ビジネスマン さん プロフィール

  •  
ビジネスマンさん: 忙しい人のための経済番組まとめサイト
ハンドル名ビジネスマン さん
ブログタイトル忙しい人のための経済番組まとめサイト
ブログURLhttp://forthebusyperson.blog.fc2.com/
サイト紹介文経済番組をまとめているサイト テレビを見ている時間がない人でも内容がわかるようにしています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2015/10/29 11:31

ビジネスマン さんのブログ記事

  • 《2016/01/06》 モーサテ 今日の経済視点
  • 天候リスクに注意マーケット・リスク・アドバイザリー 新村直弘アメリカで洪水が起きたり、イエメンにサイクロンが来たりと異常。それに伴う食品価格の高騰リスクが今年はある。エルニーニョ現象の後にはラニーニャ現象があり、その際に小麦を含め食品価格は上がっている。今回は記録的なエルニーニョが起きているため、ラニーニャが起きると小麦の価格が高騰する。そうすると新興国や中東の財政がさらに悪化するため、非常に注目 [続きを読む]
  • 《2016/01/06》 モーサテ 予想レンジ
  • ■為替 きょうの見通し三菱UFJモルガン・スタンレー証券 植野大作【ドル/円】     118.40円〜119.50円【注目ポイント】  米ADP雇用報告とISM非製造業景気指数昨日のドル/円は中国株の反発で一時119.70円まで上昇したが、中国株の息切れで反落。その後はユーロ/円の下落にあおられ一時118.79円まで下げた。ニューヨーク勢参入後は株価にらみになっている。今週の最大の注目は週末の雇用統計だが、本日はADP雇用報告とISM非 [続きを読む]
  • 《2016/01/06》 モーサテ プロの眼
  • 緊迫する中東情勢 原油相場への影響はマーケット・リスク・アドバイザリー 新村直弘中東ではスンニ派のサウジアビアがシーア派のイランと国交断絶。その影響でバーレーン、スーダンがイランとの国交断絶。緊張が高まっている。これは非常に厄介な状況。サウジアラビアのイランとの国交断絶やイランのシーア派主導者の処刑は内政引き締めを狙ったものだが、対立を深めている。アメリカやロシアの対応によってはいろいろなシナリオ [続きを読む]
  • 《2016/01/05》 モーサテ 今日の経済視点
  • 歴史的な動きから新たなトレンドへJPモルガン・チェース銀行 佐々木融昨年のドル円は変動相場制を導入してから初めての4年連続円安だった。1年間のレンジは40年ぶりの狭いレンジだった。年前半のレンジが年後半にブレイクしなかったのも1990年以降初めて。このようにマグマがかなりたまっているため、徐々に新たなトレンドである円高方向に行くのではないか。構造変化野村証券 池田雄之助為替が株に影響されるよりは金利差に影響 [続きを読む]
  • 《2016/01/05》 モーサテ 予想レンジ
  • ■為替 きょうの見通しSMBC信託銀行プレスティア 尾河眞樹【ドル/円】     118.70円〜119.70円【注目ポイント】  日米長期金利動向アジア時間の株安の流れとISMが弱かったことでドル安円高となった。日本は昨日は休みの企業が多かったため、本日から流動性が戻ってくる。昨日は118.70円まで円高が進んだ。要因は人民元をはじめとする資源国通貨安と株安に加え、中東の地政学リスクが高まっていること。リスク回避の円買い [続きを読む]
  • 《2016/01/04》 モーサテ 今日の経済視点
  • 日銀の決断大和証券 木野内栄治今年は日銀の行動に対する期待感が落ちている。日銀に対する期待感が落ちていると、日銀が物価等に働きかけるのが難しい。日銀はしっかりとした行動を見せて、期待に働きかけないといけない年だと思う。政治の責任BNPパリバ証券 丸山俊日経平均20000円からの株高は日銀でも財政でもなく政治の責任。2つによっても景気が回復しないため、何らかの構造的な問題がある。それを解決するためには政治の [続きを読む]
  • 《2016/01/04》 モーサテ 予想レン
  • ■為替 きょうの見通しクレディ・アグリコル銀行 斎藤裕司【ドル/円】     119.70円〜120.70円【注目ポイント】  米雇用統計と一目均衡表今週の東京市場は株価にらみの展開が予想されるが、金曜日のアメリカ雇用統計に向けてドルは徐々に底堅くなっていくと予想する。週足の一目均衡表を見ると安倍政権発足後一時期しか割れていなかった雲の上限を4週連続で下回っている。年明け1、2週間で雲の上限を上回らないとドル円は [続きを読む]
  • 《2015/12/28》 モーサテ 今日の経済視点
  • 選挙⇒2017年以降マネックス証券 広木隆来年はアメリカの大統領選、日本の参院選がある。年後半は消費増税の影響を受けて株価は下がると予想したが、延期する、9%にするという可能性もある。また、国民の真意を問うといって衆議院を解散する可能性もある。ダブル選はないとしても、2回選挙を行うかもしれない。参院選の争点として、憲法改正のようなことをするかもしれない。そうすると株式市場にはリスクになる。アメリカの大統 [続きを読む]
  • 《2015/12/28》 モーサテ 予想レンジ
  • ■為替 きょうの見通しFPG証券 深谷幸司【ドル/円】     120.00円〜120.80円【注目ポイント】  来年の相場を読む値動きに来週まではクリスマス休暇もあり、ドル売り円買いでポジション調整をした。ドル/円相場は落ち着いて、株価も下げ止まりで、今日は120円前半ないし半ばで落ち着いた動き。今日は年末で最終の応当日ということのため、短期的な需給で多少ぶれるかもしれない。年末に向けたポジション調整は終了している [続きを読む]
  • 《2015/12/25》 モーサテ 予想レンジ
  • ■為替 きょうの見通し三菱東京UFJ銀行NY 野本尚宏【ドル/円】     120.00円〜120.50円【注目ポイント】  次のテーマ探し唯一のイベントであった新規失業保険申請者数がほぼ予想通りで上値が重い展開。本日は世界中がクリスマス休暇で唯一東京だけが参加している。流動性が極端に減り、積極的に参加する人もいないことから動かないと思う。注目ポイントは次のテーマ探し。最大のイベントであったアメリカの一回目の利上げ [続きを読む]
  • 《2015/12/25》 モーサテ プロの眼
  • 日本株の騰落にヘッジファンドの影三菱UFJモルガン・スタンレー証券 藤戸則弘今年はヘッジファンドに翻弄された一年だったと思う。外国人投資家の現物・先物の売買動向を見ると、8月の中国ショックの際に先物売買が増えている。先物のレートが高まっており、ヘッジファンドの介在を示唆している。中国ショックの際は先物主導で売りが出た。7兆円という膨大な売りで、日経平均も4,000円下がった。10月の戻り相場でも先物買いが主導 [続きを読む]
  • 《2015/12/24》 モーサテ 今日の経済視点
  • サイレントマジョリティ政策研究大学院大学教授 大田弘子声なき多数派のこと。すごく良識的で懸命だと思う。来年は選挙があるため、これから選挙を意識した政策が出てくると思う。サイレントマジョリティが目を光らせて声を出していくことが必要。本日、来年度予算が決まる。税収が上がるが、歳出への切込みが甘い。今政府は何をしなくてはいけないか、どこにお金を使わなくてはならないかをもっとよく見る必要がある。 [続きを読む]
  • 《2015/12/24》 モーサテ 予想レンジ
  • ■為替 きょうの見通し三菱東京UFJ銀行 内田稔【ドル/円】     120.30円〜121.20円【注目ポイント】  日本期待インフレ率海外市場はクリスマスを前に閑散とした取引でドル円・は上値が重い。米国の利上げ後、上値が重い展開が続いている。材料の出尽くしもあり、下値を試す展開に注意が必要。大きな値幅は考えにくいが、ドル/円の軟調推移を予想する。米国の利上げ後、ドル/円の上値が重い理由として、日本の期待インフレ [続きを読む]
  • 《2015/12/24》 モーサテ プロの眼
  • インボイスの確実導入を政策研究大学院大学教授 大田弘子インボイスの導入は軽減税率に伴う措置。そもそも、軽減税率の導入に反対。どうしても軽減税率をするならインボイスの導入できれば良かったが、2021年度に伸びた。軽減税率の問題点・高額所得者も支援・線引きが曖昧・益税拡大の可能性みなし課税(課税売上5,000万円以下の中小企)受け取った消費税−仕入れで払った消費税=納税額受け取り、支払いの両方がみなしの税率で [続きを読む]
  • 《2015/12/22》 モーサテ 予想レンジ
  • ■為替 きょうの見通し新生銀行 政井貴子【ドル/円】     120.60円〜121.60円【注目ポイント】  日銀 黒田総裁 講演海外市場は原油安の影響で120円をトライする形。また、トピックスとしてはイギリスポンド。中銀が弱気な発言で利上げに遠のいたということで売られている。今日の東京市場は指標は特になく、決算もない。テクニカルと株価次第。18日の日銀の発表は為替市場の人間からはわかりにくい。今でも専門家の間で [続きを読む]
  • 《2015/12/22》 モーサテ プロの眼
  • 米利上げでも円安にならない理由新生銀行 政井貴子日米の金利差を見ると、ドル/円はもう少し高くてもよい。久々に1%の差がありそのまま円安に行けばいいのだが、実際はそうなっていない。理由は2つある。市場の不透明要因・原油安への恐怖心 原油安がもとでリスクオンにならない。・日銀の金融政策 日銀の政策についてのわかりにくさ。 18日の決定会合から円高になってかい離の理由になっている。来年の相場は2つの要因が取り [続きを読む]
  • 《2015/12/21》 モーサテ 今日の経済視点
  • 間合い岡三証券 愛宕伸康日本銀行とマーケットとの間合い。付かず離れずが良いと思うが、今は離れている印象。もう少しコミュニケーションの余地があると思う。財政規律双日総研 吉崎達彦安倍一興政権だが、来年の選挙に向けて大盤振る舞いが目立つ。軽減税率は広がるし、補正予算にもバラマキが入っている。野党にはそこを攻めてほしいが果たしていえるか。日本の財政規律が選挙に向けて緩むのかが心配。 [続きを読む]
  • 《2015/12/21》 モーサテ 予想レンジ
  • ■為替 きょうの見通し三菱UFJ信託銀行 藤島雄介【ドル/円】     120.40円〜121.90円【注目ポイント】  年末までの資本フロー先週末の相場は、日銀の量的質的緩和を受け、ドル/円は一時的に上昇したが、市場へのインパクトを消化しきれずに反落した。これまでの日銀の金融政策はバズーカの異名をとり、やるときには大胆な印象が強かっただけに、失望感の方が目立ってとらえられてしまったという印象。また、海外勢を中心 [続きを読む]
  • 《2015/12/19》マネーの羅針盤 ブルベア
  • プロが教える投資のヒント ブルベア羅針盤(コンパス)住友商事グローバルリサーチ社長 高井裕之どこまで下がる?原油価格■原油価格 なぜ下落? 12月に入ってから原油価格の下げが非常に激しかった。 原油価格下落の要因(12月)   4日 OPEC生産目標合意できず  15日 IAEA イラン制裁解除で増産  16日 米利上げでドル高懸念  18日 米原油輸出解禁へ  エルニーニョ現象による暖冬  灯油など石油製品の在庫量 [続きを読む]
  • 《2015/12/18》 モーサテ 今日の経済視点
  • 成長期待東端リサーチ 加藤出量的緩和で日銀がいくらお金を配っても、企業経営者が2020年以降の日本経済に確信が持てない。どんなに安いお金があっても投資に結び付かない。人口減少問題をどうするか等の成長期待が高まるような議論をしていかなければならない。できるだけポジティブな話を見つけながらやっていかなければならない。設備投資には成長期待が必要。76世代バークレイズ証券 北野一1976年生まれの世代が成長させなけ [続きを読む]
  • 《2015/12/18》 モーサテ 予想レンジ
  • ■為替 きょうの見通し三井住友信託銀行NY 海崎康宏【ドル/円】     122.30円〜123.30円【注目ポイント】  米利上げの余波ニューヨーク市場を振り返ると、債券と株式市場は昨日と反対の動きになったが、為替市場ではFOMC後の流れを引き継いでドル買いが継続。株価の反落を受けて伸び悩んだ場面もあったが、122円80銭台まで上がってきている。今日の見通しは、日銀金融政策決定会合に政策変更を見込んでいない。また、黒田 [続きを読む]