ちい さん プロフィール

  •  
ちいさん: ちいの引き出し
ハンドル名ちい さん
ブログタイトルちいの引き出し
ブログURLhttp://ameblo.jp/langerhans-gamma/
サイト紹介文SE構法の家。アイシネン・サイディング・防水・屋根・基礎等是正。工事と入居後の暮らしを掲載中。
自由文苦しんだこと、勉強して工務店と協力し解決したこと、
入居して気づいたことなど、色々書いています。
撮り貯めた写真やエピソードを時に楽しく、時に大真面目に掲載。
気軽にご訪問ください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供120回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2015/10/27 01:03

ちい さんのブログ記事

  • ※追記あり:あこがれの基礎断熱?+下屋の断熱・通気
  • ちいの家は、玄関土間と浴室部分基礎にネオマフォームを内張り断熱「しました」って、長期優良住宅の申請書に建築会社が記入していたのに、実際には一切使われていませんでした。 使われた断熱材は、良くも悪くもアイシネンだけ。 浴室部分は アイシネンを用いた基礎断熱を追加施工、玄関部分はとりあえず気密を確保するのがやっと。ただ、たまたま、ちいの家の玄関面積が小さく、隣は浴室でなくて一般居室(床下断熱)だ [続きを読む]
  • 家の値段って?
  • ちいの家は、工期がとんでもなく長かったです。その結果、建築会社の社員や職人とお話しする機会も多かったです。雑談した中で、未だに心に引っ掛かることがあります。 営業さんは、土地探しも兼ねているので、常日頃、よい土地がないか、目を皿のようにして歩く癖があります。 また、同じ価格帯のライバル業者がどんな工事をしているのか、も目を光らせてチェックしています。そこには意味があって● どうしてあの価格 [続きを読む]
  • 彼は来ました今日もまた
  • そう、彼です。だめなものはだめです。 ごるあぁぁっ ひゃああぁぁぁ… …てなわけで、いそいそと猫対策しました。 元々 設置していたガーデンバリアの位置を、猫の通り道&昼寝場所をターゲットに移動。 猫は柑橘系のにおいが嫌いとのアドバイスを受け、周囲の通り道には、こちらを設置。成分は、シトラス・ウッドオイル・トウガラシエキス 等とのことです。これ、素手で持つと、自分の手にニオイがつ [続きを読む]
  • 再再々発
  • 私と連れ合いは、建築は全くの素人。周囲にも詳しい人は誰一人おらず、着工後は、工事のワクワクより、何がどのように行われるのか全く分からず、建築会社からの説明もなく、不安でいっぱいの状態でした。 私達は、大手ハウスメーカーやフランチャイズ系、パワービルダー系、いずれにも当てはまらない建築会社を選んだので、逆に、ハウスメーカーという名のバイアスを持たず、出会うことのできた全ての施主ブログが参考書とな [続きを読む]
  • だめなものはだめです。
  • 花粉が飛び盛る静かな昼下がり。視界の隅に動くものが。。。…て、あんた、最近やたらでかくなってない※建築工事中は子猫でした。猫除けガーデンバリアの波動攻撃をくぐり抜けて侵入し砂利の上で日向ぼっここないだ、うちの金魚食べたね。別室で病気療養中だったコ。金網の上にのせておいた鉢植えを蹴落として玄関脇に、うちのコの頭とウロコが落ちてた 以前住んでいたアパートでは、トンビ・サル・アオサギ に食べられたこ [続きを読む]
  • 追加写真・追記あり 基礎底盤の鉄筋
  • 基礎の底盤(スラブ)の配筋 鉄筋同士を継ぐ場合(継手)、必要な定着長が定められています。以前にも触れたことがありますが、E.T.とお友達になるような継ぎ方ではなくて、手首同士を握り合うような、濃厚な継ぎ方をしないといけないのです。 立ち上がり部(布基礎部分)との取り合い部では、鉄筋を斜め下に折り曲げることで、立ち上がり部のあばら筋との定着長を確保します。この写真では斜め下に折り曲げてあるハンチ折曲り [続きを読む]
  • 基礎の防蟻処理
  • ちいの家は、ベタ基礎、床下通気工法の新築です。防蟻防腐処理は、工務店の標準仕様では、土壌散布処理+基礎から1mまでの高さの木部を防蟻剤塗布処理でしたが、万が一のことを考え、上記以外の木部すべてに、ホウ素系防蟻剤の塗布を追加施工しました。工務店のもてる能力上、基礎断熱はハイリスクだろうなと思い、採用しませんでした。 当時、防蟻方法を勉強してなるほどな〜と思ったことを、少し書いてみたいと思います。&n [続きを読む]
  • 基礎のなんちゃって補修③
  • 長い連載記事になってしまいました…まあ、うまくまとめられないから、今まで記事にできていなかったのですが…基礎のなんちゃって補修①基礎のなんちゃって補修工事②の、続きです。 現場監督②と、彼をやたら擁護する左官屋によって、せっかくの高級素材がなんちゃって補修に使われてしまったちいの家の基礎。 施工後の高級素材が乾いてくると…なんか、粒粒が浮いてきました。拡大写真。中央下部分をさらに拡大。青い [続きを読む]
  • 基礎のなんちゃって補修工事②
  • 前回記事 基礎のなんちゃって補修①の続きなのですが。。。 どのように補修作業が進んだかというと、まず、現場監督①(ちいの家の工期が遅れ過ぎて仕事が回らなくなったので、担当を外れていましたが、基礎工事の時は自分が監督していたのだから責任持つ、と言って戻ってきてくれました)が、クラック部分を全て拾い出して印をつけ、Vカットを行いました。クラックそのものに粘り気のあるものを詰め込むのは困難なので、Vカッ [続きを読む]
  • 基礎のなんちゃって補修①
  • ちいの家は、ベタ基礎・耐震三等級・床下通気工法という基礎仕様になっています。通り一遍の被り厚不足やジャンカやアンカーボルトの施工不良を経験しかなり以前にその一部をブログに書きました。 打継部や隅部に 等級C, Dに該当するジャンカがあり、骨材が落ちてくるようなひどい部分は 斫り取ったうえで、ポリマーセメントで補修されました。基礎コンクリート 打継部 ジャンカ多発 基礎コンクリートのジャンカ補修 [続きを読む]
  • 内装クロスのリコール?!
  • 壁クロスは、住むうちに様々な変化や劣化を生じると思います。耐久消耗品と考え、色柄選びを楽しむ施主さんが多いのではと思います。 でも、住み方の違いによる損傷ではなくて、クロスそのものが異常という場合があるのですね。最近、他の方々のブログを拝見して初めて知りました。 大日本印刷製造、サンゲツ専用ブランドとして販売EBシリーズのクロス。2011年発売開始、2014年2月製造lotまでの製品。 現象は、表面 [続きを読む]
  • 棟換気「本当に」施工した?
  • 今日も屋根の話ですが、昨日までの記事とは、違うポイントです。 以前、海外のホテルに泊まった時、驚いたことがあります。部屋の壁に換気用のガラリが設置されていたのです。だったら、そこから換気されている、と思うでしょ?違ったんです。ただの「壁」…「換気口の穴が開いていない壁」に、ガラリが空しく貼りついていたのですもはや、インテリア… 場所は変わって、ちいの家の屋根なのですが。。。切妻屋根です。軒 [続きを読む]
  • 芋づる式に…
  • 前回記事 見慣れない建材@屋根の 続きです。※かなりマニアな内容です。誰かの役に立つことではなく、単にちいの家のすったもんだエピソードを書いているだけなのと、既に解決済みですので、お気楽にお読みくださいね〜 そもそもの発端は、見慣れない「釘」の存在でした。屋根には瓦?スレート? 屋根を造るのは「誰」ですか?でも掲載した写真です。この写真には、野地板を貫通する釘が3本写っています。赤矢印の釘は、 [続きを読む]
  • 見慣れない建材@屋根
  • ちいの家の屋根は、瓦葺きです。丸栄のF型防災平板瓦。メーカーが出している 軒先部の一般的な納まりは、このようになっています。…ですが、施工後だいぶ経ってから、自分でウェブ検索して見つけました。屋根の一部に施工不良が明らかとなっても、屋根屋が監督に渡したのは、別の瓦の仕様書。当然、寸法が違うので、手書きで訂正してありました。屋根には瓦?スレート? 屋根を造るのは「誰」ですか?↑の過去記事でも少し触れ [続きを読む]
  • たまには (*´▽`*)ほっこりしましょうか。
  • ちいの職場でも 多くの企業と同様、異動の季節です。送別会や壮行会など 様々な式典がありました。…で、式典を彩ったお花たちが、お役御免となったので。夕方まで残っていた分を、いただいて帰りました勿体なくて…(∀`*ゞ)エヘヘ …が、夕方だったのと 持ち帰る途中 ものすごい強風に吹かれまくったのとでけっこう傷んでしまいましたでも、ま、余りもの いただきものばかりでも季節感がありそうでなさそうな寄せ集めで葉 [続きを読む]
  • 屋根を貫通したビス
  • ※ 諸々の事情により、急いでいるので、あとでまた手直ししたいと思います。 ちいの家は 瓦葺きですが、釘が野地板を貫通することを避けたかったので、見積もり段階からそのように お願いしていました。 理由の一つは 貫通釘が熱橋となること。 釘先で結露し、野地板へ浸水すると 野地板が早く腐朽します。※例えば、 ●天井断熱がいい加減で、居室から小屋裏へ漏気がある家 ●小屋裏換気が不十分な家では、野地 [続きを読む]
  • 当たり前のことなのですが…
  • 当たり前のことなのですが…とても大事なことを書きます。当たり前のことなのですが…足場から物を落とさないように注意しましょう …あと、落としたら拾わないとね。。。 これは軒天と化粧破風を塗装しにきた職人が道具を落としたまま 帰っちゃったの図。 歩行者がいないからまだいいようなものの 建設現場のうち、高さが10mを超え、60日間以上設置された状態となる足場では、労働基準監督署への届け出と、 [続きを読む]
  • 立ち止まる?引き返す?突き進む?やり直す?
  • ちいの家は、工期中に この記事のタイトルのこと、全部経験しました。例↓基礎配筋の被り厚不足を是正するために中断土台敷当日に アンカーボルトの出寸法が短いことに気付き 中断・是正型枠外れによるセメントミルク流出や 大量の等級C程度のジャンカあり 再施工してほしいと思ったが、ジャンカをいい加減に補修され 突き進まれた。ユニットバスとシステムキッチン施工不良のため 長期中断各種換気口スリーブの施工不良の [続きを読む]
  • ”雨樋パイプ止め金具問題とクロスのパテ埋め”
  • 勝手にリブログさせていただいてます。どなたかにご迷惑がかかるようであれば削除いたします。その場合はコメントかメッセージでお伝えいただけると有難く存じます。上記記事に先立って、同じ施主さんの記事↓〇〇ビルドの雨樋こちらに現場のお写真が載っています。 ちなみに、私の実体験に基づく過去記事はこちら↓KMEWが現場に来た日※当時、「思い出しお怒りモード」で記事を書いたので長い記事ですが記事の途中に竪樋(雨 [続きを読む]
  • キッチンレンジフードの施工不良
  • なんでこ〜なるの…(´・ω・`)?の以前に、キッチンレンジフードは、四角いですよね?ということがあったので、思い切って・・・キッチンレンジフードの上幕板を外してみました。当初、外し方がわからなかったのですが、施工説明書をこねくり回しているうちになんとなくわかってきまして。どこからご紹介してよいやら…なので、とりあえず列挙。 みなさんのお家ではどのように施工されたか、現在どんな状態か、ご比較、ご教 [続きを読む]
  • なんでこ〜なるの…(´・ω・`)?
  • 以前に、こんな記事を書きましたがキッチンレンジフードは、四角いですよね?2月に、諸々の不具合に対処すべく、当時の現場監督1号が来宅された際、直ったのです「なんでかなあ」って言いながら、どがっ・・・て どついたら(←監督が)。ガチャリ って音がして、何か はまったような、直ったような…(理由は後日 自力で発見)昔の家電みたい 他にも 工期中を含め色んなことがあったキッチン。なので、相変わらず… [続きを読む]
  • 屋根の雪と小屋裏断熱&気密
  • 小屋裏の断熱は、屋根断熱か天井断熱。外壁通気層と繋がっている納まりが多いですが、それぞれ別個に通気している納まりもあります。断熱と気密はセット。どちらも施工精度が重要ですね。これらがきちんと施工されていると、冬の室内の暖気や湿気が屋根面から排出されることはありません。※棟換気がある場合も、排出されるのは、小屋裏の空気もしくは野地下通気層の空気 and/or 外壁通気層の空気、なので、室内の空気ではありませ [続きを読む]
  • 勝手口に「アレ」つけた?
  • ちいの家には、勝手口があります。なくてもいいかなと思ったのですが、連れ合いが「要る」というので。結果、毎日使っています玄関とほぼ対角線上にあるので、家の裏側に出るとき便利。勝手口の近くに特別な窓 があるので、ひょいっと出て、金魚に餌をやり、自分も食事をしながら金魚を眺める…という、連れ合いにとっては特に楽しいひととき。テラス窓と違って、汚れた手で(※ちいの家ではたいてい片手に金魚の餌かお庭の葉っぱ [続きを読む]