白隠和尚 さん プロフィール

  •  
白隠和尚さん: 白隠和尚のブログ
ハンドル名白隠和尚 さん
ブログタイトル白隠和尚のブログ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/maria0022
サイト紹介文旅行、囲碁、落語、クラシック鑑賞の好きな70代のブログです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供111回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2015/10/31 10:54

白隠和尚 さんのブログ記事

  • 「ぐうたら生活」の奨め
  • 明け方少し冷えたので掛け布団を腹まで引き上げた。そうそう、10日ほど前だったか、冬物毛布を敷いて寝ているところを娘に見つかった。 迂闊だった。 散歩に出かけるつもりで玄関に立ち、見上げるとつばめが電線に連なっている。数えて見たら43羽いる。この中に我が家から巣だった3羽と親もいる筈だがもとより知りようがない。彼等は羽繕いをしているがその様子は春先のように鳴き交わしたりせず至って静かである。後一月ほどで彼 [続きを読む]
  • オールド・ドライバーの運転自慢
  • 私の運転歴は60年になる。中学生の頃から兄貴のトラックを無免許で乗り回して腕を磨き、18才になるのをまって普通自動車免許を取得した。当時、自動車免許は希少価値があり就職に有利だったからだ。 「あんたは運転が上手い、急ブレーキ急発進等の、急の付く運転操作が無いから乗せてもらうと直ぐ眠くなるよ」と周りから言われたが、今にして思えばその殆どが世辞だった。何故なら生前の妻は助手席で眠る事はなかったから。 この [続きを読む]
  • 某 月 某 日 失言
  • 暑さのせいか、我が陋屋界隈も昼間は閑散としており、人の気配はないが、それでも夕方になると近所の家々から子供さんの黄色い声が聞こえてくる。 20年位前に仲良しだった近所の子供達もすっかり立派な大人になられて、たまに通りすがりに声を掛けられても、さてどちらさん?と驚くることもある。 お隣の娘さんがオムツが取れたばかりと言った年頃の女の子を連れて 時々里帰りして居る。その女の子は小さな手で「バイバイ」とか [続きを読む]
  • 今 日 の 挨 拶
  • 今朝も早朝から散歩に出た。まだ6時前なのに湿気を含んだ空気がムッと肌に纏り付く感じ、今日も暑くなりそうだ。道のあちこちに前日の台風で落ちた銀杏と栗のイガの青い果実が転がっている。我が家に被害がなくて良かった。 内緒の話、私には近々楽しいレジャープランが二つもある。待ち遠しくて誰かに話したくてウズウズしている。散歩に力が入っているのはそのレジャーに必要な体力を付ける積もりなのだ。 20分程歩いた所のコン [続きを読む]
  • " ここだけの話なのだ "
  • 昨日は水泳パンツを履いて外出した。水に入るわけでない。タンスの中の洗濯物を全部洗濯機に放り込んだので水泳パンツしか残っていなかった。少し考えれば容易に確かめられる失策だった。やむを得ず水泳パンツの上から短パンを履いて町に出た。ズボン2本が腰の辺りでごわごわして歩き難かったが周りの人は私の非常手段を知らないからなに食わぬ顔で喫茶店に座った。暫くしたら催してきたのでトイレに入ったのだがこの時私は水泳パ [続きを読む]
  • おんな友達 節子さんと
  • 前回お会いしたのは何時だったかな、もう2ケ月は経っているな。そろそろお会いして・・と思っていた矢先に彼女の方から明日お食事しましょうと言う電話が来た。長年のお付き合いの成せる以心伝心と言うやつである。無論、「お食事」は彼女の日用語であり、私の場合は「飯」私と節子さんとの育ちの違いは何気ない会話にも滲み出る。 彼女とはかれこれ15年のお付き合いである。私が妻に先立たれてまもなくの頃、行き付けの喫茶店に居 [続きを読む]
  • お尻が痛い!! の続き
  • 夕方、娘が突然顔を見せたので「何だね」と問うと丸い座布団を提げている。小生が 「お尻が痛い」とブログしたのを読み、親父の一大事と知ってエアー式クッションを買い求めて持参してくれたのである。さすが、娘ならではの気遣いである。 この座布団は水浴び用の浮き輪に布を貼り付けたような代物であるが、試みに尻に敷いてみたら、今までのクッションより真ん中に空きが大きくあるので見た目以上に座り心地がよろしい。 それ [続きを読む]
  • 某月某日 お尻が痛いのだ!
  • お尻に出来た床擦れが治らない。寧ろ範囲が拡がったような気がする。一体どうなっているか?目で確かめたい。こんな時、所帯持ちはいいな、「ちょっと見てくれ」で解決するから。私は娘にちょっとお尻をとは頼み難い。 肌荒れが手の指と足の指にも広がった。痛くも痒くもないが少し不安 になってきたので皮膚科で見てもらった。 女医は私の手と足の指の患部を診ただけで「ビタミン欠乏症」と診断した。 私がお尻の出来物に困って [続きを読む]
  • [うなぎ弁当] に学ぶ
  • 昨日はスーパーに食料を買いにいった。いつもは閑散としている駐車場に随分車が入っているなと思ったら店内にチラシを手に歩いている人を見かけて合点がいった。今日は土用の特売日なんだ。 ホウレン草に食パン、ヨーグルトにキムチ、竹輪を拾って麦茶の2Lボトルを2本がメモにある。後は成り行き次第、気分次第である。 弁当売り場で鰻弁当を見かけた。短冊にスライスされた鰻が弁当箱一杯に載っている。触って見るとまだ微かに [続きを読む]
  • 某 月 某 日
  • ゴルフクラブからプレー招待券が送られてきた。会員への誕生日プレゼントと言うわけらしい。 今年は年初から肺炎で入院したりしてゴルフどころでなかったが、こうして招待券を目の当たりにすると私の中のゴルフ好きが目覚めた。 よーし、ゴルフに行こう。年会費をしっかり納めていることだし招待券を使わないと只の紙屑になってしまうぞ と力んでは見たものの、この猛暑の下をゴルフコースの18ホールを歩く自信はない。 先ず今 [続きを読む]
  • 大相撲名古屋場所・場外観戦
  • 昨日の高安vs宇良戦は期待どおりの大熱戦の末、高安に軍配が挙がったが宇良もあと少しで惜しかった。間違いなく大相撲の歴史の中の名勝負として永く語り継がれよう。 愛知県体育館の入口に立っていればタダで人気力士を間近で見られるのでは?これは名案だと思い早速、名古屋へ。 まず、NHKに寄って[名古屋場所60年展]の展示と8K映像を見て 〈展示品の一部〉 隣ビルの愛知県美術舘の[大エルミタージュ美術展]に回る。 〈 [続きを読む]
  • " 猛 暑 " さまざま
  • 今朝、涼しいと思ったら昨晩クーラー切るのを忘れてた。今日も暑くなりそうだ、昼を食べてからまたクーラーのスイッチをいれる。 先週娘が来たとき「暑い、暑い、暑くないの」を連呼した。娘によれば私は暑さに鈍感らしい。「お父さん、部屋の中でも熱中症になるからね」が娘の口癖、いつも私の暑さ不感症を心配している。 ベトナム・ホーチミン市で経験した猛烈な湿気を含んだ暑さが忘れられない。 午前中からサウナのようだった [続きを読む]
  • 真夏の夜の怖い夢
  • やがて女は呪文を唱えるかのように「和尚、何も怖いことはありませんことよ、地獄は貴方よりもっと悪事を重ねた人が行くところ、心配ないよ大丈夫」と謎めいた微笑みをつつ、オドロオドロしい言い回しで私に引導を渡して閻魔大王の元に導いた。遂に私は2枚舌の1枚を抜かれる事になった・・・と言うときに目が醒めた。ああ夢で良かった。 夢の中の女は私の大好きなNHKの女性アナ、井上あさひさんだ。彼女の声はお伽噺向きだと思 [続きを読む]
  • 私の東京 美術館巡り 二日目
  • 上野駅近くの宿を8:30にチェックアウトして上野公園に向かう。途中の苦手な階段を登りきればどちらに歩いてもミュージアムに行き当たる。 〈上野西洋美術館〉 最初はアンチンボルトを観るべく上野西洋美術館に入った。ご存じのようにアンチンボルトは15世紀イタリアの肖像画家、歴史上ひときわ異彩を放つ「騙し絵」画家だ。 来場者は彼の肖像画の前に立つと、息を凝らして見つめ、感嘆の声を発してから少し笑顔になる。それか [続きを読む]
  • 私の東京 美術館巡り
  • 今年最初の旅行先は東京の美術館巡りにした。正午に東京駅に着く。新幹線を降りたのっけから私という田舎者が雑踏に飛び込み構内の隅でタブレットのマップを開いて[三菱1号館美術館]をチェック。「あった!」 徒歩900mと読めたが外は30℃と暑そうだし、道に迷っては大変とタクシーに乗る。 私と似た年格好の運ちゃんに行先を言ったらそんな所は知らないとつれない返事。そんな馬鹿な、こんなに有名な美術館を知らないなんてと思 [続きを読む]
  • 初・再診料70円の内訳
  • 今日は癌検査の結果を聞くために病院に出かけた。1週間程前にPET検査法により肺の撮影をした。 「貴方の肺にガンが出来ている」と言われたのが100日位前である。肺炎の治療の課程で胸部をCTスキャン撮影した画像の中に1円玉程の黒い物が写っているというのが最初だった。暫く様子を見ましょうと言うことになって、先々週に再びCTを撮って検査をしたところやはり1円玉は写っているが、その大きさに殆ど変わりがないので、今度 [続きを読む]
  • 「技 術 展 」を 楽しむ
  • トメッセ名古屋で開催中の「人とくるまのテクノロジ展2017」を見てきた。名古屋港の先の会場までは名駅で[あおなみ線に]乗り換えておよそ2時間の距離である。 〈ポートメッセ名古屋の正面入口〉 会場入口で戸惑った。入場は無料だが入場証が必要だと言うので申込書に名刺を付けて出すと[入場証]が渡されると言う訳である。展示会で名刺を出すのも入場証を首から下げて歩くのも何年ぶりか。 周りは現役の技術屋風の人が多く、 [続きを読む]
  • 少 し 遅 め の 夏支度
  • 最近の朝は大体5時頃である。東の空が白み始める頃に自然に目が醒める。寝起きなのに目が痛い。テレビやパソコンと向き合っている時間が過ぎるせいだと思う。ボンヤリした頭でパソコンとテレビのスイッチを入れてから長椅子に延びて常備薬を吸引する。 〈今朝の食 テイーとパンだけのアメリカンスタイル〉 今朝はパンだけ、特に腹は空いていないがなんと無く食べる。米は惣菜や味噌汁等、添え物を考えるのが面倒だから滅多に食べ [続きを読む]
  • 不器用自慢 ~妻の思い出~
  • 昔の人は立ての物を横にするのも嫌だと云う御仁を称して「づくなし」「なまかわ」と揶揄したが、私は若い時からその「づくなし」だった。妻は私を「三年寝太郎」と愛称した。 新婚当初から私は釘一本満足に打てぬ不器用な亭主であったが、母が薩摩育ちであったおかげで「妻は夫より三歩退いて歩くべし」「男は天下国家の為に働くので妻は家庭を守るべし」と、冗談とも本気ともつかぬ口調で話すのを幼く世間知らずの妻は信じ?私を [続きを読む]
  • 駐 車 場 の 闘 い
  • 〈ショッピングモールと大駐車場〉 今日の外出の目的は二つである。最初にツアーフレンドといつもの喫茶店で再会した 最近は専ら健康の話が中心だ。彼はいい人だが健脚を自慢したがるところがチョイと癪に触る。最近は10000歩くと言うが嘘に決まっていると私は腹で思うのだが、長年のお付き合いだから相手に花を持たせて語るに任せた。 気が付くと予定の時間を過ぎていたので急ぎ床屋に向かう。 その床屋は巨大なショッピングモー [続きを読む]
  • 米寿のお婆さん
  • 私は退院して40日が過ぎて体力が驚く程に回復しているのを実感する毎日だ。先日は名古屋市美術館まで足を伸ばし写真展を見てきた。 毎日の散歩にも力が入り昨日は25分、今日は30分と距離を伸ばしている。もうすぐゴルフが出来そうだ。 近頃、散歩道で見かけないお婆さんと行き交う。私から見ると年格好は一回り程老齢だけど、子供のように小さく可愛い感じの人だ。 お婆さんは畑仕事に使う小さなスコップやら鎌等の七つ道具を入れ [続きを読む]
  • 新 し い 碁 友
  • 隣町に住むT氏を名乗る人から電話が掛かってきた。旧い碁仇のO氏の紹介だというが、面識のない人である。用件を尋ねると自分は近く碁席を開く、先生(私の事)の事はO氏から聞いている、是非来て欲しい、ご指導をお願いしたいと持ち上げてきた。どうやら私をパンダ代わりに客を呼び込む作戦と読んだ。 私は囲碁は趣味だが人に教えるのは苦手であるから返事を濁しているとT氏は、私がギャラを要求していると誤解されたか授業料を出し [続きを読む]
  • 優 柔 不 断
  • 「宅配弁当がどうも美味しくない」と娘にこぼしたら新しい弁当屋を見つけて来てくれた。そこは市内に有って、ご主人が目の前で作っているから美味しいかも、配達もしてくれるらしい。 私は既にA社から弁当を取っているので二つになってしまうが、まあいいか、食べ比べて美味しい方にすればよいと早速、娘が探してきたB店にも出前を頼んだ。 新しい弁当が届いた。綺麗なお母さんだった。美しいソプラノで丁寧に挨拶をされてうっとり [続きを読む]
  • ジーンズ と ズボン
  • 若かりしころ、初めてジーンズに眼を奪われたのがアメリカ映画[エデンの東]の中でジェームス・デイーンのジーンズ姿を見たときだ。彼がカーボーイハットを被り両手をジーンズの後ろポケットに無造作に差し込んだポーズに魅せられた。当時のジーンズ生地と来たらテント地のように硬くて着心地も今一つ、その上肌に擦れると痛みを感じた。その頃、マンボズボンといって足首の所を絞って足の線を強調するスタイルのズボンも少し流行 [続きを読む]
  • 馬籠宿 を歩く
  • 〈馬籠宿からの眺め〉 昨日の検診で主治医から肺炎は良くなりましたとお墨付きをもらったためか、今日は朝から退屈をもて余している。何とか時間を忘れて1日を楽しく過ごす法はないものかと思い付いたのが馬籠宿の散策である。 早速マップで所在地を調べてカーナビを頼りにいざ出発。有名観光地の近くに住み居ながら私は今回が初めての探訪である。 国道19号線の中津川市を少し上がると標識が見えて右折、7kmと読める。ここから [続きを読む]