spica さん プロフィール

  •  
spicaさん: ある乳がん患者の記録 [スピカの乳がんリアルライフ]
ハンドル名spica さん
ブログタイトルある乳がん患者の記録 [スピカの乳がんリアルライフ]
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/spica2015/
サイト紹介文発見→全摘→抗がん剤→分子標的薬→乳房再建→ホルモン療法…乳がん患者のリアルライフをつづります。
自由文spica、51歳、専業主婦。50代夫、10代後半息子2人。2015年3月、左乳がん(1.4cm)発見。 6月、左乳房全摘+エキスパンダー挿入。リンパ節廓清なし。 7月、病理結果:左乳頭腺管癌(浸潤癌部1.5cm×1.0cm×1.0cm、非浸潤部全体の広がり4.0cm×2.8cm×1.2cm)、T1cN0M0、Stage I、ER70%、PgR70%、HER2(3+)、Ki-67(30%)、Nuclear Grade 2。7月よりEC療法→ドセタキセル+ハーセプチン→ハーセプチン単独→ホルモン治療5年の予定で治療中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供147回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2015/10/27 14:39

spica さんのブログ記事

  • 白い花。
  • 先日、乳がんで闘病されていた有名人が世を去られたので連日いろいろなニュースフィードに必ずと言っていいほどその方の記事が載っている。幼いお子さんたちを残し、若くして旅立たれたということで世間の耳目をたいへん集めている。わたしの義姉は、まさにその方と同じように幼いこども二人を残して乳がんで世を去った。事情があり、義姉は病院での治療を受けずにいた。病状が進んでから、義兄(わたしの夫の兄)の実家に家族で身 [続きを読む]
  • ともだちの選択。化学療法を受けるか、断るか。
  • ともだちが、転移がんの手術後の化学療法を受けるかどうか、医師に返事をする日が迫ってきた。前回の記事で、わたしが彼女と話をして、自分の時の副作用や費用など何かの参考になるかもしれない情報を渡してからは連絡を取っていなかった。「結局ギリギリまで考えなくて、直前にぱっと決めちゃうかもね」彼女はそう言っていた。迷ってはいても、次の通院で返事をするまでの2週間の間、ずっとそのことを考えるのでは気がめいるのだ [続きを読む]
  • 化学療法をどうするか。ともだちの迷い。
  • 「転移がんと考えられる」という病理結果が出たので、ともだちは今回の手術を行った科から婦人科に戻って、今後について聞くことになった。日を改めて婦人科で診察を受けた彼女から連絡があった。やはり化学療法を勧められたそうだ。ただし彼女の原発がんでは、今回のような転移をするケースは珍しくその病院でも症例数が少ないので、転移後の化学療法の効果のデータがほとんど取れていないらしい。もちろん学会レベルの治療ガイド [続きを読む]
  • ともだちの病理結果を聞く。
  • わたしの修正手術の後しばらくすると、ともだちの手術の病理結果が出た。この記事でも書いたように、ともだちは以前、婦人科のがんの手術を受けたがその時の術後化学療法を断った。経過観察のみを続けて2年後、別の臓器にがんが見つかり今回の手術となったのだ。今回のがんが、その臓器に新たに生じた原発がんであれば、その科で引き続き治療をすることになる。もし前回に由来するがん細胞であれば、その科での治療は手術だけで終 [続きを読む]
  • 修正手術は失敗だったのか?
  • 再建乳房の修正手術によって、左胸のバージスライン(乳房下の輪郭線)が健側に比べてくっきり深くなってしまった。ラインの位置やカーブの形は、ちゃんと左右対称なのだが深さが違うので、鏡で見ると違和感がある。執刀は、主治医B医師の指導の下で若手のY医師が行った。これは失敗じゃないだろうか…?不安を抱えて10日ほどが過ぎた。修正手術後3週間目に、形成外科でB医師の診察を受けた。胸の写真を撮ってもらった後、思い切っ [続きを読む]
  • 修正の結果を見て不安になる。
  • 形成外科で抜糸を済ませて帰宅した。ずっと厚いガーゼが貼られていたので、術後、傷の様子はそれまで全くわからなかった。どんなふうになっているだろう?ドキドキしつつ鏡の前で服を脱ぐ。(次回のB医師の診察まで、引き続きノーブラでいるように言われていた)そして修正後の左胸を見た第一印象は「えっ!がっかり…」左胸はバストが1〜2cmほど下がった状態だったので今回の手術は乳房下端を3cm×2ヶ所切開し、下がっている余分 [続きを読む]
  • 抜糸に行き、水疱の原因が判明する。
  • 再建乳房の修正手術後10日目で抜糸のために形成外科を受診した。B医師が不在なので女性医師の代診だ。一昨日、胸の谷間にできた1cmくらいの水疱を見せると「ああ、これはガーゼを固定するテープ(幅広でかなり強力)で皮膚が強く引っぱられるとできる水ぶくれだと思います。ここにもありますよね」と示された先を見ると、傷の下側、私からはちょうど見えないところにも小さな水疱ができていた。「水ぶくれは消毒済みの針でつついて [続きを読む]
  • 抜糸前に謎の水疱が現れる。
  • 再建乳房の修正手術の翌日、消毒のために形成外科を受診した。処置台に寝ると、B医師がガーゼを剥がして傷口をチェックし鼻歌混じりで(笑)消毒して、抗生剤入りの軟膏(ゲンタシン?)を塗り、また分厚いガーゼで覆った。傷の様子はまだ自分では見ていない。通常は手術後1週間で抜糸なのだが、GWにかかるので数日延期となり、その日はB医師が不在なので他の医師に抜糸してもらうことになった。抜糸まで傷を濡らしてはいけないので [続きを読む]
  • 手術終了。再建乳房修正の費用は?
  • B医師に細かいやり方を指導されながら、Y医師は乳房の余分な組織の切除を進めていった。「痛かったらいつでも言ってくださいね」と言われていたが、麻酔がよく効いていたのか、鋭い痛みを感じることはなかった。ただ、場所によっては引っ張られると鈍い痛みのような感覚があり、それはちょっと怖かったので、「そのへんは痛いかもですー」と言うと、すぐに局所麻酔を追加してくれた。おかげで痛みに顔をしかめることもなかった。ど [続きを読む]
  • 続・再建乳房の修正手術はどう行われたか。
  • (前の記事は→こちら)局所麻酔は3,4か所に注射した。センチネルリンパ節生検のための注射を乳輪に打ったのに比べれば、余裕で我慢できる痛みだが針を刺す時より薬液を注入する方が痛いなと思った。手術室にはとなりのトトロのオルゴール曲がずっと流れている。以前、別の病院で気管切開の傷痕を形成外科で修正してもらった時には音の割れたスピーカーで竹内まりやが延々かかっていたことを思い出した。しばらくすると麻酔が効い [続きを読む]
  • 再建乳房の修正手術はどう行われたか(1)
  • 4月末、形成外科で再建乳房の修正手術(左乳房下溝形成術)を受けた。 (手術前に受けた説明は→こちら) 局所麻酔での日帰り手術で、 流れはこのようになる。 ■ 局所麻酔で、アンダーバストラインを 2ヶ所、3cmくらいずつ切開する。 谷間の真ん中を切ると傷が目立つので そこは避け、乳房の下に隠れる位置で切る。 ■ 切開したところから余剰の脂肪を取り除く。 下向きの三日月状に切っ [続きを読む]
  • 術後のブラはどうすれば?乳房修正手術前のQ&A。
  • 再建乳房の修正手術(左乳房下溝形成術)の事前に指示されたことは以下の通りだった。■ 手術の時間は前日に決まるので、前日夕方に形成外科外来へ電話をして聞く。■ 前日に入浴しておく。ネイルは落とす。■ 手術開始の30分前までには来院すること。■ その来院時刻の2時間前までに食事を済ませる。以降は水のみ飲んでOK、コーヒーなどもダメ。■ 薬はいつも通り飲んでよい(薬によっては中止するものもあるので、術前説明の時に [続きを読む]
  • 再建乳房の修正(左乳房下溝形成術)の説明を受ける。
  • 4月上旬、形成外科で再建乳房の修正手術前の検査と診察を受けた。自家組織(腹直筋皮弁法)で左乳房を再建したがその後の自己管理での保定が甘かったのか、アンダーバストのラインが健側に比べて1〜2cmほど下がってしまったので修正をしていただくというわけだ。(そのいきさつは→こちら)術式は「左乳房下溝形成術」。■ 局所麻酔で、アンダーバストラインを2ヶ所、3cmくらいずつ切開する。谷間の真ん中を切ると傷が目立つので [続きを読む]
  • 108円で眉を救え!
  • もともと眉が濃い方で、描く必要がないくらいだったのだが抗がん剤でやっぱりかなり抜けてしまった。その後徐々に戻ってはきたけれど、まだ薄いのでさすがに描かなくてはいけなくなった。まずアイブロウペンシルを買ってみたが、ペンシルだけで自然な感じに描くのは眉メイク初心者には難しい。次に、反対側の端にパウダーもついているペンシルを使ってみた。パウダーだと結構うまく全体を埋められて、ペンシルで少し描き足して [続きを読む]
  • 乳頭・乳輪再建の術式。人体の不思議。
  • 4/21の「シリコンインプラントには限界もある。」で、乳頭・乳輪再建を受けた方の写真を形成外科で見せていただき、その時に術式についても伺った。過去記事「自家組織再建手術後の経過をまとめると。」で書いたように、わたしは乳房再建の時に乳頭の位置に肋軟骨を移植してあり皮膚の上からコリッとした軟骨に触れることができる。わたしの場合、乳頭・乳輪再建手術では、■ 軟骨を取り出して乳頭の土台にする。■ 胸の傷の部分の [続きを読む]
  • 100円ショップで発毛促進。
  • 化学療法が終わると、脱毛した髪はまた生えてはきたが全体に細くなり、頭頂部と生え際は本数も少なくなった。ホルモン療法があと数年は続くので、昔のような髪質に戻るのは難しいかもしれない。発毛・育毛に効果があればと、いつもの美容院でヘッドスパをやってもらったらさすがはプロで素晴らしく気持ちよかったのだが、しょっちゅうお願いできるほどの財力はなし。指で自己流に揉んでみても、そんなに効いている感じがしない [続きを読む]
  • 人生の選択。ともだちの領分。
  • がんの治療は選択の連続だ。雑誌に載っている占いチャートのように、次々と分かれ道が現れる。 どのルートなら理想のゴールにたどりつけるかは 最後までわからない。 占いチャートなら、こっそりずるをして 一番いいゴールから逆にたどっていき 選択肢を決めてしまうこともできるのに。 わたしは29歳の時に 母親を膵臓がんで亡くしている。 当時は本人への告知はそれほど広まっておらず わ [続きを読む]
  • 選択は正しかったのか。
  • ともだちの手術は、腫瘍とその周りの組織を取って無事に終わり、予定通りに退院することができた。病理の結果はまだだが、術後に主治医が「周りに広がっていることもなく、腫瘍の形も予想通り、婦人科のがんが転移していたもののようです」と言っていたらしい。そうであれば、前の記事で書いたようにここの科では治療終了で化学療法については、婦人科に戻って相談ということになる。(病理の結果、そこに新たに生じた原発性のがん [続きを読む]
  • 転移か、原発か。
  • ともだちは、わたしの乳がん発覚の半年ほど前に婦人科領域のがんの手術を受けた。主治医は術後抗がん剤を勧めたが、彼女は断り、経過観察だけを続けていた。そのときのいきさつはこの記事に書いている。深夜の電話でおよその状況を聞いた。彼女は最初「再発」と言っていたが、今回見つかったがんは、他の臓器なので2年前のがんの転移か、あるいはそこの臓器の原発がんかもしれないとのことだった。ただ、画像でがんの形状を見る限 [続きを読む]
  • ふたりの距離。
  • 乳がんが見つかり、がん患者となった日からわたしの心は急に不安定になった。 外面は平静を装っていても内側で心は千々に乱れて、おろおろと困り果てる時もあれば一方でふしぎと冷静にこれからのことを考えられる時もあった。 弱い自分と強い自分が一日の中ですら目まぐるしく入れ替わり、そしてそのタイミングは全く予測がつかない。 そんな頃のわたしにとって、周りにいちばんしてほしくなかったのはわたし以上に過剰に [続きを読む]
  • ともだちの再発。
  • しばらく前に、以前何回か書いたふしぎな縁のともだちと夜遅くLINEでたわいない話をやりとりしていたら、「ちょっと電話していいかな?」と送ってきた。LINEをするかたまに会うかで、電話で話すことはあまりなかったのでこんな遅い時間に?と不思議に思いながら電話を受けた。「なに?」「あのさあ」電話の向こうで何か、カチカチ、カチカチと音がする。しばらく間をおいて彼女は言った。「再発した」カチカチ、カチカチ。わたしは [続きを読む]
  • シリコンインプラントには限界もある。
  • 自家組織で再建した胸の修正手術を受け、その傷が落ち着いてからということになるが乳頭・乳輪の再建も考えている。乳頭・乳輪再建のできあがりはどのような感じになりますか?と形成外科で尋ねたところ、少し前にそれを行ったという方の胸の写真を見せていただいた。まだ抜糸が済んでいなかったので、ちょっと痛々しい見た目ではあるが写真で見た限りでは、抜糸して傷が癒えたら乳頭と乳輪は健側とほとんど差がなくなりそうだった [続きを読む]
  • 優れものブレストバンドはお腹にも使える。
  • 昨年4月、自家組織での再建手術(腹直筋皮弁法)を受けたのでおへその下に横一直線の長い傷ができた。(正確には、元のおへそはなくなり新しいおへそが作られている。どうやって作るのだろう…)術後はこの傷のところと下腹部がヘルニアになりやすいのでマックスベルトという腰痛用の幅広のコルセットを3ヶ月間つけていたが硬くてあまり着け心地がよくなく早く外したくて仕方がなかった。7月、術後3ヶ月目の経過観察で、マックスベ [続きを読む]
  • 横隔膜を上げる。やりますやります。
  • 抗がん剤、ハーセプチンが終わり、ホルモン療法に移行してしばらくすると乳腺外科での診察は3ヶ月ごとになった。思えば術後抗がん剤からハーセプチン終了まで、合計22回、3週間ごとに通院し点滴を受け続けすぐに次の通院日がやってくる…という毎日だったから体の負担という点でも気持ちの上でも、ずいぶん楽になった。形成外科での経過観察も、再建手術後半年を過ぎたあたりから通院間隔が延び、2〜3ヶ月ごとになって病院に紐づけ [続きを読む]
  • 子宮体がんの検査を受ける。
  • 昨年12月、タモキシフェンを飲み始めて1年経ったので婦人科で子宮体がんの検査を受けた。子宮体がんの検査は痛い、という話をよく聞く。ちょっと緊張しながら内診台に上がった。まず、エコーのプローブを入れて子宮内膜の厚さや筋腫の大きさをチェック。それから子宮の中に細いチューブのようなものを差し込み、そのチューブの中を通して差し入れた器具を使って子宮内膜の細胞を採る(細胞診)。このチューブを入れる時と細胞を採 [続きを読む]