AbsoluteFactory さん プロフィール

  •  
AbsoluteFactoryさん: AbsoluteFactory
ハンドル名AbsoluteFactory さん
ブログタイトルAbsoluteFactory
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/shioyanjp2000
サイト紹介文キャストドール、3dプリンタドールに挑戦しております。
自由文以前から関心がありました、3dプリンタを購入し、失敗を重ねながら四苦八苦の毎日です。
奮闘しつつも少しづつ扱いに慣れ、やっと形に出来るようになりました。

いろいろ実験的な検証画像とかも載せていきたいと考えております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 323日(平均0.6回/週) - 参加 2015/11/03 02:43

AbsoluteFactory さんのブログ記事

  • 3dプリンタドール 男性モデル
  • 久々に溜まった画像をアップします。既に完成してるのですが途中の画像をば部屋きたな鬼神リンク的な・・・アーマーをまとったキャラを作ってみたかったのでこのキャラにしてみました。アーマー一式とサーベル。気に入っていただけたら応援 お願いします↓[http://handmade.blogmura.com/handmadedoll/ranking.html にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ(文字を )] [続きを読む]
  • blender 男性素体 もっこり修正
  • もっこり部分を修正しました。あと、首、胸、腹筋、肩、背中もちょっとずつ修正しました。顔もすこし女性ウケも考慮してあまりムッキムキになりすぎ無いように気をつけてましたが、気になる部分を修正してるうちにどんどんムッキムキになってしまいました。もうこの辺でやめておきます。ぎりセーフ?胸筋と目元をちょこっと修正しただけでも印象が変わりますね。10歳位年取った感じです。これの等身大作ったら、女性の一人暮らし [続きを読む]
  • 3dプリンタドール 180度開脚に挑戦
  • 前回破損したパーツを倍の厚さにし、開脚しても股関節に負担がかからないように内側を削りました。角度がちょっと分かりにくいので別角度プロポーションを変更することなく、腰パーツの内側と骨格の股間の底辺を削ることで遊びをもうけ、股関節にかかる負担を軽減しました。左足が切れてますが、壁に寄り掛かってるだけでポージングを維持してます。足をつってはいません。おまけはしたない恰好で失礼しました。次回作は190度開 [続きを読む]
  • 3dプリンタドール 可動確認(開脚編)⇒アクシデント
  • 股関節の強度テストも兼ねて、どこまで開くか試してました。大きさの比較基準にプロテクトギア君に登場してもらいました。リボルテックプロテクトギア 身長13cmこのヘアーもアーマーの紫との相性がいい感じです。設計では160度くらいでしたがいろいろ調整して170度くらいまで開くようになりました。180度まであと少し・・・いろいろためしていたら・・・ウープスブペラぱ×∴☆■卍○ちょ・◎ったー!!プロテクトギ [続きを読む]
  • 3dプリンタドール 頭部完成
  • 髪の毛を修正し頭部が完成(仮)しました。横後ろなんだかジュリと言うよりファイティングバイパーズのハニーになってしまいました。そういや髪型も似てる。ハニーも好きなキャラなので、近いうちに作りたいと思います。次回?・・・気に入りましたら お願いします。↓[http://handmade.blogmura.com/handmadedoll/ranking.html にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ(文字を )] [続きを読む]
  • blender キャラクターモデリング全容 & 髪の毛出力
  • ブレンダーでの全体的なイメージが出来上がりました。色等多少の変更はあるかもしれません。この髪の毛はウイッグでの表現は難しいので今回は3dプリンタで作ります。ズボン、ベルト、グローブは布で作ります。髪の毛出力ピッチ0.1mm サポート材有り 密度10%片方9時間左側またやってしまいました。重複ポリゴンで形がいびつになってしまいました。これを修正するのは結構骨が折れそうですが、9時間もかかったので頑張 [続きを読む]
  • 3dプリンタドール ビキニアーマー修復 & 装着テスト
  • 前回3dプリンタの出力でビキニアーマーの紐通し穴が全壊したのでパテで修復しました。ボトムの縦方向はスライスの方向に沿ってるので弾力があります。これ以上は細い部分がヤバそうなのでやめておきます。角の部分は、スライスが横方向なので非常に弱いです。瞬間接着剤でコーティングした後、更にポリパテで薄く覆い強化すると、多少のテンションをかけても折れません。装着密着度もいい感じです。バック紐を通さなくてもくっつ [続きを読む]
  • 3dプリンタ ビキニアーマー出力
  • 案の定、紐通し穴が全滅しました。サポート材有り、密度100%、ピッチ0.1mm左アーマートップ9時間 右アーマーボトム3時間出力したては通し穴はついてたのですが、ベッドから外すときに半分が取れ、サポート材をはずしたときに全部壊れてしまいました。><おまけにボトムの方にひだ状の横線がついてます。これはモデリングの際、重複ポリゴンが有るとこのようなひだが出来ることがあります。どこに重複ポリゴンが有った [続きを読む]
  • blender ビキニアーマー
  • 3dプリンタドール一体目の服デザインが決まりました。ビキニアーマー紐で結べるように紐通し用のあなを設けましたが、3dプリンタでちゃんと出力されるか心配です。パーツが薄いうえ穴部分が小さいので壊れる可能性大!!。予定ではスケスケズボンとベルト、グローブを布で作ります。[http://www.blogmura.com/point/01415397.html PVアクセスランキング にほんブログ村] [続きを読む]
  • 3dプリンタドール 可動確認2 正座編
  • 前回の可動確認で、荒目出力の上にパテを塗って表面処理の為?に、設計通りの正座が出来なかったので、Vラインと足の付け根を修正し、正座にリトライしました。ついでにハイカットバージョンの腰パーツを試験的に作って正座の姿勢を検証してみました。左 ノーマル 右ハイカット右はアクションフィギュアでよく見かける定番型でしょうか身長測ったら70センチ有りました。正座正面正面からではあまり差がないように見えます。写 [続きを読む]
  • 3dプリンタドール ボディー仮止め、可動確認
  • 取り急ぎ、現在表面処理中のボディーを仮止めし、可動の確認をしました。仮止めで痛々しいですが、確認用なのでご了承ください。膝は出力したてほやほやで、未処理です。正座に挑戦しましたが、やはり完全に設計通りとはいかず、足をに閉じるにはVゾーンと足の付け根を削る必要があります。プロポーションと自由可動の両立を目指して作ってますので、これ以上プロポーションは崩したくないのですが、どうでしょう。それにしても画 [続きを読む]
  • 3Dプリンタドール 骨格完成
  • 骨格の部品がそろい、組みあがりました。相変わらずピンボケですみません。(荒が目立たなくてちょうどいい)太もも部分はホームセンターから買ってあったブラックパイプを使用してます。それ以外は全部3dプリンタで出力したパーツです。ボディーをつけてポージングを保たせるにはある程度関節をきつくしなければなりません。ひじ、肩、膝はビスで強さを調節できますが、形状的にビス止めが厳しい部分は、パテ埋めして強度を調節 [続きを読む]
  • 3dプリンタ ピッチ0.1mmと0.3mmで比較
  • 腕をピッチ0.3mmと0.1mmで出力し比較してみました。それぞれサポート有、密度10%です。足も写っちゃってますが今回の検証とは関係ありません。左がピッチ0.3mm表裏で約4時間 右がピッチ0.1mm表裏で約2時間やすりをかけました。使ってるフィラメントはPLAですが、この素材非常に硬いです。100番の荒い布やすりを使ってガシゴシこすりました。0.1mmのほうは写真では分かりにくいですがうっすら [続きを読む]
  • 3dプリンタで手を出力
  • 手をサポート有と無しで比較してみました。 ピッチ 0.1mm左:サポート有 約4時間                右:サポート無し 3時間サポートはずしました。右の無しのほうは親指の付け根あたりがぶよぶよしてます。表手相は深めに入れたのでくっきり残ってます。指の先端はサポート有無しかかわらず汚いです。指先爪のあとは両方とも潰れてます。モデリング段階でもう少し深く入れる必要があります。親指の付け根 [続きを読む]
  • blender初心者向け[手]の作り方。
  • 私自身ブレンダーは初心者ですが、これから3dプリンタを始めたいけど3dソフトが難しい、という方向けに手を作る過程を見ながら、ブレンダーの基本的な使い方を紹介していきたいと思います。いろいろな書籍で手の作り方は乗ってますが、私は自己流の作り方で紹介したいと思います。あくまでブレンダーの基本操作を紹介する目的ですので、特に同じように作る必要はありません。まず左上の[追加]から[メッシュ]→[立方体]を選びま [続きを読む]
  • 3Dプリンタに挑戦中
  • 一個一個関節作るの面倒なので3dプリンタで作ることにしました。まずブレンダーを使って骨格の3dモデルを作ります。胴体、片腕、片足肩関節を出力中。出力終わり(約1時間)上はサポート剤をはずして軽くやすりをかけました。ちゃんとパーツがはまりました。 [続きを読む]
  • 自家製肩関節。
  • まずは骨格制作。骨格は折れない素材を選びたいので、粘度のある樹脂かアルミを使いたい。肩関節制作。材料はパテとホームセンターで買ってきたブラックパイプ。これ結構粘度があって折れにくいので、フレームに使えそう。それと、自家製スタンドの頭部分を切り出して円柱にしたのを使う。サーフェイサーを吹きかけて・・・肩関節の原型完成。この部分は強度が必要なので金属にする予定。この基本系を元に各関節を作っていく。 [続きを読む]