うりゃ さん プロフィール

  •  
うりゃさん: そんna 受「検」na 適性検査
ハンドル名うりゃ さん
ブログタイトルそんna 受「検」na 適性検査
ブログURLhttp://ameblo.jp/manyamanya1/
サイト紹介文某、適性検査対策塾に通って受検した2017受検男子の母のつぶやき。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供71回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2015/10/31 09:22

うりゃ さんのブログ記事

  • 鋭角30°
  • 白鴎が適性Ⅲ作るって知って、おおう・・・文系の命は・・・って思ってる文系派です。より理系の子を取りたいのね。東京都はほんとう〜に理系が欲しいのね。もし近くに住んでて適性Ⅱまでと思って勉強してきた小6だったら、うちだったら泣く。(以下、あんまり受検とは関係ない、英語の話です)基礎英語の1〜3、青春キラキラだったり、ストーリーが意外につっこみどころアリだったりして、聞いている人のなかで、マニアックに話 [続きを読む]
  • 全統一返却(小4)
  • 全国統一小学生テスト、返ってきた。はじめての四科。我が家のパターンでどうせ国社が良くて総合は60ぴったし、そして算数が平均以下だった。算数、CM見てなんとなく受けに来た塾行ってない子とかも含めて、その中で平均以下…。(兄ちゃんのときもブログにまったく同じこと書いてた。)ガッチョンしつつも、まあ兄ちゃんもこんなだったしな…という、もうヘンな慣れが。このまま兄ちゃんと同じパターン行く気が。小4ぐらいの時 [続きを読む]
  • 家庭学習させたい
  • 早稲アカやら日能研やら栄光やらenaの無料模試の乱雨の六月。いくつか申し込んだら、早速、体験授業とかのお誘いきた。小四の春だもんね…。「六月に無料の模試が多いのは、夏期講習の誘い込みのため」って、コメントで教えていただくまで気づかなかった私。ありがたく都立中に入れていただいた兄ちゃん、「入ったら入ったで都立の大変なとこも疑問点が見えてくるだろう」と思っていたけれど、いまのところ、疑問点や不満点が一切 [続きを読む]
  • 全統一で適性検査模試で公立中高一貫オープンで全国テスト
  • 相変わらず、無料が大好きな私だけれど。6/4(日)が全統一で、6/10(土)が、〇naの適性検査模試で、6/17(土)、18(日)が、栄光の公立中高一貫オープンで、6/18(日)が日能研の全国テストやん!…全部申し込むと、6/4、6/10、6/17、6/18、連続でテスト受けることになる。あとムスメに絶対拒否られる。無料テスト、全部6月に集中しすぎ〜!6月は無料テストの時期なのだろうか。これ4月〜7月にバラけてればいいのに。(無料に文 [続きを読む]
  • 「読解力と基礎力」になってた
  • 「入学者名簿を見ると、〇naの合判で適正Ⅲで優秀者名簿に載っていた子がそのまま移動して来ている」と聞いたことあった。 うち、適正Ⅲで名前なんて載ったこともない。 難問ぞろいの合判は、いつも偏差値50。恥ずかしながらCとDの羅列、一回だけA出した以外はほとんどCとDのみ。 反対に、普段の学判はとんでもない順位を何度か出していた。難問は人より解けないぐらいだけど、普通レベルの難易度の問題だとけっこうよく取 [続きを読む]
  • 写真撮るアレ
  • 新学期を前にして。「頑張った山のようなテキスト類重ねて、写真撮る」 アレ、やってみたかった。 やった。そして。捨てたり売っちゃおうか、この、場所を取る体積。 取っておこうか。処分するか。 学判合判、各種模試も、日特もテキストも。もし妹にもチャレンジさせるなら、ぜんぶ取っておきたい。お兄ちゃんが書いた数々の作文なんか、宝の宝庫。 兄ちゃんの点数低かったときの添削済みのダメ作文や、点数高かったときの作文も [続きを読む]
  • トーハクののち哲学して東大した
  • 「受検終わったら、受かってても落ちてても覚悟しておけよ」と言ったとおり、やっと受検も終わって、下の娘も連れて、いろんなとこ行きまくっている。 上野の東京国立博物館。通称トーハク。やっとゆっくり行けた。いつでも空いてる東洋館とか、のんびり回った。うちは幼少期も文系を突き進み、上野へ行ったら&上野動物園見たついでに、教育熱心なお父様たちが子連れで国立科学博物館に入って行く横を、クジラの横を通り過ぎてト [続きを読む]
  • 得点開示
  • カイジ行ってきた。 カイジってめちゃめちゃ鼻のとがったお兄さんのギャンブルマンガではありません。 「得点開示は塾に提出」とのこと。分析のデータにするからみんな出してくれと言われてる。とりあえず新中一講座に行ってる子には落ちた子にも受かった子にも全員言われてる。まさか落ちて辞めた子のところにまで電話して聞いてるってことはないだろうけど…。〇naのさすがの分析力はこうやって集めまくってるからなんだなー [続きを読む]
  • 「次は下の子ですね」の気分的圧力
  • 兄ちゃんの受検が終わって、「次は妹ちゃんね!」と言われる。 しかしこれまでも見てきた適性検査の恐ろしさ。 そして今回も、上位の女子でも落ちてたり、そもそも山のような数の女子が落ちたり、間近に、リアルに見まくった。「適性検査は二回試験をすると半分は入れ替わる」と言われる。じゃあ、「半分は入れ替わる」のうち、残りの「入れ替わらない半分」は?→「何回試験をしても、毎回確実に、「受かる半分」のほうに残る層 [続きを読む]
  • 作文のこと。
  • 作文について。 初期の頃は偏差値70出してた作文が、高得点狙うようになってコッケコケにコケるようになった。 中二病入ってて、なのに小学生っぽい、コケると支離滅裂なすごい作文書く。 「誰も書かない」を狙って、コケると、「本文に則していない、微妙にズレてる。」になる。「小六なのに中二病」。みたいになった。「ビオトープの自然は、いかに自然のままに作ってあっても所詮は人間の作り出したものであっ [続きを読む]
  • 一本受けの試練
  • 受験受検が終わってから、「結果聞かれるのや答えるの嫌、その対処法は」、でよく盛り上がりますが。 都立一本受けの人!(まだ叫んでる)私立併願や私立受験組の人は、2/4ぐらいの時点で本命なり第二希望なり滑り止めなりにどこなりと決まって、何かの結果出てる人多いけど、 一本受けの人って、2/3に本番試験受けたあと、結果待ちのまま、2/9までをすごすんだ…。 何もわからないままぐっと我慢してすごす [続きを読む]
  • 制服採寸とこの時期の雑感
  • 某月某日、制服採寸行ってきた。中学の制服の見本を着た息子見て、爆笑してしまった。「中学生に見える」という感動と、ブカブカかげんが。みごろが!みごろが余ってる!かげんが…(笑) 高三とかから見れば、中一とかって赤ちゃんに見えるんだろうな。でもアレね、「入学式の日の、新中一の子の群れの、ブカブカの制服姿」って、たぶんほんとにかわいいわね…。 ところで今の時期、周囲から、「受かったんだって [続きを読む]
  • 東京の大学
  • (タイトルネタバレ:東大出た人って謙遜して言うとき「東京の大学を出ています」って言う)まだ入ってないからなんともいえないけど、都立中の怖いうわさだと、いま東京都が威信をかけて進学率上げようとしてて、各学校もプレッシャーでやっきになって進学率上げようとして、東大目指せ!って受験予備校状態で山ほど勉強させられる、と聞いたりする。(絶対そんな勉強させられながらも部活やって遊んで恋して楽しい青春がいっぱい [続きを読む]
  • お金について
  • 「まだまだ書きたいこといっぱいあった」ので、続き、書いていきます。受検中、我ながら驚いた私の症状。「お金の価値観がバカになった。」受検中。昔は、きょうだいでくもんに行かせるだけで、基本の算数はきょうだいでとらせて、あと一教科ぶんをきょうだいでかわりばんこに数ヶ月ごとに取らせてみたり(サイテー)、一教科月6,480の公文代でさえ、どう削ろうとか考えていた。しかし、一回一日で9000円や7000円(バラで取ると) [続きを読む]
  • メッセージのメタメッセージ
  • 〜最終のメタメッセージ27年度共通適性Ⅰより〜---もう受検終わったんだから過去問からネタにするのやめておけ---盛大にメッセージいただいておいてお返事もせず、(今日、全部しておきました…)失礼しました。「ブログ読むの好きでした」というお声が多くて、直接メッセージを送ってきてくださる方もいっぱいいて、こっちが寂しくなりました。あれだけ「結果は晒しません!」とか威勢よく言っておいて、受かってから嬉しげに再開 [続きを読む]
  • ご挨拶
  • ブログいつ終わろう、まだまだ書きたいことあったのになーとか思いつつ、直前まで書いてしまった。ブログすごく楽しかった。何度も言ってますが、「「ここんちの子、受かるかしら。」って見てくださってる方、ごめんなさい。このブログ、試験直前に、「それではみなさま、今までありがとうございました!グッドラック!」って消えますよ。」そうします。 ごあいさつです。何故、合否を晒さないのか。もちろん、心から応援して [続きを読む]
  • ”「ぼくは勉強が好きだ」”
  • 息子にこれまで受検勉強させてきて、「辛いこと強いてるかな」と思うときもあったけど、息子は塾の仲間も塾の先生も大好きで世界も広がって、貴重な遊びや趣味の時間は減ったけど、総合的に見て受検勉強はさせてよかった。 先日、ブロ友なるみん様が「勉強がダセエ」っていう空気に異をとなえてらっしゃって。この動画を紹介したら、見事になるみん様が素晴らしいこと言葉にしてらっしゃるので、リブログさせていただき [続きを読む]
  • いつから休むかヒソヒソヒソ
  • まだブログ書いてます。 (いつまで書くんだ。しかしこの記事は、いつまで書くんだじゃなくて「いつから休むか?」) 「いつから休むか?」 ほんと、ご家庭それぞれの考えだけど。休みたくない子、休ませたい親、休みたい子、休ませたくない親、ほんとさまざま、 うちの周囲、「オレ休まないよ!」って言ってる元気な都立一本組さんから、かたや、もう一月になってからほとんど学校来ていない本気本気の [続きを読む]
  • どんな夢でも現実でも
  • 小6の書初めでみんな書くこの言葉。 敬愛するOB様が、去年のこの時期、ブログに子供さんのこの習字を載せてらした。 去年、それを見て心で応援していた。あっという間に一年経った。図々しくも、げんを担いで、私も載せておく。 「夢の実現」。 (ひっくり返すと「夢と現実」。あら…?) いや。 どんな現実になろうとも。 OB様がおっしゃった。 「この時期は自信のジの字もない。あるの [続きを読む]
  • ゼロか100かの
  • 前受け校に、続々、受かった話を聞く。 うち、前受けがわりに受けた某国立ダメだった時点で、あとは2/3のみ。ダンナの考え(私立ギライ)や受験料の高さ。場慣れも緊張感の練習ももういい、前受け校でコケて不合格になるとかも受験料も嫌すぎて見送った。 そしてあまりにも多量の疑問を限定記事で書きなぐったディズニー卒業旅行(ディズニー内での昼食代とおやつ代お土産代とか最小限にしても最低でも約4万5千円必要) [続きを読む]
  • 巨人の肩から見下ろしたら
  • まだまだ書きたいことあったのになーとか思いつつ、やっぱり今のうちに思ったことなどつらつら書こうと思います。 「巨人の肩とは何を表わすか、あなた自身の体験をふまえて400字以内で書きなさい」じゃなくて。(去年の都立の過去問より。)(言ってみたかっただけ。) 私、オタクなの。我が家、オタクなの。マニアックがとても好きなの。 こんなこと言ったら怒られるかもだけど、11/3はやっぱり航空祭行き [続きを読む]
  • あけましておめでとうございます
  • 一ヶ月前記念。(消える消えるといいながらまだブログ書くのか) あけましておめでとうございます。 正月特訓取ってないので家でしょぼしょぼ勉強してます。 正月特訓の、あの練り物いっぱいのネリモノいっぱいのみかんゼリーのついたお弁当、一回なら食ってみたかったって(笑) なんで冬期講習は普通に自宅からの弁当持ちなのに、正月特訓だけみんなで一緒のお弁当食べるんだろう?それもお弁当も料金のうち [続きを読む]
  • おまけ(発表のときの話)
  • 発表は私だけ見に行った。 国立はネット発表もしてくれないから大変、山のようなお父様お母様や親子が来て、30人とかボンボンと番号の飛んでる、ものすごい番号の少ない合格発表版を見て一瞬でゾロゾロ帰っていくの…。 道端で泣いてる男の子がいて、すごい倍率だってきっと心ではわかってるけどそれでも「落ちた、自分は選ばれなかった」という事実が悔しくて泣いてるんだろうな、「受かってやる!」って気持ちで頑張 [続きを読む]
  • 某国立を受けた話
  • 某、双生児の研究で有名な国立中学、受けてきた(ダメだった)。実は、息子がこの学校、気に入って気に入って、秋頃に、「僕、2/3もこの学校受けたい。」と言っていたのだけれど。実技とかもあって、とらえどころのない試験で、ずっと都立の適性検査の勉強をしてきたし、本当に賭ける?と、さんざん検討して、やっぱり2/3は都立を受ける。 でも12月の、男子12倍ちょいの推薦入試にだけ賭けて、『「何倍だろうが、誰かは受 [続きを読む]
  • あゆんできたつうしんぼ
  • あゆみがきた。学校でいっしょけんめ、ボクチン優等生、な顔して息子、「一応は目指せ!報告書点、オール3!!(のつもりで!)」で来たけど、やはり一学期と二学期合わせて計算したら家庭科と体育が2で終わった。体育は100%諦めてるけど、家庭科は、テストもほとんど100点だったのになあ…。実技もまあまあ、態度も真面目だったはずだけど…。 以前も書いたけど、音楽とか図工とかの専科の先生は、四年から六年まで受け持 [続きを読む]