ちい さん プロフィール

  •  
ちいさん: ちいの引き出し
ハンドル名ちい さん
ブログタイトルちいの引き出し
ブログURLhttps://ameblo.jp/langerhans-gamma/
サイト紹介文SE構法の家。アイシネン・サイディング・防水・屋根・基礎等是正。工事と入居後の暮らしを掲載中。
自由文苦しんだこと、勉強して工務店と協力し解決したこと、
入居して気づいたことなど、色々書いています。
撮り貯めた写真やエピソードを時に楽しく、時に大真面目に掲載。
気軽にご訪問ください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供102回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2015/10/27 01:03

ちい さんのブログ記事

  • LED照明使ってみて、どう?
  • ちいの家、敷地に2台のポール型LED照明を設置しています。室内のスイッチでも操作できるとともに、屋外の明暗センサー付きタイマーで自動点灯/消灯するようになっています。※暗ければ昼間でも点灯し、明るくてもタイマーで指定した時刻に点灯ー消灯(今は夜に点灯し深夜1時に消灯)します。 あと、外壁に、明暗&人感センサー付きLED照明を2台。以上は通販購入して施主支給しました。ほかに、玄関ポーチに同じくセンサー付きを1台 [続きを読む]
  • 建築の問題というかなんというか。。。
  • ちいの家には、大きくて直しにくい問題が複数残っています。 玄関の基礎がない・・・①玄関に基礎がない! 内部構造 真ん中だけ垂れ下がったバルコニー手摺壁のサイディング悲しいこと編;①サイディングの垂れさがり・ひび割れ サイディング施工基準では10〜15?開けなければならない、サイディング下端と水切の間。防水性・通気性・耐久性・維持管理容易性に欠けるからです。バルコニー内回りとはいえ、風雨は吹き込みますし、 [続きを読む]
  • エクステリア業者が家を壊すリスク②
  • すっごく昔に①を書いて、②を書いていなかったなあと思い出しました。これ、ちいの家に一生ついて回る憂鬱な問題なのです。①の記事はこちらエクステリア業者が家を壊すリスク①外壁の問題なので、外壁カテゴリに記事を入れていますが、やっちまったのは外構業者です。でも、建築会社の現場監督には私から何度もしっかり確認してあったのに、彼がそれを外構業者の現場監督に伝えなかったのが悪かったのです。 ちいの家には、この [続きを読む]
  • 夏も終わりですかね〜
  • 先日立ち寄ったレストランの、駐車場。やけにやかましいなと思ったら、私の肩ほどの高さにこのようなつかみ取り大会ができそうな木でした もうすぐ夏が終わっちゃうって、慌てて出てきたのかなあ。 私の勤めるオフィスは高台にあるので、すでにツクツクボウシの大合唱が始まっています。 セミで思い出したのですが、子供の頃、駅前には放置自転車が多かったのですが、ふと見ると、その前カゴいっぱいにセミの抜け殻を入れられてい [続きを読む]
  • 初めての模様替え
  • ちいの家は、廊下にニッチがあります。サービスで造ってもらえました。以前に記事にしたときは、ニッチとピクチャーレールこんな感じで、ちょっと殺風景だったのです。でも、ずっとそのままでした大きな工事がいつ入るかわからなかったので、あまりいじれなかったのです廊下ですし、たくさんの職人さんや大きな荷物が通ったり、養生したりすると、ニッチの中のものが破損しないか心配で。。。 でも、大きな工事は当面なさそうなの [続きを読む]
  • 最初で最後
  • 例年は、自宅で爆音だけ聞いて過ごしていた、夏の風物詩。だって、どこもかしこも人と車だらけ。この日ばかりは、仕事も早退か深夜まで残業か 選ばないととんでもない渋滞に巻き込まれます 今年は台風の進路が直撃。どうなるのかなと気をもんでいたら、開催前日に去っていきました。 今年も始まりました。どどど〜んどっか〜ん でも、今年は…隣家が解体されて、更地。もしかして。。。 み、見える〜〜〜ちいの家 バルコニーから [続きを読む]
  • レンジフード ダクトの交換
  • 前回、尻切れトンボ(想像するとかわいそうなトンボ。。。)になっていた今回の是正工事記事。続きを書いてみました。 日頃、この類の工事は、電気屋さんに任せっぱなしの現場監督さん。この日は、前回ご紹介した「本物の」フレキダクトや芯ずれフレキダクト、スパイラルダクト、継手を手に、庭先であれこれ試行錯誤。 「あれ、これはまらないよ。。。」次は、フレキとスパイラルを手に、つながらない、と悪戦苦闘。私も取説を手に [続きを読む]
  • 火事にさせない!キッチンレンジフード。
  • キッチンレンジフードの不具合は、この記事などにも書いていますが思い起こせば、その記事中にも書いているように、ダクト部分は 工期中から、自治体の火災防止条例に違反した状態となっていた、ちいの家です。 工期中に是正できたのは、これだけでしたレンジフードダクトの行先は。 できる限りのことをやった、仕方ない…とあきらめかけていましたがブログ仲間の方にこれを教えていただき燃え尽きかけていた心に再び火がともり、 [続きを読む]
  • ご注文はシルバーですか?
  • かれこれ半年ほど、困ったなと思いながら過ごしてきたちいの家のキッチンレンジフード。でも、思い返せば、入居直後から。シロッコファンの脱落防止輪っかがゆがんでいて着脱しにくいとか、幕板がゆがんでいてぺこぺこしているとか、不安に思いながら過ごしてきました。 …で、この週末に、ようやくそれらが解消される予定でした。諸々の不具合(下記)すべてが…キッチンレンジフードの施工不良恐怖のレンジフードΣ(・□・;) [続きを読む]
  • 家の断面
  • 隣の家は解体工事中。波乱含みで始まったため、反対側のお隣さんとも情報交換しています。そのついでに、自家菜園で採れたてのきゅうりをいただいて帰るという…(^^♪ちゃっかりものの ちいです(o^―^o) 解体されているお家は、たぶん築50年弱。遠巻きに眺めていると、色々見えてきます。この土は、屋根なのです。屋根瓦を外すと、このようになっているのですね。いわゆる、「とんとん葺き」というやつでしょうか。この地方は関東 [続きを読む]
  • まだ緑の胴縁使ってる?※ソースを追加
  • ちいの家の外壁は、KMEW 窯業系サイディング 親水セラ t=16の、通気金具留め工法 です。いいのか悪いのかはうん十年後になってみないとわかりませんが、2013年当時はこれしか選択肢がなかったということが、この記事でご理解いただけるかなと思います。 施主の皆様どんな風に仕様をお決めになったでしょうか? 私たちは、色と柄とグレード(光セラ・親水セラ・親水コートなど)で選びました。というか、それしか説明がなかったの [続きを読む]
  • 恐れていたことが。。。
  • 私は更地を購入したので、解体工事について詳しくありません。これって普通なの?ということがあったので、教えていただきたいです。 音や振動は我慢しています。でも。。。幕張は中途半端。隣家の住民は生前、違法な増築(サンルーム・カーポート・テラス屋根云々)を敷地めいっぱいに施していたので、家全体を囲う前にそれらを撤去したかったよう(にみえる)ですが…ちいの家のブロック&フェンスのすれすれに隣家が建てていた [続きを読む]
  • はさみ
  • ちいの家からの通勤途中。レストランがあり、ヤギとウサギが飼われています。下草や、はらった木の葉を食べてくれるみたいです。。。。こっちを見ているような気もするし、見ているふりして目をつむっているようにも見え。。。ヤギの瞳は横長の長方形ですね。 今年も、道端にはさみの落ちている季節になりました。こちらへ引っ越してきて、初めて知りました。蒸し暑い中をトボトボと通勤していると、あちこちにザリガニのはさみが [続きを読む]
  • 段ボール通気層
  • 本題に入る前に、本日 断熱材吹き付けが行われるというお友達のおうちについて。間に合いますように。 本題に入ります。屋根断熱を吹き付け断熱材を使って施工する場合、何に対して吹き付けるか、素材選びとその施工精度が問題です。 ちいの家は 建築会社の標準仕様で母屋ー母屋間へ張り渡した透湿防水シートへの吹き付けとなっていますが、決して良い施工精度が得られる仕様ではありません。施工当時は知識がなく、ただただよれ [続きを読む]
  • 換気ダクトと外壁の気密防水施工
  • ごぶさたしております。久々にボソボソと書いてみました。 ちいの家は、アイシネンで断熱施工をしていて、大部分の気密処理もアイシネンで行っています。 ただ、換気ダクトもアイシネンも、施工するのはあくまで人間ですので、気密施工には注意が必要なのです。 ここでお友達のおうちのお写真をお借りいたします。壁の断熱材はまだ施工されていません。ダクトには結露防止用に断熱被覆が施されています。ただ、外壁下地合板との取 [続きを読む]
  • いきものと暮らす※グロ注意?
  • えっと。サムネ対策で、まずは庭の花。今年のマツムシソウは、なぜか大輪です花壇は、体裁を整えるようなお手入れは殆どしていないので、伸び放題、咲き放題私が勝手に花壇の手入れをすると、連れ合いが不機嫌になるので… それでですね。。。先日、ついにちいの家の庭にも、こやつが苦手な方、閲覧注意ね。 セアカゴケグモのメス成体です。ごみ収集日待ちだった箱の中に 入り込んでいました 撮影しようとしたら、連れ合いが横か [続きを読む]
  • 基礎通気工法と外壁通気層 あ〜んど 水切りの役割
  • 以前に、こんな記事を書いたのですがそうそう、通気層 基礎通気工法+外壁通気工法における土台防鼠通気水切りについて、イラストを描いてみました。あってるかな。。。あってると思うのだけど。基礎天端〜外壁下端にかけての鉛直断面図(矩計図?)っぽいイラストです。縮尺はテキトー 赤線が、土台防鼠通気水切りです。下から見上げると縞々にスリットの入った部分は、土台下面を通って基礎内部を通気する出入り口になることが伝わ [続きを読む]
  • 三面接着の結果
  • 季節が一周する中で…悲しい シール切れこの記事のように、サイディングの縦目地シールが1年もたずに切れてしまった理由は、 剥がしてみたらわかりました。 外壁シールの修繕工事@16年2月ハットジョイナーに工場貼付されていた青いボンドブレーカーテープが、赤矢印部分から下は なくなっています。シールを引きはがしたとき、一緒に剥がれてしまったからです。※異常です。これが、剥がしたシールの目地底に接していた面です同じ [続きを読む]
  • 例えば今年3月。
  • 国土交通省は、このような報道発表をしています。指定確認検査機関と指定確認検査員に対する、行政処分です。以下、抜粋。 日本建築検査協会株式会社東京都内で法規定に適合しない手続きを行ったことにつき、4月3日から22日までの20日間、業務停止処分業務改善計画書の提出と、以降1年間、四半期ごとに大臣への実施報告命令。 該当する違反をした確認検査員は、業務停止3か月。※確認検査員が完了検査を行わず、機関として建築基準 [続きを読む]
  • 梅雨入り前に…
  • 5月も下旬ですが、私の住む街は、もう夏?梅雨?て感じの気候です。雨が降る前に、連れ合いが楽しみにしていたお花が咲いたので、アップしてみました 真夏に入る前、初夏ごろ。一番 庭が賑やかな季節かもしれません。虫や小動物も多いですけどねw芍薬は、以前住んでいたアパートで何年も育てていた株を移植したのですが、面白いように咲きます。一株だけなのですが、真っ白にほんのり紅が射したような大きな大きな花が、10個くら [続きを読む]
  • 白錆…またあの会社か。
  • 長〜い愚痴ですでも、家造りの裏側が垣間見えるかも 以前に掲載したキッチンレンジフードの施工不良で、レンジフード本体の変色を訴えておりました Panasonicは、製造メーカー(以前書いた通り、Panasonic自身はレンジフードを製造していません)に問い合わせ、この変色と白い析出物は「白錆(さび)」であると結論付けました。…で、伝えられたことは 工場出荷時にこのようになることはない白錆が発生していても、性能上問題ないただ [続きを読む]
  • 追記あり:段差とタイル
  • ちいの家の施工時も もや〜っとし、未だに色んなお宅の写真を拝見していてもやっとすることがあります。 玄関ポーチをタイル張り、ステップ有りの仕様にするお宅は多いと思うのですが、立ち上がり部分のタイル、どう納めておられますか? それは、タイル下地部分の構造によって違ってくると思うのです。が、多くの場合、コンクリートブロックで枠や階段を造っておられるかと思います。 ちいの家はポーチ単独でRC造なのです。GL-40 [続きを読む]
  • 訂正・追記あり:縦張りサイディングとサッシ
  • ちいの家は横張りサイディング・通気金具留め工法なので、縦張りサイディング・横胴縁という仕様を勉強したことがありませんでした。 また、横張りと縦張りのmixは、雨仕舞上ハイリスク、というのは、以前に読んだことがあります。 縦張りサイディング仕様の場合、サッシ周りはどのように納めるのか、ていうのが疑問だったので、KMEW社の外壁施工マニュアルを読んでみました。※2017年5月12日訂正:私が読んでいたマニュアルは金属 [続きを読む]
  • あぁ、切ない…
  • 先月下旬から、庭でぽつぽつと異常を感じておりました。 身に覚えのない針金や、うちには一本も木を植えていないのに、木の枝…それらが庭に落ちていて。 連休初め、ちいの家の裏手で なにやら作業開始。カラスが営巣していたのでしたどうやら撤去するらしい。せっかくなので見学しました。防鳥用のとげとげだと思うのですが、正直、営巣にはもってこいの引っ掛け場所になっている気がします…とげとげを切断して、巣もろとも撤去 [続きを読む]
  • 増し積み擁壁、身近に増しまくり。
  • これは、日頃の通勤風景。奥の車が停まっている辺りから向こうは約2年前までは広大な水田だったのですが、現在は宅地となり、既に入居者もぼちぼち。。。 写真のお宅の擁壁は、増し積み擁壁です。増し積み擁壁は、街をあるけばそこら中に見当たりますが、危険なので造ってはいけないものです。 この写真には写っていませんが、この擁壁にはクラックや大きな割れ、セメントの流出が多数みられ、端の方はブロックが割れて [続きを読む]