run さん プロフィール

  •  
runさん: 化学物質過敏症runのブログ
ハンドル名run さん
ブログタイトル化学物質過敏症runのブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/cs-es-by-run/
サイト紹介文情報優先ブログです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1629回 / 365日(平均31.2回/週) - 参加 2015/10/31 21:58

run さんのブログ記事

  • pc故障中
  • html,body { font-size: 12px; border: 0px; font-family: "MS Pゴシック", Osaka, "ヒラギノ角ゴ Pro W3", Arial, Helvetica;} p {margin: 2px;}html,body { font-size: 12px; border: 0px; font-family: "MS Pゴシック", Osaka, "ヒラギノ角ゴ Pro W3", Arial, Helvetica;} p {margin: 2px;}pc故障中につきしばらくお休みになります。今はps3で書いてますが使い方を思い出したら通常に更新しますね [続きを読む]
  • イソシアネートの危険性について3
  • ・津谷 裕子さんが写真4件を追加しました。 空中散布農薬のカタログでこの写真と説明を見つけました。学童など2700人が目の痛みなどを訴えたので調査委員会の議事録からです。メーカーはイソシアネートカプセルだと情報提供しましたが、委員たちはカプセルの粒形による散布範囲の検討と、農薬成分の症状と被害症状の比較だけ審議して原因不明としました。目の症状は農薬には無くて、イソシアネートの症状ですが。このカプセルは柔 [続きを読む]
  • イソシアネートの危険性について
  • ・津谷 裕子さんが写真3件を追加しました。 厚生労働科学研究費補助金(化学物質リスク研究事業)分担研究 総合研究報告家庭用品から放散される揮発性有機化合物/準揮発性有機化合物の健康リスク評価モデルの確立に関する研究−−室内空気汚染物質定常型放散源の定量的スクリーニングならびに呼吸器暴露評価手法の開発田原麻衣子、神野透人、香川聡子国立医薬品食品衛生研究所生活衛生化学部、名城大学薬学部、横浜薬科大学薬学 [続きを読む]
  • 今日の予定
  • アメブロで小さい文字でしか投稿できなかったのですが運営に尋ねてみたところアメブロに問題がありました。 それが判明するまで4日くらい私の方に原因がないか色々やったのですがアメブロが数日前に何かやったそうで運営の方に問題があったと判りました。 今ブログを書く時表示が出ると思いますが修正したからですね。 お互いの情報のやりとりが良かっただと思いますし諦めなかったから結果が出たと思います。 では今日の予定です [続きを読む]
  • -8:生物多様性と生態系への影響に関する世界的な統合評価書
  • ・マーテン・ベイレフェルト・ヴァン・レクスモンド:生物学者、学習による自然保護論者。ライデン大学とアムステルダム大学で学び、1974年、最初の著書「ヨーロッパにおける被捕食鳥類」で学位(Ph.D)取得。オランダの世界野生生物基金(WWF)の設立メンバーのひとりとして、スイスでWWF の国際事務局職員となり、のちに国際自然保護連合(IUCN)の生態学委員会の委員長を勤めた。1980年代半ば、スイス熱帯公園をノイシャテル( [続きを読む]
  • -7:生物多様性と生態系への影響に関する世界的な統合評価書
  • ・広範な作用をもつ殺虫剤の予防的使用(種子コーティングなど)は、長期にわたり確立した総合的有害生物管理(IPM)の原則およびIPMを義務づけることを採択したEU指令に反するものである。低濃度のネオニコチノイド系殺虫剤に害虫が持続的に曝露すると、すでに重要な害虫数種で発現しているごとく抵抗性が発生する可能性が非常に高い。害虫駆除に浸透性殺虫剤が非常に有効であっても、現行のネオニコチノイド系殺虫剤の使用は不要で [続きを読む]
  • -6:生物多様性と生態系への影響に関する世界的な統合評価書
  • ・農地に処理種子を蒔く際に上がる土ぼこりは飛翔昆虫にとって致死的で、ミツバチ群の急激な大規模な喪失を引き起こしている。葉面散布に用いると、飛散した殺虫剤は非標的昆虫に対して強い毒性を持つと考えられる。畑の周囲や生け垣、あるいは汚染水路の近くで成長する作物以外の植物は、農地に種子をまく際に上がる土ぼこりや散布による飛散、あるいは汚染水によってネオニコチノイド系殺虫剤に汚染される可能性がある。このこ [続きを読む]
  • -5:生物多様性と生態系への影響に関する世界的な統合評価書
  • ・TFSP-WIAの所見ネオニコチノイド系殺虫剤は1990年代初期に導入され、今日では世界で最も広範に使用されている。中枢神経系のニコチン性アセチルコリン受容体(nAChRs)に結合し、低濃度で神経を刺激し、濃度が上昇すると受容体遮断や麻痺、および死をもたらす神経毒である。フィプロニルは、別系統の広範に使用されている浸透性の殺虫剤だが、前者の性質を多く共有し、ほぼ同時期に導入されたので、この化合物も本稿に加える。ネ [続きを読む]
  • 生物多様性と生態系への影響に関する世界的な統合評価書
  • ・監訳 ネオニコチノイド研究会本書は、2014 年にシュプリンガーの雑誌『環境科学と汚染研究』に、「浸透性殺虫剤の生物多様性と生態系への影響に関する世界的な統合評価書」として掲載され、2015 年1 月9 日に浸透性殺虫剤タスクフォースがシュプリンガーの許可を得て再編集し出版したものを、ネオニコチノイド研究会(東京)が監訳出版するもので、版権はネオニコチノイド研究会に属します。浸透性殺虫剤の生物多様性と生態系へ [続きを読む]
  • 鈴鹿にも居ました。
  • 台所のシンクの流れが悪くて大家さんに頼んだら業者さんが来ました。化学物質曝露に備えて「私化学物質過敏症という病気で化学物質に弱いんですが何か使いますか?」と尋ねたら 「使わないですよ、ウチの嫁さんと娘もそうです」と言われてビックリしましました(´・ω・`)やっぱ隠れて存在してるんですね、ブログと氏名と携帯の番号を教えました。お父さんですがとても理解ある方の様でした。まさか鈴鹿市内に居るとは思いもし [続きを読む]
  • 数の子は過酸化水素水で漂白済み
  • 数の子は過酸化水素水で漂白済み[漂白剤]過酸化水素は漂白剤として食品添加物に指定され、ニシンの卵つまり「数の子」にのみ使用が許可されています。なぜ数の子だけ?今から30年以上前に過酸化水素に発がん性の疑いがあるとして、厚生労働省が食品への使用を禁止しました。当時、過酸化水素を使用している食品は数の子以外にもありましたが他の物質で代用できたため大きな問題になりませんでした。しかし数の子は代用がきかず、 [続きを読む]
  • 亜硝酸ナトリウムと発がん性
  • ・http://tenkabutsu.com/sodium-nitrite・亜硝酸ナトリウムと発がん性(ニトロソアミン)(発色剤)亜硝酸ナトリウムは食品の黒ずみを防ぐ目的で使われる食品添加物で発色剤と呼ばれます。主に市販のハム・ベーコン・ソーセージ・魚肉ソーセージなどの加工肉やイクラやタラコ、明太子などの魚卵系の加工品に使うと色鮮やかなピンク色を保つことができ、見た目をキレイにすることで美味しそうに見せることができます。毒性は非常 [続きを読む]