連携して地域の一体化に協力したいと考えている・・ 午前中・別の知人から事業所の変更を知らされた・・二重のショックです・・ お [続きを読む]
  • <犠牲者が出た>
  • 昨日、館清掃工場から帰宅途中・・パトカーが見えたので、寄り道をした。 顔なじみの交番の巡査〜相談室の室長〜女性が集まっていた・・ 雰囲気からしてピンときた・・昨夏40代の男性の事故住戸と同様・・ 多分<鑑識>が捜査中? 余分なことを言わずに挨拶だけして別れた。 先週末にも室長が、学生たちと<ごみ屋敷の片付け>に行った。帰ってこられた時に苦労話を聞いたばかりだった・他にも数件あるよ・・ 昼に数人 [続きを読む]
  • <人事異動の季節です>
  • 朝方・市役所に出かけて<説明会開催の要望書>を、担当の課長に提出した。 帰りに出先の担当に<コピー>を届けて打ち合わせをします・・と伝えると彼(主査)は移動でこちらに戻ってきている・・所長も別の部署に移動した・・ 小生〜 二人とも昨年移動してきたばかりでしょう・・ 課長〜 最近<管理職の移動>が多いんですよ・・ 組織だから移動はつきものですが、1年で交代されたら継続中の案件は、どうなるやら 心配 [続きを読む]
  • <母の日>
  • スーパーで<母の日のカタログ>をもらった・・ 母親は、亡くなって20数年・プレゼントする対象がいない?? 母の日の由来を読むと・・日頃の母の苦労を労り、母への感謝を表す日。 日本やアメリカでは5月の第2日曜日に祝うが、その起源は世界中で様々であり日付も異なる。 日本では、母の日の花が<カーネーション>ですが、南半球では季節が秋なので クリサンセマム(菊の花)を贈る習慣になっている。 カタロ [続きを読む]
  • <桜が満開になりました??>
  • 今年の桜の開花は例年より1週間くらい遅い・・ 団地内を歩いてみると<保育園・小学校裏門>付近は、散りはじめ・・ 商店街は一番遅く・・やっと蕾が開き始め開花には数日かかりそうです。 我が家の付近は、本日小雨の降る中・・ほぼ満開状態になった。 帰宅後ベランダから・眺めると愕然とした。 東側は満開状態〜西側は、数本はわずかの蕾が張り付いているだけ・その先数本は満開状態・・アンバランスに驚いた。 2 [続きを読む]
  • <団地応援隊・NO15〜お花見弁当>
  • 12時前・縁側に行くと女性軍が大勢で弁当を食している。 美味しそうだな・・と声をかけると今日は<月一の弁当の日>だよ・・ 急いでふらっとカフェを覗いたら<お弁当>が若干残っていた・・ ご飯は、鯛の香りが充満・・おかずも美味しい・・ 応援隊のお母さんたちの愛情のこもった弁当・・今日の寄付金は300円也・・ 素敵な文字で・・<桜咲く  ひとり ひとりの ために 咲く> [続きを読む]