orange*peel さん プロフィール

  •  
orange*peelさん: ぼちぼちdiary
ハンドル名orange*peel さん
ブログタイトルぼちぼちdiary
ブログURLhttp://orangepeel2015.blog.fc2.com/
サイト紹介文主に観劇・映画・テレビ・読書の感想。時々、日記。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2015/10/27 02:18

orange*peel さんのブログ記事

  • 宝塚大劇場雪組「幕末太陽傳/Dramatic"S"!」
  • ちぎみゆのサヨナラ公演に行ってきました。サヨナラ公演に幕末太陽傳って、どういう意図で?と思っていたけど、その理由がわかった気がした納得の舞台でした。◆幕末太陽傳いくつかの落語を元ネタに作られた、「群像劇」と言える作りでした。トップコンビのサヨナラ公演としては珍しいと思います。ちぎさんに、いかにも「サヨナラ」だというような、これといった特別な見せ場があるわけではなく。逆に、みゆちゃんに、みゆちゃんメ [続きを読む]
  • 今日はよく働いた
  • 本日は、お仕事は休み。暖かくなってきたこともあり、家の中が散らかっているのがいつも以上に気になり、今日は、自分にしては結構頑張って家事をしました。特に頑張ったのは、トイレ掃除!いつもはトイレ洗剤をシュシュっとして、チョコチョコってこすって、床はクイックルワイパーでチョロチョロって拭くぐらいで終わり。だけど今日は、床から便器から壁まで、雑巾で磨き上げて、ついでに暗めだったトイレの照明までLED電球に変 [続きを読む]
  • NHKがおもしろい
  • 最近のお気に入り、NHK。朝は「おはよう、日本」。芸能だ、スポーツだと賑やかな民放の番組と違って、ニュース、天気予報、そして「世界のメディアザッピング」とか「まちかど情報室」とか、ちょっと違う方を向いた感じの、ほのぼのしたコーナーが好き。テレビの音も、心なしか民放の番組より小さめな気がするし、何よりCMがないのが落ち着く。夕方から夜にかけて、キッチンでかける音楽も、最近はネットラジオ「らじるらじる」でN [続きを読む]
  • 大劇場星組「スカーレットピンパーネル」
  • 星組新トップ紅ゆずるのお披露目公演、その名にもふさわしい「スカーレットピンパーネル」昨年の東宝版が、なんだかとってもつまらなかったので、なんとなく「大丈夫かな」という気持ちで行ったんだけど・・・やっぱり宝塚版は良かった!切なく、楽しく、面白く、あっという間の3時間でした。べにーのパーシー。パーシーというのが、おふざけで本心を見せない的な人物なので、2枚目半を得意とするべにーには朝飯前の役なんじゃない [続きを読む]
  • モアナと伝説の海
  • 吹き替え版で観てきました。Disney映画、最強・・・・・と思った。もう、スゴイ。こないだ観た「SING!」も良かったけど、楽しかったけど、なんというか、そもそものレベルが違う感じ。映像、もちろん素晴らしく美しいです。音楽も、今回は南の島が舞台ということで、民族音楽的な、原始の血が刺激されるような、そんな力強さが根底にある音楽で、体感的に心地よかったし。主人公のモアナが、もうめちゃくちゃ可愛い。↑赤ちゃんの [続きを読む]
  • 映画「SING」
  • 楽しみにしていた映画、公開初日に早速観てきました。ストーリーはベタ王道、主人公のコアラ:バスター・ムーンは夢を持って劇場オーナーになったものの落ちぶれて、起死回生のショーを企画するものの、主要キャラそれぞれにいろいろあって挫折、でもそこからみんなの気持ちが一つになって最後は夢を叶える・・・(アバウト過ぎだけど(^-^;)とりあえず吹き替えで観ましたが、字幕版、というかオリジナルキャスト版も時間があった [続きを読む]
  • 梅田芸術劇場「ロミオ&ジュリエット」
  • 3月4日(土)マチネ、キャストはロミオ:古川雄大ジュリエット:木下晴香ベンヴォーリオ:馬場徹マーキューシオ:平間壮一ティボルト:渡辺大輔死:大貫勇輔前回の公演は古川ロミオと城田ロミオと両方観に行ったのに、演出や衣裳の面でどうにも抵抗があって、また、ジュリエットも二人とも歌がイマイチで、あまり良い印象が残っていませんでした。なので、新演出なら古典に戻してくるかな、と思っていたけれど、むしろ更に現代寄り [続きを読む]
  • カルテット 第6話
  • もう7話も放送しちゃってるけど、まだ観てないので6話の感想を。巷では「神回」と言われたけど・・・私もそう思う。つらいな〜と思ったけど・・・夫婦ってこんなもんだ、とも思った。うちはこの二人と逆パターン。私がいろいろと好奇心旺盛な方で、いろんな物事を一緒に感じてほしいと思っていたけど、ダンナは仕事にしか興味がなくて、世界も仕事しかなくて、だから夫の口からは仕事の話しか出てこない。私が「これ、サイコー!」 [続きを読む]
  • 宝塚大劇場宙組「王妃の館/VIVA!FESTA!」
  • 昨年に引き続き、冬の宙組はオリジナル2本立て。オリジナル、でもないのかな、原作ものだけど。かなめさんの頃の宙組は「かなめさんを観る」と言う感じだったけど、まぁ様になってからの宙組は、組として作品を楽しめる感じ。私は大劇場作品しか観てないけど、どれも「宝塚を満喫」という見ごたえを感じてきた。そして今回も。すごくいいバランス。なにより、楽しい♪今のトップコンビは、歌にも踊りにもなんの憂いもないから、純 [続きを読む]
  • ドラマまとめ視聴
  • 昨日、貴重な単発の休日。映画を観に行こうかと思っていたけど、朝、眠たかったので10時ごろまでウトウトだらだらして、結局家で過ごしました。録画しているドラマが溜まっていたので、1日かけて観きった!「おんな城主直虎」1週分「カルテット」3週分「楽園」2週分。それと、「べっぴんさん」2日分。いっぺんに見ると頭が痛くなっちゃうので、2話ぐらいずつで。「直虎」は、まだなにが面白いのがピントが合って来ないんだけど、な [続きを読む]
  • ぼちぼち再開
  • 1年と1ヶ月ぶりに戻ってきた。仕事がどんどん忙しくなって、パソコン開けるヒマもない日々だった。その忙しさは今でも続いてるけど、やっぱり1日を振り返る余裕が欲しいよね。ちょっとでも、ホッとする時間が。宝塚もミュージカル映画もドラマも、観たら感想書いておきたいしさー。そんなわけで再開。今日はね、お休みの日なの。去年の秋から仕事のシフト体系が変わって、土曜が出勤日になった代わりに平日休めるようになったんだ [続きを読む]
  • 大劇場宙組「Shakespeare/HOT EYES!!」
  • 本日、2回目の観劇に行ってきました。1回目は初日から1週間後ぐらいのところで、その時点で既にまとまってる感はあって、今回の2本立てはとっても宝塚らしくていいなぁと思ったのでしたが、そこから更に2週間。も〜、脂が乗りきったと言う感じの素晴らしい完成度でした。宙組、サイコー!!まぁ様、サイコー!!と、とりあえず叫ばせてください。◆Shakespeare〜空に満つるは、尽きせぬ言の葉〜若き日のシェイクスピアを生田先生の [続きを読む]
  • さすがに視てしまったスマスマ
  • なんか、おどろおどろしい会見だった。ファンに対して「心配かけてゴメン。でも僕たちは大丈夫だよ!SMAPは解散なんかしません!!」っていうのではなかったね。あれは、事務所に対しての謝罪だよね。事務所を辞めたいなんて言ってほんっとすんませんっていう、事務所に対してのオトシマエだった。キムタクが間に入ったってことだったけど、事務所側からの条件だったんだろうね、テレビで謝ってこれからの姿勢を示せってのが。でも [続きを読む]
  • The Yellow Monkey復活とか David Bowieの死とか
  • 30代のころ、私はイエローモンキーが大好きだった。もともと、60年代の日本のグループサウンズと70年代の洋楽ロックが好きだったから、その頃の匂いがプンプンするイエローモンキーの音楽が、365日毎日聞いても飽きないくらいに好きだった。ファンクラブにも入って、ライブに行くことでライブ友達もできたりして、「ずっとついて行くよ!」なんて熱くなっていたのに、2001年に活動停止、2004年にはついに解散。吉井和哉が出した自 [続きを読む]
  • 今年のテーマは「焦らず」
  • 明けましておめでとうございます穏やかなお天気のお正月です。日記を読み返してみると、昨年のお正月は初詣に行けなかったらしい(既に記憶の彼方・・・)今年もダンナが元旦から三が日はずっと仕事で、息子も2日から仕事、私も4日からがっつり仕事、というわけで、今年もやっぱり家族そろって初詣に行けないじゃんということで、今回は年が明けてすぐに、つまり夜中に、いつもの神社に初詣に行きました。電車で2駅なので、昨年 [続きを読む]
  • 来年の舞台は・・・
  • 少し前に「スカーレットピンパーネル」上演が発表された。かねがね宝塚での再演を待っている作品だし、ミュー好きの本能的な反応としても「おおっ観たい」と思うわけなんだけども、来年の秋って・・・確かその時期は、っていうか、来年はいろんな大作ミュージカルがひしめいていて、「いったい誰が出られるの」状態なわけで。梅田芸術劇場サイトでの発表で東宝サイトでは触れられていないので梅芸製作と思われる、ということを考え [続きを読む]
  • とうとう発表…
  • 仕事終わりにスマホを見たら、モバタカからメール。「月組退団者情報」もう、わかっちゃうじゃん。昨日、月大劇千秋楽だったんだからさ。も〜、なんかもっとわかりにくくっていうか、せめてメール開けるまではなんだかわからない、ぐらいなやり方をさ〜いや、ラインナップが出たときからわかってたことだけど。でも、わかりたくなかったんだよね…宝塚男役としてのまさおをもっともっと見たかった。はぁ〜他の月組子たちの動静も気 [続きを読む]
  • 今年の反省、来年の展望
  • 今日は2度目の月組観劇の予定だったんだけど…朝起きた時から頭が痛くて、電車に揺られたら気持ち悪くなってしまって、たまらず途中下車。駅で収まるのを待ったけど、寒気はしてくるわ、お腹も痛くなってくるわで、諦めて家に帰ってきた。帰ってきて、空きっ腹に薬はちょっと怖かったので恐る恐るパン食べて、かぜ薬飲んで寝てました。今、夕方の4時過ぎ。普通に宝塚行ってたらちょうど帰ってきたぐらいの時間。体調はだいぶ回復 [続きを読む]
  • お金がなくてドキドキ
  • 月組の振り分けが出ました〜、「激情」のビジュアルも、気が付いたら出てた。たまきちのホセ、激しく「観たい」、けど、まさおの「Voice」の方がやっぱり私には本命。だって、まさお+みやるり+あーさ、だよ?これに行かずに、宝塚の何を楽しむかっていうくらい、絶対行きたいどうかどうか、神様、チケットをお願いします・・・・・さて、今日は年内最後の平日休みだった。毎年年末には、1年間積み立ててきた貯金とダンナのボーナス [続きを読む]
  • 梅田芸術劇場「PRINCE OF BROADWAY」
  • ブロードウェイミュージカルを数々手がけたプロデューサー、ハロルド・プリンスの名作選集的ミュージカル。一昨年にあった「ウィーンミュージカルコンサート」のブロードウェイミュージカル版みたいな。いろんな作品のエッセンスを、扮装とお芝居付きで聴かせてくれました。★出演者ジョシュ・グリセッテイ シュラー・ヘンズリー ラミン・カリムルー トニー・ヤズベックナンシー・オペル ブリヨーナ・マリー・パーハム エミリ [続きを読む]
  • 大劇場月組「舞音/GOLDEN JAZZ」
  • 大好きな月組の、久しぶりの2本立てを、執念で取ったSS席で観てきました。面白かった。すごく良かった。2番手を置かないという体制で、ちゃぴを重用したり、「1789」のようなイレギュラーな作品にも取り組んだりしてきた成果というのが、確実に出ている今回の公演。全体的に、まんべんなく、見応えがありました。「舞音」主人公のシャルル。今回も、今までの宝塚のセオリーから言えば、およそトップがやるに相応しいとは言えない、 [続きを読む]
  • IMAXで「エベレスト3D」
  • 数年前に沢木耕太郎さんの「凍」という小説を読んでから、山登り・岩登りの世界に魅了されました。ちなみに「凍」という小説は***最強のクライマーとの呼び声も高い山野井泰史。世界的名声を得ながら、ストイックなほど厳しい登山を続けている彼が選んだのは、ヒマラヤの難峰ギャチュンカンだった。だが彼は、妻とともにその美しい氷壁に挑み始めたとき、二人を待ち受ける壮絶な闘いの結末を知るはずもなかった――。絶望的状況 [続きを読む]
  • スーパー歌舞伎?「ワンピース」
  • あっという間に11月も20日を過ぎ。この間、何をしていたかと言うと、仕事と、息子の就活と・・・あと、東京に行って、スーパー歌舞伎?「ワンピース」を観てきました。ワンピースは、子供たちが小さい頃アニメを見ていたからさすがに知っていはいたけど、原作マンガも読んだことないし、興味はまっっったくなくて、お誘いがなければ観に行くことはなかったと思いますが、持つべきものは友。お席は3階席でお値段も宝塚のA席ぐらいと [続きを読む]