acoron さん プロフィール

  •  
acoronさん: 気まぐれ銀の豚***ひとりごと
ハンドル名acoron さん
ブログタイトル気まぐれ銀の豚***ひとりごと
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/acco5736
サイト紹介文温泉とお酒が大好き!旅路はどっぷりどっちもの泉に浸かりたい 気まぐれ湯巡り。
自由文各地の温泉巡りが趣味→一人旅好き→ぶらり酒飲み好き→気まぐれ自由人・・・飽きるまでこのスタイル崩しません♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供129回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2015/11/01 22:46

acoron さんのブログ記事

  • 飯豊温泉 梅花皮荘 〜 民宿 越後屋
  • 倉手山下山 疲労困憊の体を癒したのはすぐ近くにある 飯豊温泉「梅花皮荘」別館「川入荘」は よく来たけれど本館はおは初。公営の国民宿舎です。館内湯小屋棟は 日帰り利用でも充分に快適。大浴場 女湯 へら (男湯は なた)宿泊だと男女交代制・川入荘の露天風呂も入浴可。明るくとても開放的な大浴場もちろん外の眺めは 飯豊連峰と玉川の絶景湯は 川入荘の褐色に近い湯と違い クリアな湯飯豊温泉は 鉄味を帯びた源泉 [続きを読む]
  • 飯豊連峰を望む 倉手山トレッキングへ♪
  • 週末は夏日和 絶好の晴天。こんな日は 仕事なんかしてられな〜い!たまにある土曜出勤日・・・毎度のことですがお休みいただき 山へ♪東北のアルプス 飯豊連峰容易に登れる山ではないので ちょっとだけ近づきに。新緑も一気に増し 道中は 蕨もにょきにょき・・・久々に訪れました。小国・小玉川地区飯豊山のダイナミックな尾根の景色と玉川の迫力ある激流には いつも圧倒され見惚れてしまうもの。そして牛のまだら模様のよ [続きを読む]
  • 安達太良山トレッキング〜くろがねの湯〜奥岳の湯へ♪
  • これは 何でしょう?(笑)*****************************************さて今年もヘタレ山歩き隊始動です。安達太良山は 5月20日山開き。 訪れたのはその一週間前。前日の雨天からこの日も 天気は悪く。景色を臨めなくても まぁいいんです。 鈍った体をちょっと虐め起こす為なので。一番乗りのロープウェイからビギナーコース 登山道入口へ。まぁ 誰もいません。 そして今年は [続きを読む]
  • ニセコ昆布温泉 鯉川温泉旅館
  • 泉質が多彩でもあるニセコ温泉・・・酸性泉を染み込ませたニセコ湯本をあとに 程なくして今宵のお宿へ。リゾートホテルからペンション 老舗旅館と数多くあり宿選びには迷いました。お一人様でも受入可能なのか心配もあったけど 快く受入。リーズナブルさに 秘湯ちっく 提灯宿でもあるしと決めた鯉川温泉旅館今になれば尚のこと 本当にここに訪れて良かった。鯉川温泉旅館を偲びながら 綴りたいと思います。今年2017年3月い [続きを読む]
  • ニセコ湯本温泉 交流促進センター雪秩父 〜 ニセコ五色温泉旅館
  • 道南で湯めぐりするなら やはりニセコでしょうよ〜!やって来ましたよ〜♪道中 ひょこっと現れた キタキツネも歓迎してくれたのかしら・・・思い描いた ふっくらキタキツネとは随分貧弱に見えたけど(笑)やはり ”北の国から”の影響は 強い。向かったのは 「月美の宿 紅葉音」でしたが都合により あいなく日帰り入浴終了・・・では センター系ではあるけど向かいの「交流促進センター 雪秩父」へ硫黄の香り漂う大湯沼 [続きを読む]
  • 留寿都温泉 〜 まっかり温泉
  • スカーッと 北の大地を走りました。わかってはいても やはりデカイ 広いっ!次の目的地の感覚は どこも大体50〜60k先・・・20k圏内に入ると やっと近くまで来たという感覚に(笑)支笏湖から 留寿都村に・・・羊蹄山の凛々しい姿に 見惚れました。留寿都温泉村営の温泉浴場です。2000年開湯 まだ若い施設ですがルスツリゾートとは別に この辺では温泉がなかったそうなので留寿都自慢 天然温泉100% 良質な湯が頂ける [続きを読む]
  • 支笏湖 丸駒温泉旅館
  • 北の大地2日目 本格的に湯巡り開始です。札幌市内より 1時間ほど走ったでしょうか・・・清々しい天気に 広大な森林を駆け抜けるドライブは とても爽快で気持ち良かったーーっ!!訪れたのは 支笏湖の畔にある丸駒温泉旅館日本秘湯を守る会のお宿でもあります。大正4年創業源泉は 初代佐々木初太郎氏の努力の甲斐により発見され小さな草葺の小屋から営まれたそう。”丸駒#の名は 当時恵庭山麓で 硫黄が採掘され それを [続きを読む]
  • 千歳 祝梅温泉〜すすきの すし処 対州
  • ようやく 北海道の温泉の書庫を作ろうと思います。一年越しの記憶を辿りながら・・・やみくもに 旅割75割のチケットを予約してしまいお一人様 格安弾丸湯巡りツアーを決行。震災後初めて 仙台空港を利用。行くなら6月!節もよく 爽快な天候に恵まれた出発。北海道上陸は 人生2度目。札幌・小樽・登別・・・定番の観光に浮かれて来たのも懐かしく 淡い記憶。九州より断然近いのに どうも北国からさらに単調な北の大地を走 [続きを読む]
  • 川底温泉 蛍川荘 ・ 再訪 (大分県)
  • わいた温泉郷からの帰路は 誘惑の多い道中でもあり搭乗時刻までなら 一湯する余裕はあるかなっ!と もがき 〆の一湯。大分・九重 川底温泉 蛍川荘へ入りにくかった混浴風呂・・・湯小屋棟がリニューアルされ 男女別で入浴できるようになったと聞きりばいばる訪問です。受付は券売機に変わり 木造の明るい館内に転身。玄関掃除をしていた女将さんに 案内いただきお喋りしていると山形パワー発揮か(笑)ご厚意いただき ” [続きを読む]
  • はげの湯温泉 わいた山荘 (熊本県)
  • 和風オーベルジュ わいた山荘のお料理♪食事処は2階 個室に仕切られた間で頂きます。2016年より 新しく和風フレンチでおもてなしとなり 和洋折衷 旬の食材をふんだんに使った創作料理です。温泉蒸しされた野菜は バーニャカウダで里芋のポタージュ ライスボールのチーズフォンデュ黒豚はしゃぶしゃぶで 濃厚な黄身をかけての鶏つくね・・・次々と繰り出されるお料理に圧倒され?むより食べるが如し お酒はちょっとが良く [続きを読む]
  • 岳の湯温泉 豊礼の湯 〜 はげの湯温泉 わいた山荘(宿泊)
  • 杖立温泉をあとに 今回の湯旅メインの温泉地へ・・・あの鮮やかなブルーの湯に逢いに来たのでした♪はげの湯 岳の湯 山川 鈴ヶ谷 麻生釣 地獄谷と6つの温泉地からなる わいた温泉郷へ。誘惑が多い温泉郷だけど とにかく求めるは わいたブルー♪岳の湯温泉 豊礼の湯湯けむり立つ雑然とした敷地に 簡素な管理棟日帰り入浴から宿泊 地獄蒸しで食事もできる温浴施設。 男女別大浴場は 露天風呂のみ浴場に入ったとたん  [続きを読む]
  • 杖立温泉 米屋別荘 (熊本県)
  • がまだす熊本湯旅より 滞りのレポを・・・湯けむり立ち上がる 山あい温泉地 杖立温泉へ。数ある九州の温泉処でも また違った独特の光景もつ杖立温泉。湯治の文化はもちろんのこと 昭和のはじめの頃は九州の奥座敷として 歓楽街の賑わいも見せたそう。その名残が今でも見られ 懐かしい昭和のディープさを感じたくて来て見ました・・・ 温泉街に誘導され・・・既に独特の光景・・・杖立川沿いの駐車場。増水したら 埋もれて [続きを読む]
  • 中山平温泉 菊地旅館 (宮城県)
  • さとのわ 里山カフェから帰路につくも お名残惜しくもがいて〆の一湯を模索・・・中山平温泉より 国道の道中 素朴な ”つるの湯”の看板につられ大谷川に立ち並ぶ 中山平の奥地へ・・・手前にも あすか旅館も見えてきたのだけどその隣の 菊地旅館の佇まいに気が取られ有無を言わさず吸い込まれたように 菊地旅館へ(笑)もう ”つるの湯” 頭になく・・・あとに知れば 既に休業されてる模様。快く受け入れてくれた ご [続きを読む]
  • 鬼首・吹上地獄谷 〜 さとのわ 里山カフェ
  • ご飯をいっぱい食べた ”山のふところの宿 みやま”よりカロリー消費の鳴子遊びへ♪琥珀色の川渡の湯もあれば 黒湯花舞うグリーンの湯 藤島旅館へ とりあえずレトロ ビギナー的にご案内・・・二湯目 野湯的湯滝はまだ早いか!?吹上温泉 峯雲閣湯けむり湧くも 湯滝は冷たかったーーっ!なので 混浴露天風呂へ。 何気に熱めですが 不自然な内湯の温さより心地良く しばし混浴露天風呂でまったりとな♪鳴子デビューお連 [続きを読む]
  • 川渡温泉 山ふところの宿 みやま 2 (宮城県)
  • いつもの鳴子に居る感覚とは 一味違う鳴子を過ごす山ふところの宿 みやまの今宵。共有スペースの別館の趣きに 癒され過ごすもお部屋は 湯治棟の本館。はい・・・ いつもの鳴子モードで過ごすのも乙なものです。別館・本館ともに客室は5室ともに 素泊まりから 朝・夕一食選択 自炊などプランもリーズナブルなところから選べるのは鳴子らしいもの。本館・湯治棟は 6畳+広縁 全室キッチン・ままごとセット付き必然的に冷 [続きを読む]
  • 川渡温泉 山ふところの宿 みやま 1 (宮城県)
  • 日に日に春めいて来た今日この頃・・・一旦桜前線も跳び越していく当方にも ようやく梅も桜も一緒に咲き始めました。週末は 桜前線を横目にのこのこと北上し 鳴子温泉郷へ。鳴子は 梅の花が満開。今週には 桜も咲き満開の頃ではないでしょうか♪里山が大好き 且つ温泉好きな友を連れ 鳴子デビューを兼ねてのんびり ゆったり遊んできました♪はい 泉質が豊富だからと言って 濃ゆい鳴子の湯いくつも廻る訳にはいきません( [続きを読む]
  • 裏磐梯・桧原ふれあい温泉 湖望 〜 熱塩温泉 ますや旅館 (福島県)
  • 年度末の騒がしさ 激務からの開放〜!!年々過労が身に染みて 他人の力を借りないと回復できない年頃になってしまったようです(笑)整体に通っても晴れない 鉛のように重い頭を抱えながらもここは やっぱりムリしてでも気分転換でもしないと・・・と ある情報を元にちょいとぶらり♪「裏磐梯レイクリゾート」いつも日帰り入浴は 五色の森へ。ですが この度 4/1よりリニューアルされ「迎賓館 猫魔離宮」に生まれ変わった [続きを読む]
  • 小野川温泉 ししどや旅館 寿楽荘 (山形県)
  • 出不精になる週末でも 日曜の夕刻になると煽られるように温泉に行ってしまいます。やはり週に一度は 温泉に入る習慣が付いてしまってるもの。そして毎度の小野川温泉へ。日帰り入浴の幟もあるし 何気に抵抗なく寄ってみました。そういつも営業しているのかわからず スルーしてたお宿。ししどや旅館 寿楽荘愛想のいい女将さん 忙しそうながらも親切に案内くださいました。”古くて 古くてすみません。 今狭いとこしか空いて [続きを読む]
  • 清津峡温泉 清津館 (新潟県)
  • 越後田中温泉から 湯沢へ戻る道中の一湯。完全にシーズンオフの清津峡・・・清津峡温泉へ。数年前に 軽く観光には来たものの どんな景色だったのかうる覚え。当時はこの後の法師温泉へ行くことだけ楽しみだったから(笑)まぁそんな懐かしい記憶も思い出したりもしたり・・・ここに来たのならば まぁやはり提灯宿の「清津館」 ですね。平日の昼間 オフシーズンに この奥地にわざわざねえ・・・はい だーれも居ません(笑) [続きを読む]
  • 越後田中温泉 しなの荘 (新潟県)♪
  • 里山十帖をあとに・・・大沢山温泉を離れる前に 気になっていた湯処を廻ってみましょうと里山十帖の手前にある「幽谷荘」そう 里山十帖もこちらから引き湯している元湯なのです。が・・・あいなく ”本日休業”入れないと思うと妬けに 後ろ髪引かれるものでして。この先 リベンジはあるのだろうか・・・ノープランの新潟3日目”でわ どこに参りましょうか”ググって かけ流しの一軒宿!津南町 信濃川沿いへ〜R117 信濃川 [続きを読む]
  • 越後湯沢 ・ 大沢山温泉 里山十帖 (お食事編)
  • 里山で過ごす 穏やかな夕べ・・・里山十帖には 様々な宿泊プランがありお部屋のタイプからチョイスより 朝夕食付 朝食のみ 素泊まりと。せっかくここに来て 朝食のみや素泊まりだけだなんてもったいないじゃない♪ 里山十帖 食のこだわり 体がよろこぶ料理を たんと満喫します。食事は1階 「Organic & creation 早苗饗」さなぶり重厚な 小屋組に見惚れる 築150年 総欅 漆の古民家で宴です。夕食は 17:30〜 18:3 [続きを読む]
  • 越後湯沢・大沢山温泉 里山十帖 (お風呂編)
  • 湯処は2階 木の香り高いアプローチより「天の川」露天風呂ランキングや 旅のプロが選ぶ日本一の名旅館などでも定評が高い 絶景露天風呂なのだそう。男女別 露天風呂併設の造り22:00で男女入れ替え 翌日10:00まで 一晩中利用可源泉は 大沢山温泉 里山十帖へ向かう手前の 幽谷荘からの引き湯。泉質は ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉源泉は低いので加温 貴重な資源を無駄にしないためにも循環利用。また最低限の消毒も [続きを読む]
  • 越後湯沢・大沢山温泉 里山十帖 (お風呂編)
  • 湯処は2階 木の香り高いアプローチより「天の川」露天風呂ランキングや 旅のプロが選ぶ日本一の名旅館などでも定評が高い 絶景露天風呂なのだそう。男女別 露天風呂併設の造り22:00で男女入れ替え 翌日10:00まで 一晩中利用可源泉は 大沢山温泉 里山十帖へ向かう手前の 幽谷荘からの引き湯。泉質は ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉源泉は低いので加温 貴重な資源を無駄にしないためにも循環利用。また最低限の消毒も [続きを読む]
  • 越後湯沢・大沢山温泉 里山十帖 (お部屋編)
  • にいがた酒の陣からの 翌日 ゆっくり湯巡りしましょうかと長岡で一湯振られ 路頭に迷いうろうろと安定のツルヌル アワアワ寺宝温泉へ・・・向かうは越後湯沢昼時 今回も廻っちゃいました お気軽回転寿司「本陣」お江戸から純さんも加わり 番茶で乾杯♪もうコレ はまっちゃったなぁこぼし三種盛り! 雲丹 いくらサイコー♪そして 今回のメインイベント?毎度この節訪れるなら いつかは行きたいと焦がれていたところ・・ [続きを読む]
  • 越後湯沢・大沢山温泉 里山十帖 (お部屋編)
  • にいがた酒の陣からの 翌日 ゆっくり湯巡りしましょうかと長岡で一湯振られ 路頭に迷いうろうろと安定のツルヌル アワアワ寺宝温泉へ・・・向かうは越後湯沢昼時 今回も廻っちゃいました お気軽回転寿司「本陣」お江戸から純さんも加わり 番茶で乾杯♪もうコレ はまっちゃったなぁこぼし三種盛り! 雲丹 いくらサイコー♪そして 今回のメインイベント?毎度この節訪れるなら いつかは行きたいと焦がれていたところ・・ [続きを読む]