spica さん プロフィール

  •  
spicaさん: ある乳がん患者の記録 [スピカの乳がんリアルライフ]
ハンドル名spica さん
ブログタイトルある乳がん患者の記録 [スピカの乳がんリアルライフ]
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/spica2015/
サイト紹介文発見→全摘→抗がん剤→分子標的薬→乳房再建→ホルモン療法…乳がん患者のリアルライフをつづります。
自由文spica、51歳、専業主婦。50代夫、10代後半息子2人。2015年3月、左乳がん(1.4cm)発見。 6月、左乳房全摘+エキスパンダー挿入。リンパ節廓清なし。 7月、病理結果:左乳頭腺管癌(浸潤癌部1.5cm×1.0cm×1.0cm、非浸潤部全体の広がり4.0cm×2.8cm×1.2cm)、T1cN0M0、Stage I、ER70%、PgR70%、HER2(3+)、Ki-67(30%)、Nuclear Grade 2。7月よりEC療法→ドセタキセル+ハーセプチン→ハーセプチン単独→ホルモン治療5年の予定で治療中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供152回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2015/10/27 14:39

spica さんのブログ記事

  • ふたりの距離。
  • 乳がんが見つかり、がん患者となった日からわたしの心は急に不安定になった。 外面は平静を装っていても内側で心は千々に乱れて、おろおろと困り果てる時もあれば一方でふしぎと冷静にこれからのことを考えられる時もあった。 弱い自分と強い自分が一日の中ですら目まぐるしく入れ替わり、そしてそのタイミングは全く予測がつかない。 そんな頃のわたしにとって、周りにいちばんしてほしくなかったのはわたし以上に過剰に [続きを読む]
  • ともだちの再発。
  • しばらく前に、以前何回か書いたふしぎな縁のともだちと夜遅くLINEでたわいない話をやりとりしていたら、「ちょっと電話していいかな?」と送ってきた。LINEをするかたまに会うかで、電話で話すことはあまりなかったのでこんな遅い時間に?と不思議に思いながら電話を受けた。「なに?」「あのさあ」電話の向こうで何か、カチカチ、カチカチと音がする。しばらく間をおいて彼女は言った。「再発した」カチカチ、カチカチ。わたしは [続きを読む]
  • シリコンインプラントには限界もある。
  • 自家組織で再建した胸の修正手術を受け、その傷が落ち着いてからということになるが乳頭・乳輪の再建も考えている。乳頭・乳輪再建のできあがりはどのような感じになりますか?と形成外科で尋ねたところ、少し前にそれを行ったという方の胸の写真を見せていただいた。まだ抜糸が済んでいなかったので、ちょっと痛々しい見た目ではあるが写真で見た限りでは、抜糸して傷が癒えたら乳頭と乳輪は健側とほとんど差がなくなりそうだった [続きを読む]
  • 優れものブレストバンドはお腹にも使える。
  • 昨年4月、自家組織での再建手術(腹直筋皮弁法)を受けたのでおへその下に横一直線の長い傷ができた。(正確には、元のおへそはなくなり新しいおへそが作られている。どうやって作るのだろう…)術後はこの傷のところと下腹部がヘルニアになりやすいのでマックスベルトという腰痛用の幅広のコルセットを3ヶ月間つけていたが硬くてあまり着け心地がよくなく早く外したくて仕方がなかった。7月、術後3ヶ月目の経過観察で、マックスベ [続きを読む]
  • 横隔膜を上げる。やりますやります。
  • 抗がん剤、ハーセプチンが終わり、ホルモン療法に移行してしばらくすると乳腺外科での診察は3ヶ月ごとになった。思えば術後抗がん剤からハーセプチン終了まで、合計22回、3週間ごとに通院し点滴を受け続けすぐに次の通院日がやってくる…という毎日だったから体の負担という点でも気持ちの上でも、ずいぶん楽になった。形成外科での経過観察も、再建手術後半年を過ぎたあたりから通院間隔が延び、2〜3ヶ月ごとになって病院に紐づけ [続きを読む]
  • 子宮体がんの検査を受ける。
  • 昨年12月、タモキシフェンを飲み始めて1年経ったので婦人科で子宮体がんの検査を受けた。子宮体がんの検査は痛い、という話をよく聞く。ちょっと緊張しながら内診台に上がった。まず、エコーのプローブを入れて子宮内膜の厚さや筋腫の大きさをチェック。それから子宮の中に細いチューブのようなものを差し込み、そのチューブの中を通して差し入れた器具を使って子宮内膜の細胞を採る(細胞診)。このチューブを入れる時と細胞を採 [続きを読む]
  • 再建した胸の修正を決断する。
  • 昨年12月、形成外科で再建した胸の経過観察の時に気になる点を相談した。1) 術側のアンダーのラインが、健側よりも1〜2cm下がっている。入浴前にブラを外した時には、左右のラインはそろっているのだが、入浴後には術側が下がっている。2) 時間の経過とともに移植した筋肉が痩せて落ち着くので、再建手術の時には術側を健側より少し大きく作る。この日では術後8ヶ月経っていて、左右の胸のボリュームはだいたい同じくらいになって [続きを読む]
  • 食の都・メルボルンで食い倒れた話
  • オーストラリアの食べ物はどうなんだろう、とやや心配していたが、メルボルンで食べたものは掛け値なしにどれもとてもおいしくて驚いた。さすがは「世界一住みやすい都市」に選ばれているだけのことはある。ただし、外食の価格はどこも高め。上のハンバーガーはGrilledのもの。肉がおいしくてボリュームたっぷり、これだけでお腹いっぱいになった。ヨーロッパの影響が残る素敵な街のあちこちを、レトロな路面電車(トラム)が走る [続きを読む]
  • メルボルンへ行ってきました。
  • お久しぶりです。自動車レースの最高峰・F1を観戦しに、オーストラリアのメルボルンへ行ってきました。毎年3月から11月まで、世界を転戦するF1はメルボルンで開幕するのが通例です。レース専用のサーキットではなく、郊外にあるアルバート・パークという公園の広大な池の周りの道路を封鎖して行います。南半球のメルボルンは、今は夏の終わりです。世界中からファンが集って、開幕戦のお祭り感でいっぱい。おじさん率、すごく高い [続きを読む]
  • ちょっとお休みします
  • いつもありがとうございます。 すみませんが、ちょっとお休みしますね。 再開しましたら、またよろしくお願いいたします。 写真は夕暮れの高知城で悠々と歩いて行く後ろ姿です。(^_^) 応援いただけますと励みになります。    ↓ にほんブログ村 [続きを読む]
  • 皮膚科で薄毛治療を相談する。
  • 抗がん剤治療を終えて11ヶ月経った、昨年11月。髪はそれなりに伸びてはきたが、太くて量も多かった治療前に比べると、幼児の髪のように細くなりボリュームがだいぶ乏しくなった。昔は多すぎて悩んでいたくらいなのに減ったら減ったでまた悩むものだ。後頭部やもみあげのあたりはまあ大丈夫だが、頭頂部からやや後ろにかけてと額の生え際の左右のところが頼りない。特に頭頂部の後ろ側は髪のくせもあるのか、割れやすくスタイリング [続きを読む]
  • 高知でいちばんおいしかったもの。
  • 高知で仕事を済ませた夫と合流し、レンタカーを借りて桂浜へ行った。よく晴れて暖かい。太平洋の色は明るく、彩度が高くて爽やかだ。海面がキラキラまぶしい。「日本海だと、昼間に海の方向に太陽が見えるってことはないからね」日本海側で育った夫が言う。 けっこう高い波しぶきが上がっている。 高波に注意してください、と アナウンスが流れていた。 浜を [続きを読む]
  • 春近い高知に。
  • 先週、初めて高知に行ってきた。 高知市内。街路樹が巨大なソテツで驚いた。 なるほど南国土佐と言われるだけのことはある。 高知城は市内の西側に広大な敷地を有していて、がっしりとした石垣が高く大量に積まれている。どれだけの労力がかかったことだろうか。遅い午後に石段を登っていくと、立派な天守閣があった。入場料を払うと天守閣の中に入れるらしい。 [続きを読む]
  • おつかれですよね。最後のハーセプチン。
  • 昨年11月半ばに、最後のハーセプチン投与を受けた。「再建した胸でジャンプしまくる。」の続きということになる。ハーセプチン単独では、血液検査は毎回は行わない。この日も採血はなく、事前の診察だけだった。乳腺外科のA医師がにこっと笑って「今日が最終ですね。おつかれさまでした。…というか、おつかれですよねー」と言うのでわたしも笑った。EC 4クール、ドセタキセル+ハーセプチン 4クール、ハーセプチン単独 14クール [続きを読む]
  • ホルモン療法中の体重コントロール(2)空腹を飼いならす。
  • 太ったらここから脂肪がついてわかる、という部分があると思う。 わたしの場合はウエストの背中側。体重を測った時にいつもそこを触るようにしていると、そのうち感触でおおよその体重が見当つけられるようになった。 少し増えた体重をすぐ落とすには、2日ほど食べる量を減らす。食事の回数を抜いたり、飲み物だけで済ませるなど極端なことはしていない。 量を減らすといっても、タンパク質は不足しないようにしている。 [続きを読む]
  • ホルモン療法中の体重コントロール(1)
  • 昨日の記事で書き忘れていたが、自家組織での再建手術後に太ってはいけない理由はもうひとつある。太って内臓脂肪がつくと、脂肪で内側から傷が押されて中を縫ったところが体内で開いてしまうそうだ。(お腹の傷は、表面の皮膚だけでなく中も縫ってある)中の縫ったところがいったん開いてしまうと、なかなかくっつかないらしい。それは聞くからに大変そうだ。***特に運動の習慣があるわけでもなく、誰もが認めるインドア派、毎 [続きを読む]
  • B医師に毎回ブスッと釘を刺される。
  • 再建手術後、形成外科のB医師に絶対太っちゃダメよ、とブスッと釘を刺されていた。 お腹から組織を取っているから、端から端まで横に傷が走っている。太るとそこがきれいに平らに治らずその上下に肉が盛り上がって傷が目立ってしまうらしい。 乳がんの再発率を減らすためにも、太らないことは重要だから気をつけようと思った。 ところが、抗がん剤を終えてホルモン療法を始めたあたりからどうも太りやすくなったよう [続きを読む]
  • 再建した胸でジャンプしまくる。
  • 自家組織での再建手術から半年経った昨年10月、術後初めてのライブに行った。MAN WITH A MISSIONのライブだ。チケット抽選の結果はスタンディング。ロックバンドだから、スタンディングエリアはものすごいことになりそうだ。入場待ちの列はほとんどが20代以下。マンウィズのオリジナルTシャツを着て、みんな早くもテンション高めだ。 そんな中に参戦した50代夫婦の私たち。終演までスタンディングで体力が [続きを読む]
  • 睡眠を改善できる薬。
  • わたしはもともと寝つきがよくない方で、睡眠薬のマイスリーを飲んでいたが、この薬は寝つきはよくなるけれど朝起きた時に残っていて、なかなかすっきり起きられない。抗がん剤治療を始めた頃に、睡眠薬をもらっている病院で相談したらマイスリーがベルソムラに替わった。ベルソムラは2014年に出た新薬で、入眠障害にも中途覚醒にも効果があり、起きた時の残っている感じも少なく、依存性や耐性(だんだん効かなくなってくること) [続きを読む]
  • ゆっくりがいとおしい。
  • 理由は特にないけれど、好きな男性にバレンタインのチョコレートをあげたことはない。 甘いもの好きな夫は、バレンタインは特にいらないよと言うから、今まであげたことがない。 ふるさとの父親はチョコが好きなので、バレンタインはスルーさせてもらうがいつも2月末の誕生日にはオランジェットを贈ってきた。 先月の帰省の折にもそれを持って行ったから今年の誕生日には違うチ [続きを読む]
  • 迷える子羊が賢者に出会う。
  • 金沢では先生にお目にかかるのが第一だったので、観光コースやお店などを全く決めずに行った。向こうでスマホで調べればいいと思ったからだ。けれども、口コミサイトを見ても、ほんとうに「当たり」なのかはわからずに決めあぐねてしまった。外は寒いから、あまりさまよいたくはない。ホテルのフロントの隣に、コンシェルジュがいたのを思い出して、夫と行ってみた。しっとりとした着物姿の中年の女性がコンシェルジュだ。こちらの [続きを読む]
  • 孤独
  • 金沢では、主治医のA医師を紹介してくださった夫の知人の先生にお会いすることができた。先生も今、ご病気で長いこと治療中なのだが同病の患者さんたちのために忙しく活動されている。今その活動が抱えている問題についてたくさんお話を伺った。解決しなくてはならない問題がいろいろあり先生はもどかしそうだった。先生が席を外された時、奥様がおっしゃっていた。「『(患者)本人でないとこの気持ちはわからないよね』って、主 [続きを読む]