Megumi さん プロフィール

  •  
Megumiさん: スリランカを目指して徒然なるまま〜私の世界〜
ハンドル名Megumi さん
ブログタイトルスリランカを目指して徒然なるまま〜私の世界〜
ブログURLhttp://travel-library.info/kei/
サイト紹介文50代からのなんでも、おもしろ体験記(小さな世界から飛び出して本当の自分を生きよう!)
自由文スリランカ大好き!人生の折り返し地点、下り坂を悠々と景色を眺めながらのんびり行こう…。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2015/11/02 15:59

Megumi さんのブログ記事

  • 初孫ゆずちゃん生後6ヶ月児の冒険!
  • 2泊3日で初孫の柚葉を預かってみた。最近の抱っこヒモにゆずちゃんを入れて、電車でひーおばあちゃんの家に行ってみた。81歳の母は、生まれて半年足らずで動き回るひ孫に感嘆の笑みを見せた。やはり、乳飲児は可愛い。あれこれと世話を焼きたがって生気を取り戻したようであった。無邪気なひ孫の笑顔に久しぶりに満面の笑みを浮かべる母を見て、連れて来てやって良かった〜〜と、自己満足。母のところに1泊をして我が家に連れ [続きを読む]
  • 亡き主人の同級生は…。
  • 主人は、生まれも育ちも地元なので地元の友人が多かった。いつも何かあれば、集まって来る同級生たちは、心強い。主人が亡くなった時もいろいろ助けて頂いた。四十九日が済んでから、主人の供養会も開いて私を招いてくれた。主人が遺してくれた貴重な財産である。今日は、車が調子悪くなったので、ディーラーにいる同級生にお願いして点検してもらったら、タイヤにワイヤーが刺さっていて危険だった。タイヤ交換をしてオイルもキレ [続きを読む]
  • なんてこった(≧∇≦)なんて日だ!雷雨の中を自転車で…。
  • 大雨の中、自転車で傘もささずにずぶ濡れで走って行く学生達の光景を自宅の窓から何度か見たことがあった。ずぶ濡れで可哀想だなぁ…。そう見ていた。明日は、我が身である…。言葉通り、私も昨日の突然の雷雨でこの学生たちの様に相成った。朝から晴れていて暑いので、ジムへ行ってヨガレッスンを受けてからシャワーでスッキリして家に帰った。洗濯物が出たのでたくさん洗って外に干した。パタパタと気持ち良く洗濯物を干して、駅 [続きを読む]
  • 永大供養の主人のために…お盆前の供養会に参加。
  • 我が主人は、年明けに亡くなった後、姑の意地悪(1月の投稿)で婚家の墓に入れないことになっため、子供たちの了解のもと、ご縁のあるお寺さんの永大供養塔にお願いした。亡くなって半年、新盆も供養に集うが、その前に毎年お寺さんでは、永大供養の方々のお盆前供養という事をしてくださる。強制ではないので私も主人のためにひとりで参加した。ご住職や副住職が、1時間をかけて供養のお経を読み集まった方々で読経をし、焼香をさ [続きを読む]
  • 今週末は、お寺の日!
  • 今週末は、朝一でお寺の日。7時30分から静かに坐って…!お寺に来る方々と日頃の近況報告などをしながら笑いの絶えない時間を過ごし、10時〜は、お寺でヨガ。この時間を楽しみに来てくださる方々に会うのが私の楽しみでもある。私も最近、朝一のヨガに誘われて行ってみた。受ける側に立つのも勉強なので、素直に誘われてみた。決まった時間にその場所へ行くというのは、よほどのことである。お寺にヨガをしに来てくださる方々 [続きを読む]
  • 未亡人、おひとり様は行く!
  • 30年も前にあった炉端焼きの店。主人とよく通っていた。訳あって家業を泣く泣く継いだマスターが、最後の力を振り絞って居酒屋を再開させた。67歳。明日から本格的に営業すると主人の同級生たちが教えてくれたので、挨拶がてら店に立ち寄った。マスター曰く、家業は、とっくに廃業してバスの運転手をしていたが、人生を一瞬だけ考えて、30年ぶりに店を再開する決意をしたそうだ。大腸ガンの手術やらを繰り返して、命拾いした [続きを読む]
  • ゆとり世代の長男たち、家を買えるのか?
  • 長男夫婦は、2人ともゆとり世代である。2人からは、だからなんですか?と、言われそうだが本人たちには何がゆとりなのか分からないだろう。長女と次女の時代はまだ携帯もなくて、土曜もお昼までは、学校があった。長男のゆとり時代は、週休2日で徐々にゲームやパソコン、携帯が登場していて中学生の頃には、携帯電話を持たない子供の方が珍しかったような…。長女たちは、ゆとりではないが、特に金銭的な苦労もなく成長して、長男 [続きを読む]
  • 二胡の先生と英会話の先生が??
  • 音色に惹かれて習い出した二胡…。中国人のこの先生は、有名な演奏家らしいが、私にはどうでも良いことで先生にも、どうでも良いことらしい。CDを出したり、ソロやオーケストラで演奏会を開いたりしているが「業者さんが儲けたいだけだから…。」と、言って笑っている。二胡の演奏ひとつで世界を周って来た話しもするが、価値のない事のように話す。不思議な先生である。私の中国人の印象からは、かけ離れて静かで穏やかである。2 [続きを読む]
  • 日本の夏だなぁ…。
  • 久しぶりに歌番組を見ていたら、心地よい曲が耳を通り抜けて行った。曲が終わってもしばらく、私の耳に居座り続けたので、もう一度聴きたくなった。海の声…by桐谷健太。YouTubeで見つけた!auの浦島太郎版は、それぞれのキャラクターが良い雰囲気で久しぶりにほっこり…。日本の夏だなぁ… [続きを読む]
  • 起き抜けに脳裏に浮かんだ数字4桁の謎。
  • 6月20日の投稿に載せた数字4桁の意味、私だけでなく聞く人聞く人が、ほとんど宝くじでは?と、回答していた。私もその宝くじ、ナンバー4を何回か買ってみたが、全て違った。毎日買い続ければ、いつかは?と、考えるがホトホト馬鹿らしいので、宝くじのことは忘れる事にした。何日か過ぎたある日曜日、土地の売り物件を見つけた。ヒマだったのでその看板の不動産屋さんに電話をして現地の説明をお願いした。“ヒマだから不動産 [続きを読む]
  • 81歳、我が母の悩み…。
  • 5月の次女の結婚式にスリランカへ連れて行った母は、日本に帰って来てから旅の疲れが出たようで身体のダルさと微熱が出て食欲が落ちたと言っていた。風邪をひいたわけでもなく熱がある訳でもないが、身体中の検査を受けてみたいだとか、特別な病気になったのでは?と、不安が募ってしまったので大きな病院へ連れて言ってドクターに検査をお願いした。ドクター曰く、「初診ではじめて会う患者さんの身体中の検査と言ったら20以上 [続きを読む]
  • バッタリ??次女の同級生。
  • 市内のコジマ電気に行って、テレビのBSケーブルを探していた。店員さんを探しにウロウロしていたらすれ違いざまに「こんにちは。」と、声をかけられた。店員さんかな?いや、店員さんは、こんにちは。とは言わないだろう。若い男子で、私の事をさも、よく知っている風で微動だにしない。顔をよ〜く見ても誰だか分からない(≧∇≦)私が、あまりにも不審な顔をしているので、「Iです!」あーっ!次女の同級生の八百屋さんの!どう [続きを読む]
  • スリランカにも英國EU離脱の波?
  • スリランカにも英國EU離脱の波がジワジワと押し寄せているらしい。衣類を作って、ヨーロッパやイギリスに輸出している工場が多いスリランカでは、輸出する関税が増えるか?減るか?で経済状態が、大きく変化して行くらしい。イギリスに続いてオランダもEU離脱の住民投票を準備しているらしいが、世界が変化すると同時に私たちの暮らしも少しずつ翳りを見せて来るのだろうか?諸行無常でございます。今あるものは、明日あるとは限ら [続きを読む]
  • スリランカにも英國EU離脱の波?
  • スリランカにも英國EU離脱の波がジワジワと押し寄せているらしい。衣類を作って、ヨーロッパやイギリスに輸出している工場が多いスリランカでは、輸出する関税が増えるか?減るか?で経済状態が、大きく変化して行くらしい。イギリスに続いてオランダもEU離脱の住民投票を準備しているらしいが、世界が変化すると同時に私たちの暮らしも少しずつ翳りを見せて来るのだろうか?諸行無常でございます。今あるものは、明日あるとは限ら [続きを読む]
  • メダカ対ボウフラの行方。
  • ボウフラ対策で、蓮の花の甕の中にメダカを投入してから10日が過ぎた。勝敗は、メダカ!甕の中の水は、透明に澄んでボウフラの姿は、消えた。メダカは、自由に甕の中を泳いでいて、ずいぶん昔からこの甕の住人であったかのようである。蓮の花の葉も綺麗に開き、新しい葉がひとつふたつと、芽を出して来た。5匹のメダカさん、ありがとうm(_ _)m [続きを読む]
  • メダカ対ボウフラの行方。
  • ボウフラ対策で、蓮の花の甕の中にメダカを投入してから10日が過ぎた。勝敗は、メダカ!甕の中の水は、透明に澄んでボウフラの姿は、消えた。メダカは、自由に甕の中を泳いでいて、ずいぶん昔からこの甕の住人であったかのようである。蓮の花の葉も綺麗に開き、新しい葉がひとつふたつと、芽を出して来た。5匹のメダカさん、ありがとうm(_ _)m [続きを読む]
  • スリランカの娘婿、ハンバーグを作る???
  • 海外からのLINEは、便利である。スリランカの娘婿から度々、「お母さん、元気?」と、LINEで電話がある。我が息子であってもそんなことは、言って来ないのに…。心温まる婿である。その娘婿は、「お肉を使った料理を教えて。」と、言って来た。嫁や娘に聞かれるなら普通だが、お婿さんは何故?スリランカで、私が作っていたのは、鶏肉の骨肉で出汁を取って野菜と作るスープ。塩味であっさりと作る。「それは、昨日作ってみたので、 [続きを読む]
  • スリランカの娘婿、ハンバーグを作る???
  • 海外からのLINEは、便利である。スリランカの娘婿から度々、「お母さん、元気?」と、LINEで電話がある。我が息子であってもそんなことは、言って来ないのに…。心温まる婿である。その娘婿は、「お肉を使った料理を教えて。」と、言って来た。嫁や娘に聞かれるなら普通だが、お婿さんは何故?スリランカで、私が作っていたのは、鶏肉の骨肉で出汁を取って野菜と作るスープ。塩味であっさりと作る。「それは、昨日作ってみたので、 [続きを読む]
  • 今年、初挑戦!蓮の花の甕の中で…。
  • 5月の次女のスリランカの結婚式から帰ったら日本に帰って来たら、蓮の花のお寺から蓮の花の種が届いていた。すっかり忘れていたが…。去年、そのお寺のHPで、「種の欲しい方は、2個だけですがご住所宛に送ります。」という案内を見た。種からの育て方も載っていたのでふと、花が咲いたらいいなぁ、と、案内の通りにメールで住所を送っておいたのだった。いつになっても送って来ないので、すっかり忘れていたのである。それが、ご [続きを読む]
  • 今年、初挑戦!蓮の花の甕の中で…。
  • 5月の次女のスリランカの結婚式から帰ったら日本に帰って来たら、蓮の花のお寺から蓮の花の種が届いていた。すっかり忘れていたが…。去年、そのお寺のHPで、「種の欲しい方は、2個だけですがご住所宛に送ります。」という案内を見た。種からの育て方も載っていたのでふと、花が咲いたらいいなぁ、と、案内の通りにメールで住所を送っておいたのだった。いつになっても送って来ないので、すっかり忘れていたのである。それが、ご [続きを読む]
  • 50代未亡人、おひとりさま生活の中で…。
  • 私の主人は、今年の年明けに寝ているうちの急性心筋梗塞で亡くなってしまった。奇しくも私は、次女のフィアンセに会いにスリランカへ行っていて不在。主人は、何の言葉も残さないまま逝ってしまった。お正月の元旦には、初孫が生まれて大層喜んでいたのに…。人の運命とは、まったく不可思議。あれからもうすぐ半年になろうとしている。このところ、ふと思うのは、(最後の言葉は、無くてよかった。)である。私には、主人が亡くなっ [続きを読む]
  • 50代未亡人、おひとりさま生活の中で…。
  • 私の主人は、今年の年明けに寝ているうちの急性心筋梗塞で亡くなってしまった。奇しくも私は、次女のフィアンセに会いにスリランカへ行っていて不在。主人は、何の言葉も残さないまま逝ってしまった。お正月の元旦には、初孫が生まれて大層喜んでいたのに…。人の運命とは、まったく不可思議。あれからもうすぐ半年になろうとしている。このところ、ふと思うのは、(最後の言葉は、無くてよかった。)である。私には、主人が亡くなっ [続きを読む]