(株)宮本住建 姫路 木造住宅のあれこれと日々の徒然 さん プロフィール

  •  
(株)宮本住建 姫路 木造住宅のあれこれと日々の徒然さん: (株)宮本住建 姫路 木造住宅のあれこれと日々の徒然
ハンドル名(株)宮本住建 姫路 木造住宅のあれこれと日々の徒然 さん
ブログタイトル(株)宮本住建 姫路 木造住宅のあれこれと日々の徒然
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/miyamoto-jyuken
サイト紹介文兵庫県姫路市で至高の技術「手刻み」+長期優良住宅認定を標準仕様とした住宅を建築しています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供202回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2015/11/02 08:40

(株)宮本住建 姫路 木造住宅のあれこれと日々の徒然 さんのブログ記事

  • 階段の光と風の通り道
  • いつもご覧いただきありがとうございます。先日のひめぶるイベント、今朝の神戸新聞に掲載されていました。通常、子ども上棟式は年1回、多くても二回ですが、今年は計3回の予定です。時期が参りましたらひめぶるHPにて募集いたしますのでよろしくお願いいたします。さて、今日最終清掃をして完成する住宅傷防止で頑丈に養生されていましたが光と風の通り道がようやく姿を現しました。階段を上がったところの廊下に面したこの手 [続きを読む]
  • ひめぶるイベント 子ども上棟式&カンナ削り 
  • いつもご覧いただきありがとうございます。さて、昨日、ひめぶるイベントの子ども上棟式とカンナ削り体験などが開催されました。宍粟で林業を営むグリーン興産さんのみどりの集い.comとの共催で、森林見学会から数えると今回で3回目のコラボです。「上棟」は施主さまにとってとても感慨深いものだと思いますが、私たち施工者も「よし、このお客さまのためにがんばるぞ」と再度気合を入れる日でもありますし、上棟を迎える日ま [続きを読む]
  • ひめぶるイベント 森林見学会2017「木こりと大工の森のまつり」
  • いつもご覧いただきありがとうございます。さて、いよいよ明日に迫りました森林見学会2017ひめぶるHPどうやって山から「木」が切り出され、どうやって製材されて「材木」になり、どうやって材木を組み合わせて家が出来上がるのか森林見学会は木というものすべてにふれることができるイベントです。毎回好評をいただいている子ども上棟式通常、上棟は大工さんが作業しますので実際に経験することは難しいところですが、宍粟の [続きを読む]
  • 南側に窓を設けないプランニング
  • いつもご覧いただきありがとうございます。まずは弊社記事が載ってる雑誌「はりまの家」が発売されました手刻みのこと、長期優良住宅を標準としてること、手刻みで長期優良住宅認定を標準としているところは私が知る限り日本でも数社しかないこと、30年間のアフターメンテナンス計画まで含めた6つの安心のことなどなど、、、限られた紙面の中で出来るだけ想いを詰め込んでおります。ぜひご一読いただければ幸いです。さて、表題 [続きを読む]
  • 赤いキッチンの家完成写真
  • いつもご覧いただきありがとうございます。先日、プロのカメラマンに撮っていただいた完成写真HPの施工事例での公開に先立って一部アップ!アプローチは緑に囲まれてゆったりとしたイメージの仕上がりとなっています。手前に見えるのは井戸旧井戸を新しい石で化粧直ししました。赤いキッチンはコの字型の大容量これだけ大きいと赤がとても映えますねダイニング側は収納になっています。写真に見える小窓から配膳ができるようにプ [続きを読む]
  • 手刻み見学会開催のご案内
  • いつもご覧いただきありがとうございます。さて、7月8日の土曜日、手刻み見学会を行います。今回は夏休み前ですので子ども工作教室も同時開催過去の手刻み見学会の様子実際に使っている大工道具「差しまえ」と呼ばれる加工墨つぼと加工前の木材これが柱に組み込まれるとこうなりますこんな感じの上棟前の加工がすべて見れます。そして、一番見ていただきたいのは当社の大工の人柄です。まだプレカットがなかったころ、職場で手刻 [続きを読む]
  • 「広いのに狭い家」 「使わないスペースが多い家」 にならないために、、、、
  • いつもご覧いただきありがとうございます。先日、「賃貸の一軒家に住んでいるのだけどLDKが狭い。家を建てる時は気を付けたい」という話を聞きました。一体的に使える和室と合わせてごくごく一般的な畳数があるにもかかわらず「狭い」そうです。間取り的に開口部を避けて棚を置くと乱雑に家具を並べることになってしまってLDKが狭く感じると、、、私が設計をするとき、一番気にしている事NO.1は「四方に開口部ありの時は [続きを読む]
  • 大工さんの定規と墨付け②
  • いつもご覧いただきありがとうございます。さて、墨付けが順調に進んでいます。墨付けの際には材の個性を十分に把握したうえで行います。いくらきちんと製材されていたとしても材は伸縮するので真っ直ぐではありません。写真にある「135」「1725」の文字は写真中央に写る材の芯から両端までの距離です。1寸7分2厘5毛とは?1寸=約3.03センチですから1寸7分2厘5毛は約5.3025センチ反対側「135」は1寸 [続きを読む]
  • 内壁にしっくいを塗る
  • いつもご覧いただきありがとうございます。さて、内壁の仕上げをしっくいとした住宅、だいぶん進んでまいりました。下塗り、そして乾燥ののちに上塗りをしますので時間がかかります。クロス工事ならだいたい1週間もあれば1,2階ともに完成しますが、しっくいは倍の時間がかかります。でも仕上がった質感はもう最高!写真の左端に写るのは巨大な大黒柱そして左側にはLDKに続く本格和室があります。和と洋をうまく混ぜる今の住 [続きを読む]
  • 墨付けのやりかた
  • いつもご覧いただきありがとうございます。職場では新しい手刻みが始まっております。棟梁が番板を書き終えて、墨付けに入りました。墨付けは「ココをこういう風に加工してください」という指示棟梁が墨を付け、加工を担当する大工が数名いちいち棟梁に「これはどんな加工をすればよいのですか?」と聞くことなく誰もがどういう加工をすればよいのかわかるように印をつけていきます。ろ十一の材でいえば、写真に写る四角く墨がつけ [続きを読む]
  • いよいよ夏ですね
  • いつもご覧いただきありがとうござます。雨が上がるとサッパリとして気持ちのよい晴れですね新しい物件は棟梁が番板を作成中手刻みの流れはこちら番板は大工の設計図どの大きさの材をどこに使い、どの材にどういう加工をするのか?立面図なしで立体的な加工のことまですべて網羅されています。といっても設計者を含めて一般の人が見ても立体的にはまったく見えませんが、大工には見える不思議なものです 笑近々、手刻み見学会を開 [続きを読む]
  • 赤いキッチンの家 完成
  • いつもご覧いただきありがとうございます。先日、赤いキッチンの家が完成いたしましたので完成写真を撮りました。リビングはダイニングとの境目に引き込み戸を設置して二つの部屋に分けられるようにしています。完成写真を撮ってもらうとき、カメラマンが変ることがあるのですが、素人の僕が見ても写真の仕上がりは千差万別構図、カメラの性能や特徴、いろんなところが違ってて、面白いですよプロが撮ったからといってどれも同じに [続きを読む]
  • 内壁のしっくい仕上げ
  • いつもご覧いただきありがとうございます。さて、最近は「和風住宅」といっても化粧柱が並び、天井も板で施工といった昔ながらの純和風ではなく、壁も大壁で柱を見せることなくクロス張りの部屋も多い「和に近い洋風住宅」といったテイストですね。心がけていることとして、純和風にならないように、かつ、安っぽい仕上げに見えないように色んな内装材をチョイスしています。今回はこれ!しっくいです!珪藻土じゃありません、しっ [続きを読む]
  • 和風住宅の階段てすり
  • いつもご覧いただきありがとうございます。さて、新築二件が完成を間近に控えて内装工事が急ピッチで進んでいます。階段手すり和風の住宅なのですが玄関正面に吹抜があり、そこに階段が設置されていて吹抜2F廊下に面して北側には窓があります。北窓は二つの特徴があります。ひとつは明るすぎず、暗すぎずな適度な光を一年中運んでくれること。二つ目は、光を運ぶという事は熱も運ぶので夏場のことを考えると空調設備のない階段や [続きを読む]
  • ブログ開設1000日が過ぎました&地鎮祭しました
  • いつもご覧いただきありがとうございます。すいません、ありがたいことに新築・リフォーム共にお申し込みが続きブログが全く書けない状態でした 汗そうこうしているうちにおかげさまでブログ開設から1000日が過ぎていました。正確にはブログはむか〜〜〜〜しからあったのですが、HPリニューアルの時に今のブログになりました。このブログは宮本住建にとってちょっとした軌跡みたいなものでして、長期優良住宅というものが世 [続きを読む]
  • 新たな手刻みはじまります
  • いつもご覧いただきありがとうございます。さて、新たな手刻みの材料が作業場に納品され始めました6月初旬から作業開始です!今回は兵庫県産材の割合が8割を超えますので県産材を使った特別金利ローンの融資限度枠がさらに広がります。兵庫県産木材利用木造住宅特別融資制度週明けには柱材なども入荷するので職場が木材でいっぱいになります、楽しみです!作業場は常時開放していますのでいつでも見学可能です。ホームページのお [続きを読む]
  • ホームページリニューアル
  • いつもご覧いただきありがとうございます。さて、会社パンフレットを刷新したのと同時にホームページもリニューアルを徐々に行っています。手刻みの際にどんな道具を使っているのかなど写真を追加しました手刻みのページ写っている道具は一人の棟梁の道具のごく一部です。自分に合った道具を使う事は仕上がりに直結します。「使いづらいなあ」って思いながらの作業だとやはり仕上がりにも影響するのです。だから、写真に写ってる道 [続きを読む]
  • 天井って実は真っ直ぐではないんです!
  • いつもご覧いただきありがとうございます。ただいま和室の天井を施工しています。和室には隠れた技術的ポイントがいっぱい!まずは廻縁完成形はコチラ完成してしまえば単に45度に切った材がくっついてるだけに見えます。でも実は中身はこんな感じ組子になっています。こうすることで年数が経って乾燥したり地震などで材が動いてもピタリと付いたままいつまでもキレイな状態を保ちます。もう一度完成形の写真を見ていただけると分 [続きを読む]
  • 耐震改修補助金について② 〜姫路市耐震関係補助制度〜
  • いつもご覧いただきありがとうございます。耐震改修補助金は3つの種類があります。二つが耐震改修、もう一つが建て替えの際に使える補助金です。どれも昭和56年5月以前の建物であること、それから耐震診断の結果が現行基準以下(評点1.0以下)であることが条件です。それと年収制限があり所得が1200万円以上の方は使えません。耐震改修の二種類の違いは大きく次の通り完全に現行法基準まで補強するか、現行法基準の70 [続きを読む]
  • 耐震改修補助金について① 〜姫路市耐震関係補助制度〜
  • いつもご覧いただきありがとうございます。今日はリフォームのお話リフォームにはビス一本の設置から例えば増築が伴うような大掛かりなリフォームまで様々あります。一番多いのはキッチンや浴室といった水回りのリフォームで、それ以上となると一つの大きな問題に当たります。それは「耐震性」大掛かりに間取りを変えてしまうようなリフォームとなると壁の位置を変えたりする場合が多くなりますが、壁の位置を動かすとなればもちろ [続きを読む]
  • 築後20年目のメンテナンス 〜コウモリにはご用心〜
  • いつもご覧いただきありがとうございます。先日、築20年を迎えたお客さまからご連絡を頂き、メンテナンスに行ってきました。伺ってみると外壁上部にある小屋裏換気口がどうも外れそうだとのことさっそくにハシゴを架けて点検してみると、、、写真ではわかりにくいのですが換気口の右側が不自然に外れかかっています。で、よーく見てみると、、、換気口の周りにはコウモリの形跡がたくさんありました、、、、コウモリって色んなと [続きを読む]
  • 花粉症に今年も何とか辛勝
  • いつもご覧いただきありがとうございます。GWがあけて早2週間、例年GWあけまでが花粉症のシーズンなんですが、今年は冬が長かったからかまだ少〜〜〜〜しだけ飛んでる感じですね 汗一日に1〜2回だけ点鼻薬が必要ですでもでも、今年も何とかマスク無しで過ごせました今年は冬らしい冬だったのに2月初め早々に目がかゆくなって慌ててお医者さんに薬は一日二回なんですが、鼻がフガフガになるまでは夜寝る前に一錠飲んで対応 [続きを読む]
  • エクステリア工事 門柱〜門扉を黒で
  • いつもご覧いただきありがとうございます。さて、新築物件ではエクステリア工事を行っています。門柱と門扉を黒で。奥の門柱には小さな表札灯、白いラインは石でできていて表札を設置いたします。手前の門柱は二つに分けてガラスブロックを埋め込みました。左官材料で塗ることで少し表情を。床にはライトグレーの天然石を施工中です。駐車場には自動オーバードアも設置予定ですので完成が楽しみです。 [続きを読む]
  • 新着施工事例 光と風が通るスケルトン階段の家
  • いつもご覧いただきありがとうございます。さて、先日オープンハウスを行った住宅の施工事例をHPのgalleryに追加いたしました光と風が通るスケルトン階段の家玄関ホールって玄関ドア、壁、LDK入口ドアという感じで四方を建具や壁で囲まれるスペースになりがちなので直射日光を取り入れるのは意外と難しいスペースです。昔と今の家の大きさって特段大きな差はありませんが、法事や宴会などを家で行うことが少なくなった [続きを読む]