spica さん プロフィール

  •  
spicaさん: ある乳がん患者の記録 [スピカの乳がんリアルライフ]
ハンドル名spica さん
ブログタイトルある乳がん患者の記録 [スピカの乳がんリアルライフ]
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/spica2015/
サイト紹介文発見→全摘→抗がん剤→分子標的薬→乳房再建→ホルモン療法…乳がん患者のリアルライフをつづります。
自由文spica、51歳、専業主婦。50代夫、10代後半息子2人。2015年3月、左乳がん(1.4cm)発見。 6月、左乳房全摘+エキスパンダー挿入。リンパ節廓清なし。 7月、病理結果:左乳頭腺管癌(浸潤癌部1.5cm×1.0cm×1.0cm、非浸潤部全体の広がり4.0cm×2.8cm×1.2cm)、T1cN0M0、Stage I、ER70%、PgR70%、HER2(3+)、Ki-67(30%)、Nuclear Grade 2。7月よりEC療法→ドセタキセル+ハーセプチン→ハーセプチン単独→ホルモン治療5年の予定で治療中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供160回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2015/10/27 14:39

spica さんのブログ記事

  • ホルモン療法中の体重コントロール(1)
  • 昨日の記事で書き忘れていたが、自家組織での再建手術後に太ってはいけない理由はもうひとつある。太って内臓脂肪がつくと、脂肪で内側から傷が押されて中を縫ったところが体内で開いてしまうそうだ。(お腹の傷は、表面の皮膚だけでなく中も縫ってある)中の縫ったところがいったん開いてしまうと、なかなかくっつかないらしい。それは聞くからに大変そうだ。***特に運動の習慣があるわけでもなく、誰もが認めるインドア派、毎 [続きを読む]
  • B医師に毎回ブスッと釘を刺される。
  • 再建手術後、形成外科のB医師に絶対太っちゃダメよ、とブスッと釘を刺されていた。 お腹から組織を取っているから、端から端まで横に傷が走っている。太るとそこがきれいに平らに治らずその上下に肉が盛り上がって傷が目立ってしまうらしい。 乳がんの再発率を減らすためにも、太らないことは重要だから気をつけようと思った。 ところが、抗がん剤を終えてホルモン療法を始めたあたりからどうも太りやすくなったよう [続きを読む]
  • 再建した胸でジャンプしまくる。
  • 自家組織での再建手術から半年経った昨年10月、術後初めてのライブに行った。MAN WITH A MISSIONのライブだ。チケット抽選の結果はスタンディング。ロックバンドだから、スタンディングエリアはものすごいことになりそうだ。入場待ちの列はほとんどが20代以下。マンウィズのオリジナルTシャツを着て、みんな早くもテンション高めだ。 そんな中に参戦した50代夫婦の私たち。終演までスタンディングで体力が [続きを読む]
  • 睡眠を改善できる薬。
  • わたしはもともと寝つきがよくない方で、睡眠薬のマイスリーを飲んでいたが、この薬は寝つきはよくなるけれど朝起きた時に残っていて、なかなかすっきり起きられない。抗がん剤治療を始めた頃に、睡眠薬をもらっている病院で相談したらマイスリーがベルソムラに替わった。ベルソムラは2014年に出た新薬で、入眠障害にも中途覚醒にも効果があり、起きた時の残っている感じも少なく、依存性や耐性(だんだん効かなくなってくること) [続きを読む]
  • ゆっくりがいとおしい。
  • 理由は特にないけれど、好きな男性にバレンタインのチョコレートをあげたことはない。 甘いもの好きな夫は、バレンタインは特にいらないよと言うから、今まであげたことがない。 ふるさとの父親はチョコが好きなので、バレンタインはスルーさせてもらうがいつも2月末の誕生日にはオランジェットを贈ってきた。 先月の帰省の折にもそれを持って行ったから今年の誕生日には違うチ [続きを読む]
  • 迷える子羊が賢者に出会う。
  • 金沢では先生にお目にかかるのが第一だったので、観光コースやお店などを全く決めずに行った。向こうでスマホで調べればいいと思ったからだ。けれども、口コミサイトを見ても、ほんとうに「当たり」なのかはわからずに決めあぐねてしまった。外は寒いから、あまりさまよいたくはない。ホテルのフロントの隣に、コンシェルジュがいたのを思い出して、夫と行ってみた。しっとりとした着物姿の中年の女性がコンシェルジュだ。こちらの [続きを読む]
  • 孤独
  • 金沢では、主治医のA医師を紹介してくださった夫の知人の先生にお会いすることができた。先生も今、ご病気で長いこと治療中なのだが同病の患者さんたちのために忙しく活動されている。今その活動が抱えている問題についてたくさんお話を伺った。解決しなくてはならない問題がいろいろあり先生はもどかしそうだった。先生が席を外された時、奥様がおっしゃっていた。「『(患者)本人でないとこの気持ちはわからないよね』って、主 [続きを読む]
  • 冬の金沢小旅行。
  • 先週、夫と金沢へ遊びに行った。20年ぶりくらいだろうか。真冬に行くのは初めてだった。新幹線で行くと、途中の富山あたりは結構雪が積もっていたが金沢市街は全くといっていいほど雪がない。週末は、地元の方が「珍しいですよ」とおっしゃるほどの快晴に恵まれて、澄んだ青空の下観光を楽しむことができた。兼六園は、時々数日間ずつ夜間に開園しライトアップされるそうで、ちょうどその期間だったので、夕食の後出かけてみた [続きを読む]
  • がん保険に加入できました
  • セコムのメディコム ワンに申し込もうと、書類の準備を始めた。診断書は所定の用紙で依頼する。費用は、わたしの病院では3240円だった。申込書と一緒に領収書の原本をセコムに送ると、指定した口座に診断書料を振り込んでくれる。領収書は希望すれば返送してもらえる。大変だったのは、告知書作成。過去5年以内の病気(指定された領域のもの)について、治療期間や検査・治療内容などを書かなくてはならない。わたしはいろいろ病気を [続きを読む]
  • 乳がん経験者も入れるがん保険 (3) 自由診療の補償は?
  • メディコム ワンのパンフレットのQ&Aから、自由診療での補償についてなどを抜粋します。■ 協定病院以外の医療機関でも、がん診療連携拠点病院や大学附属病院などセコムが認めた医療機関であれば、自由診療の治療費が補償される。■ 補償が受けられる自由診療の代表例は、・未承認抗がん剤・適応外抗がん剤・薬剤の適応外投与・適応外の検査 など。■ 有効性が確認されていない健康食品や、代替医療は補償されない。■ 他のがん保 [続きを読む]
  • 乳がん経験者も入れるがん保険 (2) 保険料について。
  • 前回書いた、セコムの保険「メディコム ワン」の補償内容で書き忘れがあった。■ 乳がんの再発・転移だけでなく、他のがんでも補償される。パンフレットには保険料表があり、「初めてかかった乳がんのステージ」「加入時の満年齢」「初めてかかった乳がんの手術日からの経過期間」によって月額保険料が変わる。診断書の内容によって割引される場合もある(わたしは割り引かれた)。例えば50歳で、手術日からの経過期間が最短で加入 [続きを読む]
  • 乳がん経験者も入れるがん保険 (1)
  • そろそろがん保険に入っておこうかな…と思っていた矢先に乳がんが見つかった。限度額適用認定証や、夫の会社からの補助はあったものの治療はかなりの出費になってしまった。将来、乳がんの再発や他のがんにかかった場合に、治療費の心配はもうしなくて済むようにしたい。けれども、がん経験者が新規加入できるがん保険は少ない。調べてみると、セコム損害保険株式会社の「メディコム ワン」という保険を見つけた。乳がん経験者の [続きを読む]
  • 父親の復活に驚く。
  • 10日前、久しぶりに帰省して会った父親がすっかり年老いてしまっていてショックだった。会った時に撮った写真をプリントして送ると、後妻さんからお礼のメールが来た。メールを読んで驚いた。わたしたちと会ったことが刺激になったのか、父は翌日、いつもは1周すると疲れて座ってしまうショッピングモールを休まずに2周して、しかも帰り道には少し遠回りをしたそうだ。今年の冬は、雪が降ると外出は嫌だと一歩も動かなかったのに、 [続きを読む]
  • カラートリートメントを試してみたが。
  • 2015年末に抗がん剤治療が終わってから、髪は徐々に生えてきたけれど以前は太めだった髪質は、頭頂部や生え際では細く猫っ毛になった。8月初めになっても、まだカットに行けるほど伸びていなくて、全部同じ長さだから妙な髪型になっている。もともと白髪が多めだったのだが、抗がん剤後はさらに増えたようだ。外出の時にコットンの帽子をかぶっても、もみあげのところに白髪が見えるとがっかりするので、とにかく染めようと思った [続きを読む]
  • 夜中のホットフラッシュ対策の秘密兵器。
  • 昨年4月、再建手術の前から退院するまで、ホルモン療法のタモキシフェンを中止し、退院後に再開したら、またホットフラッシュが起きるようになった。だんだん暑くなってくる時期で、昼間は突然ぬぐいたくなるほどの汗が顔や頭からダラダラと出る。眠りも浅くなっていたので、夜中に目覚めると汗をかいて暑くてたまらなかった。なんとかならないものか…。入院していた間、手術後の熱があった時に、昔ながらのゴム製の水枕をもらっ [続きを読む]
  • タモキシフェンで眼の痛みが?
  • (年末年始は旅行が続いたので、治療記録が書けませんでした)昨年7月上旬に、12回目のハーセプチン投与を受けた。この時に術後1年の検査結果(マンモ、エコー、血液検査)を聞き、異常なしで心からほっとした。(検査結果の記事はこちら)この日の数日前から、右目の奥がピリピリ、チクチクと痛むようになった。痛みは起きている間じゅう時々ある。眼が痛むことはあまりないので、乳腺外科での診察でA医師に話すと、心配ないと思 [続きを読む]
  • 父親の姿にせつなくなる。
  • 週末、今度はわたしのふるさとを夫と訪れた。飛行機からは一面の雪景色が見える。ふるさとには父親が、母が亡くなって再婚した後妻さんと一緒に暮らしている。後妻さんとわたしとの間にはトラブルはないけれど、前妻の娘一家があまり頻繁に顔を出すのもどうかな…と思い、今まではしょっちゅう帰省するということはなかった。昨年父からのメールで、肺の疾患で弱り老化も進んだと書いてあったので心配になり、ハーセプチンの点滴も [続きを読む]
  • 老いていくということ。
  • 夫の実家に数日滞在して、帰ってきた。夫のふるさとは、人口数万人の小さな市で山の間を縫って走る道を行くと、実家がある。お店などは皆無で、コンビニや小さなスーパーへ行くにはクルマで15分くらいかかるだろうか。いなかの家だから、とても広くて畑もありそこに、今は夫の母と兄、兄の息子と、犬とトカゲが住んでいる。夫の父は10年ほど前に、兄嫁は15年ほど前に、それぞれがんで亡くなった。ずっといろいろバタバタしていて、 [続きを読む]
  • 造物主はフィギュア好き。
  • 夫の実家で同居している甥っ子が飼っているトカゲ。体のトゲは案外柔らかくてお腹はもっと柔らかい。目の後ろの方にあるのは耳の穴。あまり動かずじっとしているので精密なフィギュアのよう。細かいところまで息を飲むほどよくできている。神様はフィギュア好きだったのかもね。 応援いただけますと励みになります。   ↓ にほんブログ村 乳がん ブ [続きを読む]
  • 神様のおもちゃ。
  • 久しぶりに飛行機に乗って西へ飛び、夫の実家へ向かった。雲海の中、雪を頂いた冬山の稜線が美しい。飛行機から景色を眺めるといつも世界は広いようで小さくて地球は丸ごと、神様のおもちゃなんだなと思う。自分がこの世からいなくなったら、ただ無に帰すだけだろうなと思っているけれど、なんとなく、亡くなった母親や猫たちは天国だとかあの世だとか、そういったところからこんなふうに静かに世界を見下ろしてくれているような気 [続きを読む]
  • 母親の過去に衝撃を受ける。
  • お読みいただいてありがとうございます。今年もよろしくお願いいたします。毎年、元旦には首都圏に住むわたしの叔父の家へ家族で遊びに行っている。叔父は、わたしの亡くなった母の弟だ。いつも、ものすごい量のごちそうでもてなしてくれる。同居している叔父の孫たちは、お正月に来るお兄ちゃんたちにたっぷり遊んでもらってニコニコだ。大人たちはよもやま話。わたしのがんのことも知っているのだが、さらりと触れる程度で済ませ [続きを読む]
  • 未来のことを。
  • 穏やかに晴れた関東の大晦日。昨年3月に乳がんが見つかり6月に手術、7月から術後抗がん剤(EC→ドセタキセル)を半年受けて最後の抗がん剤投与が12月下旬だったから、昨年の大晦日は副作用で弱っていて1年を振り返る余裕など全然なかった。これから自分はどうなるんだろう。髪や眉はまた生えてきてくれるのか。しびれや関節痛は治まるのか。がん細胞はもう、ほんとうになくなったのかなあ。一日一日を、ひたすら刻むように過ごして [続きを読む]
  • 美しい朝の富士山。
  • 山中湖のほとりから見る、朝の富士山。今年は雪が多いような気がします。朝の光で雪がほんのり赤く照らされて、神々しいくらいの美しさ。ごちそうをいただいて楽しい夜を過ごして帰ってきました。また出かけられるようになってほんとうにうれしいです。 応援いただけますと励みになります。 よろしくお願いいたします。    ↓ [続きを読む]
  • 美しい風景に再会する
  • インフルエンザも治り年末の富士山を眺めに来ることができた。 いつもこの時期に来ていたのだけれど、ここ2年くらいは、息子たちの進路だの、抗がん剤だので出かけることができなかった。 夕暮れの美しい風景をまた見られてほんとうにうれしい。よくがんばったね…と富士山が語りかけてくれているようだ。 今夜は夫とおいしいものを食べて、久しぶりにゆっくり過ごします。 [続きを読む]
  • 再建後はどんなブラジャーを選んだらよいか。
  • 自家組織での再建後のブラジャーは、■ ワイヤー入り■ フルカップをつけるように、B医師に言われたのでコンシェルジュの方に、そのタイプ限定で候補を持ってきていただいた。■ 肩のストラップが落ちないものを追加で希望してお願いした。海外ブランドのブラも扱っていて、昔しばらく使っていた、イタリアのラ・ペルラもあった。ちょっとつけてみたいな…と思ったが、ラ・ペルラは、デザインとバストアップ効果は素晴らしいけれど [続きを読む]